Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
カテゴリ:八十八十郎劇場 > ウルトラウーマン
「ウルトラウーマン」作:八十八十郎(はちじゅうはちじゅうろう)


(10)小林隊長の奮闘


 随分日が長くなったとはいえ、もう東京の街にネオンが灯り始めた春の宵である。
 JR五反田駅近くの裏通りで、小林隊長は煤けた赤ちょうちんの暖簾をくぐった。
 土間から一段高くなった畳席に上がると店内を見渡す。
 美味いのか安いのか分からないが、店内は通勤帰りの客でけっこうな賑わいを見せていた。
 やがて一人の大柄な女性が小林に近づいてくる。
 年の頃は30前後か、革ジャンと黒のタンクトップにジーンズを履いて、金のネックレスではなく何故か数珠のようなものを首から下げていた。
 目鼻立ちもはっきりして美人なのだが、服装に似合わぬ真面目そうな黒縁眼鏡をかけている。

「小林さんですか?」
「ええそうです。ではあなたが……ま、まあどうぞ」
 小林隊長はテーブルの向かい側の座布団に手を差し伸べた。
「失礼します」
 女性が畳に上がろうとした途端、ごつんと床に響く鈍い音がした。
「あッ大丈夫ですか!?」
「も、もちろん大丈夫です!!」
 いやというほど向う脛を上がり框にぶつけたにもかかわらず、その女性は赤い顔で脛をさすりながら座布団に座った。
「科学特捜隊の小林です。どうぞよろしく……」
 周囲に聞こえないよう小声で名刺を差し出す。
「警察庁の目加田恵子です。よろしく」
 受け取った名刺を見て、小林は顔を上げた。
「あ、あの、ここには“秋山 楓”というお名前が……」
「ええそんな名前ですけど、業務の都合上、私は目加田恵子と名乗るようにしています」
「はあ………」
 小林はぼんやりとつぶやいた。
「そんなことより、まず一杯いきましょう。最初は生でいいですね。ちょっとおねえさあ~ん!」
 小林はどんどん注文する恵子に遠慮がちに口を開く。
「しかしこの店を選ばれたのには何か理由が? やはり賑やかな場所の方がかえって目立たないという……」
「は?」
 恵子はきょとんと目を見開いた。
「いえ、サービス券が沢山あったもので。今夜は生2杯ずつはタダですよ。あははは」
「はあ……なるほど………」
「やあ来た来た。では小林さん乾杯しましょう。かんぱ~い!!」
「あ、どうも……」
「ンング………プハ~! いやあ最高!! 最初の一杯のビールは、セックスのオーガズムにも負けないですね!」
 小林隊長は慌てて周りを見回したが、真後ろのうら若い女性には気が引けたものの、その他の酔客は誰もそんな話を気に留めている様子はなかった。

「しかし目加田さん、もう一人はまだ現れないですね」
「時間と場所はちゃんと伝えてあるはずなんですけど」
 恵子は黒縁眼鏡を片手で上げて周囲を見回した。
「その道では随分な凄腕だと伺ったんですが」
「ええ、公安の話では新宿で、いいえ東京の裏社会でもぴか一の才能なんだそうです」
「へええ……。疑う訳じゃありませんが、それは本当でしょうか。いや、日本の一大事がかかっているもので、私も少々神経質に……」
「ええ本当よ、多分いい線いってるんじゃない? あはは……」
 若い女の声が小林隊長の背中から聞こえてきた。

 慌てて小林が後ろを振り返ると、その女性も小林の方を振り返る。
「小林さんね。もう自己紹介はお聞きしました。私、矢野彩香っていうの」
 小首をかしげると肩まで触れないストレートの黒髪が揺れて、小林の鼻先に何とも言えない芳香が漂ってくる。
 まだ二十歳前後だろう、今時の小顔に愛くるしい目を輝かせた魅力的な容貌である。
「あ、どうも失礼しました。ではこちらのテーブルへ」
「ふふ、失礼します」
 彩香はテーブルの空いてる一辺にそのスリムな身を寄せた。
「へえ、凄腕ってどんな人かと思ったら、あなたすごく可愛いのね。ねえ、終わったら一緒に二次会行きましょうよ」
「あら、警部補さん、何か匂うわね。アクション系の強い女性は魅力的だけど、あたし仕事以外ではやらないのよ」
「あの、ではそろそろ打合せの方を……」
 二人の会話で股間に微かな変化を覚えながら小林は言った。
「でも、あたしにはまだビールがな~い」
「あそうだそうだ。じゃもう一回3人で乾杯しよう! ちょっとお姉さ~ん、生ひとつ追加して!!」
 再び股間が平常に戻るのを感じながら、小林は力なくビールを口に運んだのである。

 もう酔いが回ってうつろな眼差しになりながら、小林隊長は二人の女性を交互に見ながら言った。
「ヒック……いいれすね、ということで二人には協力して現地に潜入してもらいます」
「で、私が飛鳥隊員の捜索と彩香ちゃんの護衛」
「あたしは飛鳥隊員に探知機能のセットね」
「そうれす。ヒック、飛鳥隊員の確保まで出来ればいいのですが、現地の治安を乱すようなら無理は厳禁です。いいれすね? ……ヒック……ああッと!!」
「ああもう、だめじゃん!」
 小林が目の前のお湯割りのコップを倒して、彩香は慌ててテーブルにお絞りをかぶせる。
 目加田恵子はぐうっと日本酒のコップを空けた。
「もう小林隊長ったらお酒弱いんだから、やんなっちゃう……。打合せはそれだけでしたら、私はこの辺で帰ります」
 小林は片手を上げて立ち上がろうとする恵子と彩香を制した。
「最後にヒック……、探知機能のセットに使用する装置を技術研究室で製作中です。もう最終テストの段階らしいので、完成次第また連絡します。ヒック、え~とそれから………」
「それから?」
 二人は小林の顔を覗き込む。
「そ、それから………うっぷ……ちょっと気分が……ト、トイレに………」
「わ! いやだ」
「ばっちい、ばっちい。早く帰ろう」
 そう言って後ずさりすると、目加田恵子と矢野彩香は泥酔した小林隊長を残して店を後にしたのであった。


 ようやく二日酔いが癒えた小林隊長は、硬い表情で本部長室の前に立った。
「小林です」
「ああ小林君か。待ってたよ、入りたまえ」
 電気錠の外れる音がしてドアが音もなく開く。
 小林が部屋に足を踏み入れると、デスクの前で科学特捜隊本部長の穂茂田立男が何やら両手に捧げ持った物を凝視している。
 穂茂田は特捜隊では小林より5年ほど先輩で、学歴や人間性と言うよりも、その決断力と要領の良さで本部長にまで上り詰めた男だった。
「完成したんですね、本部長!」
 思わず小林が歩み寄ると、振り向いた穂茂田は苦笑いを浮かべて首を横に振った。
「完成したことはしたんだがね……」
 長身を折り曲げてどっかと椅子に座り小林を見上げる。
「例によって開発者の篠原怜子君がウンと言わんのだよ」
「え? どうしてです?」
「最終テストに合格しないと使わせないといって、始動チップを隠して渡さないんだ」
「始動チップ? これ、そんなものが必要なんですか?」
「うん。これはその機能が画期的で、受動サイドの感覚を能動サイドが把握出来るそうなんだ。ほらこれ、付ける側にも半分入り込む様になってるだろ?」
「へえ……」
「チンコウ知能だよ。チンコウ知能」
「はあ?」
「洒落だよ。洒落だよ君、あっははは……!」
「なるほど、はははは……」
 小林は愛想笑いを返した。
「膣圧など物理的な記録と、快感や痛みなどの神経的なデータも記録されるようになってるそうだ。そしてだね君、肝心の追尾システムも今回新たに本体にセットすることになる。まだ化学的に合成期間中だがね。時間がひっ迫してるので、篠原主任は合成の終了を待たずに、射精の作動チェックで完成を確認すると言ってる」
「凄いですね。じゃあ手っ取り早く本部長が試験体になってゴーサインを出されたら……」
 穂茂田は手にしていたものをデスクに置くと、立ち上がってその脇に両手をついた。
 小林は穂茂田の前に置かれた装置をしげしげと見つめる。

 それはいわゆるペニスバンドと呼ばれる装着具であった。
 英語ではバンドの部分から称してストラップ(strap)、装着した状態をストラップオン(strap-on)と表現したりする。
 しかしこの机の上に置かれたペニスバンドは、AVに出てくるような安直なものではなさそうだった。(ごめんなさい。もちろん、安直なものばかりではありませんが)
 本体は微妙に色合いを変化させた肌色で、装着した時の外観をナチュラルに見せていた。
 またベルト部分は柔らかくなめした幅広の黒革で、肌への違和感を軽減するため金具など使わず、接合部には自然物から作成した強化樹脂が使用されている。
 足先から下着の様に履いて、長さ調整は革の厚みの中に仕込まれたマジックバンドで行うよう考えられていた。

「冗談じゃないよ、小林君……」
 一転して穂茂田の不満げな様子で、小林は我に返った。
「そんなもの付けた女性に後ろから迫られても、僕は嬉しくも何ともないんだよ。かと言って男じゃ、もともと付いてるものが邪魔になって装着出来ないじゃないか」
 穂茂田はデスクに両手をついたままクイクイと腰を振った。
「はは、なるほど………。あ、いや、ごもっともです」
 長年の特捜隊勤務で穂茂田の趣味を知っている小林は真顔で頷いた。
 入隊間もない頃、野外訓練の夜にハンモックの上で穂茂田に迫られた経験があった。
 あわや入口(出口?)まで筒先が迫った時、まだ稚拙な設置技術でハンモックごと木から落ちて、小林は危うくその難を逃れていたのである。

 再びどっかと椅子に腰を沈めて穂茂田は続けた。
「篠原女史はまだ未経験な被験者を要求しているんだ」
「は……、未経験と言いますと?」
「要するにノン気な女性がいいと言っているんだ。そうでないとこの装置の本当の価値が分からないといってね。もっとも、彼女の個人的な趣味もあるんだろうが……」
「はあ、そうですか……」
 小林は再びペニスバンドに目をやって考え込んだ。
「ははは、そう情けない顔をするな、小林君」
「は?」
 小林は穂茂田の笑い声に再びその顔を上げた。
「実は、今年経理に配属された若い女性に今打診しているところなんだ。彼女ならまだ結婚したばかりで若いし、まさか処女ではないだろうしね」
「ええ、おっしゃるとおりです」
 小林の目が輝いた。
「この非常時だから昇格と昇級を条件に交渉しているんだが、私の勘では、どうやら脈がありそうだ」
 穂茂田は机の上のボタンを押した。

 壁のモニターが点いて、デスクで執務をしている一人の女性の姿が映し出された。
 肩までの茶髪にパーマをかけて、真面目そうにキーボードに向かっている。
「中山希美君と言ってね。年は確か二十歳代前半だと思ったが……」
 小林は食い入るようにモニターを見つめた。
 その女性は小柄で少しふっくらした体形に見える。
 黒目勝ちのぱっちりとした二重瞼で、柔らかなラインの鼻の下にふくよかなピンクの唇が、初々しい若妻の魅力を引き立てていた。
「本部長……これはなかなか………、可愛いじゃありませんか! 室長~~~!!」
 小林は右ひじで穂茂田の身体を揺する。
「わはは、そうだろ、な? そうだろう?……わっはははは…………!!」
 二人は子供の様に胸の前で両手を叩いた。
 つい篠原女史と中山希美の絡みが脳裏に浮かんで来て、小林は股間を少し硬くした。
「本部長、是非よろしくお願いします! では私はこれで……」
 深々とお辞儀をしてドアに向かう小林の背中に、また穂茂田の声がかかる。
「ああそうだ。君のところにも新入隊員が入ったろ? 確か、ゴルフ部出身だとかいう……」
 小林は振り返って不思議そうな表情を浮かべた。
「ええ、大谷健太君ですが、彼が何か……?」
「今度科学技術省のコンペがあるんだけど、是非彼に同行してもらおうと思ってね」
「は、はいわかりました。では………」
 しかたなくそう返事をすると再び出口のドアへと向かう。
「いい男だよね彼は、筋肉質ですらっとしてて。わっははは………」
 一転して股間がうなだれるのを感じながら、小林は静かに本部長室のドアを出た。
ウルトラウーマン(9)目次【マッチロック・ショー】フェアリーズ・パーティ(Ⅰ)
「ウルトラウーマン」作:八十八十郎(はちじゅうはちじゅうろう)


(9)たまらない快感


「あ…………はあ! ……」
 カーテンを透かした月明かりの中で、二つの女体がうごめいている。
 ベッドに仰向けのウルトラウーマンの浅黒い体に、二回りほど小柄なスワンの裸体が取り付いていた。
 腹筋の形が見え隠れする下腹部では、股間に割り込んだ白い手がもう徐々にその動きを速めている。

 まだ熟しきれていない白い体に絡まれて、発達したアスリート体型にも関わらずウルトラウーマンはまるで肉食獣に食いつかれた獲物の様にくねり返った。
「ああ、だめ! は……恥ずかしいわ………」
 右手で追い立てながら、スワンは上体をずり上げてウルトラウーマンの顔を見る。
「恥ずかしくなんかないわ。お姉ちゃん、とってもきれいよ。それにほら………」
 スワンはその右手を引き抜いて二人の顔の間にかざす。
 朧げな月明かりを映して、スワンの指から鈍く輝きながら雫がしたたり落ちた。
「いや、やめて!」
 急いで掴もうとしたウルトラウーマンの手をかわして、スワンは再び右手を濡れそぼった谷間に潜り込ませる。
 途端にウルトラウーマンはベッドを軋ませてお尻を跳ね上げた。
「ほら、一度気持ちよくなっちゃうと恥ずかしくなくなるわ。スワンはよく知ってるの。それにもうお姉ちゃん、うふふ……、たぶんすぐいっちゃうわ」
 スワンの言う通りだった。
 自分の女から体中に快感が響き始めて、もういつ我を忘れても不思議ではなかった。
 リミットを越えて発情期に入ったことに加えて、スワンの愛撫はまさに絶妙だった。
 子供のころから自然にセックスを覚えたスワンにとって、経験もなく処女であるウルトラウーマンを満足させるなど赤子の手をひねる様に簡単なことだったのである。

「ああ~もうだめ………おかしくなる!」
 濡れたものに浅く覗いた白い指が揺れ動いて、敏感な突起が柔らかい手の平に揉み込まれる。
 ウルトラウーマンの身体が強張って反り上がり始めた。
「いいのよ、お姉ちゃん。ほら思いっきり気持ちよくなって」
 スワンはその右手の動きを速めながらウルトラウーマンの耳に囁く。
「ああ……、恥ずかしい………」
「大丈夫、恥ずかしくなんかないわ。ほらおねえちゃん……」
 スワンは左手を首の下から回して、ウルトラウーマンの左手としっかり握り合わせる。
「あああ~! ……あ……だめだめ………!」
「はあ……だめでしょ、もうだめでしょ? ……ほら思いっきり……」
「あ………くう!!」
 スワンの身体を揺れ動かして、ウルトラウーマンの裸体に痙攣が走った。
「お姉ちゃん!ほら思いっきり………」
 とどめを刺す様にスワンの右手が忙しなくウルトラウーマンを追い立てる。
「あはあ!!!」
 泣き顔でそう叫びを上げると、ウルトラウーマンは裸体を反り上げて2、3度大きく腰を振った。
「ああ、お姉ちゃん、とってもきれいよ!」
「く……あ……ぐ…………」
 強張った首筋に血管が浮かび上がり、断続的にその身体にエクスタシーの痙攣が走る。
 スワンとしっかり片手を握り合わせながら、ウルトラウーマンの眦からゆっくりと涙が零れ落ちた。

 徐々に息遣いが治まるのを待って、スワンはウルトラウーマンの胸から顔を上げた。
「ふふ……、おねえちゃん気持ちよかった?」
 ウルトラウーマンは紅潮した顔でスワンを抱きしめる。
「もう! スワンちゃんたら……」
「なに?」
 急に強く抱きしめられて、スワンは驚きの表情でウルトラウーマンの顔を見た。
 少し怒ったように見返す顔に、やがて恥ずかし気な笑みが浮かぶ。
「もう………とっても気持ちよかった………」
「よかった、うれしい!」
 改めて二人はしっかりと抱き合った。
「ありがとうスワンちゃん。一度気持ちよくなって、もうお姉ちゃんも落ち着いたわ」
 再び意外だと言わんばかりにスワンはウルトラウーマンの顔を見上げる。
「ええ! ほんと?! まだ一度気持ちよくなっただけだもの、まだ足りないでしょう? それにあたし、もっとおねえちゃんとお遊びしたいわ」
「もうだめよ。それに私、あなたのお陰でとっても満足しちゃったから大丈夫よ」
 スワンはベッド上に起き直ってウルトラウーマンに膨れっ面を向ける。
「ええ~!? つまんない。じゃあスワンに試させて、おねえちゃんがもうしなくていいかどうか」
「もう……」
 仕方なくウルトラウーマンもベッドの上に起き上がった。
「明日からお姉ちゃんは大事なお仕事があるの。ねえもう休みましょう?」
「いやいや! 試させてくんなきゃ、スワンまだ寝ない!」
「はあ……」
 ウルトラウーマンは小さなため息をついた。
「じゃあスワンちゃん、ちょっとだけ、ちょっとだけよ。それで変わらなかったら大人しく寝るの。分かった?」
 スワンの顔が輝いた。
「あはは……、うんわかったわ。じゃあおねえちゃん、ベッドの上にうつぶせに寝て」
「ふふ、もう……」
 ウルトラウーマンは微かに笑みを浮かべながら、伸びやかな肢体をうつぶせに横たえた。
 地球での経験上、高まりを越えて安定期に入った自分の体にそう変化があるとは思えなかったからである。

「ああ………ふうう……」
 とうとうウルトラウーマンの口から熱いため息が漏れた。
 足先から背筋を舐め上がった舌先が、うねうねとうなじの肌に遊び始めたのだ。
 スワンの小さめの舌に背骨をゆっくり掘り返す様に舐められた時、ウルトラウーマンは皮膚の下で血が沸き立つのを感じた。
 それからスワンの唇が背中を這いまわって、火が付いたように全身が火照り始めたのである。
「うふふ、ほらやっぱりスワンが言ったとおりだったでしょう?」
 切なげに眉を寄せた耳元にスワンは囁いた。
 そのまま両手をベッドの隙間からウルトラウーマンの前に回す。
「う……!」
 詰まったうめき声と共に背中が丸まり、ベッドとの隙間から両方の乳首がスワンの指に摘ままれているのが垣間見えた。
「あはは、おねえちゃん大きいから、ここまで上がらないとおっぱいに届かないんだもの。ねえほら、おっぱいの先がこんなに硬くなってるよ」
 まるで遊んでいるようなスワンの口調ではあったが、ウルトラウーマンはその少女から身をよじる快感を与えられていた。
 スワンは器用にウルトラウーマンの身体を横向きにすると、脇のくぼみの肌に舌を這わせる。
「あ………だめよスワンちゃん、そんなところ……」
 スワンは悪戯っぽい視線をウルトラウーマンに向ける。
「うふふ、じゃあおねえちゃん確かめてみるわよ。ここで止めちゃうか、それとも続けるか……」
 お尻の方からスワンの指が股間に割り込むと、ウルトラウーマンの身体にぶるっと震えが走った。
「ほら~スワンの勝ちい………」
 熱い雫を纏った指が二人の顔の間に掲げられる。
 スワンがゆっくりそれを口に運ぼうとした時、ウルトラウーマンは素早くその手を掴んで濡れた指を口に含み込んだ。
「あ! ずるい、あたしが味わいたかったのに~」
 ウルトラウーマンはきれいにした指を離すと口を開く。
「はあはあ……だめよスワンちゃん、そんなこと……」
 ため息交じりにつぶやく唇にスワンは顔を寄せた。
「あたしにも味合わせて。おねえちゃん、キスしよう……」
 間近に近づいた青い瞳をじっと見つめて、ウルトラウーマンは小さく頷いた。
 二人の唇がゆっくりと重なり合う。
 小さな舌が上手に誘い出して、ウルトラウーマンの舌がスワンの口に含み込まれた。
 荒い鼻息がお互いの頬をなぶる。
 唇を離したスワンはウルトラウーマンに頬を重ねた。
「とっても美味しかった。ねえおねえちゃん、スワンも気持ちよくなりたいの。舐め合いっこしようか……。お姉ちゃん、出来る………?」
 うっとりとほほを重ね合いながら、ウルトラウーマンはその潤んだ瞳を静かに閉じた。

 二人はベッドの上で横向きになって、互いの股間に顔を埋めていた。
「あはあ………もうだめ………」
 ウルトラウーマンはスワンのものから顔を離すと苦し気な喘ぎ声を漏らす。
 スワンが濡れたものから顔を上げた。
「まだだめよ、おねえちゃん……」
 そう言いながらウルトラウーマンの艶々した陰毛を指で撫でる。
 指のかき分けた辺りがレース越しの月明かりに鈍く輝いた。
「お願い、あたしのこともう少し舐めて。そうしたら………」
 その言葉で、ウルトラウーマンはブロンドの茂みに武者ぶりついていく。
「ああ~そう! そこがいいの。あたしのそこを食べておねえちゃん!!」
 スワンの哀願に誘われるように、ウルトラウーマンは可憐なしこりを口で覆った。
 大きく口を開けて吸い付きながら、スワンに声を上げさせているものに舌を絡める。
「ああ! 気持ちいい! おねえちゃんだけよ、こんなにあたしが気持ちよくなるのは。ああもう………」
 再びスワンの顔がウルトラウーマンの両足の付け根に潜り込む。
 両手の指を折って数える間もなく、二人の裸体が引きつって震えた。
「ぐ! …んぐうう!! 」
「ふぬうううう!!!!」
 互いの腰に抱き着きながら、二人の身体は狂おしい快感の高まりに縛られていた。

 窓から差し込む朝の光が、乱れたベッドの上に降り注いでいる。
 ドアノブに手をかけてウルトラウーマンは後ろを振り返った。
「じゃあスワンちゃん、行ってくるね」
 スワンは2、3歩ウルトラウーマンに近づいて、その足を止めた。
「おねえちゃん、本当? おねえちゃんはほんとに帰ってくる?」
 ウルトラウーマンはドアノブを離して引き返すと、悲し気な顔のスワンをその胸に抱いた。
「大丈夫、きっと帰ってくるから。それにその箱にお姉ちゃんの宝物を沢山入れてるからね。全部スワンちゃんのものよ」
 ゼットンとの戦いで無事に帰ってこれる保証は何もなかった。
 もし万が一の場合もスワンが一人で生きていけるよう、ウルトラウーマンは早朝に沢山の石を結晶化させておいたのである。
「そんなものスワンいらない。あたしは、おねえちゃんに帰ってきてほしいの」
 ウルトラウーマンはスワンの両肩に手を置いてその顔を見つめた。
 目頭が熱くなるのを我慢して笑顔で頷く。
「わかってるわ、スワンちゃん。じゃあ、行ってくるね」
 涙が零れるのを見られないように、ウルトラウーマンはドアの外へ勢いよく飛び出していった。
ウルトラウーマン(8)目次ウルトラウーマン(10)
↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
未知の星 ましゅまろくらぶ 禁断の体験 エッチな告白集 官能文書わーるど
新・SM小説書庫2 電脳女学園 官能の本棚 ちょっとHな小説
赤星直也のエロ小説 羞恥の風 変態小説 Playing Archives
出羽健書蔵庫 [官能小説] 熟女の園 人妻の浮気話 艶みるく 官能的なエロ小説
Angel Pussy 週刊創作官能小説 人に言えない秘密の性愛話 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 西園寺京太郎のSM官能小説

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
性小説 潤文学ブログ 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 女性のための官能小説 潤文学
ぺたの横書き 空想地帯 恥と屈辱の交差点 むね☆きゅんファンサイト
HAKASEの第二読み物ブログ 黒い教室 最低のオリ Mikiko's Roomの仮設テント
魔法の鍵 女の陰影 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 漂浪の果てに
女性のH体験告白集 週刊リビドー 濠門長恭の過激SM小説 ろま中男3
被虐願望 女教師と遊ぼう お姫様倶楽部.com あおいつぼみ 葵蕾

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
アダルト検索一発サーチ 快感小説 恥ずかしがりたがり。 かめべや
平成な美少女ライトノベル 愛と官能の美学 SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園
制服美少女快楽地獄 秘密のエッチ体験談まとめ 18's Summer 淫鬼の棲む地下室
被虐のハイパーヒロインズ ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット
ライトHノベルの部屋 被支配中毒 レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia

調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞 Japanese-wifeblog
Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス
マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集
黒塚工房 プライド 女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都 羊頭狗肉
ひよこの家 美里のオナニー日記 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる 人気ブログランキング
にほんブログ村 ライブドアブログ
官能小説アンテナ アダルトブログランキング
オンライン小説検索・R小説の栞 GL Search


ランキング/画像・動画(11~30)
おたりんく Adult Novels Search Girls Love Search ヌケルアダルト作品
正しいH小説の勧め 成人向けランキング アダルト動画まとめ ネット小説ランキング
クリエイターコレクションR18 ぱっくりんく 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top