Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 4053
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 薫は、ゆっくりと腰を引いた。
 奈美の陰毛の向こうに、白い陰茎が生まれた。
 湯気をあげていた。
 薫が再び腰を送った。
 陰茎が根元まで埋もれる。

「あー、いい」

 前後動が、次第に律動を得始めた。
 リズミカルに腰が煽られる。
 膣襞を陰茎が擦過する。
 全身が蕩けそうだった。

「あー、ヤバい。
 気持ちよすぎ。
 これじゃ、舞台じゃ間が持たないかも。
 あっという間だわ。
 ふふ。
 侑くんも我慢できない?」

 侑人は膝立ちでスマホを向けながら、もう一方の手で陰茎を扱いていた。

「おばさま。
 中に出してもいいかしら?」
「ダメっ!
 今日はダメ!」
「残念ね。
 ほんとは中が一番気持ちいいんだけど……。
 舞台映えしないってのも確かなのよね。
 射精の瞬間が見えないから。
 やっぱり顔射かな。
 おばさん顔に精液っての、マジでエロいから。
 それじゃ、そろそろいくわよ」

 薫の挿出スピードが一気に増した。
 リミッターを外したようだった。
 もう堪えるつもりはないのだろう。

「中はダメ!
 中に出さないでぇぇぇぇぇ」

 薫が腰を捻った。
 陰茎が膣口から外れた。
 薫は跳ね踊る陰茎を掴みながら起ちあがり、ソファーの座面奥に片足を踏み入れた。
 薫の陰茎が、奈美の眼前に突きつけられた。
 薫は、容赦なく陰茎を扱いた。
 包皮が雁を擦過する。

「出る!
 出る!
 おごっ」

 宣言と共に、亀頭から白い塊が撃ち出された。
 過たず奈美の顔面中央に炸裂した。
 鼻だった。
 垂れ流れた精液が、鼻孔に潜りこむ。
 頭の中で栗の花が溢れ、止めどなく零れた。
由美と美弥子 4052目次由美と美弥子 4054

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2024/04/26 05:54
    • 今日は何の日
       4月26日は、『わらびもちの日』。
       あずき製品、アイス、和菓子など、様々な食品を製造販売する……。
       『井村屋グループ㈱(https://www.imuraya.co.jp/)/三重県津市』が制定。
       日付は、ワラビの旬が始まるのが、4月であることと……。
       「わらびもち」の特徴の『「ぷ(2)」「る(6)」ぷる』感から、4月26日を記念日に。
       「わらびもち」は、醍醐天皇(在位:897年から930年)が好んだとされるほど……。
       古くから愛されてきた和菓子です。
       原料のわらび粉は、ワラビの根からわずかしか取れない貴重なもので……。
       精製方法も、大変手間がかかります。
       全国の菓子製造業の方々にも、この記念日を活用してもらい……。
       日本の伝統菓子「わらびもち」を、幅広い世代に浸透させていくことが目的。
       記念日は、2024(令和6)年、『(社)日本記念日協会(https://www.kinenbi.gr.jp/)』により認定、登録されました。

       上記の記述は、こちら(https://zatsuneta.com/archives/10426a1.html)のページから転載させていただきました。

       さらに同じページから、引用を続けさせていただきます。

       井村屋グループ㈱は、1896(明治29)年に創業し……。
       「井村屋」の名で、菓子の製造を始めました。

       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2024/04/26 05:54
    • 今日は何の日(つづき)
       引用を続けます。

       同社は、菓子メーカーの「井村屋」などを傘下に持つ持株会社です。
      https://zatsuneta.com/img/10426a1_02.jpg

       企業スローガンは、「おいしい!の笑顔をつくる」です。
       「わらびもち」は、柔らかく口どけが良いのが特徴。
       きな粉、抹茶の粉、黒蜜をかけて食べるのが一般的となってます。
      https://zatsuneta.com/img/10426a1_01.jpg

       漢字では、「蕨餅」と書きます。
       わらび粉は、ワラビの地下茎から得られるデンプンですが、高価なので……。
       芋、タピオカ、葛(クズ)などのデンプンを混ぜたものを用いる場合も多いです。
       上記のように、醍醐天皇が好物としており……。
       大夫(たゆう)の位を授けたという言い伝えがあます。
       そこから、わらびもちの異名を、岡大夫(おかたゆう)とも云います。
       また、わらびもちは……。
       凶作に見舞われた農家の非常食でもあったという言い伝えもあります。
       井村屋では、「わらびもち」の関連商品として、「もっちりぷるんわらびもち」の「黒糖」と「ぶどう」……。
       「袋入 わらびもち みかん」を製造販売してます。
      https://zatsuneta.com/img/10426a1_03.jpg

       「もっちりぷるんわらびもち」は、手軽に食べられるスティックタイプ。
       もっちりぷるんとした食感を楽しめます。
       「袋入 わらびもち みかん」は口どけなめらかな“みかん”のわらびもちです。
       愛媛県産温州みかんの濃厚な甘みと、爽やかな香りが楽しめます。

       以上、引用終わり。

       続きはさらに次のコメントで。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2024/04/26 05:55
    • 今日は何の日(つづきのつづき)
       わらび餅。
       もちろん、聞いたことはあります。
       でも、食べたことはないかも知れません。
       味の記憶はありませんが、妙に懐かしい感じがします。
       おとぎ話にも出てきそうです。
       調べたら、新潟のお菓子屋さんでも売ってるみたいです。
       でも、いずれもちょっと行きにくい場所でした。
       ひょっとしたら、いつも行くスーパーに置いてあるかも知れません。
       今度、見てきます。

       さて、ワラビと云えば山菜です。
       新潟のホームセンターでも……。
       目立つところに、竹で編んだ籠などが置かれるようになりました。
       もちろん、熊よけの鈴もです。
       熊は、人間を待ち伏せして襲うわけじゃないでしょう。
       いきなり出会って、向こうもパニクって襲ってくるんじゃないですか。
       山菜採りの人は、ひとりで山に入ることが多いらしいですね。
       ひとりひとり、秘密の採取場所を持ってるそうなんです。
       そういう場所は、人に教えたくないわけです。
       だから、ひとりで山に入る。
       怖いですよね。
       複数で、しゃべりながら歩いてれば……。
       熊の方から避けてくれると思います。
       でも、ひとりじゃね。
       落語の練習でもしながら歩きますか。
       あと、歌を歌うか。
       それでも、ずっとは続きませんよね。
       あ、そうか。
       ラジオをかけてればいいんだ。
       朝、ゴミ捨てに出ると……。
       ウォーキングの人が、ラジオをかけながら歩いてるのを見ます。
       でもわたしには、人の声は雑音でしかないので……。
       たぶん真似はできません。
       山菜採りは止めておきましょう。

    • ––––––
      4. 手羽崎 鶏造
    • 2024/04/27 00:39
    • 本篇より。

      「中はダメ!
       中に出さないでぇ」
      言われたことあります。
      奥さんY子
      「ねえお願い、だったら帽子、被って」
      (アレを装着してという意味)
      奥さんR子
      「ここ以外に、して」
      それならばと、ご近所にあるA穴を
      使わせてもらいました。

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2024/04/27 05:41
    • ご近所
       こんなアメリカンジョークがありました。

      「神は、女体の造りを間違えた。
       だってそうだろ。
       オレが乗るところの隣りに、排気口があるんだぜ」
    コメントする   【由美と美弥子 4053】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
熟女・おばさんの性体験談 新・SM小説書庫2 問答無用の吸血鬼R18 知佳の美貌録
熟女と人妻エロンガ 官能文書わーるど 未知の星 Japanese-wifeblog
赤星直也のエロ小説 愛と官能の美学 [官能小説] 熟女の園 只野課長の調教日記
電脳女学園 西園寺京太郎のSM官能小説 都会の鳥 変態小説

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
人妻の浮気話 艶みるく 人に言えない秘密の性愛話 ちょっとHな小説 Playing Archives
Mikiko's Roomの仮設テント 女性のための官能小説 性小説 潤文学ブログ 官能の本棚
HAKASEの第二読み物ブログ ぺたの横書き かおるの体験・妄想 黒い教室
被虐願望 性転換・TS・女体化劇場 羞恥の風 女の陰影
女性のH体験告白集 むね☆きゅんファンサイト 週刊リビドー あおいつぼみ 葵蕾
最低のオリ 魔法の鍵 恥ずかしがりたがり。 官能的なエロ小説

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
SMX工房 淫芯 お姫様倶楽部.com 被支配中毒
出羽健書蔵庫 かめべや 女教師と遊ぼう 平成な美少女ライトノベル
禁断の体験 エッチな告白集 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 恥と屈辱の交差点 潤文学
ましゅまろくらぶ 空想地帯 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ Angel Pussy 週刊創作官能小説
ろま中男3 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 漂浪の果てに アダルト検索一発サーチ

快感小説 SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄
秘密のエッチ体験談まとめ 18's Summer 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ
ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋
レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための…
緊縛新聞 Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所 エピソードセックス
マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集
黒塚工房 プライド 女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都 羊頭狗肉
ひよこの家 美里のオナニー日記 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
シンプルアダルト動画サーチ 人気ブログランキング
にほんブログ村 ライブドアブログ
官能小説アンテナ エログちゃんねる
官能文章アンテナ アダルトブログランキング


ランキング/画像・動画(11~30)
GL Search Adult Novels Search オンライン小説検索・R小説の栞 おたりんく
△Top