Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
東北に行こう!(1312)
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
み「わたしは、生魚は食わん」
わたしは、生魚は食わん

客「は?」
み「生の魚には、トラウマがあるのじゃ」
生の魚には、トラウマがあるのじゃ

客「どんなトラウマです?」
み「聞きたいか?」
客「はい」
み「後悔しても知らんぞ」
後悔しても知らんぞ

客「じゃ、止めます」
み「人が語る姿勢になってから、止めるでない」
人が語る姿勢になってから、止めるでない

客「後悔したくないです」
後悔したくないです

み「人生においては、たとえ後で後悔することになることがわかっていても……。
 チャレンジしなければならない瞬間があるのじゃ」
チャレンジしなければならない瞬間があるのじゃ
↑こういうキツめの顔、大好きです。

客「それは、わかりますが……。
 明らかに今は、その瞬間じゃありません」
明らかに今は、その瞬間じゃありません

み「そんなこと、聞いてみるまでわからんではないか」
客「あなたが生魚を食べられなくなった話が……。
 わたしの人生にとっての、チャレンジポイントだとは思えません」
チャレンジポイントだとは思えません

み「じゃからそれは、聞いてみなければわからんと言っておる」
客「あの。
 酒飲んでませんか?
 酔っぱらいと話してる気がしてきました」
絵に描いたような酔っぱらい。芸の域です。<br>
↑絵に描いたような酔っぱらい。芸の域です。

み「そう言えば、車内販売が来ないの」
『特急とき』の車内販売(鉄道博物館)
↑『特急とき』の車内販売(鉄道博物館)。

客「来るわけないでしょ。
 普通列車じゃないですか」
み「ビールを買っておけばよかった」
客「こういう景色でビールを呑んだら、確かに美味しいでしょうな」
こういう景色でビールを呑んだら、確かに美味しいでしょうな」
↑PRETZは、ホタテ味。残念ながら、大湊線じゃありませんが。
東北に行こう!(1311)目次東北に行こう!(1313)


コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. カラ酒ハーレクイン
    • 2016/04/16 12:14
    • 生魚
       どうしても淡水魚に見えるんですが、何かなあ
       鯉? 鯰?
       チョウザメじゃないのは確かです。
      トラウマ画像
       久しぶりだなあ。
       虎馬だよね(書くまでも無いわ!)
      ムンク
       神戸三宮に来たのはもう……20、いや、30年前かな。
       あ、本人じゃないです(書くまでも無いわい)。
       『叫び』は、油彩、パステル、リトグラフなど、同じ構図で全4点あります。三宮に来たのはリトグラフでした。
       中央の人物は本人、背景の人物はムンクの友人、川のように見えるのはフィヨルドだそうです。
      美しきチャレンジャー
       ボウリングブームは、わたしが高校生の頃火が付きました。
       よくやったなあ。
       ボウリングものの漫画もよくあってね、「魔球もの」もありました。ボウリングの魔球って、思いつきます?
      『早春賦』画像
       ですが、ようわからん画像じゃ。
       ♪声もたて……ないのは、うぐいすのはずなんだが。
      酔っぱらい画像
       ほんとに味があるね。
       でも、まだ飲んでないのでは。開いていないみたいだよ、ワンカップ。
       あ、左手にも持ってるのか。
       なんか……先ごろまでの自分を見ているようです。
      『特急とき』の車内販売画像
        『とき』は“時”ではなく「朱鷺」ですね(酔うとるんか、おっさん)。
       朱鷺は鴇とも書きます。
       そういえば、鴇ルリ子というAV女優さんがいましたが、まだ現役かな
      >ビールを買っておけばよかった
       お、「飲み鉄」に転身ですかい、「み」姐さん。
       「飲み鉄もの」ときますとご存じ、六角精児氏ですね。しかし、六角氏に恨みはないんですが、「飲み鉄もの」って、何となく腹立たしいんで、あまり見ません。
      プリッツ
       今、小栗旬のCMが話題のようですが(見たことない)、わたしの印象に残っているのは松浦亜弥&お相撲さんですね。
       ……ツップリ、ツップリ、ツップリ、ツップリ、ツップリ、ッツ、どすこい!

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2016/04/16 12:49
    • 生魚
       ↓ダムで釣ったニゴイだそうです。
      https://www.youtube.com/watch?v=kVXPuUluFbE
       ボウリングの魔球。
       単に曲げるだけなら、魔球でもなんでもないですよね。
       真横に回転しながら、ピンをなぎ倒していくんじゃないですか。
       『特急とき』。
       東京に住んでたことのある叔父は、これで新潟間をよく往復したそうです。
       とにかく、新幹線とは比べ物にならないほど揺れたんだとか。
       昔、駅弁と一緒に売られてたお茶は、ペナペナのプラスチックみたいな急須型だったそうです。
       蓋に、お茶を注いで飲むんですね。
       てんやわんやという漫才師が、『とき』の揺れとこのお茶をネタにしてたそうです。
       上野を出て、お茶を飲もうとして蓋を口元に持っていったが、揺れてて飲めない。
       やっと飲めたのが長岡だった、というもの。
       書いてしまうと面白くありませんが。

    • ––––––
      3. 真鯉緋鯉凄いHQ
    • 2016/04/16 15:38
    • ニゴイは……
       似鯉。
       鯉に似ているから、だそうで、ニセアカシアなどと同じ発想のネーミングですね。
       淡水魚ですが生息域は広く、多少の高塩分濃度にも耐えるとか。
      >真横に回転……
       お、するどい。
       ただ、なぎ倒すことは倒すんですが、ぶつかってではなく、そのもの凄い回転が巻き起こす猛烈な風で吹き飛ばす、というものです。で、何パターンかありまして、「〇〇タイフーン」とか、「××ハリケーン」とかいう名称が付いていました。
      >ペナペナのプラスチックみたいな急須
       こないだ、高倉健、倍賞千恵子主演の映画『遥かなる山の呼び声』を見ました。西部劇の傑作『シェーン』のパクリとされる傑作?です。
       で、映画のラスト近く、お茶と駅弁を買い込むシーンがあるんですが、このお茶が“ペナプラ急須”入りでした。
       あれは熱い。列車が揺れなくても、そうそう簡単には飲めません。プラ臭いしね。
       近頃、駅弁には縁がありませんが(テレビではよく見ますが)、今のお茶は陶器の急須入りなんですかね。

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2016/04/16 18:25
    • 真横回転
       風で飛ばすってのは、あまりにも荒唐無稽ですよね。
       むしろ、ピンボールみたいに、1本1本跳ね飛ばして行くほうが面白いじゃないですか。
       今のお茶は、ペットボトルに決まってます。
       ↓“ペナプラ急須”は、ポリ茶瓶と云うようです。
      http://kfm.sakura.ne.jp/ekiben/ebryokucha.htm
       ハゲ茶瓶ってのは、どうして“茶瓶”が付くんですかね?
       ハゲのプロとしての見解をお聞かせ願いたい。

    • ––––––
      5. はげぷろハーレクイン
    • 2016/04/16 22:58
    • >あまりにも荒唐無稽
       だから「魔球」なんですね。
       『巨人の星』の魔球なんて、何とか理論づけしようとしていますが、しょせん絵空事です。でなきゃあ、実際に誰かがやってますって。
       ボウリングだと、中山律子サンあたり?
      ちゃ‐びん【茶瓶】
       ①茶を煎じ出す釜。
       ②茶を煎じ出す土瓶。
       ③貴人などが外出の時に茶道具一切を入れて携えた具。
       ④薬缶やかん。
       ⑤江戸時代、貴婦人が花見遊山をするとき、茶弁当をかついで供をする男。              (広辞苑第六版)
       「ハゲ茶瓶」の茶瓶は、上記④と考えればよろしかろう。
       「茶瓶頭」「薬缶頭」なる語もあります。

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2016/04/17 07:49
    • 野球の魔球
       魔球といえば、やはり野球ですよね。
       東京にいたころ、行きつけのラーメン屋に古い漫画の単行本が置いてありました。
       その中には、野球漫画もありました。
       題名はまったく忘れてしまいましたが、『巨人の星』では無かったことは確かですが。
       その漫画の主人公は、カーブの魔球を投げました。
       軌道の解説が、図で載ってました。
       普通のカーブは、打者の近くで曲がるんですが……。
       その投手の魔球は、コンパスで弧を描くように大曲りするんです。
       そっち方が、明らかに軌道が読めて打ちやすいと思いました。
       ⑤は面白いですね。
       案外、その中に、ハゲの名物男がいて、“禿茶瓶”というアダ名だったのかも。
       考えて見れば、武士の月代ってのは、ハゲ隠しに最適ですよね。

    • ––––––
      7. 魔球禿茶瓶HQ
    • 2016/04/17 10:01
    • 落ちるカーブを……
       かつては「ドロップ」と云いました。で、横に曲がるのは普通に「カーブ」。
       で、ある投手の魔球は、まず落ちてから横に曲がる。つまり「ドロップ」→「カーブ」ということで、これを称して魔球「ドロッカーブ」。
       この魔球に慣れた打者、落ちた後の横への曲がりッパナを捉え、ホームラン!
       負けてたまるか。
       工夫を重ねた投手。今度は横へ曲がってから落ちる魔球を編み出し、見事雪辱を果たしました。
       この新魔球の名称は、残念ながら忘れちゃいました。
      ♪のびた月代寂しく撫でて……
       (西條八十作詞 松平信博作曲 徳山璉歌唱『侍ニッポン』)

    • ––––––
      8. Mikiko
    • 2016/04/17 12:13
    • 明らかに……
       落ちるだけ、横に曲がるだけ、の球の方が打ちにくいと思います。

    • ––––––
      9. 魔球の顛末HQ
    • 2016/04/17 13:44
    • 続きがあります
       この「曲がってから落ちる」新魔球。これも打ち込まれちゃうんですね。
       ならば、と魔球投手。ただのカーブを投じます。
       落ち際を叩こうと思っていた打者は見事な空振り。
       すごすごと打席を退く打者が呟きます「ただのカーブか……」。
       ということで、最後は魔球ものじゃなくなっちゃいました。
       Wikiによりますと、史上初めてカーブを投げた、つまりカーブの発明者は1867年のキャンディ・カミングスという説と、1870年フレッド・ゴールドスミス説の二通りあるようで、『巨人の星』ではゴールドスミス説を取っています。
       当初はまさに魔球扱い。
       中には「反則だ」「そうまでして勝ちたいのか」などという声もあったそうです。なんか、日本での反応のようですが、もちろん米国での話です。
       明日の米メジャーリーグ。シアトルマリナーズの岩隈久志と、ニューヨークヤンキースの田中将大が投げ合うそうです。二人は東北楽天での元同僚どうし。どうなりますか、楽しみです。

    • ––––––
      10. Mikiko
    • 2016/04/17 18:27
    • youtubeで……
       過去のピッチャーの変化球特集を見たことがあります。
       元ヤクルトの伊藤智仁というピッチャーのスライダーは、まさしく魔球レベルでしたね。
       マエケンが調子いいですね。
       まだ、1点も取られてないんでしょ。
       運もいいみたいですけど。

    • ––––––
      11. マイナー契約HQ
    • 2016/04/18 00:15
    • 前田健太
       広島にいたときは、こんな憎たらしいピッチャーはいなかったですが、どうしても応援しちゃいます。頑張れ、ホームランバッター、マエケン。
       よく見たら、愛嬌のある顔をしてるんでないかい。
    コメントする   【東北に行こう!(1312)】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
問答無用の吸血鬼R18 新・SM小説書庫2 Japanese-wifeblog 愛と官能の美学
知佳の美貌録 未知の星 熟女と人妻エロンガ 赤星直也のエロ小説
[官能小説] 熟女の園 電脳女学園 官能文書わーるど 只野課長の調教日記
ちょっとHな小説 都会の鳥 人妻の浮気話 艶みるく 西園寺京太郎のSM官能小説

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
熟女・おばさんの性体験談 黒い教室 人に言えない秘密の性愛話 Playing Archives
被虐願望 女性のための官能小説 性転換・TS・女体化劇場 性小説 潤文学ブログ
羞恥の風 女の陰影 女性のH体験告白集 変態小説
むね☆きゅんファンサイト 週刊リビドー かおるの体験・妄想 ぺたの横書き
あおいつぼみ 葵蕾 最低のオリ 魔法の鍵 Mikiko's Roomの仮設テント
恥ずかしがりたがり。 官能的なエロ小説 SMX工房 淫芯

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
お姫様倶楽部.com 被支配中毒 出羽健書蔵庫 かめべや
HAKASEの第二読み物ブログ 女教師と遊ぼう 平成な美少女ライトノベル 官能の本棚
禁断の体験 エッチな告白集 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 恥と屈辱の交差点 潤文学
ましゅまろくらぶ 空想地帯 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ Angel Pussy 週刊創作官能小説
ろま中男3 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 漂浪の果てに アダルト検索一発サーチ

快感小説 SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄
秘密のエッチ体験談まとめ 18's Summer 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ
ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋
レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための…
緊縛新聞 Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所 エピソードセックス
マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集
黒塚工房 プライド 女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都 羊頭狗肉
ひよこの家 美里のオナニー日記 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
シンプルアダルト動画サーチ 人気ブログランキング
にほんブログ村 ライブドアブログ
官能小説アンテナ エログちゃんねる
官能文章アンテナ アダルトブログランキング


ランキング/画像・動画(11~30)
GL Search Adult Novels Search オンライン小説検索・R小説の栞 おたりんく








<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top