Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
カテゴリ: ハーレクイン・エロマンス
 精霊馬作りも、3年目。
 すっかり、わが家の風習となりました。
 わたしだけのですが。

 今日も、朝ご飯を食べる前に、お墓参りに行って来ました。
 わたしひとりです。
 母と行ってたころは、車を使ってました。
 駐車場が狭く、停められるかいつも心配でした。
 出るときも、入ってくる車との行き違いで大変でした。
 ここ数年、お墓参りがわたしひとりに任されるようになってからは……。
 自転車なので気楽です。
 早朝の町を、わざと遠回りしながら走りました。
 雨を心配しましたが、大丈夫でした。
 逆に、道路がところどころまだ濡れてて、気持ち良かったです。
 植えこみでは、コオロギが鳴いてました。
 ムクゲがもう、満開。
 秋ですね。

 お花は例年、事前に買っておきません。
 たいがい、前日の12日に、花売りのおばちゃんが家に来るからです。
 ところが今年は、来なかったそうなんです。
 母が買物で留守をした時間にバッティングしたのかも知れませんが。
 コロナの影響ですかね?
 今朝、家を出たのは、6時前です。
 もちろん、ホームセンターなどは開いてません。
 でも、お花の調達なら心配ないのです。
 途中、朝市が立ってますから。
 案の定、お盆の今日は、お花がたくさん出てました。
 久しぶりの市でしたが……。
 お店の並びは、ずいぶん疎らになってしまってました。
 わたしが子供のころは、狭い道の両側に、びっしりとお店があったのですが。
 お店を開いたばかりで、お花を並べてるおばあさんがいたので、そこで買いました。
 思いがけず高く、2束で1,200円でした。
 ただ、量だけはスゴかったです。
 ホームセンターの束の、倍近いボリュームがありました。
 ま、払ったお金が、ホームセンターのレジに入るより……。
 おばあさんのお小遣いになる方がいいですよね。

 お墓では、両脚を蚊に刺されました。
 防虫スプレーは、していったんですけどね。
 夏が残り少なくなり、蚊も命がけなんですかね。
 ま、ささやかな施しをしたと思うことにします。

 さて、精霊馬。
 ↓今年はこれです。
精霊馬・前から
↑クリックすると、大きい画像が見られます。

 キュウリとナスを並べて置いたようにしか見えませんね。
 割り箸をケチって、1膳を8足にしたせいです。
 ↓横から見てください。
精霊馬・横から
↑クリックすると、大きい画像が見られます。

 ちゃんと足があります。
 ナスが汗をかいてるのは、冷蔵庫から出したばかりだからです。

 ↓上からも1枚。
精霊馬・上から
↑クリックすると、大きい画像が見られます。

 去年の牛は、まん丸の米ナスでした。
 ことしは、細長い長ナスです。
 ナスとキュウリは、明日にでも漬物にしようと思います。
 もちろん、ハーレクインさんのお下がりの生酒と一緒にいただきます。

 コロナ禍の特別な夏。
 マスクをしてお墓に行ったのは、生まれて初めてのことでした。
 こんな夏は、今年だけになってくれますように。
ハーレクインさん三回忌目次【八十八十郎劇場】初孫(上)

 昨年(2019年)3月5日投稿の『ハーレクイン忌』で……。
 ハーレクインさんの忌日を決めました。
 「決めました」というのも、おこがましいのですが……。
 実際の忌日を存じあげないので、仕方ありません。
 二十四節気の『啓蟄(けいちつ)』を、忌日とさせていただきました。
 今年から2051年までは……。
 年を4で割った余りが3の年が、3月6日。
 それ以外の年が、3月5日です。
 実際の忌日ではないので、むしろ日付が動く方がいいと思いました。
 今年の『啓蟄』は、あさっての3月5日です。
 それではなぜ、あさっての投稿にしないかと云うと……。
 火曜日が、「ハーレクイン・エロマンス」の投稿日だったからです。
 昨年の『啓蟄』は、3月6日の水曜日でした。
 で、前日の3月5日の火曜日に、『ハーレクイン忌』を投稿したんです。
 忌日を『啓蟄』としたのは、「ハーレクイン」というハンネが……。
 「harlequin fly(ハーレクイン・フライ)」というユスリカ(ハエ目の昆虫)に由来するからです。
 苦しい身体を抜け、空に向かって羽ばたいた日だと考えました。

 そうそう。
 このハンネ……。
 わたしは当初、「ハーレクイン・ロマンス」から取ったものとばかり思ってました。
 なので、ハーレクインさんの部屋に、「ハーレクイン・エロマンス」なんて付けてしまったんです。
 ちなみにこちらの「ハーレクイン」は……。
 フランス語で『道化師』を意味する『アルルカン(Arlequin)』の英語読みです。
 こちらもなんとなく、氏を彷彿とさせます。

 さて。
 三回忌。
 ハーレクインさんがお星さまになったのは……。
 2018年。
 つまり、2年前です。
 わたしも以前は三回忌を、亡くなってから3年目の忌日のことだと思ってました。
 でも、そういう意味じゃなかったんです。
 本葬、一周忌、に次ぐ三回目の忌日だから、三回忌。
 つまり、一周忌の翌年が三回忌となります。
 しかしながら、わたしが何かの法要を行うわけではありません。
 ただ、こうして、氏を偲ぶだけです。

 会社を退職し、もし金銭的余裕が少しあったら……。
 いくつか、訪ねてみたい場所があります。
 ハーレクインさんが卒業された、大阪府立豊中高校。
 国立金沢大学。
 予備校講師時代に通われたという姫路。
 「潜入突撃レポート『大病院の闇を探る!』」で入院された、高槻市の第一東和会病院。
 高槻市は、氏の終の住まいでもありました。

 金沢は、「センセイのリュック/幕間 アイリスの匣」の舞台のひとつでした。
 そうそう。
 この「アイリスの匣」、今、読み返してるんですよ。
 続きを代筆し、なんとか完成させてみたいと思ってるからです。
 しかし、連載時代、いかに自分がいい加減に読んでたか……。
 痛感してるところです。
 いい小説でした。
 文章にも破綻がないし。
 もっと、じっくり読んで、感想も言えてたら良かったのに。
 一番の心残りは……。
 氏の胸中には、結末が想定されていたということ。
 かなり早い段階で、それがあったらしいです。
 でも、そこに収斂していく前に、突然途絶することになってしまいました。
 心残りだったでしょう。
 こんなことになるなら、聞き出しておけば良かったと、何度思ったことか。
 最後に入院されてからは、もちろん聞けません。
 死を想定してるみたいになりますからね。
 それに、そんなに急に亡くなってしまうとは思ってもいませんでした。
 多発性骨髄腫は、確かに完治は難しい病気のようです。
 でも、5年生存率は、50%あるんです。
 同じ病気で闘病中の漫才師宮川花子さんは……。
 今年(2020年)3月12日放送のNHK・Eテレ「すてきにハンドメイド(木曜午後9時30分)」にご出演予定だそうです。
 完治は難しくても、急死するような病気ではないのです。
 ハーレクインさんの場合、何らかの合併症があったんでしょうね。
 いきなり、まったく連絡が出来なくなるほどの急変があったとしか考えられません。

 どうも、愚痴と後悔ばかりになって辛いです。
 とにかく!
 何年かかるかわかりませんが……。
 「センセイのリュック」は、わたしが完成させるつもりです。
 これまで受けた恩の、百分の一も返せてませんから。
 何とか、少しでもお返ししたいです。
 わたしの命が途切れなければですが。
 あの世で、結末の答え合わせをするのが楽しみです。
 ま、外れるでしょうが。

 そうそう。
 ↓今年も、ささやかですが、飾りものをしてみました。
押しさば寿し
↑クリックすると、大きい画像が見られます。

 ハーレクインさんが好物だったバッテラを探したのですが……。
 大きいのしかなかったので、隣にあった「押しさば寿し」にしてみました。
 買ったときは気づかなかったのですが……。
 製造元は、石川県金沢市松島1-1の「㈱米心石川」さんでした。
 ハーレクインさんも、学生時代、食べたかも知れませんね。
 お酒は、月桂冠の生酒「純米大吟醸」です。
 一緒に写ってる人形は、『単独旅行記Ⅴ・Ⅵ』に同行してもらった、お馴染みの埴輪の「ハーさん」。
 梅は、今年のお正月に開花させたものです。
 開花後は、ずっと寒いところに置いたのですが、新芽が開いて来ました。
 なお、例によって「押しさば寿し」と純米大吟醸は、すでにわたしがいただいてしまいました。
 日本酒は、お正月以来、2ヶ月ぶりに飲みました。
 美味しかったです。
 ごちそうさまでした。

 子供のころ、春はもの悲しい季節でした。
 慣れ親しんだ級友や教室との別れの季節だったからです。
 社会人になり、春の別れがなくなってからも……。
 春に感じるもの悲しさは、長らく続いてました。
 でも、ようやく近ごろ、それが薄らいできたと思ったのですが……。
 おととしからはまた、とても辛く、もの悲しい季節となりました。
 この気持ち、おそらく今後は、一生続くんでしょうね。
 春が巡ってくるたびに。
 でも、しっかりと受け止めて、噛みしめていきます。
 わたしが、ハーレクインさんを忘れてない証なんですから。

 「由美と美弥子」も、もうすぐ3000回を迎えます。
 まだまだ、頑張るつもりです。
 ていうか、頑張らないから、続けてこれたのかな?
 今年も、のんびりと書き続けていきたいです。
 わたしは元気にやってます。
 笑って見ていてください。
精霊馬、2019年バージョン目次精霊馬、2020年バージョン

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
未知の星 禁断の体験 エッチな告白集 ましゅまろくらぶ 官能文書わーるど
電脳女学園 赤星直也のエロ小説 官能の本棚 変態小説
ちょっとHな小説 羞恥の風 新・SM小説書庫2 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき
愛と官能の美学 Angel Pussy 週刊創作官能小説 人妻の浮気話 艶みるく Playing Archives
恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 恥と屈辱の交差点 [官能小説] 熟女の園 官能的なエロ小説

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
SM・お仕置き小説ブログ 性小説 潤文学ブログ ぺたの横書き 恥ずかしがりたがり。
空想地帯 週刊リビドー 潤文学 女の陰影
魔法の鍵 アダルト検索一発サーチ 快感小説 黒い教室
濠門長恭の過激SM小説 HAKASEの第二読み物ブログ 女性のための官能小説 ろま中男3
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 女性のH体験告白集 お姫様倶楽部.com 被虐願望
漂浪の果てに 官能秘宝園 出羽健書蔵庫 平成な美少女ライトノベル

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
制服美少女快楽地獄 むね☆きゅんファンサイト Mikiko's Roomの仮設テント 秘密のエッチ体験談まとめ
かめべや 最低のオリ 18's Summer 淫鬼の棲む地下室
西園寺京太郎のSM官能小説 被虐のハイパーヒロインズ ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI
妄想ココット ライトHノベルの部屋 被支配中毒 レズ画像・きれいな画像倉庫
riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞

Japanese-wifeblog Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場
エピソードセックス マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH
羞恥集 黒塚工房 あおいつぼみ 葵蕾 プライド
女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説
黒イ都 羊頭狗肉 ひよこの家 美里のオナニー日記
エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる 人気ブログランキング
にほんブログ村 官能小説アンテナ
オンライン小説検索・R小説の栞 アダルトブログランキング
ライブドアブログ GL Search
おたりんく Girls Love Search

ランキング/画像・動画(11~30)
成人向けランキング Adult Novels Search 正しいH小説の勧め ネット小説ランキング
ヌケルアダルト作品 Cyber あまてらす セックス・ノベル・ネット アダルト動画まとめ
GAY ART NAVIGATION 十八禁恋愛私花集 ぱっくりんく 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top