Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
カテゴリ: 八十八十郎劇場
「ウルトラウーマン」作:八十八十郎(はちじゅうはちじゅうろう)


(2)小林隊長の憂鬱


 地球にはゼットンの方が先に到着しつつあった。
 十分に着陸地点を検討して、彼はタクラマカン砂漠の中央に舞い降りた。
 どうも都会的な場所は苦手だったのである。
 特に車や人間がうるさく動き回る場所はご免だった。
 ゼットンはランディ・クロフォードの“Street Life”を口ずさみながら、ウルトラ一族に居場所を知らせるレーザービームを空に向けて照射した。

 やがて天空の一角からウルトラウーマンが姿を現わし、ゼットンの近くに着陸した。
「待たせたわね、ゼットン」
「遅いぞ、ウルトラ………ん?」
 時間に厳格なゼットンが怒りを露わに相手を睨みつけた時、彼は数回の瞬きと共に戸惑ってしまった。
 “なんだこりゃ、まだ小娘じゃないか………”
 二人はしばし無言で睨み合った。

 日本国の某所、科学特捜隊の内部に非常時態勢のサイレンが鳴り響いた。
 2体の未確認飛行生命体が地球に着陸したことをレーダーで確認したのである。
 小林隊長はその顔に悲壮感を漂わせて命令を下した。
「未確認生命体2体の地球着陸を確認した。隊員は緊急出動し状況を把握せよ」
「ラジャー!」
 出世した毒蝮隊員を部隊長とし、唯一の女性隊員である飛鳥ゆり子を含む5名が戦闘機で緊急発進した。
 “こんな地球の一大事に、たった5名で大丈夫かな……?”
 隊長は緊急発進を見送りながら不安だった。
 “それに、あいつ何か問題を起こさねばいいが………”
 皆さんご存知の通り、人員不足の問題は地球防衛軍の定番で致し方なかったのだが、隊長の不安は別のことにもあったのだ。
 それは特捜隊唯一の女性隊員、飛鳥ゆり子のことであった。
 飛鳥はその美貌と色香を利用して、隊内の影の実力者になんなんとしていた。
 妻子持ちが多い隊内で、彼女の色気に負けて不倫関係を結んだ男性隊員は完全に飛鳥に金玉を握られていたのである。

 さらには事もあろうに隊員の奥様方までその毒牙にかかり、飛鳥持ち前のビアンラブテクニックで骨抜きにされた奥さんは旦那の夜の要求に応えなくなった。
 なにせ女の性感帯を知り尽くした飛鳥にじっくりと全身を愛撫され、繰り返し快楽の絶頂に泣かされた奥様方は完全に飛鳥に寝取られてしまうのである。
 隊員夫婦の不和に関する噂を憂慮した小林隊長は、密かに個別に調査を開始した。
 “このところ女房の外出が多くなった”“友達付き合いで女房が外泊することがある”
 などの調査結果から一人の女が浮かび上がった。
 奥様方の外出時間と飛鳥隊員の非番時間がすべてピッタリと一致したのである。
 そしてその後調査を依頼した諜報部からの報告書は、小林隊長の予想を裏付けるものだった。

 ある隊員の自宅での隠し撮りでは、寝室のベッドの上で飛鳥と23歳の若妻が69で絡み合っていた。
 もう絶頂近くまで追い上げられているのか、若妻の両手の指が下から飛鳥隊員のお尻の肉を鷲掴みにしている。

 また別の隊員宅の隠し撮りでは、30代後半の奥さんが飛鳥隊員に襲われていた。
 以前から飛鳥はヨガ教室でこの女性に取り入っていたのだが、奥様がレッスン後にシャワーを浴びている浴室に飛鳥が衣服を脱ぎ捨てて入っていく様子をカメラがとらえていた。
 そうグラマーではないが、しなやかな裸体の腰回りには男性器を模したペニスバンドが巻かれている。
 数分後いきなり浴室の引き戸が開いて、全裸で四つん這いになった奥様が這い出てきた。
 そしてその背中には、同じく全裸の飛鳥が犬のように覆い被さっている。
 二人の乱れた黒髪から水がしたたり落ちて、その白い肌が濡れ光っていた。
 どうやらもう、飛鳥はそのペニスバンドで奥様と一つに繋がっているに違いなかった。
 奥様は突然身をよじると、飛鳥から逃れて居間の中に走り込んでいく。
 しかし特捜隊の特訓で鍛えた飛鳥は楽々と奥様に追いつき、その体を居間の絨毯の上に仰向けに組み敷いた。
 再び正常位で奥様と繋がると、飛鳥はその引き締まったお尻を微妙に使い始めた。
 下から両手で押し返そうとしても、悲しいかな飛鳥は柔らかい体でその抵抗を受け流してしまうのだ。
 早く遅く、逞しくまたあやすように、飛鳥は奥様の下半身に腰を使い続ける。
 そして片手で相手の体を抱き、もう片方の手を乳首に遊ばせながら、耳元にしきりと何やら囁きかけているのだ。
 どれくらいの時間が経ったろう、驚いたことに下から押し返していた両手がいつの間にか背中に回され、もどかし気に飛鳥のしなやかな裸体を抱き寄せ始めたのである。
 それからは激しく飛鳥から追い立てられ、奥様が絶頂の叫びを上げるのにそう時間はかからなかった。

 また一人の隊員は奥さん本人の確認のため、あるラブホテルの一室の映像を見せられた。
 身じろぎもせず隊員はその映像を見つめて、飛鳥に抱かれて狂おしい絶頂に身を震わせる女性を自分の妻だと認めた。
 飛鳥は愛液に濡れた指を奥様の下半身から引き抜いて、ゆっくりと自分の口に含んだ。
 そしてそのまま、その奥様と深々と唇を重ねたのである。
 妻の眦から一滴の涙が流れ落ちるのを見て、隊員は黙って席を立ち部屋を出て行った。
 そのまま熊本県球磨地方の仏寺行脚に旅立ったとのことで、さすがに小林隊長ほか特捜隊幹部はその隊員の安否を心配したが、球磨地方にたどり着く前に熊本市中央区のソープランド街で数回その姿が目撃されたという追加情報もあり、まああまり心配要らんだろうという結論に達した。

 その後小林隊長も彼女の誘惑を受けたが、さすがに隊長はすんでのところで彼女の誘惑を退け、日本が世界に誇る科学特捜隊の面目を辛うじて保っていた。
 しかしである。
 先日国連から科学特捜隊に対する査察があったのだが、事もあろうに派遣されたアメリカ人の若い女性科学者を飛鳥隊員がレズってしまった。
 そして小林隊長は偶然その現場を覗いてしまい、
「Oh...cum….,Ah! Cum!...Im cumming! cumming!!」
 黄金色の繊毛に飛鳥隊員の鼻先が潜り込み、ドイツ系アメリカ人である女性科学者の豊かな乳房が激しく弾んだ時、小林隊長は思わずズボンの中に熱いほとばしりを漏らしてしまったのだ。
 “ふ……不覚……”
 がっくりと膝を落とした隊長は、太ももの生暖かさを覚えながらそうつぶやいた。

 実は小林隊長、昔から女性同士の性愛描写にたまらない魅力を感じていたのである。
 それ以来トラウマとなった隊長は、飛鳥隊員の顔を見るたび軽く勃起してしまうのだった。
 “ああ………俺はなんてことに………”
 まさに視界から消え去ろうとする戦闘機を見送ると、小林隊長は固く目を閉じて左右に首を振った。

 さて………。

 しばらくのにらみ合いの後、ゼットンはおもむろに口を開いた。
「ふん、正義の味方ウルトラ一族の代表がこんな小娘か……」
「なんですって!」
 ウルトラウーマンは色めき立って声を上げた。
「あたしを馬鹿にする前に実力を試してみたらどう? 後で手をついて謝っても格好がつかないわよ!」
 ウルトラウーマンは女性蔑視に対する怒りの炎を燃やした。
 ……いや待って………。
 怒りの炎と思っていたが、どうも感じが違っていた。
 そうなのだ。
 すでにウルトラウーマンが地球に着陸してからとうに3分を過ぎ、彼女の身の内には欲情の炎がメラメラと燃え上がり始めていたのである。
ウルトラウーマン(1)目次【マッチロック・ショー】フェアリーズ・パーティ(Ⅰ)
「ウルトラウーマン」作:八十八十郎(はちじゅうはちじゅうろう)


(1)宿敵の復活


 ここはM-21星雲ウルトラの星。
 ウルトラの父と母は深刻な面持ちで向かい合っていた。
「あなた、どうしましょう。このままではトラコは……」
(※注1 ウルトラウーマンの本名 : ウル(Uru)・トラコ(Traco)
「かあさん、うろたえるでない! こうなった以上、我々に出来ることはトラコが無事戻ってくることを祈るだけだ」
 一家の当主として威厳を示したつもりのウルトラの父に向かって、ウルトラの母はため息交じりに口を開く。
「もう……、何言ってるのあなた。私が心配しているのは、地球での私達ウルトラ一族の名誉のことじゃないの。このままでは、これまで培ってきた一族の名誉が一転して大恥になるのではないかと、私、心配で心配で………」
「ああ……? そ、そうであった。うむむむ、大体お前のしつけが甘いから………、と言っても今更遅いか」
 ウルトラの父は肩を落とすと、その眼差しを力なく外へと向けた。

 読者の皆様にはここで説明をしておく必要があろう(白土三平のように……)。
 皆さんご存知のように、ウルトラ一族は地球上で3分を限度として以降は急速に体力を消耗する、男の場合は。
 しかしウルトラの女性の場合はいったいどうなるのか?
 勘のいい読者でも想像しえないであろうが、女性は3分を限度として、以降急速に欲情してしまうのだ。
 おまえいい加減にしろという声も聞こえてきそうだが、ではその3分を越えると一体どうなるのか?
 それは……簡単自明の理で、なんとも気が治まらなくなるのだ。
 だからどうした?と読者は言うかもしれない。
 だが気が治まらないというのは、案外大変なことなのだ。
 筆者などそのお陰で、若いころどれだけ無駄な金と無駄な時間を使ったことか!(怒)
 まだ素直に欲情を発散するタイプの方ならいいのですが、アバンチュールを求めてクラブなどで変に格好をつけてしまうと、高いお酒を頼んだ上にお嬢さんたちにフルーツの大盤振る舞いなどして大散財してしまうのだ。
 もしこれが堅実なMikikoさんのお身内でもあったならば、トイレを修繕させられるどころか貴方がトイレにされてしまいますぞ。
 もっともそれがご趣味の奇特な御仁もいらっしゃるので、あながち処罰とは限らないか……。

 少々話が脱線してしまいましたが、あなたの周辺を見回しただけで“俺の青春を、いや俺の人生を返してくれー!”と叫ぶオジサンを見つけるのに、さして苦労はいらないはずである。

 さて……。

 肝心のウル・トラコは、宇宙空間を地球へ向けて光よりも速く飛び続けていた。
 早くしなければ、地球はゼットンによって滅ぼされてしまうかもしれない。
 若いウルトラウーマンは正義の使命に燃えていた。
 そのうえ、今度の相手はウルトラ一族の宿敵、ゼットンである。
 不敵にもゼットンは復活し、ウルトラ一族に挑戦状を叩きつけてきたのだ。
 場所は双方に馴染みの深い地球。
 さらにウルトラウーマンは女性の地位確立にも強い意欲を持っていた。
 ここは一番ゼットンを倒し、地球を救うことによってウルトラ女性の地位向上に貢献したかったのである。
 ただウルトラウーマンにとっての悲劇は、前述の説明でも触れたような地球上での自分の変化を知らないことにあった。
 ウル・トラコは594ウルトラ年齢、人間ならまだ花も恥じらう18歳であった。
(※注2 ウルトラ年齢×1/33=人類年齢)

 厳格な両親に育てられたウルトラウーマンは、残念なことにまだ十分な性教育を受けていなかった。
 ただ彼女は性知識が皆無ではあったが、生まれながらのある嗜好を持っていた。
 それは同性に対する強い性的欲求であった。
 女学校で無垢な乙女が“はあ……素敵なお姉さま……”と上級生に胸焦がし、憧れる気持ちが一途に強まったのかな?
 この辺は筆者も多少あやふやである(本人じゃないから……)。
 しかしウルトラの星でも発売済みのウルトラマンのビデオを見ると、地球の女性は何と魅力的ではないか。
 特に科学特捜隊の女子隊員はウルトラウーマンのお好みであった。
 “ああ、飛鳥隊員……”
 そう飛鳥ゆり子隊員の名前を呟きながら何度自分自身を慰めたことか。
 失禁でベッドを濡らしたことも一度や二度ではない。
 そうこうするうち、青く輝く地球がウルトラウーマンの視野に小さく姿を現わし始めた。

 ゼットンはすでに征服した某星でテレビを見ていた。理知的で読書家のゼットンには珍しいことである。
 “あ~あ、近頃のテレビはつまんないな”
 そう思いながら時計を見ると、もう出発する時間が迫っている。
 途端に飛び起きたゼットンは大きく伸びをした。
「よし、いっちょう頑張って来るか」
 寡黙なゼットンには珍しく大きな声を出して、勢いよく宇宙空間へと飛び立っていった。
 彼は時間に厳しく几帳面な性格だったのである。

 何故ゼットンはウルトラ一族に果たし状など送りつけたのか。
 筆者が想像するに、それは彼の余りに純粋で無垢な性格に原因の一端を発しているのではないかと思う。
 地球を含めた昨今の宇宙競争社会の中で、ゼットンは次第にその性格に閉鎖的な傾向を強めて行った。
 今はもう反社会主義者と言っても過言ではないほど偏執的性格を強めていた。
 しかるにゼットンからすればウルトラ一族は、欺瞞に満ちた競争社会のシンボルの様に感じられたのである。
 “なんだ、正義を一人で背負って立ったような顔をして……”
 ゼットンはひねくれていた。
 大体最初に地球を訪れた時から我慢がならなかった。
 “俺はただ初めての地球を見物したかっただけじゃないか!”
 なのにいきなり悪者の怪獣扱いされ、科学特捜隊や軍隊からうるさく攻撃され、しまいにはあの正義面したウルトラマンにこっぴどい目にあってしまった。
 着陸して少し動き回った時、人間の生活範囲であったため、不幸にも踏み潰された生き物や家屋の損害があったことは否めない。
 “あれくらい地球上の犯罪や事故、戦争の被害に比べれば微微たるものじゃないか”
 そして同じように戦って周囲を壊したウルトラマンは、何故か正義のヒーローとして人々に崇められているのだ。
 宇宙空間を飛びながら、ゼットンは改めて怒りがこみ上げるのを感じた。
元禄江戸異聞 根来(最終章)目次ウルトラウーマン(2)
↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
禁断の体験 エッチな告白集 ましゅまろくらぶ 未知の星 官能文書わーるど
新・SM小説書庫2 電脳女学園 官能の本棚 羞恥の風
赤星直也のエロ小説 変態小説 性小説 潤文学ブログ [官能小説] 熟女の園
ちょっとHな小説 潤文学 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 人妻の浮気話 艶みるく
女の陰影 愛と官能の美学 官能的なエロ小説 女性のH体験告白集

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ Playing Archives Angel Pussy 週刊創作官能小説 出羽健書蔵庫
空想地帯 黒い教室 女性のための官能小説 平成な美少女ライトノベル
人に言えない秘密の性愛話 ぺたの横書き むね☆きゅんファンサイト アダルト検索一発サーチ
魔法の鍵 恥ずかしがりたがり。 恥と屈辱の交差点 濠門長恭の過激SM小説
HAKASEの第二読み物ブログ お姫様倶楽部.com ろま中男3 週刊リビドー
快感小説 SM・お仕置き小説ブログ 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 被虐願望

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
漂浪の果てに 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄 Mikiko's Roomの仮設テント
秘密のエッチ体験談まとめ かめべや 最低のオリ 18's Summer
淫鬼の棲む地下室 西園寺京太郎のSM官能小説 被虐のハイパーヒロインズ ひめ魅、ゴコロ。
おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋 被支配中毒
レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための…

緊縛新聞 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所
性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所
渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 黒塚工房 あおいつぼみ 葵蕾
プライド 女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻!
wombatの官能小説 黒イ都 羊頭狗肉 ひよこの家
美里のオナニー日記 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる 人気ブログランキング
アダルトブログランキング にほんブログ村
ライブドアブログ 官能小説アンテナ
オンライン小説検索・R小説の栞 GL Search
正しいH小説の勧め Girls Love Search

ランキング/画像・動画(11~30)
アダルト動画まとめ おたりんく 成人向けランキング Adult Novels Search
セックス・ノベル・ネット クリエイターコレクションR18 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!







<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top