Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
カテゴリ:ハーレクイン・エロマンス > 風楡の季節
「風楡(かぜにれ)の季節」作:ハーレクイン


第15章 由美と夏実4


 夏実は、浴室の天井の照明をぼんやり見上げている。
 由美のマンションの浴室は廊下側に面しているため窓がない。しかし、天井の照明は、この浴室の広さにしては不相応に大きく、浴室内は、外の陽光が差し込んでいるかのように明るい。

 夏実は、これも不相応に広い浴槽に浸り、ゆっくりと両脚を伸ばしていた。
 由美はその夏実の上体を背後から抱え、背中を浴槽内の縁にもたせ掛けている。両腕は、先ほどシャワーを浴びたときのように、夏実の胸前に廻し、夏実の両の乳房を、腹を、両腿を、愛おしそうに撫でている。
 夏実の両手は由美の両手を追い、縋り、捉え、捉えられ、逃げ、追われ……。由美の両手が夏実の両乳房を捉えると、夏実の両手は、夏実の腰を両側から挟み込んでいる由美の腿を、両膝を、脛をゆっくりと撫で下ろし、撫で上げる……。

 夏実は時折、頭を後方にのけぞらせ、由美の頬に頬を擦り付ける。顔全体を捩じるように横向け、由美の唇を求めて唇を突き出す。
 吐息とも、ため息とも、ささやきともつかぬ二人の声が、時折、浴室内に響く。
 浴槽を満たした湯は浴槽の底まで透き通り、浴槽内の二つの身体を万遍なく洗い、二つの身体の動きとともに波打ち、揺蕩い、浴槽の縁からこぼれていく……。

「由美さん……」
「なあに」
「さっきの……『わたしのことで気付いたことがある』って……」
「ああ、あれね。そうねえ、ただの推測だから、的外れかもしれないけどねえ」
「かまいません。教えてください」
「そうねえ、口で言ってもピンと来ないかもしれないし……」

 由美は少し思案したのち、夏実に声をかける。

「あなたの身体に聞いてみようか」
「え、由美さん、それって」
「あ、そうか『体に聞く』って、なんか江戸時代とかの拷問みたいだね、小伝馬町の牢屋敷……『きりきり、白状せい』とかね」

 夏実は、唇を引き結んだ後、きっぱりと答える。

「かまいません、由美さんにされるなら」
「ばかね、冗談よ、そんなことするわけないよ」

 二人は、互いの体をゆすり合いながらくすくすと笑う。

「体に聞くっていうのはね夏実、とりあえずあなたに、もう一度気持ちよくなって貰おう、ということよ」
「え、由美さん」
「なつみ……こっち向いて」

 夏実は、下半身を由美の両脚の間に置いたまま、上半身を捩じって由美に向かい合う。かなり無理な体勢だが、柔軟な夏実の身体にとっては何ということもない。
 二人は、両腕を互いの背に回し、しっかりと抱き合う。互いの両乳房が相手の乳房に押し潰され、乳首が擦れ合う。いや、ゆるゆると擦り合う。
 唇をしっかり重ね合い、舌と舌を絡め合う。その動きは、今まで数えきれないほど唇を重ねてきた者どうしのそれのように見える。呼吸が苦しくなると、僅かの時間、唇を離すが、そのまま離れていると相手がどこかへ消えてしまうのではないか。そんな思いに駆られるように、唇はすぐに合わさる。
 どちらからともなく呼吸がせわしなくなっていく。自らの体内の高まりを相手に教えるように、訴えかけるように、鼻孔から、唇の隙間から、切なげな吐息が漏れる。

「由美さん、ゆみさあん」
「なつみ、好きよ、大好き」
「わたしも、由美さん、好きです、この世で一番好き」
「ああ、なつみぃ」
「ゆみさぁん」

 夏実は、先ほどシャワーの時に、由美を触らせてもらえなかった。由美に厳しく命じられ、身動きすら許されず、一方的に高みに追い上げられたことを思い出していた。今、由美は積極的には夏実を愛撫しようとせず、どちらかというと夏実の愛撫に身を任せようとしている。
 夏実は、先ほどの焦燥感を生々しく反芻しながら、失われた時を取り戻そうとするように、狂おしく由美の身体を貪る。

「由美さん、由美さん、ゆみさぁん」
「はあっ、ああっ、ああっ」
「ゆみさんっ、んんっ、んんっ」
「いい、いいよなつみ、気持ち、いいっ」

 由美の全身を思う存分くまなく愛撫した夏実の手は、今、由美の股間を集中的に責めている。
 夏実は女性器の構造の細部はまだよくわかっていない。唯一頼りになるのは、昨日、あの公園のトイレでのオナニーの経験だ。夏実は、あの時探った自らの体の構造を、もどかしげに思い出そうとしていた。どこにどのようなものがあり、どこをどう触れれば気持ちよくなるのかを。

(もどかしい……)

 夏実に、由美の心中のつぶやきが聞こえた気がした。

(ああ、もう少しそこを……)

 夏実は、泣き出しそうになった。
 こんなに好きなのに、気持ちよくなってほしいのに、気持ちよくしてあげたいのに、こんなに……。

(そうよ、そこよ、そう、いいわよ、気持ちいいわ)

 夏実は、その声にならぬ声に励まされるように、次第に的確に、由美の身体のより敏感な部分を探り当てていく。

(いい、いいよなつみ、気持ちいい、あ……いきそう)

「ゆみさんっ」
「なつみっ、わたし、いきそう」
「いって、いってゆみさん」

 その時、夏実の股間の最も鋭敏な部分を、由美の指先が的確に探り当て、一気に夏実を追い上げる。

「あ、いやあ、ゆみさん、いいっ」
「なつみ、いくよ、わたしもう、いくよ」
「ゆみさんっ、わたしも、いきます」
「いいいいっ、いっ、くうううっ」
「いやあ、いくっ……いきますっ」

 ほぼ同時に、互いに高みに追い上げられ、追い上げた二人の嬌声と、激しく立てる湯の音が浴室に響いた後、静寂が訪れた。


 先ほどと同じ体勢、浴槽に尻を下ろして両脚を前に伸ばした夏実の上体を、由美が背後から抱きかかえている。

「夏実、気持ち、よかったねえ」
「はい、あの……わたし、またいっちゃいましたけど、由美さんは……」
「わたしも、とっても気持ちよかったよ」
「ほんとですか、私、まだよくわからないので……」
「こらこら、また泣くなよ、ほんとに気持ちよかったって、それに、何度もやればどんどん上手になるから」

 由美は、夏実の腰の上あたりを両腕で巻いて、大きく夏実の身体を左右に揺さぶる。励ますように、大好きな遊び相手をかまう幼女のように……。

「で、夏実、わかった?」
「え、何がですか」
「うーん、だからね、女の子どうしの関係っていうのは、大きく分けて二通りあるの、相手を気持ちよくさせる事に喜びを感じる人と、相手に気持ちよくさせてもらうことに喜びを感じる人と、の二通りね、それぞれ、『タチ』『ネコ』っていう呼び方があるんだけどね」
「へえ、全然知りませんでした」
「もちろん、そんなに単純に真っ二つに分かれるものでもないんだけどね、その中間タイプの人もいるし……ま、ある程度の傾向、というところかな」

 夏実は、初めて聞いた話を、刻み付けるように記憶する。

(タチとネコ、ネコとタチ……)

「で、夏実、あなたは自分をどちらだと思う?」
「え、わたしですか、うーん、そうですねえ」
「よく考えてごらん、さっきのシャワーでの時と、今の浴槽内での時と、どちらが気持ちよかったか」

 夏実は思案する、思い返す。
 シャワーの時と、浴槽内……。
 一方的に由美の愛撫を受けるままだった時と、夏実の方から積極的に由美を愛撫した時と……。

「うーん、そう……」

 夏実の記憶は、さらに遡る。
 先ほど、縛られ身動きできない状態で、一方的に由美の言うがままになったときと、その前に、気を失ったままの由美を愛撫した時……。

 夏実はようやくまた一つ、自分という人間の本質が見えた気がした。

(わたしは、女性の服に憧れる『女性』であり、そして、女性を愛したい『女性』であり、そして……)

「由美さん、わたし……えーと『ネコ』なんだと思います」
「そうね、私もそう思う、シャワーの時の夏っちゃんの反応って、すごかったもんね」
「やだ、由美さん」
「あなたはね、夏実、
 相手に気持ちよくさせてもらい、『気持ちいいです』と、相手に言葉で、振る舞いで、素直に伝えることで、自分を気持ちよくさせてくれた相手に逆に大きな喜びを与える、そういう人だと思う。そういう人をひとことで『ネコ』っていうの」

 夏実は由美を振り返る。その両眼からは涙が吹き零れている。

「由美さぁん」
「あらあら、また泣いているの、ほんとに泣き虫夏っちゃんねえ。今度はどうしたの」
「嬉しいんです、とっても嬉しいんです、嬉しくって嬉しくって、どうにかなっちゃいそうです」

 由美には、よくは理解できないが、夏実の手放しの喜びは何となくわかる気がした。

「夏実、わたしまで嬉しくなっちゃいそうよ」

 二人の少女は、改めて抱き合う。由美の舌は夏実の涙を掬い、舐め上げ、夏実の舌を求める。浴槽内には二人の唇と舌の立てる軽やかな、それでいて隠微な音が広がっていく……。


「でもね、夏実、あなたについて気付いたことって、もう一つあるのよ」
風楡の季節【第14章】目次風楡の季節【第16章】




「風楡(かぜにれ)の季節」作:ハーレクイン


第14章 由美と夏実3


「え、いやあ由美さん、ごめんなさい、ごめんなさい」

 夏実の両眼から、新たな涙が吹き零れる。 
 由美は、あっけにとられたように夏実を見つめる。

「どうしたのよ夏実、なぜそんなに泣くの」
「だって、だって……ほどくって、由美さん」
「もう必要ないでしょ、ほどいたらまた始めるの? リターンマッチの続き」
「いえ、そんな……。あの……ほどくから、もう帰れって……言われたかと思って」
「馬鹿ね、なぜそんな風に考えるの。あなたが辛いかと思って、それだけよ」

 夏実は、幼女のようにしゃくりあげながら、由美に訴える。

「わたしが……あんまり、泣くから……涙が止まらないから……それで……愛想、尽かされたかと……思って……それで……」
「ばかね。ほんとにお馬鹿さんね、夏実は」

 由美は、もう一度夏実に軽くキスし、声をかける。

「ほどくよ」

 由美は四つん這いで夏実の頭の先に向かう。
 夏実は、両手、両手首に由美の手が触れるのを感じる。しばらくして、両腕を引き延ばしていた力がなくなる。両腕は自然に胸元に戻る。
 夏実は少し迷ったのち、腹筋を使って上体を起こした。
 由美は窓を開け、夏実の右脚を固定していたシーツの先を室内に取り込んでいる。窓を閉じる。
 夏実の右足首に巻き付いているシーツをほどこうとする由美に、夏実は声をかける。

「あ、わたし、やります」
「そお。じゃ、こっちほどくね」

 由美は、夏実の左足首を固定している夏実のジーンズをほどき始める。夏実は右脚のシーツを手早くほどくと、ジーンズにてこずっている由美の手に手を添え、いっしょに結び目を緩めていく。

「ね、こんなことしてるとなんだか、結婚披露宴の『二人で行う初めての共同作業』みたいだね」
「はあ? あのケーキカットのことですか」
「そうそう、やってることはかなり違うけどね」

 二人は目を見交わし、くすくすと笑う。
 夏実の脳裏を、つい先ほどお互いを叩きのめそうと、殴り合い、蹴り合い、投げ、抑え込み、締め上げた情景が行き過ぎる。

(あれはいったい……)

 何だったんだろうと考える夏実に、嬉しそうに由美が声をかける。

「さあ、ほどけた。でも、御免ね、くしゃくしゃになっちゃったね、ジーンズ」
「え、由美さん。そのジーンズ、もともとくしゃくしゃのよれよれなんですよ。どうってことありません」

 答える夏実を、由美がそっと引き寄せる。
 ささやく。

「夏実……お風呂、入ろうか」
「え、由美さん、わたし……汗臭いですか」
「うん、汗の匂いはするけどね。でも臭くはないよ」
「すみません、わたし、汗の臭いなんて慣れっこなんで」
「だから、臭くはないって。でも夏実、鏡見てごらん。あなたの顔、涙でぐちょぐちょだよ。わたしの涎も混ざってるんだろうけど」

 夏実はあわてて両手で顔を擦る。由美の言うとおり、顔全体が濡れそぼっている。その手触りは皮を剥いた果実のようだ。

「あ、ほんとだ、やだ」
「ね、お風呂入って綺麗にしよう。おいで」

 由美は立ち上がり、手を引いて夏実を引っ張り上げる。夏実は機敏に立ち上がる。浴室までの短い距離を、二人は手をつないだままゆっくりと歩む。
 学校帰りの仲良しどうしの小学生が、手を繋ぎ、手を振り、歌をうたいながら、スキップしながら、転げるように……そのような情景を思わせる二人の歩みである。

 由美はバスタブの底に栓をはめ、湯栓を開く。シャワーも開く。

「夏実、洗ったげる」
「あ、そんな、いいです。自分で……」
「いいから、ちょっと上向いて、目つぶって」

 夏実は母親に体を洗ってもらう幼女のように、由美に体を預ける。シャワーヘッドから吹き出す湯を顔に浴びる。由美の手が夏実の顔を撫で、汗と涙と涎を落としていく。
 夏実の顔にはじけた湯は、夏実の首筋を、肩を、胸を、背を……浸し、流れ落ち、夏実の全身を濡らしていく。

「じゃ、石けんつけるね。後ろ向いて、壁に手をついて。高くよ」

 夏実は言われたとおりに由美に背を向け、壁の、顔より高い位置に両手をつく。由美は、もう一度夏実の全身に湯を浴びせてから、シャワーヘッドのストップボタンを押して湯を止める。シャワーヘッドを壁のフックに掛ける。
 ボディソープのポンプを押してソープ液を手に取る。両手を擦り合わせて泡立てる。

「顔は後で洗おうね。背中から擦るよ」

 由美は夏実の両腕、首筋から肩、背にソープを塗り、揉むように、擦るように両手で塗り拡げて行く。由美の手の動きとともに、夏実の呼吸が次第に荒くなって行く。

「ん……」
(きもち、いい)

 由美は両手で夏実の尻を掴む。

「あ……」
「夏実……凄い体だねえ」
「え、由美さん、すごいって」
「鍛えてあるってこと。なんか、指が弾き返されそうだよ」
「あん……」

 由美は、夏実の身体を確かめるようにその尻、脇腹、背、肩、首筋、両腕にかけ幾度も両手を滑らせ、擦り、愛おしそうに撫でまわす。その両手の動きは、洗うというよりも、愛撫のようになって行く。

「は、ああん、ん……んんっ」

 夏実の呼吸も、その由美の両手の動きに敏感に反応し、切なげな吐息に変化していく。

「じゃ、前も洗おうね、そのままでいいよ」

 由美は、夏実の腋の下から脇腹にかけて数度両手を上下させたのち、両腕で夏実をくるみ込むように抱きしめる。由美の乳房が夏実の背に押し潰される。夏実の尻の頂点に由美の両脚の付け根が触れる。
 由美の両手は夏実の両の乳房をしっかりつつみ込んだ。

「んんっ、あ、ああっ、ゆ……由美、さんっ」

 由美は体全体を使って夏実の背と尻を擦りながら、両手とその指で夏実の乳房を、乳首を揉みたてる。

「あああっ、由美……さん、んんっ」
「夏実、夏実ぃ、いいの? 気持ち、いいの?」
「いいっ、いいっ、いいです、気持ち、いいです、由美さぁん、どうしてこんなに、気持ちいいの……」

 夏実は、壁についた両手を下ろして、由美の手に、体に触れる。背後からではもどかしい。夏実は、由美の両手を振りほどくように由美の両腕の中で反転し、ぶつかるように由美を正面から抱きしめる。

 だが……。

 その夏実を、由美は叱りつけるように制止する。

「だめ! 駄目よ、夏実。勝手に動いちゃ駄目。わたしは両手は、壁につけておくように言ったはずよ」

 夏実は、叱責された子犬のように身をすくませ、再び壁に向かう。両手を壁に戻す。恨めしそうな吐息が、夏実の口から洩れる。
 由美は、無防備な夏実の上半身を、乳房を胸を腹を、腋下を脇腹を、背を尻を、隈なく蹂躙する。

(どうして? わたしも由美さんに触れたいのに)
「いいいっ、いいっ、気持ち、いいっ」
(由美さんに触りたい、気持ちよくしてあげたいのに)
「由美さん、由美さん、好き、大好きっ、いいっ」

 夏実は、由美の愛撫に蕩けるような快感を感じながら、自分も由美に触れたいという思いを押えられない。

「お、お願い由美さん、わたしにも触らせて、由美さんのこと」
「だあめ、駄目よ、夏実」

 夏実は泣きそうな声で由美に訴える。

「おねがい、お願いします由美さん、わたしにも……」
「だめよ、夏実、駄目よ。あなたはこのまま、わたしのするままになるの」
「そんな、どうしてそんな意地悪……」
「さっき、わたしの言うことは何でも聞く、と言ったのは誰かな。嘘つき夏っちゃんかな。
 それにね、これは意地悪でしてるんじゃないの。わたしね、夏実のことで一つ気付いたことがある。それを確かめるためなの。
 あとで教えてあげるけどね。今はとりあえず、一人で気持ちよくなりなさい」

 由美は、右手を夏実の乳房からはずし、夏実の背後から股間に差し込んだ。夏実の肉芽を的確に探り当てる。

「いいいいっ、いやああ、あっ、由美、さんっ」

 由美の指は、ボディソープの泡に塗れ、ほとんど抵抗もなく、夏実の股間を軽快に駆け、踊る。夏実の肉芽を、膣前庭を、膣口を、会陰を、肛門を……隈なく的確に、撫で、擦る。熟練のピアニストの指が、88の鍵盤の上を自在に踊るように……。

「ああっ、ああっ、いやあ、あ、あ、あ、あ、駄目」

 夏実の体勢が、急激に高まる快感に耐えかねたように崩れかける。

「動くな、夏実!」

 命令のような由美の叱咤に、夏実の両手の十指は、岩盤に指先を掛けて高みを目指すクライマーのように、浴室の壁をしっかり掴む。その指に体全体を預けるように、一切の身動きをすることなく、由美の愛撫を受けとめる。

「ううっ、ううっ、うふう、うううっ」

 由美は右腕を更に深く差し込み、夏実の股間のあらゆる場所を、肘から先の全てを使って、捏ねるように、押し揉むように、強く激しく擦りたてた。
 夏実は一気に上り詰める。股間からあの熱い液が激しく吹き零れ、由美の右手を濡らすのを感じる。

「いやあ、いく、いきますっ」

 夏実の膝が砕けそうになる。

(あ、このまま倒れたら、由美さんを押し潰しちゃう)

 夏実は薄れようとする意識を全身全霊でつなぎ留め、倒れることなく徐々に膝を折り、浴室の床にかろうじて座りこんだ。両脚を、尻を、温かい湯が洗っていく。

(なんだろう)
(そうか、浴槽のお湯が溢れているんだ)

 そんなことを考えながら、夏実の意識は薄れていく。
 夏実は横向けの体勢で上体も床に倒しこんだ。両腕が自然に膝を抱える。夏実の右頬を、右腕を、右の脇腹を腰を、右脚の太腿から膝、足先まで、豊かに溢れ流れる温かな湯が洗っていく。
 母の胎内の胎児を浸す羊水のように……。

 遠くで呼びかける由美の声が聞こえたような気がした……。
風楡の季節【第13章】目次風楡の季節【第15章】




↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 ましゅまろくらぶ 新・SM小説書庫2
官能文書わーるど 電脳女学園 羞恥の風 赤星直也のエロ小説
官能の本棚 ちょっとHな小説 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 変態小説
[官能小説] 熟女の園 Playing Archives 潤文学 人妻の浮気話 艶みるく
西園寺京太郎のSM官能小説 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 女性のための官能小説 恥と屈辱の交差点

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
人に言えない秘密の性愛話 Angel Pussy 週刊創作官能小説 魔法の鍵 ぺたの横書き
黒い教室 濠門長恭の過激SM小説 恥ずかしがりたがり。 あおいつぼみ 葵蕾
被支配中毒 ろま中男3 官能的なエロ小説 女の陰影
HAKASEの第二読み物ブログ 女性のH体験告白集 出羽健書蔵庫 渡硝子の性感快楽駆け込み寺
被虐願望 性小説 潤文学ブログ 愛と官能の美学 平成な美少女ライトノベル
空想地帯 むね☆きゅんファンサイト 最低のオリ Mikiko's Roomの仮設テント

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
漂浪の果てに 週刊リビドー 女教師と遊ぼう お姫様倶楽部.com
アダルト検索一発サーチ 快感小説 かめべや SM・お仕置き小説ブログ
官能秘宝園 制服美少女快楽地獄 秘密のエッチ体験談まとめ 18's Summer
淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI
妄想ココット ライトHノベルの部屋 レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia

調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞 Japanese-wifeblog
Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス
マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集
黒塚工房 プライド 女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都 羊頭狗肉
ひよこの家 美里のオナニー日記 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる シンプルアダルト動画サーチ
人気ブログランキング にほんブログ村
官能小説アンテナ オンライン小説検索・R小説の栞
ライブドアブログ アダルトブログランキング


ランキング/画像・動画(11~30)
Adult Novels Search GL Search おたりんく 正しいH小説の勧め
成人向けランキング Girls Love Search クリエイターコレクションR18 ヌケルアダルト作品
アダルト動画まとめ 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top