Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
カテゴリ:紙上旅行倶楽部/総集編 > 高知に行こう!
 「MY遊バス」は、高知駅から、観光スポットを巡りながら桂浜に向かいます。
MY遊バス

 経路は、次のとおり。

高知駅 → 蓮池町 → 県庁前 → 上町1丁目 → 柳原 → 大橋通 → はりまや橋 → 八幡通 → 五台山展望台 → 牧野植物園正門前 → 竹林寺前 → 龍馬記念館前 → 桂浜

 気になる停留所名がありますねー。
 わたしが行きたいのは……。
 もちろん、“牧野植物園”です。
 ここを見たかったので……。
 モネの庭を、泣く泣く諦めたんです。
 いくらなんでも、モネの庭と牧野植物園の連チャンじゃね。
 造園会社の研修旅行じゃないんだから。
 よほど植物好きな相棒でなきゃ、付き合わせられませんよ。
 もちろん、美弥ちゃんは黙って付き合ってくれるでしょうが……。
 わかってるからこそ、そこまでは甘えられません。

 さて、牧野植物園です。
 植物好きにとって、“牧野”は、とても馴染みがある名前なんです。
 図鑑です。
牧野植物図鑑

 この図鑑を執筆したのが、牧野富太郎という人。
 下は、若いころの写真。
 結構イケメンです(氷川系?)。
若き日の牧野富太郎

 歳を取ると、相応の顔に。
壮年の牧野富太郎

 生まれは、文久2年(1862年)。
 江戸時代に生まれた人の図鑑が……。
 今も新刊で発売され、こうしてネットで買えるんです。
 いかに凄い図鑑かわかるでしょ。
 植物研究者にとっては、バイブルのような存在だとか。

 でも、この牧野のおっさん、人間的には、かなりクセのあった人のようです。
 生まれたのは、土佐国佐川村。
 現在の高知県高岡郡佐川町です。
高知県高岡郡佐川町

 裕福な酒屋に生まれました。
 幼いころは寺子屋(!)に学び……。
 明治に入ってから、小学校に入学します。
 が……。
 中退しました。

 つまり、この“牧野理学博士”の学歴は……。
 小学校中退なんです。
 中退した理由は、実に簡単。
 酒屋に生まれたので、学業で身を立てることは考えてなかった、とのこと。

 さて、学校を辞めて、家業に打ちこんだかというと……。
 そうではありませんでした。
 家業は、祖母と番頭にまかせ(両親は早くに亡くなってました)……。
 小さいころから好きだった植物採集や研究に熱中します。
 このへんのとこは、鈴木牧之と対照的ですね。

 “好きこそものの上手なれ”という言葉がありますが……。
 まさにそのとおりで、やがて研究対象は、欧米の植物学にまで拡がっていきます。
 ここまで来ると、専門書籍や、顕微鏡などの機材が必要になります。
 でも、地方では、なかなか手に入りません。

 19歳のときでした。
 ついに牧野青年は、お供2人を伴って上京します。
 お祖母ちゃんが甘かったんでしょうかね。
 小千谷縮を背負って江戸に出た牧之とは、かなり違います。

 22歳のころには、東京帝国大学(現東大)の植物学教室に出入りするようになります。
 25歳では、共同で『植物学雑誌』を創刊。
 26歳では、『日本植物志図扁』を自費刊行。
 27歳では、日本におけるムジナモ(水草)の新発見を報告し、世界的に名を知られるようになります。
 31歳で、東京帝国大学助手。

 しかし、研究や出版に家財をつぎ込んだため……。
 生家は、完全に没落。
 それでも懲りず、妻が始めた料亭の収益まで研究につぎ込みます。
 大学から借り出した資料を返却しなかったり、いろいろと問題も多かったようです。
 官僚的な研究者たちからは、ずいぶんと嫌われたとか……。
 でも、その情熱と業績は、何人も否定できるものではなく……。
 50歳で、東京帝国大学講師。
 65歳で、東大から理学博士の学位を授与されます。

 自ら命名した植物は、2,500種を越えると云われます。
 88歳で、日本学士院会員。
 89歳で、文化功労者。
 昭和32年、自らを“植物の精”と呼んだ人生は、94歳で幕を下ろします。
 死後、従三位に叙され、勲二等旭日重光章、文化勲章を授与されます。
 今では、「植物学の父」と敬われ……。
 誕生日の5月22日は、「植物学の日」に制定されてます。

 まさしく、“好きこそ物の上手なれ”で突っ走った人生。
 酒屋をひとつ潰してしまいましたが……。
 それと引き替えに、世界的な業績が残りました。
 彼が、もし真面目に酒屋の親父になってたら……。
 ……と考えると、背筋が寒くなります。
 彼の業績がすっぽり無くなってたら、日本の植物学はどうなってたんでしょうね。

 さて、その“植物の精”牧野富太郎を記念して作られたのが、高知県立牧野植物園です。
高知県立牧野植物園

 開園は、昭和33年(1958年)。
 高知市郊外、標高146メートルの五台山頂上に拡がってます。
 園地面積は、6ヘクタール。

 実はここ、本当は、もうちょっと後に来たかったんです。
 というのも、4月24日に、新温室がオープンするんですね。
牧野植物園 新温室

 今は、ほぼ完成した建物を、恨めしく見上げるのみです。
 ま、仕方ありません。

 さっそく、中に入りましょう。
 ここでも「MY遊バス」チケットが生きます。
 通常500円の入場料が、400円になります。
 絵金蔵では、500円が450円と、50円引きにしかなりませんでした。
 ところが、牧野植物園では、100円引きです。

 この違いは何かと云うと……。
 団体料金の違い。
 早い話、「MY遊バス」の割引は、一般料金が団体料金になるというものです。
 つまり、絵金蔵と牧野植物園では、一般の入場料は同じでも、団体料金に50円の差があるということ。

 この違いを考察するに……。
 絵金蔵は、そんなに多人数の団体は歓迎しないからじゃないでしょうか?
 大勢が順番に、蔵の穴なんか覗いてたら、大渋滞です。
 その点、植物園なら、いくら大勢来たって大丈夫です。
 修学旅行級の団体さんでも、オッケーです。
 1人入ろうが、20人入ろうが、受け入れる側からしたら、大した違いはない。
 それなら、1人で500円よりも、20人で8,000円の方が、施設としてはずっといいわけです。
 ということで、団体さんいらっしゃ~いという意味で、団体料金が安い!
 ということではないでしょうか?
 ちなみに、何人から「団体」のなのか、という定義ですが……。
 施設によって、まちまちのようです。
 絵金蔵は15人、牧野植物園では20人になってました。

 と、いらん考察をしてしまいましたが……。
 こんなこと考えてる場合じゃないんです。
 時間が、無い!

 植物園前で「MY遊バス」を降りたのが、14:59。
 帰りは、同じくここから、15:59発の「MY遊バス」に乗ります。
 これが最終便になるので、乗り遅れるわけにはいきません。
 もう、1時間切ってます。
 とても全部回りきれるものじゃありません。
 園内には、牧野博士の生涯や業績を紹介する「牧野富太郎記念館」などもありますが……。
牧野富太郎記念館

 残念ながら、見てる時間はありません。
 園地と温室だけ、急いで回りましょう。
 ゆっくりできる人は、園内に、カフェ&レストラン「アンブル」があります。
カフェ&レストラン「アンブル」

 自家製ケーキが人気だとか。
 天気が良ければ、テラス席もありますから、のんびり過ごせそうです。
「アンブル」テラス席

 あー、スケジュール間違ったかな。
 もっとここでゆっくりしたかったな。
 でも、組んじゃったものは、しょうがありません。
 わたしはこういうとき、臨機応変の対応が出来ないんです。
 予定が急に変わったりすると、頭がパニックになる。
 楽しむどころじゃなくなっちゃいます。
 ということで……。
 大急ぎで回りましょう。

「Mikikoさん、そんなに急いで歩かなくても……」
「時間がないの!
 スニーカーなんだから、歩けるでしょ」
「植物園なんて、急いで見て回るものじゃないと思います。
 見残したとこは、また来たときのお楽しみに取っておきましょうよ。
 まだまだ、何度でも来たらいいんですよ」
「そうか……。
 そうだね」

 わたしは、美弥ちゃんの言葉に足を緩めました。
 言うとおりですね。
 植物園なんて、血相変えて見て回るとこじゃありません。
 見残したら、また来ればいいなんて……。
 なんていいこと言ってくれるんでしょう。
 さすが、わたしの作った登場人物だけある。
 作者より、人間が出来とる。

 この牧野植物園は……。
 当然のごとく、植物園であり、庭園ではありません。
 なので、木々の植え方も、自然の風景に似せてあります。
牧野植物園 植え方

 わたしは実を言うと、いわゆる日本庭園は、あまり好きではないんです。
 形のいい松があって、刈り込まれたツツジが連なって、という庭には、正直言って惹かれません。
日本庭園

 それより、ビオトープ風な自然の庭がずっといい。
 イングリッシュガーデンという言葉、聞いたことありませんか?
 自然風な植え込みを主とした庭です。
イングリッシュガーデン

 この牧野植物園は、植物園であって庭ではないので、究極の自然風ガーデンと云えるかも知れません。

 年を取ったら、こんな庭の中で、1日中ベンチに座っていたいですね。
イングリッシュガーデン ベンチ

 さて、時間のようです。
 もちろん、全部は回り切れませんでした。
 でも、それだけ楽しみが残ったってことですよね。
 急いで全部回ったとして、わたしの胸に何が残ったでしょう。
 むしろ、見残したことで、牧野植物園はずっとわたしの胸に留まり続けると思います。
 よし。
 いつかかならず、もう一度高知に来る!
 今度は、絶対に夏。
 モネの庭と牧野植物園で丸一日つぶし、それだけで帰ってもいいじゃない。
 人生に楽しみが増えた感じです。
 頑張るぞ。

 さて、牧野植物園前から、15:59発のバスに乗ります。
 時間のある方は、植物園の隣に「竹林寺」という名刹がありますので、寄ってみられたらいかがでしょうか。
 神亀元年(724年)、行基により開かれたお寺。
 四国霊場31番札所です。
 本堂は重文、再興された五重の塔も見事です。
竹林寺 五重塔

 牧野植物園前を出たバスは、一路、桂浜へ。
 16:21、到着です。
 桂浜までノンストップなので、あっという間でした。

 今日のお宿は、ここ桂浜に取ってあります。
 でも、まだ早いので……。
 「桂浜水族館」を覗いてみましょう。
 桂浜の真ん前にあります。
桂浜水族館

 ここでも、「MY遊バス」チケットが生きます。
 一般入場料1,100円のところ、団体料金の900円で入れます。

 ここでちょっと、「MY遊バス」の収支を計算してみましょう。
 絵金蔵で50円、牧野植物園で100円、桂浜水族館で200円。
 計、350円分割り引かれたわけ。
 チケットは900円でしたので、実質のバス料金は、550円。
 はたして、「高知駅→牧野植物園」+「牧野植物園→桂浜」のバス料金は、いくらなのかということですが……。
 たぶん、550円よりは、ちょっと高いかなという程度だと思います。
 でも、高知駅から、牧野植物園を経由して桂浜に向かう路線バスは無いので……。
 「MY遊バス」を使うしかなかったんですけどね。

 さて、桂浜水族館です。
 水族館の閉館時間は、17:30。
 1時間しかありません。
 これが、“アクアマリンふくしま”だったら、大慌てで見て回らにゃなりませんが……。
 桂浜水族館は、大丈夫。
 規模が小さいので。

 まずは、屋外プールを見て回りましょう。
 もうこの時間では、イルカやアシカのイベントタイムも終わってます。
 ペンギンちゃんがいました。
 淡雪さんを思い出し、パチリ。
桂浜水族館のペンギン

 屋外を一回りしたら、本館に入りましょう。
 中央の大水槽では、アカウミガメとアオウミガメが泳いでます(画像はアカウミガメ)。
桂浜水族館のアカウミガメ

 ここでは、このウミガメたちにエサをやることができます。
桂浜水族館のアカウミガメにエサやり

 わたしたちが水槽に近づいたとたん、カメが寄ってきました。
 異様に人なつこいカメです。
 それもそのはず、ここにいるアカウミガメは、近くの小学校で生まれたんですね。
 一緒に生まれた多くの仲間たちは……。
 桂浜から海に放されましたが……。
 5匹だけが、成長の様子を調べるため、水族館に預けられたのです。
 すなわち、ここにいるアカウミガメは、大海原を知らないというわけ。
 生まれてからずっと、人間からエサをもらってるので、こんなに人なつこいんですね。
 でも、幸運なカメたちですよね。
 ウミガメの生存率は、5,000分の1だとか。
 桂浜に放された多くの仲間たちは、ほとんど死んじゃったでしょう。

 ここにいるアカウミガメは、海を知らないわけですから、小さな水槽の中が全世界。
 広い世界を知らないので、ここが狭いということすら感じてないでしょう。
 このプールで、エサ食い放題で一生過ごせるなら……。
 わたしは、カメに生まれてもよかったと思います。
 長生きできそうですよね。

 あと、この水族館で見ておきたいのは、アカメという魚。
 西日本の太平洋岸だけに分布し、成魚は1メートルを超えます。
 その名のとおり、暗い場所では、目が赤く光ります。
アカメ

 怖そうですね。
 それもそのはず、肉食魚です。
 こんなのに睨まれた小魚は、それだけで失神しちゃうんじゃないでしょうか。
 でも、このアカメを、人間は唐揚げにして食べます。
アカメの唐揚げ

 さて、そろそろ閉館ですね。
 すぐ見終わると思ってたけど、結局小一時間見てしまいました。
 やっぱり、水族館は面白い。
 最後は、マリンストアで何か買おうと思いましたが……。
桂浜水族館 マリンストア

 荷物になりそうなぬいぐるみに心惹かれそうなので……。
 後ろ髪を引かれながら、外に出ます。

 桂浜水族館を出ると、春の日が暮れようとしてました。
 桂浜に出てみましょう。
桂浜

 桂浜は南に向いているので、残念ながら海に陽は落ちません。
桂浜の夕日

 でも、海面が、きらきらとオレンジ色に染まり、綺麗です。

 桂浜は、月の名所として有名。
桂浜にかかる月

 高知市出身の歌人、大町桂月の名は、ここから来てます。
 桂浜にある碑に刻まれた歌は……。

●見よや見よ みな月のみのかつら浜 海のおもよりいづる月かげ

 遠く高知まで来て、夕暮れの桂浜をさすらってるかと思うと……。
 胸がキュンとしてきます。
 美弥ちゃんの片頬に夕日が当たり、灯を点したようです。
 思わず、腕を組んじゃいました。
 もちろん、美弥ちゃんも拒みません。
 拒んだりしたら、何書かれるかわかりませんからね。
 拒まないのをいいことに、片腕に頬を当てて歩きます。

「Mikikoさん、ほら綺麗な石」

 わたしがひとりで盛り上がってるのに恐れをなしたのか、美弥ちゃんが気を逸らすような声を出します。
 でも確かに、その指さす先には、綺麗な石が。
桂浜の五色石

 桂浜は、五色の石でも有名。
 でも、最近はめっきり少なくなったそうです。

「ほんとだ」

 その少ない石が見つけられたのも、何かの運命でしょうか。
 拾った石を美弥ちゃんに見せると……。
桂浜の五色石

「水に濡れると、きっと綺麗ですよ。
 貸してください。
 波打ち際で洗ってきますから」
「ダメ!」
「どうして?」
「この桂浜は、1年を通して遊泳禁止なの。
 何でだか、わかる?」
「え、そうなんですか?
 こんなに綺麗な、砂浜なのに……。
 どうしてです?」
「波打ち際から、突然深くなってるの。
 崖みたいになってるんだって。
 潮の流れも速いらしいし」
「怖いですね」
「静かだと思って、波打ち際で遊んでると……。
 突然、大波が襲うこともあるみたい」
桂浜 遊泳禁止

「地元の人は怖さを知ってるから、誰も泳がないんだけど……。
 観光客の中には、遊泳禁止の札を無視して泳ぐやつがいてね。
 ときどき死ぬんだって。
 死体は潮に流されて、土佐市の宇佐漁港に流れ着くとか……。
 美弥が、ぶくぶくの溺死体になったら、わたしゃ由美に申し開きが立たない」
「そんな、オーバーな。
 波打ち際で、小石を洗うくらいなら大丈夫ですよ」
「ダメ!
 あの波のすぐ向こうが崖になってるかと思うと……。
 怖くて怖くて……。
 小説書きは、想像力が豊かなんだからね」
「そう言えば、Mikikoさん、泳げないんでしたっけ?」
「泳げる!
 足、着きながらだけど」
「それって……。
 泳げるとは言わないんじゃ……」
「いいの!
 だからわたしは……。
 足が着かないところでは、泳がない主義なの」
「主義……、ですか?」
「そうよ!
 だからこの小石は、宿に帰ってからコップに入れて、二人で眺めようね」
「そう言えば、お腹好きましたね。
 宿に入りますか?」
「なんだ、もうロマンチックシーンは、終わりなの?」
「最初から、そんなシーンありませんけど」
「月が出るまで、歩こうよ。
 そして、月の桂浜を……。
 2人して、全裸で走ろう!
 痛てっ。
 何よ、耳なんて引っ張って!
 痛いって!」
「そんなこと、されてたまりますか。
 桂浜は、もう終わり!」

 美弥ちゃんに引きずられるまま、宿へ。

 今日のお宿は、桂浜の真ん前にあります。
 その名も、「国民宿舎 桂浜荘」。
 「国民宿舎」ってのが、いい響きですね~。
 「紙上旅行倶楽部」、初の国民宿舎利用です。
 名称からは、なんとなくボロい昭和の建物が想像されますが……。
 とんでもありません。
 見よ、この偉容。
国民宿舎 桂浜荘

 立地もすごいです。
 浦戸城の跡。
 高知城が出来る前は、ここにお城があったんです。
 お城跡があった高台だけに、眺望は抜群。
桂浜荘の立地
画像真ん中上方、楕円形の建物が「国民宿舎 桂浜荘」

 もちろん、どの部屋からも海を見渡せます。
 当然、展望風呂もあります。
 これで料金が安かったら、さすが「国民宿舎」!
 日本国民で良かった、となるんですが……。
 値段も、それなりに豪華でした。
 もちろん、高級旅館なんかより、遙かに安いですけどね。
 ビジネスホテルの予算では、足が出ちゃいます。
 でも、料理代込みですからね。
 十分、納得できるお値段だと思います。
 ロケーションを考えたら……。
 民間旅館が建ってたら、値段は2倍になってると思います。

 さて、宿に着いたら、もう18時を回ってました。
 お風呂は後にして、荷物だけ置いたら、1F のレストラン「きてみいや」に下りましょう。
桂浜荘「きてみいや」

 なにしろ、ブランチを10時に摂っただけで……。
 絵金蔵から牧野植物園、桂浜水族館まで回って……。
 最後は、桂浜を散策。
 お腹ペコペコです。
 それにこのレストラン、20時までしかやってないんです。
 こういうとこは、いかにも「国民宿舎」ですね。
 宿泊料金は料理代こみなので、食べ損なったらタイヘンです。
 風呂なんか、のんびり入ってられん。

 レストラン「きてみいや」は、宿泊客じゃなくても利用できます。
 料理だけだといくらかというと……。

桂浜ご膳 2,625円
黒潮ご膳 3,675円
龍馬ご膳 4,725円
皿鉢料理 5,250円
いごっそう 6,000円

 わたしたちが予約したのは、「桂浜ご膳」と「龍馬ご膳」。
桂浜荘 料理

 5段階ある値段のうち、一番下と、真ん中です。
 ま、無難なとこでしょ。
 もちろん、美弥ちゃんに、一番安いのを食べさせるわけじゃありませんよ。
 分けあって食べます。

 高知といえば、「皿鉢(さわち)料理」が有名です。
 鰹のタタキなんかが、1皿に豪快に盛りつけられた料理です。
桂浜荘 皿鉢(さわち)料理

 写真を見ても想像できますが……。
 国民宿舎でこの値段だったら、スゴい量の料理が出てくるんじゃないでしょうか?
 たぶん、健啖な男性客を満足させる量なのでは?
 なので、高い料理を余しちゃうともったいないので……。
 安い方を選んだんです(ケチだからではない!)。

 特に、皿鉢料理は……。
 たぶん、刺身類満載の気がしましたので、避けました。
 高知に来て、皿鉢料理を食べないのは、申し訳ないのですが……。
 わたしは、生魚がダメなんです。
 タタキなら食べられると思うんですけど……。
 まぁ、皿鉢料理は生魚だけじゃなく、焼き魚や揚げ物もついてるようですが……。
 といっても、もちろんメインは、お刺身系でしょう。
 お刺身を、2人前美弥ちゃんに食べさしたら……。
 美弥ちゃんが生臭くなっちゃいます。
 てことで、「皿鉢料理」はパス。
 「黒潮ご膳」も、何となく魚メイン風の名称なのでパス。
 というわけで、「桂浜ご膳」と「龍馬ご膳」にしたというわけです。

 さぁ、料理が運ばれてきました。
桂浜荘・料理

 おぉ、やっぱりスゴい豪華です(想像)。
 さっそく、ビールで乾杯。

「うめぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!」
「ヤギみたい」

 ブランチだけの空きっ腹に、生ビールが強烈に染みます。

「美弥ちゃん、このお刺身あげる」
「Mikikoさん、食べないんですか?
 美味しいのに」
「美味しいものは、美弥ちゃんに食べさせたいの。
 そのかわり、そのお肉ちょうだい」
桂浜荘・料理の肉

「あっ」
「なに、その恨めしそうな顔?」
 2切れも取った……。
 3切れしか無かったのに」
「案外、セコいこと言うね」
「うちの母は、太りやすい体質だったから……。
 夕食は質素だったんです。
 こんなお肉、出てきたことない」
「なるほど。
 ロシア系だからね。
 でもそれで、よくそんなに育ったよな。
 好きなだけ食ってたら、2メートルくらいになってたんじゃないか?
 ママに感謝しなきゃな。
 ほら、鰹のタタキもあげるから」
「お肉が欲しかった……」
「そんなに食べたかったんなら……。
 吐き戻してやろうか?」
「いりません!」

 ふふ。
 美弥ちゃんってば、案外幼児性が残ってて、可愛い♪

 さて、ぺちゃんこだったお腹も、いつしか妊婦のように膨らみました。
 料理を堪能したら、お部屋に戻りましょう。
 取ったお部屋は、和室です。
桂浜荘・和室

 もちろん、洋室もありますよ(ツインだけみたいだけど)。
桂浜荘・洋室

 でも、国民宿舎ときたら、やっぱり和室でしょ。
 しかも、この和室、部屋風呂付きです。
 わざわざこんなことを断るのは……。
 つまり、一般的な和室や洋室は、部屋にお風呂が付いてないんです。
 ま、展望風呂があるんだから、普通は部屋風呂なんか使いませんよね。
 部屋に風呂なんか付けない作りの方が、合理的でしょう。

 さて、この風呂付き和室の値段ですが……。
 夕食を別にして、朝食だけ込みの値段を算出すると……。
 2人で16,170円です。
 部屋風呂無しだと、2人で13,650円。
 ビジネスホテルよりは、ちょっとだけ高いですけど……。
 まぁ、納得できるお値段でしょうかね。
 あ、言っておきますけど……。
 部屋風呂ったって、高級旅館の部屋付き露天風呂を想像したらダメですよ。
 ごくフツーの、ユニットバスのお風呂です(と思う)。
 なぜ、わざわざ風呂付きのお部屋にしたからというと……。
 美弥ちゃんを思ってのことです。
 美弥ちゃんが展望風呂に現れたら……。
 ミロのヴィーナス、桂浜に光臨、みたくなっちゃうでしょうからね。
 視線を集めること、確実です。
 それじゃ、可哀想だよね。
 それにもし……。
 お風呂でクリが大きくなったりしたら……(しないか?)。
 ニューハーフに間違われて、通報される恐れもあります。
 福島では、パイパンの由美ちゃんもお風呂に入れなかったし……。
 主人公2人とも、堂々と共同浴場に入れない体にしちゃって……。
 ごめんね……。
 でも、一応本人に確かめてみましょう。
 案外、平気なのかも知れないし。

「美弥、お風呂どうする?
 展望風呂、行ってみる?」
「わたしは、お部屋のでいいです。
 Mikikoさん、ひとりで行ってください」
「そんならわたしも、部屋風呂にする」
「せっかく広いお風呂があるのに、もったいないですよ」
「いいの!
 ここで入る」
「なら、Mikikoさん、先に使ってください」
「一緒に入ろうよ~」
「え”。
 でも、狭そうですよ」
「大丈夫だよ。
 時間もったいないから、2人で入っちゃおう」

 ふふ。
 狭いからいいんでないの。
 密着できて。
 計画通りだぜ。
 展望風呂に一緒に行くなんて言われたら、どうしようかと思った。
 あんな、AV女優も裸で逃げ出すようなのと一緒にいたら……。
 わたしの体が、一層貧弱に見えてしまうではないか。

「お湯出して来るね」

 美弥ちゃんに返事の暇を与えず、お風呂に向かいます。
 期待感から、コックを回す指が震えますね。
お風呂のコック

 美弥ちゃんと……。
 この狭い空間に、2人して全裸で籠もるんですよ。
 考えただけで、下腹が痛くなります。
 うんこ漏れそう……。

 さ、お迎えにいきましょう。

「美弥ちゃん、お湯、もうすぐ一杯になるよ。
 ん?
 誰にメールしてんの?
 由美?」
「ええ。
 やっぱり気が咎めちゃって。
 嘘ついて来たから」
「もう来ちゃったものは、しょうがないじゃない。
 それよか、早く、お風呂入ろうよぉ」
「そうですね。
 由美ちゃんには、許してもらいましょう。
 『おやすみ』、送信……、っと。
 じゃ、入りましょうか。
 ちょっと!
 Mikikoさん!
 もう裸になってるんですか?」
「いけずぅ。
 なかなか気づいてくれないんだから。
 用意いいでしょ。
 お風呂場で脱いでから呼びに来たんだよ」
「なんか悪い予感」
「気のせいよ。
 早く入ろぅって」
「Mikikoさん、お腹ぽっこり出てますよ。
 カエルさんみたい」
「仕方ないだろ。
 食べたばっかりなんだから」
「たしなみ無く食べましたからねぇ」
「人のこと言えんのかよ。
 美弥だって、わたしのお刺身まで完食したじゃん」
「やっぱり、高知のお魚は美味しいもの。
 高知に来て生魚食べられないなんて、ほんともったいないなぁ」
「ま、その分美弥が食べてくれたから、わたしとしては大満足だよ。
 お膳下げにきた仲居さん、嬉しそうだったじゃない。
 お皿が全部空で」
「そうでしたね」
「ちょっと……。
 ひとりだけ全裸でこんなこと話してると、すごいヘンなんだけど。
 早く、入ろうってば。
 寒くなってきた」
「はいはい」

 ようやく素直になってくれました。
 脱衣所に、手を引いて導きます。
 わくわく。

「Mikikoさん……。
 そんなにマジマジ見られてたら、脱ぎにくいですよ」
「気にしないで」
「わたしが、気になるんです!
 後ろ向いてて」
「ええい、この後に及んで、まだそんな小娘みたいなことを!
 わたしが脱がしてやる!」
「ちょっと、止めてください!」
「観念せい!」
「やめてって。
 もう怒った」
「いてててててて。
 う、腕が折れるぅ」
「言っておきますけど、わたし力強いんですよ。
 由美ちゃんのこと、毎晩お姫様だっこして鍛えてますからね」
「放して!」
「ダメです。
 ちょっと、お仕置きします」
「な、何する気?」
「お尻、ペンペンします」
「そ、そんな嬉しい……。
 い、いや、痛そうなこと、止めてちょーだい」
「こっち来て」
「ちょっと。
 服来たまんま、お風呂入るの?」
「お仕置きする側が、裸になってたら変でしょ?」
「ぜんぜんヘンじゃないと思う」
「変です。
 じゃ、わたしが浴椅子に座りますから……。
 Mikikoさんは、わたしの膝の上に……。
 って、もううつ伏せてるんですか。
 早や」
「準備できました」
「調子狂うな」
「続けてください」
「何か、ヘンだけど……。
 それじゃ、いきますよ」

 ペシ。

「何それ?
 気合いが入っとらん!」
「叩かれてる側の言うセリフですか。
 じゃあ、今度こそ、手加減無し」

 パチ。

「う。
 ちょっとだけキタけど……。
 まだまだ甘いな。
 よし、拍車をかけてやるか。
 こっから、手を突っこんで。
 なんだ、この椅子、スケベ椅子じゃないのか」
スケベ椅子

「何です、それ?」
「まぁいぃ。
 パンツの上からだけど……。
 陰核攻撃!
 グリグリグリグリグリグリグリグリ」
「ぎやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ。
 よくもやったわね。
 もう許さない!」

 バシッ、バシッ、バシバシバシバシバシバシバシバシ。

「あんぎゃ、あんぎゃ、あんぎゃぁ~。
 あひあひあひあひあひあひあひあひぃぃぃぃぃぃぃぃ」
「あ、おしっこ漏らした。
 なんて子なの」
「大きいのも、漏れそう……」
「そんなことされて、堪るもんですか!
 フタしてやる」

 刹那、肛門に美弥の指が……。

「ぴぎ」

 目の前で、火花が散りました。
 美弥ちゃんの膝の上で、一直線に硬直します。

『おのれ……。
 2本も入れおって……』

 わたしの意識は、春霞のように霧散したのでした。

~つづく~
高知に行こう!(1)目次高知に行こう!(3)



 これは、第401回から第428回までのコメント欄で連載した、「高知に行こう!(Ⅰ~ⅩⅩⅧ)」を、『紙上旅行倶楽部』の1本としてまとめたものです。
 量が膨大となるので、(Ⅰ~Ⅲ)に分割しました。

 さて!
 何の予告もなく!
 いきなり始まりました、恒例の「紙上旅行倶楽部」。
 前回、秋の会津路(福島に行こう!)からは、だいぶ間が空いちゃいましたね。

 この冬は、連日、雪との戦いが続きました。
 南国に逃げ出したくもなりましたが……。
 もし留守中に大雪が降って、車庫の屋根が潰れたりしたら……。
 旅行費用の何倍もの大損害です。
 税金ばかり取るくせに、行政は何もしてくれませんから……。
 自分の家は、自分で守るほかないのです。
 気持ちは内に向かうばかりで……。
 仮想旅行を企てる気にさえなれませんでした。

 でも、長かった冬も……。
 ようやく、終わりのようです。
 新潟でも、先週は初夏のような陽気がありました。
 雪も魔法のように解け、モクレンのつぼみが、むくむくと膨らみました。
 「福島に行こう!」の最中に植えたアリウムちゃんも、元気に芽を出しました。
 待望の春です!
 というわけで!
 春風に誘われるまま……。
 旅に出ましょう!

 で、どこに行こうかと思ったのですが……。
 まぁ、行き先は題名でバレちゃってますけどね。
 高知です。
高知県

 まずは、なぜ高知かということのご説明から。

 この冬……。
 春を待つ心を込めて、「春の童謡・唱歌」を連載しました。
 あそこにあげた歌は、すべて好きな歌ばかりですが……。
 といって、わたしが、童謡や唱歌しか歌わないわけじゃありません。
 特に、旅心を誘われたときは……。
 何といっても、旅情演歌!
 春の旅を歌った歌で、大好きな曲があります。
 まずは、聞いていただきましょう。
------------------------------------------
【豊後水道】作詞:阿久悠/作曲:三木たかし


背のびした恋破れ
なぐさめる人もなく
信じていたのに
あなたはもう来ない
やせた女の旅路には
やさし過ぎるわ春の海
こぼれ散る紅椿
流れにひきこんで
何を急ぐか豊後水道
------------------------------------------
 元歌は3番までありますが……。
 わたしが歌えるのは、この1番のみです。
 しかも後半のサビだけ。
 この歌詞ですが……。
 正直、出だしのところは、いい詩だとは思いません。
 ありきたりな言葉がならび、イメージも膨らみません。
 「津軽海峡冬景色」なんて、初っぱなから映像見えっぱなしですもんね。
 どうしたんだ阿久悠、って感じです。
 でも……。
 後半の「こぼれ散る」からのサビでは……。
 突然、鮮明な映像が、眼前に広がります。
 最後の、「豊後水道」を唸り切ったときには……。
 背筋に鳥肌が立ってますね。
 聞いてる人は、別の意味で鳥肌立ってるでしょうが……。

 春が近づくころには、よくこの歌をお風呂で歌います。
 というわけで……。
 この歌に誘われ、春の旅を思いつきました。
 すなわち!

 *。+'*. 「由美と美弥子」400回特別記念番組 .*'+。*
 *。+'*.   ~ 豊後水道を船で渡る旅 ~   .*'+。*

 さて。
 まずはそもそも、“豊後水道”とは何ぞやということですが……。
 “豊後”というのが、大分県の昔の国名だったことは、ご存じでしょう?
 それでは、“水道”とはなにか?
 たいがいの人は、捻るとジャーっと水が出る、あの水道を連想するはず。
水道

 まぁ、当然です。
 でも、“水道”の文字どおりの意味を考えて下さい。
 そう、水の道です。
 Wikipediaでは、次のように記述がされてます。

『水道とは、海において陸地が両側に迫って狭くなった通路状の箇所のこと。水の流れる道、あるいは船の通り道という意味。』

 つまり、水は水でも、潮水の通り道ってことですね。
 一般的には、海峡と呼ばれます。

 さて、それでは豊後水道は、どこにあるのか?
 当然、一方は豊後国、大分県です。
 そして、水道を挟むもう一方の岸は……。
 四国の愛媛県なんです。
豊後水道

 じゃ、なんで、「高知に行こう!」なのか?、ですが……。
 豊後水道を横断するフェリーは、高知県の宿毛(すくも)から出てるんです。
高知県の宿毛

 「宿毛フェリー」という会社が運行する航路です。
 高知県の宿毛と、大分県の佐伯を結びます。
宿毛フェリーの航路

 航路距離、78㎞。
 佐渡汽船の「新潟-両津」間が、67kmですから、それよりちょっと遠いですね。

 でも、高知を選んだ理由は、フェリーが出てるからだけじゃありませんよ。
 何と言っても高知は……。
 「龍馬伝」で、今が旬です(見てないけど)。
「龍馬伝」

 NHKの大河ドラマでは……。
 昨年の「天地人」で、新潟県は、たいへんお世話になりました(見てなかったけど)。
「天地人」


 そのお礼も兼ね、新潟県を代表して高知を訪ねることにしたんです(迷惑?)。

 さて、日程です。
 3月の祝日は、春分の日しかありません。
 でも、うまい具合に連休になります。
2010年3月カレンダー

 なので、春分の日を挟んだ3連休を使って出かけましょう。
 たぶん、どこも混むでしょうが、勤めのある身では仕方ありませんね。
 今、書きはじめた段階では、高知に行くということしか決まってないんです。
 が……。
 何となく、3連休中には、終わりそうも無い気がしてます。
 なにしろ遠いですから。
 往復で、かなりの時間が取られちゃいます。
 行ってすぐ帰るんじゃ、つまりません。
 なので、帰りの日時は決めません。
 行き当たりばったり。
 小説の書き方もこうですから、わたしには合ってるかもね。

 さて、そして旅の相棒。
 一人で豊後水道を渡るのは、あまりにも切ないので……。
 今回も、2人旅にしましょう。
 前回の「福島に行こう!」では、由美ちゃんを呼びました。
 当然今回は、美弥子ちゃんの番です。
 心配なのは、会話が弾むかなってことですが……。
 ひょっとしたら、意外な一面も見れるかもと期待してます。

 それでは、さっそく!
 時計の針を、3月19日の金曜日まで進めましょう。


 会社での仕事を終えたわたしは、真っ直ぐ新潟駅に向かいます。
 これは、いつものことですが……。
 でも今日は、まだ春の陽が、さんさんと降りそそいでます。
真昼の新潟駅

 そう、この日は、早引けしたんですね。
 これから向かうのは、いつもの在来線ホームじゃありません。
 新幹線改札口。
新潟駅新幹線改札口

 遠路はるばるやってくる美弥子ちゃんのお迎えです。
 例によって、新潟を起点に旅を始めるために、わざわざ呼びつけたんですね。
 これも作者の特権です。
 でも、呼びつけたからには、出迎えくらいしてあげなきゃね。
 というわけで、改札口で、待つわたしですが……。
 なんとなく、イヤーな予感がしてます。

 東京からの新幹線が着いた、というアナウンスが流れ……。
 乗客達が、エスカレーターを下りて来ました。
 改札に向かってぞろぞろと歩いてきます。

「あっちゃ-」

 やっぱり……。
 悪い予感が当たりました。
 美弥子ちゃんは……。
 探すまでもありません。
 目立ちまくりです。
 175センチの長身に、何の遠慮もなく高いヒールを履いてます。
 実質身長は、185センチくらいになってるんじゃないでしょうか。
 しかも、濃厚な欧米顔。
 羽織ったコートのあわいから、一足ごとに、胸がぶるんぶるん揺れてます。
 まわりの越後人、ドン引きです。
 新潟駅に、ハリウッドスターが降り立ったようです。

 わたしを見つけた美弥子ちゃん、思いっきり手を振ってくれました。
 わたしも、小さく手を振り返しながら、どうしても顔が下を向きます。
 だって……。
 越後人の視線、今度はわたしに集中ですから。
 どう見ても……。
 出迎えのマネージャーだよな……。

「Mikikoさん、お久しぶりです。
 どうしたんです?
 元気ないみたいだけど?」
「何でそんな恰好してる?
 3月だぞ。
 ファー襟のコートは無いだろ」
ファー襟のコート

「もっと寒いのかと思ってました」
「新潟をバカにしとるな……。
 美弥だって、北陸だろうが。
 まぁ、いいとして……。
 由美には、気づかれなかったろうね?」
「実家の方で、親戚の葬儀があることにしました」
「2人で旅行に行ったなんてバレたら、恨まれるからな。
 あいつ、頭に血が昇ると怖いから」
「3人で行きたかったな」
「ダメ。
 そんなことしたら、わたしひとり爪弾きになるだろ」
「そんなことしませんって」
「気遣いされる雰囲気が嫌なの。
 それじゃ、さっそく行くぞ」
「え?
 出発は明日でしょ?」
「その前準備。
 イヤな予感が当たったからな。
 半日余裕作って、やっぱり正解だったぜ」
「イヤな予感って何です?
 ちょっと、Mikikoさん、どこ行くんです?」

 すれ違う人たちの視線に耐えながら、美弥子を南口の駐車場まで導きます。
新潟駅南口駐車場

 今日は、高い駐車料を払って、クルマを置いてあるんです。

「わぁ。
 コメントでお馴染みの、バナナ色のパッソだ。
 これ、ぶつけたんですよね?(189のコメント参照)」


「やかましい!」
「Mikikoさんちに、真っ直ぐ行っちゃうんですか?」

 今日は、うちに泊まってもらうことになってるんだけど……。
 こんな陽の高いうちから帰るつもりはありません。

 向かった先は、わたしの家に程近いショッピング街。
 昔は、田んぼしか無かったとこですが……。
 今は、中心市街地を空洞化させる大規模店が、軒を連ねてます。
 あ、「軒を連ねる」という慣用句は、ふさわしくないですね。
 軒なんか連ねてません。
 どの店の周りも、小学校が建ちそうなほどの駐車場が広がってますから。

 わたしは、その中の1店にパッソを乗り入れました。

「旅行に着て行く服、買うからね」
「Mikikoさんって、こういうとこでお買い物するんですか?」
「そうだよ」
「せめて、ユニクロにしましょうよ。
 Mikikoさん、まだ若いんですから」
「誰が、わたしの服買うって言った?」
「え?
 じゃ、誰の?
 もしかして、わたしですか?
 だって、服なら、着替えまでたくさん持ってきましたよ」
「全部、却下」
「なんで!」
「見なくても、どんなの持ってきたかわかる。
 旅行はね、ファッションショーじゃないんだから。
 もっと地味で、機能的な服にしなさい。
 さ、降りて」
「うそー。
 こんなとこやだー」
「こんなとことは何事だ!」
「だって!
 “しまむら”なんて、入ったこと無いもの」
しまむら

「デカい図体して、ピーピー言わない!
 早く来い!」

 後込みする美弥子を引きずり、店内に踏み込みます。

「うそ。
 なんか、すごい色合いの服ばっかし。
 マジで、ムリだと思う……。
 ちょっと、Mikikoさん。
 どこ行くんです?
 そっちは、紳士服ですよ」
「婦人服売場に、美弥のサイズがあるわけないでしょ。
 下は、ジーンズでいいよな」
「そんな!」

 眉根を寄せて嫌がる美弥子に、男物のジーンズを持たせて試着室に押し込みます。

「履いた?」
「シルエットが、すごくヘン」
「どれ」

 カーテンを開けると、美弥子はジーンズの腿のあたりを、しきりと気にしてます。
 頭に来ることに、裾上げは不要のようです。

「ケツがでっかいんだから、腿が余るのは仕方ないだろ」
「そんな!」
「次は、上ね」

 ジーンズ売場のとなりに、春物のブルゾンが並んでます。
 もろ、オヤジ系デザインですね。
 競馬中継で映る観客が良く着てます。

「これがいいな」
「うそ!
 こんなのヤです」

 わたしが選んだのは、バラクータ風のベージュ色ブルゾン。
バラクータ風ブルゾン

 ブルゾンって言うより、もろ「ジャンパー」ですね。
 ていうか、ほとんど作業着。

「文句言わないで、着てみ」

 無理矢理、羽織らせると……。
 案の定、憎たらしいくらいに似合います。
 すっごい、キュート。

「可愛いよ。
 それに、頭が良く見える。
 アイビーリーグの学生みたい」
「ほんとですか?」

 美弥ちゃんは、疑わしげな顔で鏡の中を見入ってます。
 でも、「頭が良く見える」って評価には、心を動かされたみたいです。
 やっぱ、これほどの美貌だと、どこか白痴美めいちゃいますからね。
 どうやら、あんまりお利口そうに見えないってことには……。
 多少のコンプレックスがあるようです。
 わたしに言わせれば、贅沢な悩みですけどね。
 こんだけ美人になれるんなら……。
 わたしだったら、パーに見られても全然かまわん。

「もう1ポイントあると、ハーバード級になるよ」

 だいぶ素直になった美弥子をクルマに乗せ、ショッピングセンターに移動。

 まずは、眼鏡屋。
 伊達メガネを調達します。
 黒縁のウェリントン。
黒縁のウェリントン

「スゴイ似合うよ」

 美弥ちゃんも、鏡の中を覗き込みながら、まんざらでもない様子。

「IQ150くらいに見える」
「ほんとですか?」
「後は……」
「まだあるんですか?」
「あたりまえだろ。
 最後は、足元。
 その格好でハイヒール履いてたら、まるっきりバカだぜ。
 それに、『紙上旅行倶楽部』は、タイトスケジュールがウリだからね。
 走らにゃならんことも、あるやも知れん。
 あと、高知に行くからには……。
 当然、砂浜も歩く。
 ハイヒールなんか、履いておれんの」

 靴屋に移動し、ローカットのバッシュを購入。
ローカットのバッシュ

「うーむ」

 わたしの企みは……。
 美弥子の美貌を出来るだけ目立たなくし……。
 並んで歩いても、わたしが付き人に見られないようにする、ということだったんですが。
 無造作なボーイッシュに変身した美弥子は……。
 異様に格好いいです。
 ちょっと想定外だけど……。
 まぁ、ハリウッド女優を連れ歩くよりはマシでしょう。

 なんやかんやで、美弥子を家に連れ帰ると、もう夕刻。
 母には、一緒に旅行に行く友達を一晩泊めるとは言ってあったんですが……。
 外見までは説明してませんでした。
 白人みたいな大女が現れたので、母はかなり仰天したようですが……。
 普通に日本語をしゃべるので、安心した様子。
 母の手作りの夕食を美味しそうに食べる美弥子を、すっかり気に入ったようです。

 さて、夕食後は、お風呂に入り(もちろん、母がいるので別々です)……。
 今夜は、早寝しましょう。
 明日の今頃は高知にいるってことが、とても信じられません。
 布団の中に入っても、嬉しさで全身がうずうずします。
 眠れそうもないので……。
 隣の美弥ちゃんの布団に手を伸ばしたところ……。

「イテっ」

 手の甲を叩かれました。
 まぁ、仕方ありません。
 母の寝室が真下にあるんです。
 ヘンな声出したら、みんな聞こえちゃいます。
 高度成長期に建てられたペナペナの文化住宅なので……。
 防音性、皆無なんです。
 行き遅れの娘が、ビアンだと知ったら……。
 母は、卒倒する恐れがありますからね。
 今夜は、我慢しましょう。
 でも……。
 明日は、そうはいかんぞ。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
●3月20日(土)1日目

 さて、旅行初日です。
 そんなに早く起きる必要はなかったんですけど……。
 やっぱり、楽しい旅行が始まるかと思うと、早くから目が覚めちゃいますね。
 もっとも、わたしは毎朝4時前に起きて小説を書くるので……。
 早起き体質になってるせいもあるんですけどね(歳を取ったからではない!)。

 この日は、朝食を摂らずに出かけます。
 時間が無いわけじゃありません。
 母も、作ってあげるから、食べて行きなさいと言ってくれましたが……。
 断りました。
 旅程上の都合なんです。
 お昼時に、ゆっくり食事を摂れそうもないかわり……。
 逆に、午前中、乗り換えで時間が空いちゃうんです。
 なので、今日はブランチにします。
 10時前の食事になるので、朝食は抜くしかありません。
 これなら、宿の夕食も美味しくいただけるだろうし……。
 このブランチ作戦、なかなかのアイデアだと気に入ってます。

 さて、7時過ぎに家を出て……。
 在来線で新潟駅へ。
 このへんの描写は、セキュリティ上、省略ね。
 ということで、7時15分過ぎ、新潟駅到着です。

 新潟駅には着きましたが……。
 JRに乗るわけじゃありません。
 思えば……。
 「北海道に行こう!」では、日本海をフェリーで北上しました。
 「島根に行こう!」では、東京駅から寝台特急に乗りました。
 「福島に行こう!」では、SL“磐越ものがたり”号の旅。
 いずれの回も、趣向を凝らしたオープニングでしたね。
 やっぱ、旅の始まりは、非日常へのプレリュードという意味合いからも……。
 凝った演出をしたかったものですから。
 でも……。
 高知はダメです。
 あまりにも遠い。
 趣向を凝らしてたら、着くまでにくたばっちまいます。
 今回は、素直に飛行機を使うしかありません。

 新潟駅まで来たのは……。
 南口から、新潟空港への連絡バスが出てるからなんです。
 新潟空港は、他の地方空港と同様、新潟市の郊外にあります。
 でも、わたしの家からは、そんなに遠くないんです。
 時間から言えば、家からタクシーを使うのが一番早い。
 20分もかからないんじゃないかな?
 でも今日は、あえてバスを使います。
 この連絡バス、会社への行き帰りに、よく見かけるんですよ。
 カッコいいなぁと、いつも思ってました。
 シートも豪華そうだし……。
 しかも、席がガラガラ。
 このバス路線は……。
 その名も、「エアポートリムジン」。
エアポートリムジン

 新潟駅と新潟空港を、ノンストップの25分で結びます。
 なんと、1日往復65便!
 20~30分間隔で出てます。
 新潟県と新潟市が、他県からの来訪者に不便を感じさせないようにという目的で始めた事業です。
 早い話、見栄でやってるようなもの。
 実際に運行してるのは、新潟交通。
 路線自体の収益は、大赤字でしょうね。
 でも、乗る方は、豪華でガラガラなんだから、贅沢気分にひたれます。
 乗り場の外に、券売機が設置されてます。
エアポートリムジン券売機

 料金は、400円。
 安い!
エアポートリムジン 400円

 新潟駅発、7:30。
 さすがノンストップバス。
 信号では止まるけど(あたりまえ)。
 でも、停留所が無いからスイスイですね。
 新潟空港着、7:55。
新潟空港

 あっと言う間に、着いちゃいました。
 こんなバスなら、もっと乗ってたかった。

 新潟空港からは……。
 8:20発、JAL2240便に搭乗します。
JAL2240便

 行き先は、大阪空港。
 当然のことながら、新潟と高知を結ぶ直通便はないんです。

 大阪空港着、9:30。
大阪空港

 わずか1時間10分の空の旅でした。

 さて、ここでブランチをいただくことにします。
 というのも……。
 高知空港行き、ANA1605便の出発が、10:55なんです。
 1時間以上時間が空いちゃいますからね。

 空港内には、飲食店がたくさん入ってます。
 でも、10時前から開いてるお店は、そう多くないみたいです。
 わたしたちが向かったのは、中央ブロック3階。
 ここに、「レストランつばさ」という、とても誘われる名前のお店があるんです。
「レストランつばさ」

 このレストラン、開店は、なんと6:30。
 きっと朝から、大勢の人が利用するんでしょうね。
 でも今は……。
 朝食には遅く、昼食には早いという、中途半端な時間帯なので……。
 席は十分に空いてました。
 この時間だと、まだメニューは朝食セットのみです。
 和と洋がありますが……。
 和が安い!
 500円。
 空港内でこの値段は驚きです。
 と言っても、2人して同じものを取るのも面白味が無いので……。
 和洋1人前ずつ注文することにしました。

 料理が来るまで、窓の外の飛行機を眺めて過ごそうと思ってたら……。
 あっという間に料理が運ばれてきました。
 ひょっとして、カップ麺作るより早いんじゃ?
 やっぱり、空港で食事をする人って、時間に追われてるんでしょうかね?
 しかも、大阪空港ですから。
 “いらち”な大阪人御用達レストランみたいです。
 和朝食は、鮭の切り身に、卵焼きも付いてました。
「レストランつばさ」和朝食

 ビジネスホテルなら、これで1,000円取られかねません。

 さて、あまりにも早く料理が来たので……。
 まだ、時間があります。
 といっても、大阪空港には、ヒマつぶしの出来る施設が、何も無いんです。
 「北海道に行こう!」で立ち寄った新千歳空港とは、大違い。
 仕方ないので、一階下のラウンジで待ちましょう。
 「ラウンジオーサカ」という、フランク永井の歌謡曲に出てきそうな名前が付いてます。
ラウンジオーサカ

 航空チケットとクレジットカードを提示すれば、無料で利用できます。
 インターネットも、ソフトドリンクもタダです。
 高い飛行機に乗るんだから、少しでも元を取らないとね。
 経済観念のアンテナが立っちゃうのは、大阪に来たせいでしょうか……。

 さて、ようやく時間になりました。
 ANA1605便に乗りこみましょう。
ANA1605便

 大阪空港発、10:55。
 高知空港着、11:40。
 高知空港には、高知龍馬空港という愛称が付いてます。
高知龍馬空港

 まず向かったのは、1階の総合案内。
 「MY遊バス」というバスのチケットを買うためです。
 JR高知駅と桂浜の間を、観光スポットを巡りながら回るバス。
 1日900円で、何度でも乗り降りできます。

 チケットを入手すると、そのままタクシー乗り場へ。

「バスに乗るんじゃないんですか?」
「『MY遊バス』は、高知市内のルートしかないの。
 ちょっと、高知市内に入る前に、寄ってみたいとこがあるんだ」

 高知空港からタクシーに乗り、向かった先は、香南市赤岡町。
 高知市とは、逆方向です。
高知県香南市

 訪ねる先は、「絵金蔵」という施設。
絵金蔵

 “えきんぐら”と読みます。
 空港からは、タクシーでおよそ10分。

 絵金というのは、江戸末期の絵師です。
 絵師金蔵を略して、絵金。
 金蔵は、文化9年(1812年)、高知城下に生まれました。
 幼少から、その画才は城下で評判を取ります。
 16歳で江戸に出て、狩野派に学びました。
 通常10年はかかる修行を3年で修了し、帰郷。
 わずか20歳で、土佐藩家老・桐間家の御用絵師になります。
 が……。
 トントン拍子は、ここまで。
 贋作事件に巻き込まれ……。
 御用絵師はクビ、狩野派からは破門。
 しかも、高知城下所払いの処分を受けます。
 その才能に妬みを持つ者に、濡れ衣を着せられたという説もあります。
 城下を放逐された金蔵は、叔母を頼って赤岡の地に移り住みます。
 そこで、「町絵師・金蔵」を名乗り、地元の農民や漁民に頼まれるがまま、芝居絵や絵馬、凧絵などを、数多く描きました。
 猥雑、土俗的で血みどろの芝居絵は特に人気が高かったそうです。
絵金の芝居絵

 脳卒中で右手が利かなくなってからは、左手で描いたそうです。
 「絵金」は、赤岡の人が呼んだ愛称だとか。
 この絵金蔵には、町内に残された絵金の23枚の屏風絵が展示されてます。

 さて、入場券を買うに際し、さっそく「MY遊バス」チケットが生きます。
 このチケット、さまざまな施設で、割引を受けられるんです。
 まだバスに乗らないのに、わざわざ空港でチケットを入手したのは、このため。
 ここ絵金蔵でも、通常500円の観覧料が、なんと!、450円。

「ん?
 なんだ、その顔は?」
「50円、安くなるだけですよね……」
「だけ、とはなんだ!
 1割も安くなるじゃないか。
 50円を笑う者は、50円に泣くぞ」
「別に笑ってませんけど」

 まず入った展示室は、「闇と絵金」。
 和蝋燭の炎の揺らめく中に、絵金の屏風絵が浮かび上がってます。
絵金蔵「闇と絵金」

 絵金の屏風絵は、闇の中で見ると、一層迫力を増します。
 極彩色の泥絵の具で描かれた芝居絵は、今にも動き出しそうです。

 次の展示室は、「蔵の穴」。
 “絵金蔵”の名が付いてるとおり……。
 ここは、米蔵を改装して作られてます。
 本来の目的は、屏風絵の収蔵庫。
 この「蔵の穴」では……。
 その収蔵品を、壁に開けた穴から覗き見できるんです。
絵金蔵「蔵の穴」

 「覗く」って行為には、やっぱりワクワク感がありますよね。
 実は、さっきの「闇と絵金」の屏風絵は、複製品なんですね。
 本物使ったら、劣化しちゃいますから。
 でも、この穴から見えるのは、本物です。
 やっぱり、心なしか違うような……。

 最後の展示室は、「絵金百話」。
 絵金の謎に包まれた生涯を、数々のエピソードとともにたどっていきます。
絵金蔵「絵金百話」

 絵金が暮らした頃の赤岡の町も再現されてます。
 絵金は、六尺の巨漢で大酒飲みだったとか……。

 さて、もっとゆっくり堪能したいところですが……。
 残念ながら、時間がありません。
 土佐くろしお鉄道の“あかおか”駅から、13:02分発の電車に乗らなきゃなりません。
 駅までは、歩いて10分かかります。
 12:50分、絵金蔵を後にします。
 観覧時間は、45分くらいでした。

 あと、絵金をもっと堪能したい人は、7月に来ましょう。
 7月の第3土日に、“絵金祭り”という催しが行われるんです。
 赤岡の夜が、絵金一色に彩られます。
絵金祭り

 屏風絵の登場人物が、動き出して町を歩き回る感じのお祭り。
 夏の夜と絵金。
 最高にマッチすると思います。

 さて、絵金蔵を出たわたしたちは……。
 徒歩10分の、土佐くろしお鉄道“あかおか”駅へ。

 土佐くろしお鉄道は、旧国鉄の路線を引き継いだ第三セクターの鉄道会社。
 地方によくありますね。
 “あかおか”駅のある路線は、正式名称を阿佐線と云います。
 が……。
 一般には、“ごめん・なはり線”という愛称が通用してます。
 現地での案内や時刻表での表記も、“ごめん・なはり線”になってます。
 正式名称にしちゃえばいいのにね。

 わたしたちが向かうのは、この線の起点となる後免(ごめん)駅。
後免(ごめん)駅

 もちろん、反対側へ向かえば、奈半利(なはり)駅があります。
奈半利(なはり)駅

 「ごめんなはり」という方言があって、そこから付けたのかと思ってたんですけど……。
 違うんでしょうかね?
 高知の方言ではないようですし。
 ちなみに福岡の豊前地方で、「ごめん下さい」のことを、「ごめんなはり」と云うようです。

 実は、この“ごめん・なはり線”の終点、奈半利駅の近くにも、心引かれる場所があったんです。
 北川村にある、「モネの庭 マルモッタン」。
モネの庭 マルモッタン

 奈半利駅からは、村営バスで9分です。
 「モネの庭」は、園芸好きや絵画好きなら、周知の名称です。
 モネというのは、フランス印象派の画家、クロード・モネのこと。
クロード・モネ

 フランス、ジヴェルニーにあるモネの自宅の庭は……。
 「モネの庭」と呼ばれ、こよなく有名なんです。
モネの庭

 モネの作品にも、たくさん描かれてます。
モネの庭の絵

 モネは、後半生をここで過ごし……。
 庭で絵を描いてないときは、庭仕事をしているという、実にうらやましい生活を送りました。
 睡蓮の池が特に有名。
「モネの庭」睡蓮の池

 北川村のマルモッタンには、そのモネの庭から譲り受けた青い睡蓮があります。
 モネが、青い睡蓮を描きたくて植えたのですが……。
 シヴェルニーでは、ついに咲くことがありませんでした……。
 ところが!
 北川村に植えたところ……。
 気候が合ったんでしょうね。
 見事な花を付けたそうです。
 夏……。
 モネが夢見た青い睡蓮が、ここで見られます。
モネが夢見た青い睡蓮

 こうして書いてるだけで、行ってみたくてしょうがないけど……。
 残念ながら、旅程的に難しいです。
 次は夏に来て、絶対にモネの睡蓮を見る!
 ということで、今日のところは涙を飲んで……。
 “あかおか”を、13:02に発ちましょう。

 後免着が、13:17。
 ここで、JRに乗り換えます。
 後免発、13:33。
 高知着、13:41。

 駅前に出て、ここからようやく、「MY遊バス」に乗りこみます。
 高知駅、14:10発。
 ね、とってもお昼なんか食べてるヒマないでしょ。
 というわけで、大阪空港でブランチを摂ったというわけです。

~つづく~
福島に行こう!(3)目次高知に行こう!(2)

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 ましゅまろくらぶ 新・SM小説書庫2
官能文書わーるど 電脳女学園 羞恥の風 赤星直也のエロ小説
官能の本棚 ちょっとHな小説 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 変態小説
[官能小説] 熟女の園 Playing Archives 潤文学 人妻の浮気話 艶みるく
西園寺京太郎のSM官能小説 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 女性のための官能小説 恥と屈辱の交差点

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
人に言えない秘密の性愛話 Angel Pussy 週刊創作官能小説 魔法の鍵 ぺたの横書き
黒い教室 濠門長恭の過激SM小説 恥ずかしがりたがり。 あおいつぼみ 葵蕾
被支配中毒 ろま中男3 官能的なエロ小説 女の陰影
HAKASEの第二読み物ブログ 女性のH体験告白集 出羽健書蔵庫 渡硝子の性感快楽駆け込み寺
被虐願望 性小説 潤文学ブログ 愛と官能の美学 平成な美少女ライトノベル
空想地帯 むね☆きゅんファンサイト 最低のオリ Mikiko's Roomの仮設テント

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
漂浪の果てに 週刊リビドー 女教師と遊ぼう お姫様倶楽部.com
アダルト検索一発サーチ 快感小説 かめべや SM・お仕置き小説ブログ
官能秘宝園 制服美少女快楽地獄 秘密のエッチ体験談まとめ 18's Summer
淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI
妄想ココット ライトHノベルの部屋 レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia

調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞 Japanese-wifeblog
Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス
マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集
黒塚工房 プライド 女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都 羊頭狗肉
ひよこの家 美里のオナニー日記 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる シンプルアダルト動画サーチ
人気ブログランキング にほんブログ村
官能小説アンテナ オンライン小説検索・R小説の栞
ライブドアブログ アダルトブログランキング


ランキング/画像・動画(11~30)
Adult Novels Search GL Search おたりんく 正しいH小説の勧め
成人向けランキング Girls Love Search クリエイターコレクションR18 ヌケルアダルト作品
アダルト動画まとめ 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top