Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
カテゴリ:八十八十郎劇場 > 十日室
:*.☆。 6周年記念特別寄稿作品 。☆.*:


「十日室」作:八十八十郎(はちじゅうはちじゅうろう)


(25)


 室に異変を感じ取った亜希子と碧は、入り口の扉の手前に居場所を移した。
 畳を敷く幅も無い通路で、毛布の中に身を寄せ合うようにしてうずくまっている。
 時折外からの冷たい隙間風を頬に感じる。
「碧ちゃん、寒くない……?」
 亜希子は碧の身体を抱き寄せた。
「ううん、大丈夫、亜希子さんが温めてくれるから。でも……」
「なに……? どうかしたの……?」
 亜希子は碧の顔を覗き込む。
「さっき亜希子さんを起こす前に、私も変な………悲しい夢を見たの……」
「悲しい夢って……?」
「うん………」
 碧は目を伏せて口ごもった。
 何故か亜希子は後ろめたい感覚を覚えたが、やはり碧に聞かずにはいられなかった。
「碧ちゃん、聞かせて。悲しい夢って……?」
 重ねて聞かれると、碧は目を閉じて亜希子の胸に顔を埋めた。
「夢の中で亜希子さんが……、亜希子さんが小山内さんに愛されてたの」
「え……?」
 亜希子は言葉を詰まらせた。

 室の中で、二人は同じような夢を見ていたのだ。
「ゆ、夢よ碧ちゃん。そんな夢もう気にしないで、忘れましょうよ」
 亜希子はそう口にするのがやっとであった。
「でもすごくリアルで、突き刺さる様に私の胸に迫って来たの……」
 薫に抱かれた感覚が生々しく蘇って、亜希子は口を開くことが出来なかった。
「小山内さんは、何故か分からないけど、男の人みたいに亜希子さんを抱いていたの……。そしてとうとう……、亜希子さんも小山内さんと一緒に……」
「お願い碧ちゃん、もうやめて……!」
 亜希子は強く碧を抱きしめた。
「最後に小山内さんが“まだ中に残ってるわよ”って言って……、亜希子さんはお口で残りを吸い出して、そのままその廻りをきれいにしたの。そしたら小山内さんは、嬉しそうに亜希子さんに唇を重ねて……」
「…………!?」
 亜希子は驚きを覚えた。
 その話は亜希子が夢の中で気を失った後の事のように思われた。
 耐えがたい背徳感が身体を縛る。
「小山内さんと亜希子さんはまるで夫婦みたいに見えて、私は嫉妬と悲しみで胸が張り裂けそうだった……」
 一瞬亜希子は、悦楽に堕ちた自分がその後無意識にした事かと疑った。
 しかし二人が見たのはあくまで夢であり、現実ではないのである。
 夢は実像を二人で一緒に見るものではないとすれば、各々が偶然同じ夢の続きを見たのだろうか。
 亜希子はこの室に夢を見せられているような気がした。
「碧ちゃん、心配しないで。それは夢よ」
 そう言って、亜希子は碧の上体を起こした。
「で、でも……」
「私、この室に宿っている様々な思いが影響してるような気がするの」
 しかし亜希子は、自分も同じ淫夢に堕ちていたことだけは口に出せなかった。
 室のエネルギーに惑わされたとは言え、体の奥底に熱い肉欲の証を浴びながら、自分も獣の様に絶頂を貪ったのは確かだったのである。
「亜希子さん、私を愛して……」
 亜希子は碧の消え入りそうな声にしっかりと頷いた。
「これは夢じゃないわ。私たちはここで本当に愛し合っているのよ」
 亜希子は現実の中で、心から碧を愛したいと思った。
 目の前の潤んだ瞳を見つめながら優しく唇を重ねる。
 毛布にくるまれた二人の身体の匂いを、亜希子は夢うつつに吸い込んだ。


 激しく降りしきる雨音を木々が遮って、何一つ光の無い森の中を不気味な静けさが支配していた。
 落ちた下枝を折る小さな音をさせながら、ひとつの黒い影が山肌から突き立った四角い石積みに近づいていく。
 黒い影は1メートル四方くらいのシート状のものを石積みに被せて、周囲をロープで縛り始めた。
 突然、音も無くもう一つの黒い影が背後から忍び寄る。
「あ!!」
 背後から羽交い絞めにされた影は短い驚きの声を上げた。
「誰だお前! 警察だ、もうあきらめろ!」
 目方慶子の怒声が森の中に響いた。
 もつれ合った二つの影が大きく揺らぐ。
「ああっ!」
 木の根に足を取られた二つの影はもんどりうって地面に転がる。
 慶子は身を翻して影から離れた。
 急いで立ち上がると、3メートルほどの距離を置いて相手と対峙する。
 もう一つの影の右手に、鈍く光るものが握られていた。
「やっぱりあなたね、小山内さん。もうこれ以上不審な行動をとらない方が賢明よ」
 短い沈黙のあと、突然小山内薫は後ろを向いて走り出した。
「待て!!」
 慌てて目方慶子もその背中を追う。
 しかし鍛えた慶子の足も、真っ暗闇の森の中でなかなか薫に追いつくことが出来ない。
 薫の背中を追って狭い木の間を通り抜けた時、突然慶子の足が急こう配の地盤に滑った。
「きゃあ~っ!!」
 目方慶子の悲鳴が暗闇の下に消えた。
 小山内薫はゆっくりと崖下を覗き込むと、再び石積みの場所へと足を向けた。


 広がった毛布の上で、二つの白い女体が逆さまに重なり合っている。
 仰向けで碧の細い腰を抱きながら、亜希子は甘く潤ったものに顔を埋めていた。
 初々しい果物を貪る様に若い花びらを唇でついばむ。
 ふるふると震える小さなお尻を掴みながら亜希子は声を上げた。
「あ……そこは……だめ……」
 敏感な突起には触れられもせずに、先ほどから尿道口を吸われたり舌で弄られたりしているのである。
「なにがだめなの……?」
 再び瞳に怪しい光を宿した碧が、意地悪く聞く。
「で、出そうなの……」
「おしっこしたいんでしょ? いいよ、して……」
「だめよ、そんなこと。汚いわ」
 碧は亜希子の身体を抱いて身を転ばした。
 下になった碧が亜希子の股間から問いかける。
「亜希子さんは、あたしのおしっこは汚いの?」
 亜希子は胸を衝かれる思いがした。
「ううん、そんなこと……。あなたのなら、汚くなんかないわ」
「じゃあ、あたしに思いっきりかけて」
 碧の可愛い唇が亜希子の女を覆った。
 よく動く熱い舌に激しく尿道口を揺さぶられる。

 身を捩る快感と共に、下半身の奥から熱い衝動が込み上げた。
「ああ碧ちゃん、出ちゃう。ごめんなさい、もう出ちゃうわ!」
 思わず亜希子は身を起こして、碧の上で膝立ちになった。
 愛液と共に熱いほとばしりが噴き出す。
「ああ、亜希子さん!」
 薄目を開けた先で、迸り出た小水が湯気を立てて碧の乳房を叩いている。
 切ない疼きが震えながら背骨を駆け上がる。
 やがて迸りは徐々に細まり、黒々とした茂みから名残の滴が碧の身体に垂れ落ちる。
「ああ……、碧ちゃん、ごめんなさい……」
「謝らなくていいの。まだ最後まで出してあげる」
 その声と共に、下から碧が亜希子に吸い付いた。
「あ………あああ……!」
 ぶるぶると亜希子は下肢を震わせた。
 身体から小水を碧に吸い出されながら、亜希子の身体を軽い絶頂が襲った。
「ああだめ……」
 碧の顔に股間を乗せたまま、豊かな乳房を弾ませて亜希子の身体に痙攣が走った。

 毛布の上に投げ出した裸身に、もう隙間風の冷たさを感じなかった。
 うっすらと汗ばんでさえいる亜希子の身体に、上から碧のしなやかな裸身が絡み付く。
 亜希子は濡れた碧の身体を両手で抱いた。
「もう碧ちゃんたら……」
「私、亜希子さんなら平気よ。亜希子さんはどう……?」
「ふふ、もちろん碧ちゃんならあたしも平気。もしあなたが病気になったら、あたしがお口で吸いだしてあげる」
「本当? うれしい」
 乳房に甘えかかる碧の身体を抱いて、亜希子はうっとりと目を閉じた
「ねえ亜希子さん、あたし亜希子さんに二つお願いがあるの」
「うふふ、なに?」
「あたしのお母さんになって……」
 亜希子は目を開けた。
 外の雨音が微かに亜希子の耳に聞こえた。
「ええいいわ……。あなたをずっと守ってあげる……」
 温かい満足感と共に、何故か亜希子は微かな寂しさを覚えた。
 碧とは15歳も年が離れて、もう母親に近い年齢に差し掛かっていたのである。
 碧には別の幸せを迎える時が来るに違いなかった。
「それからもうひとつ……、何だと思う?」
「さあ分からないわ。なに……?」
 亜希子は精一杯の笑顔で碧の顔を見た。

「私の……、私の奥さんになって」
「え……!?」
 言葉が出なかった。
「亜希子さんとずっと愛し合って暮らしたいの。お願い、私の奥さんになって」
「だ、だめよそんなこと! 今はそんなこと言ってるけど、あたしはあなたよりずっと早くおばあちゃんになっちゃうのよ」
「そんなこと何の関係があるの? 生きていくのに、愛し合うのに、私はそんなこと関係ないわ」
「み、碧ちゃん……」
 再び閉じた亜希子のまぶたに熱いものが滲んだ。
「お願い亜希子さん! 私の奥さんになって!」
 亜希子は両手で碧の身体を離すと、小さく首を振った。
「だめ? だめなの亜希子さん……」
 涙声になった碧に亜希子はやっと口を開いた。
「ううん、じゃあ亜希子さんじゃなくて、亜希子って呼んで……」
 大きく見開かれた碧の瞳が輝いた。
「うれしい! うれしい亜希子さん、ううん、亜希子……、亜希子」
 亜希子は16歳の少女の胸に抱かれた。
「碧ちゃん……」
 熱い滴が頬に落ちて来て、亜希子は碧の顔を見上げた。
「んぐ……もう碧ちゃんはだめ。これからは、あなたって呼んで」
 碧の目から次々と涙が落ちてくる。
「うふふ、愛してる、愛してるわ、あなた……」
 亜希子は華奢な少女に優しく両手を伸ばした。
 そのままきつく抱き合った二人は、恩讐の渦巻く室の中で夢見るように唇を重ねたのである。
十日室(24)目次十日室(26)



:*.☆。 6周年記念特別寄稿作品 。☆.*:


「十日室」作:八十八十郎(はちじゅうはちじゅうろう)


(24)


 亜希子は室の中を見回した。
「まあ……」
 排水路を流れる山水が急にその水かさを増していた。
 石積みの天端から30センチほど下だった水が、今は10センチまで水位を上げて勢いよく排水口へと流れている。
 そしてかがり火の火の粉が舞いあがる上には、不気味な暗紫色の煙が渦巻いていた。
「なんだか、恐い……」
「碧ちゃん、大丈夫よ。たぶん急に大雨が降ったせいでしょう。念の為に、今度のお祈りが済んだら扉の近くに行きましょう。その方がきっと換気もいいわ」
 亜希子は碧の不安を和らげるように、優しくその顔を覗き込んだ。

 その時突然、微かに二人の髪の毛が逆立った。
 続けて重力とは逆に身体が持ち上がる様な感覚が二人を襲う。
 碧の肩を抱き寄せて、亜希子は上を見上げた。
 暗い煙が渦を巻いて天井の排気口へ吸い上げられていく。
“ゴ……ゴリ……!”
 小さな地響きと共に重く軋む音が聞こえた。
「なに今の音……。や、山崩れかしら!」
「大丈夫よ碧ちゃん、そんな大規模なものじゃないわ。きっと外の風向きが変わったのよ」
「亜希子さん……」
「大丈夫、あたしが一緒だから。お祈りを済ませましょう、ね、碧ちゃん」
 そう言ってもう一度周囲を見回すと、亜希子は怯える碧の身体を支えて立ち上がった。


 ヘルメットのシェードを激しい雨が叩き、目の前の視界が大きく歪む。
 暗闇から突然急なカーブが現れて、思わず慶子はバイクのスロットルを緩めた。
 林道の両側から立ち上がる森の木々は、真夜中の豪雨でおどろおどろしくその姿を変えている。
“だぶだぶのズボンとサスペンダーに変えててよかったわ。もとのジーパンなら動きが取れなかったかも……。”
 目方慶子は路肩にバイクを止めてヘルメットを脱いだ。
 タオルで眼鏡を拭うと、曇り止めのスプレーをかける。
“でも八のおじさんが言ってた知らせって、この程度の事なのかしら?”
 再びヘルメットをかぶると、慶子は後輪をうねらせながらバイクを走らせ始めた。
“もう真夜中だけど、これから邪念を確かめるしかない……。”
 激しい雨音に混じって、バイクの排気音が暗い山中に消えていった。


 夜中の1時を廻っているにもかかわらず、その家の窓にはまだ煌々と明かりが灯っていた。
「どちら様ですか?」
 インターホンから抑揚のない女性の声がした。
「夜分に申し訳ありません。警察の者ですが、ちょっと危険な通報があったものですから」
 慶子は芝居を打った。
 規則上は違法な行動であったが、もう今夜から明日が山場だと判断したのだ。
「危険な通報……?」
「ええ。ここではちょっと申し上げにくいのですが……」
「…………どうぞ、お入りください」
 返事の後に門扉の電気錠が外れる音がした。

 玄関の框の上に、30代半ばの女性が慶子を待っていた。
 真夜中にも拘らず上品に髪を結い上げたその女性は、差し出した身分証明書から涼やかな視線を上げた。
「警察庁……、遅くまでご苦労様です」
「あの、村長さまは……?」
「あいにく篠崎はもう休んでおりますが、緊急のご用事でしたら起こしてまいりましょうか……?」
「いえ、それには及びません。ただ十日室の神事を妨害すると言う通報が入りましたもので、こちらにも何か変わったことがなかったかと思いまして」
「いえ、こちらには特に何も……。それに、篠崎からも何も聞いておりませんが」
「そうですか、分かりました……。あの、失礼ですが、奥様ですか?」
「ええ、妻の由紀恵です」
 そう答えたあと、女の目がゆっくりと慶子の全身を舐めた。
 その女は異常なほど落ち着いていた。
 いや、と言うより、人間的な内面の動きを感じることが出来なかった。
“家にいたのか……。”
 慶子はそう胸の内で呟いた。
“今夜半から明朝に動きがあるとすれば、怨念の主はこの女ではないのか……?”
 ふと慶子は、女の目が自分の濡れたTシャツの胸元に注がれているのに気付いた。
 誇らしく盛り上がった胸の膨らみに、濡れた黒のTシャツが張り付いていた。
「随分お濡れになって……。寒かったでしょう? どうぞ上がって少し温まって下さい」
「いえ任務がありますから、そういう訳には……」
「どうぞ遠慮なさらずに、少し温かいものをお出しするだけですよ。それにタオルで少し身体をお拭き下さい。そのままじゃ仕事にもお身体にも障りますよ」
 慶子は笑みを浮べた女の顔を見た。
 能面のようなきれいな顔に、ようやく微かな温かみを感じる。
“あたしを引きとめてる……。よし、少し様子を見るか。”
「さあどうぞ」
 村長の奥方は両膝をフロアに付いて、慶子の前にスリッパを置いた。
 ブラウスの胸元が浮いて、白い肌の上品な膨らみが垣間見える。
「有難うございます。それじゃ、少しだけ……」
 山奥の村には似合わぬコロンの匂いを嗅ぎながら、慶子は由紀恵に続いて屋敷の奥へと入って行った。

「ふう……」
 熱いコーヒーをすすりながら、慶子は大きな息を吐いた。
 由紀恵が言う通り、冷え切った身体に温かさが染み渡り、再び活力を取り戻すのに効果がありそうだった。
「どう? 少し温まりました?」
 背後から入って来た由紀恵の声に、慶子は慌てて振り返った。
「ええ、温まって、とても楽になりました」
「そう、よかった」
 目の前のソファーにゆっくりと腰を降ろす由紀恵に慶子は言った。
「十日室もあと少しですね。でもまだ碧ちゃんのこと、ご心配でしょう?」
 由紀恵は上品な細い眉を寄せた。
「ええ、最後にこんな大雨になって……。早く上がればいいんですけど」
「そうですね」
 慶子はもう少し由紀恵を押してみる。
「しかし奥様、お若いですね。とても高校生のお嬢様がいらっしゃるようには……」
 由紀恵の口元がほころんだ。
「いえ、碧は養子ですのよ。もっとも私も、その後に嫁いで来た後妻ですけど」
「まあ……。そ、それは失礼いたしました」
「いえ、どうぞお気になさらないで」
 涼しげな笑みを浮べる由紀恵の顔を、慶子はじっと見つめた。
 由紀恵の表情に全く動揺を感じる事は出来なかった。
“不審な感じはない……。でも……、でもやっぱり、何か落ち着き過ぎてる……。”
「じゃ、どうぞこちらへ。濡れたものを着替えて、乾いたタオルで身体を拭いて下さい」
「いえ、そんなこと、とんでもない」
「遠慮なさらないで、それにすぐ仕事に戻らなきゃならないんでしょう。コンディションを整えなくちゃ。フリーサイズのTシャツもありますから。さあ、こちらへ」
「あ……、お、奥様」
 立ち上がって部屋を出て行く由紀恵を目で追いながら、仕方なく慶子もその腰を上げた。

 6畳ほどのクロークに入ると、両側に壁収納の扉が並んでいた。
 由紀恵は一つのドアを開けると、中の棚からTシャツを取り出す。
「さあ、それは脱いで……」
 何故か由紀恵は小声で囁いた。
「え……こ、ここで脱ぐんですか……?」
 思わず慶子も小声で聞き返す。
「ふふ、隣の部屋で主人が寝てるのよ。じゃ、濡れたものを脱いでください」
「は、はあ……。あ、でもちょっと……」
「大きな体して気が小さいのね。さあ早く脱いで」
「え、じゃ、じゃあ……」
 慶子はバイクズボンのサスペンダーを外した。
 ズボンがずり落ちないように両膝を開いて、交差した両手でTシャツの裾を掴む。
 身体を揺すりながらTシャツを脱ぐ。
 Tシャツを脇に降ろして眼鏡を上げたとたん、由紀恵のバスタオルが身体を包んだ。
「さあ、冷えないうちに身体を拭きましょう」
「あっ、ちょちょ、奥様、自分で拭きますから。あ……」
 戸惑う慶子には構わず、由紀恵は腹筋の形さえ見える引き締まった体にタオルを使う。
「これも邪魔ね。外しちゃいましょう。じゃあなた、これ持って」
 思わず慶子がバスタオルの両端を持つと、その両脇の下から由紀恵の両手が慶子の背中に廻される。
 香しい由紀恵の髪の匂いが鼻先に漂い、背中でブラジャーのホックが外される。
「あっ、お、奥様、ちょっと……」
 戸惑った声と共に、解き放たれた慶子の乳房が誇らしげに揺れた。
 自然と由紀恵と慶子の目が合う。
 そのまま4,5秒由紀恵は慶子からその目線を外さなかった。
 慶子は背筋が震えるのを感じた。
「あら、あたしのブラウスも濡れちゃったわ。ちょっと失礼……」
 由紀恵はそう言うと、手早くブラウスのボタンを外してそれを脱ぎ去った。
 きめの細かい白い肌が露わになり、細身にうっすらと柔らかみのある肢体から女の色香が匂い立っていた。
 ちらっと眼を合わせると、そのまま目を伏せて慶子の身体にバスタオルを使い始める。

 細身で謎めいた、少し年上の女性。
 慶子にとって由紀恵は、まさに好みの女性であった。
 細いうなじから撫で肩が緩やかな曲線を描き、その下の上品な胸の膨らみにつながる。
 慶子はブラジャーを押し上げて、片手に馴染むその乳房を掴みたい衝動に駆られた。
“悔しいけど、すごくいい女だわ。”
 由紀恵の横顔をじっと見つめながら、慶子は妄想に捕らわれていった。
 荒々しく由紀恵を床に組み敷く自分の姿が見える。
 全裸の細い腰のくびれが捩れて、その下で慶子が由紀恵の股間を貪っていた。
 眉を寄せて快感に耐えながら、しどけなく開いた唇の間から白い歯が覗く。
 隣室の夫に気付かれないように、由紀恵の手が口を覆う。

「あなた、すごくいい身体ね」
 ふと由紀恵の横顔が呆然としている慶子へと向けられた。
「あ、いえ、ありがとうございます……」
「ね、下も脱いで。拭いてあげる……」
 由紀恵の妖しい眼差しが、じっと慶子の心を覗き込んでいる。
 慶子は静かに唾を呑みこんだ。
「ええ……」
 下を脱ぐことの意味は分かるような気がした。
 曲げた膝の力を緩めると、ずり落ちた緩いズボンから半分お尻が脱ぎ出る。
 ズボンを降ろそうとして前のボタンに両手をかけた時、
“は……! 知らせ……。”
 慶子はその手を止めた。

“この女、いい女だけど………やっぱり、クロだ……。”
 悪夢から覚めて、慶子はそう直感した。
 ここ数年の調査から、この女は今まで少なくとも3人の殺害に関係した疑いがあった。
 婚約者、義父、夫の死亡に対する保険金の受領。
 慶子は由紀恵の顔を見つめた。
“この土壇場にあたしを引き止めてるってことは、この女とここに居る間に事が起きるんだ。やはりこの女の邪念に結びついた別の怨念が……。”
「ねえ、早く……」
 もう由紀恵の顔は、慶子から30センチと離れていなかった。
“でも惜しいわ、この女……。”
「奥様!」
 慶子は由紀恵の身体を強く抱いた。
 荒々しくその艶やかな唇を奪う。
 唇を揺さぶりながら舌を割り込むと、ねっとりと甘い舌が絡み付いて来る。
 胸を押し付けながら由紀恵の両手が慶子の首に巻き付く。
 慶子は思わず熱い鼻息を由紀恵の頬に吹付けた。
“凄い、気が遠くなりそう……。毒があるほど美味しいってことか……。”
「奥様、ごめんなさい。もう行かなくちゃ」
 慶子は由紀恵の身体を離してそう言うと、Tシャツを掴んで玄関へと向かう。
 ブーツを履いて出て行こうとする慶子の背中に、由紀恵の声がかかった。
「お願い、まだ行かないで……」
 玄関ドアを開けたまま慶子が振り返る。
「大丈夫です、奥様。またすぐ会えますよ」
 そしてその笑顔は、土砂降りの雨音と共にドアの向こうに消えた。
十日室(23)目次十日室(25)



↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 ましゅまろくらぶ 新・SM小説書庫2
官能文書わーるど 電脳女学園 羞恥の風 赤星直也のエロ小説
官能の本棚 ちょっとHな小説 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 変態小説
[官能小説] 熟女の園 Playing Archives 潤文学 人妻の浮気話 艶みるく
西園寺京太郎のSM官能小説 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 女性のための官能小説 恥と屈辱の交差点

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
人に言えない秘密の性愛話 Angel Pussy 週刊創作官能小説 魔法の鍵 ぺたの横書き
黒い教室 濠門長恭の過激SM小説 恥ずかしがりたがり。 あおいつぼみ 葵蕾
被支配中毒 ろま中男3 官能的なエロ小説 女の陰影
HAKASEの第二読み物ブログ 女性のH体験告白集 出羽健書蔵庫 渡硝子の性感快楽駆け込み寺
被虐願望 性小説 潤文学ブログ 愛と官能の美学 平成な美少女ライトノベル
空想地帯 むね☆きゅんファンサイト 最低のオリ Mikiko's Roomの仮設テント

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
漂浪の果てに 週刊リビドー 女教師と遊ぼう お姫様倶楽部.com
アダルト検索一発サーチ 快感小説 かめべや SM・お仕置き小説ブログ
官能秘宝園 制服美少女快楽地獄 秘密のエッチ体験談まとめ 18's Summer
淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI
妄想ココット ライトHノベルの部屋 レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia

調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞 Japanese-wifeblog
Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス
マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集
黒塚工房 プライド 女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都 羊頭狗肉
ひよこの家 美里のオナニー日記 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる シンプルアダルト動画サーチ
人気ブログランキング にほんブログ村
官能小説アンテナ オンライン小説検索・R小説の栞
ライブドアブログ アダルトブログランキング


ランキング/画像・動画(11~30)
Adult Novels Search GL Search おたりんく 正しいH小説の勧め
成人向けランキング Girls Love Search クリエイターコレクションR18 ヌケルアダルト作品
アダルト動画まとめ 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top