Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 4010
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「『姉ちゃん、出る!
 出る!』
『胸に出して』

 姉ちゃんが椅子から滑り降りて、オレの前で膝を着くんだ。
 胸を突き出してね。
 その瞬間、もう暴発だよ。
 ソバカスの散った真っ白い胸に、思いっきりぶち撒ける」
「奴隷なんて言って……。
 喜んでるじゃん」
「まぁね。
 でも、鑑賞会させられたこともある」
「なにそれ?」
「姉ちゃんの友達が、3人、うちに来たんだ。
 中間試験前の日曜で、部活が休みだったみたい。
 母親は接待ゴルフで、朝から居ない。
 で、部屋に呼ばれた。
 床に教科書とか開いてたから……。
 いちおう、試験勉強してたみたいなんだけどさ。
 で、オレ、私服だと小学生だろ。
 きゃーかわいいとか言われてさ。
 来てたのは、全員1年生らしかった。
 姉ちゃんは、その学年のボスなんじゃないかな。
 ひとりだけ椅子に座って、ふんぞり返ってたから。
 女王さまみたいに。
 で、オレに命令するわけ。
 ぜんぶ脱げって」
「脱いだの?」
「そりゃ脱ぐよ。
 だって、目の前に女子高生が4人もいるんだぜ。
 誰だって脱ぐだろ」
「脱がねーよ、普通。
 早い話、陽太……。
 おまえ、マゾなんじゃねえの?」
「今ごろわかったみたいなこと言うなよ。
 お互いさまだろ。
 毎日、学校で、上級生の精子飲まされてんだから。
 普通、不登校になるぜ。
 でもオレたち、喜んで通ってるよな」
「ま、まあな。
 で、それから?」
「4人の視線を一身に集めながら……。
 一枚一枚、着てるものを脱いでいくんだ。
 下っ腹が痛くなるほど興奮する。
 もう、ちんぽなんかギンギンだろ。
 ブリーフ1枚になると、外から見てもそれがわかる。
 4人の視線が、その膨らんだとこに集中して……。
 煙が出そうだった。
 で、最後の一枚を、捲り下ろす。
 音のない歓声が聞こえた。
 ブリーフを踏み脱いで、4人の前で直立する。
 姉ちゃんは、1人椅子に座ってるけど、もうデニムスカートの膝が割れてた。
 2人のときなら……。
 とっくに股間を見せつけながら、オナニー始めてたと思う。
 姉ちゃん、興奮すると、鼻がヒクヒクするからよくわかるんだ。
 後の3人は、絨毯に横座りしてたんだけど……。
 1人はもう、スカートの上から股間を押さえてた」
由美と美弥子 4009目次由美と美弥子 4011

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2024/02/25 05:47
    • 今日は何の日
       2月25日は、『ヱビスの日』。
       ビール、発泡酒、ワイン、焼酎などの製造販売を行う……。
       『サッポロビール㈱(https://www.sapporobeer.jp/)/東京都渋谷区恵比寿』が制定。
       日付は、1890(明治23)年2月25日に……。
       「ヱビスビール」が、初めて発売されたことから。
       自社ブランドのヱビスビールをPRすることが目的。
       ヱビスビールは、2020(令和2)年、発売130年を迎えました。
       同年のヱビスビールのラベルには……。
       「誕生130年」の文字が印字されました。
       記念日は、『(社)日本記念日協会(https://www.kinenbi.gr.jp/)』により認定、登録されてます。

       上記の記述は、こちら(https://zatsuneta.com/archives/102254.html)のページから転載させていただきました。

       さらに同じページから、「ヱビスビールについて」を引用させていただきます。

       ヱビスビールは、厳選されたアロマホップをふんだんに使用し……。
       長期熟成によって生まれます。
       素材と製法にこだわった、麦芽100%の「ちょっと贅沢なビール」です。
       発売当時の名称は、「恵比寿麦酒」でした。
       当初は「大黒天」から命名しようとしましたが……。
       横浜に既に、「大黒ビール」が存在してました。
       そのため、「えびす(恵比寿)」を採用したという経緯があります。
       また、渋谷区にある地名の「恵比寿」は、「ヱビスビール」に由来するものです。

       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2024/02/25 05:47
    • 今日は何の日(つづき)
       引用を続けます。

       当初は、ビールを馬車で積み出してましたが……。
       販売量の増加に伴って、1901(明治34)年、ビール出荷専用の貨物駅「恵比寿停留場」が開設されました。
       1906(明治39)年には、貨物駅「恵比寿停留所」のそばに……。
       旅客駅として、「恵比寿駅」が作られました。
       その後、1966(昭和41)年に、正式な町名となりました。
       ちなみに、恵比寿駅の開業日は、1901(明治34)年2月25日であり……。
       記念日の日付とも一致してます。
       ヱビスビールは、恵比寿のマークそのものがブランド表示とされてます。
      https://zatsuneta.com/img/102254_01.jpg

       そのため、サッポロビールのビール類商品に必ずあしらわれる……。
       シンボルの「星(★)」が付されてません。
       ヱビスビールの種類には、「ヱビスビール」「ヱビス プレミアムブラック」……。
       「ヱビス マイスター」「ヱビス 華みやび」「ヱビス プレミアムエール」などがあります。

       以上、引用終わり。

       ヱビスビールに、こんなに種類があるとは知りませんでした。
       ひとつしかないと思ってました。
       もちろん、ヱビスビールは飲んだことあります。
       でも、わたしにはちょっと、濃すぎる感じがしました。
       わたしは昔から、スーパードライのような薄味が好きだったんです。
       なので最近は、とんと飲んでませんね。
       そうそう。
       これまで、毎日飲むのは、第3のビールでした。
       『アサヒオフ(https://www.asahibeer.co.jp/agecheck/permission.html)』。

       続きはさらに次のコメントで。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2024/02/25 05:48
    • 今日は何の日(つづきのつづき)
       第3のビールを飲んでたのは、もちろん安いからでした。
       でも、昨年の10月に値上げされましたね。
       現在、わたしの行くスーパーでは、350mlの6缶パックで、768円(税別)。
       わたしはこれを、週に3パック飲みます。
       2,304円です。
       1年間は52週ですから、年額にすると119,808円(税別)にもなります。
       そうとうに痛いです。
       でも、量は減らせません。
       ということで、もっと安いお酒に替えました。
       今飲んでるのは、『氷結 無糖レモン(https://www.kirin.co.jp/alcohol/rtd/hyoketsu/muto/)』。
       キリンビールの商品です。
       チューハイかと思ってましたが、違いました。
       原材料を見ると、「ウォッカ(国内製造)」でした。
       値段は、350mlの6缶パックで600円(税別)。
       週で、1,800円。
       年で、93,600円。
       26,208円も違います。
       10万を切ってると、ぜんぜん気分も違いますよ。
       味は、問題なく美味しいです。
       あと、この商品を選んだのには、もう1つ理由があります。
       このシリーズには、アルコール度数が……。
       9%、7%、4%の3種類があることです。
       わたしが飲んでるのは、一番軽い4%です。
       なぜ、軽いのを飲んでるかと云うと……。
       平日のお昼にも飲むからです。
       もちろん、仕事中ということになります。
       でも、350mlを1缶飲んで、20分くらいお昼寝すると……。
       午後の仕事がはかどるんですよ。
       さすがに、9%や7%では、逆効果でしょうから。
       「アサヒオフ」の度数は、3%~4%となってました。
       だいたい同じ感じですね。
       ていうか、ほぼ酔いません。
       もちろん、午後からは車には乗りませんけど。
    コメントする   【由美と美弥子 4010】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
問答無用の吸血鬼R18 新・SM小説書庫2 Japanese-wifeblog 愛と官能の美学
知佳の美貌録 未知の星 熟女と人妻エロンガ 赤星直也のエロ小説
[官能小説] 熟女の園 電脳女学園 官能文書わーるど 只野課長の調教日記
ちょっとHな小説 都会の鳥 人妻の浮気話 艶みるく 西園寺京太郎のSM官能小説

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
熟女・おばさんの性体験談 黒い教室 人に言えない秘密の性愛話 Playing Archives
被虐願望 女性のための官能小説 性転換・TS・女体化劇場 性小説 潤文学ブログ
羞恥の風 女の陰影 女性のH体験告白集 変態小説
むね☆きゅんファンサイト 週刊リビドー かおるの体験・妄想 ぺたの横書き
あおいつぼみ 葵蕾 最低のオリ 魔法の鍵 Mikiko's Roomの仮設テント
恥ずかしがりたがり。 官能的なエロ小説 濠門長恭の過激SM小説 淫芯

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
お姫様倶楽部.com 被支配中毒 出羽健書蔵庫 かめべや
HAKASEの第二読み物ブログ 女教師と遊ぼう 平成な美少女ライトノベル 官能の本棚
禁断の体験 エッチな告白集 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 恥と屈辱の交差点 潤文学
ましゅまろくらぶ 空想地帯 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ Angel Pussy 週刊創作官能小説
ろま中男3 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 漂浪の果てに アダルト検索一発サーチ

快感小説 SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄
秘密のエッチ体験談まとめ 18's Summer 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ
ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋
レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための…
緊縛新聞 Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所 エピソードセックス
マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集
黒塚工房 プライド 女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都 羊頭狗肉
ひよこの家 美里のオナニー日記 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
シンプルアダルト動画サーチ 人気ブログランキング
にほんブログ村 ライブドアブログ
官能小説アンテナ エログちゃんねる
官能文章アンテナ アダルトブログランキング


ランキング/画像・動画(11~30)
GL Search Adult Novels Search オンライン小説検索・R小説の栞 おたりんく








<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top