Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
単独旅行記Ⅶ(051)
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
会津藩の家老屋敷ともなると、立派な玄関じゃな
み「さすが、会津藩の家老屋敷ともなると、立派な玄関じゃな。
 西郷頼母邸だけに……。
 “たのもう!”」
ハ「言うと思ったわ」
み「この紋って、会津藩の紋?」
ハ「ちゃうやろ。
 会津松平家なんやから、葵の紋やないんか?」
み「そしたらこれは、西郷家の紋?」
ハ「そういうことになるわな」
み「これって、なんていう紋?
 ちょっと調べて」
ハ「ふむふむ。
 どうやら“離れ九曜紋”言うらしいな。
 “曜”は、日の光のことや。
 それが、真ん中の丸を含めて、9つあるちゅうわけやな」
み「日の光が、何で黒いわけ?」
ハ「しゃあないやろ。
 紋は、白地に黒で表すわけやから。
 しかし、ヘンやな……」
み「何が?」
ハ「“離れ九曜紋”は、“細川九曜”とも呼ばれ……。
 肥後熊本藩の細川家の独占家紋やと書かれとる」
み「西郷頼母って、肥後熊本藩の出なの?
 Wiki引いて」
ハ「えーっと。
 読み上げるで(出典)。
+++
 西郷家は、室町時代に仁木氏の守護代を務めた三河国の名家であったが、やがて勢力を拡大させる松平家に臣従した。
 その後、徳川政権下で御三家や有力譜代の家臣として存続し続けた。
 そして会津藩における西郷家は その傍流の1つとして目され、初代の西郷近房以来200年余、会津藩松平家の家老を代々務める家柄であり、頼母で9代目となっていた。
 家禄1,700石。
 家紋は鷹の羽、また保科家の並び九曜紋を許されていた。
+++
 とある」
み「じゃこれ、“並び九曜紋”とも言うの?」
ハ「並び九曜紋は、文字どおり……。
 3つの丸が3列に、サイコロの目みたいに並んだ紋やな」
み「じゃ、なんで西郷家の玄関に……。
 肥後熊本藩の細川家の紋が掲げられてるの?」
ハ「知らん」
み「きっぱり言うな!」
ハ「玄関前から、こないに時間使てて大丈夫なんか?」
み「あ、そうなんだった。
 では、もう一度。
 “たのもう!”」

“どーれ”
ハ「“どーれ”」
み「こんなお姉さんが、そんなこと言うかい」
ハ「そしたら、なんちゅうんや?」
み「えーっと。
 “お邪魔します”?」
ハ「それは、訪ねた方のセリフやろ!」

こっからは上げてもらえないみたいだね
み「とにかく、こっからは上げてもらえないみたいだね」
ハ「藩主しか上がれんかったのやないか?」

説明書きがあった
み「説明書きがあった。
 藩主しか上がれんとは書いてないぞ」
ハ「さよか」
み「そう云えばここって、公邸だよね。
 代々の家老が、家老職にある間、住まったわけだろ?」
ハ「さっきなの説明、聞いとらんかったんかいな。
 『初代の西郷近房以来200年余、会津藩松平家の家老を代々務める家柄であり、頼母で9代目』とあったやないか」
み「あ、そうか。
 代々、西郷家からしか家老は出なかったんだ。
 そんなら、公邸でもあり私邸でもあったってことだ」
ハ「そういうこっちゃ。
 ちゃっちゃと、次行こうや」

さっき歩いてきた塀の裏っかわってことだよね
み「ここ、さっき歩いてきた塀の裏っかわってことだよね」
ハ「そういうことになるな」
み「どんな部屋だったんだろ?
 見られないのかな?」
ハ「この先で見れそうやで。
 『順路』の矢印が出とるがな」

馬でも飼ってそうだけど……
み「なんか、馬でも飼ってそうだけど……」

倉庫みたいなところやったんやないか?
ハ「倉庫みたいなところやったんやないか?」
み「なんで、灯籠があるわけ?」
ハ「知らんがな」

駕籠部屋だって
み「駕籠部屋だって。
 30kgか。
 人を乗せたら、100kg近くになるよね。
 担ぐ方は、大変だわ。
 そう云えばさ。
 嘘かほんとか知らないけど……。
 江戸城に登城する家老は、常に駕籠をすっ飛ばして来たんだって」
ハ「何でや?
 スピード狂か?」
み「有事のときだけ、駕籠を飛ばして来たら……。
 何かあったってことが、江戸市中にバレバレでしょ。
 だから、何にもないときでも、飛ばしてきたってわけ」
ハ「ほんまかいな。
 痔主やったら、えらいこっちゃやで」

案外、いい部屋じゃん
み「おー、案外、いい部屋じゃん。
 なになに。
 『独身で持ち家のない家臣が警備を兼ね住んでいた』。
 “持ち家のない家臣”ってことは、次男や三男ってことかな?」
ハ「そうなんちゃうか。
 実家で部屋住みしとるより、気楽やったんやないか」
単独旅行記Ⅶ(050)目次単独旅行記Ⅶ(052)

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2023/06/27 06:00
    • 家紋
       ↓いきなり、Wikiから引用させていただきます(出典⇒https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%B6%E7%B4%8B)。
      +++
       家紋(かもん)とは、個人や家族を識別するために用いられる日本の紋章である。
       日本では、構造的な類似性に基づいて241種類の一般的な分類がなされており(1つの紋が複数の分類に属することもある)、5116種類の個別の紋が存在する(ただし、この分類に含まれていない失われた紋や無名の紋が存在することもよく知られている)。

      ●家紋のおこり
       「源平藤橘(げんぺいとうきつ)」と呼ばれる源氏、平氏、藤原氏、橘氏といった強力な氏族が最も名を馳せていた時代、地方に移り住んだ氏族の一部が他の同じ氏族の人間と区別を図るため土地の名前などを自分の家名(屋号)とし、それが後の名字となった。
       家紋は家の独自性を示す固有の目印的な紋章として生まれ、名字を表す紋章としての要素が強い。

      ●家紋の発展
       その後、武家や公家が家紋を使用するようになった。
       血統や元々の帰属勢力としていくつかのグループに大きく分けることができる。
       それぞれが代表的な家紋とそのバリエーションで構成される。
       その他、各地の豪族がそれぞれ新たに創作した家紋が現代まで伝わっているものもある。
      +++

       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2023/06/27 06:00
    • 家紋(づづき)
       引用を続けます。

      +++
      ●制限について
       特別な紋章や場合を除いて、家紋を幾つも所有することは自由であったこともあり、墓地や家具、船舶にまで付けられるほどまでに広まる。
       しかし家紋の使用に制限はなかったと言うが、他家の家紋を無闇勝手に使用してはそれなりの軋轢や摩擦が生じる。
       特に大名や将軍などの、地位の高い家のものとなればなおのことであった。
       そのため、他家の定紋は出来るだけ配慮して使わないこととする暗黙の了解があったとされる。
      +++

       昔は、文字を読めない人も大勢いました。
       そういう人でも、家紋を見れば、どこの家かわかったわけです。
       飾りのマークではなく、実用性もあったということでしょう。
       自由とは云っても、最後の「制限について」にあるように……。
       将軍家の葵の御紋や、天皇家の菊の御紋などは、使えなかったんでしょうね。

       ちなみに、我が家の家紋は、「丸に蔦」です。
      https://irohakamon.com/kamon/images/marunitsuta-b.png
      ↑『家紋のいろは(https://irohakamon.com/)』さんのページから拝借(出典⇒https://irohakamon.com/kamon/tsuta/marunitsuta.html)。

       続きはさらに次のコメントで。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2023/06/27 06:01
    • 家紋(つづきのつづき)
       ↓同じページから、「丸に蔦」の解説を引用させていただきます。
      +++
       蔦紋とは、蔦の葉をモチーフとした家紋。
       蔦はブドウ科の蔓性落葉樹で、木や岩、家屋に着生して生長する。
       夏は黄色い花をつけ、秋には紅葉して美しい風情から古くから観賞用としても好まれた。
       賞美的な意義と生い茂る性質から繁栄を願って家紋として使用されるにようになり、とくに武家の使用が多い。
       また女性の女紋としてもよくみられる。
       蔦紋は戦国武将の松永久秀や藤堂高虎の家紋としても有名で、使用家が多いことから十大家紋の一つに数えられる。

      ●蔦紋の使用家
      椎名、高安、富田、松平、六郷、仁科、水谷、荒川、松井、橋爪、石川など

      ●蔦紋の使用地域
      石川、新潟、富山、長野、千葉
      +++

       母の着物の喪服には、紋が入ってたと思いますが……。
       最近はすっかり、タンスの肥やしになってるようです。
       でもわたしは、着物の喪服、復活してもいいように思います。
       昔のお葬式は、畳でしたから……。
       着物の人は、ずっと正座してなければなりませんでした。
       でも今は、ほぼ間違いなく椅子席でしょう。
       座るのに苦労はないはずです。
       トイレも洋式ですしね。

       残念ながらわたしは、家紋の入った品を持ってません。
       さりげなく家紋を使えるグッズって、何かありますかね?

       続きはさらにさらに次のコメントで。

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2023/06/27 06:01
    • 家紋(つづきのつづきのつづき)
       ちょっと前なら、マスクとかもありましたけど……。
       今ではもう、不要です。
       男性なら、タイピンがありますよね。
       プレゼント用にもいいかも知れませんよ。
       ↓アマゾンに「丸に蔦」のタイピンがありました。
      https://www.amazon.co.jp/%E3%83%8D%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%94%E3%83%B3-%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%94%E3%83%B3-%E5%AE%B6%E7%B4%8B-%E4%B8%B8%E3%81%AB%E8%94%A6-%E6%9D%B1%E9%83%B7%E5%B9%B3%E5%85%AB%E9%83%8E/dp/B08R1JBLZZ/ref=sr_1_2?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&crid=3SVB9C57AT48L&keywords=%E5%AE%B6%E7%B4%8B+%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%94%E3%83%B3+%E4%B8%B8%E3%81%AB%E8%94%A6&qid=1687324463&sprefix=%E5%AE%B6%E7%B4%8B+%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%94%E3%83%B3+%E4%B8%B8%E3%81%AB%E8%94%A6%2Caps%2C225&sr=8-2

       2,420円(税込)。
       お手ごろです。
       わたしがあげるとしたら叔父ですが……。
       もう、ネクタイをすることはないようです。
       でも、冠婚葬祭がありますからね。
       ちょっと考えておきましょう。
    コメントする   【単独旅行記Ⅶ(051)】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
問答無用の吸血鬼R18 新・SM小説書庫2 Japanese-wifeblog 愛と官能の美学
知佳の美貌録 未知の星 熟女と人妻エロンガ 赤星直也のエロ小説
[官能小説] 熟女の園 電脳女学園 官能文書わーるど 只野課長の調教日記
ちょっとHな小説 都会の鳥 人妻の浮気話 艶みるく 西園寺京太郎のSM官能小説

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
熟女・おばさんの性体験談 黒い教室 人に言えない秘密の性愛話 Playing Archives
被虐願望 女性のための官能小説 性転換・TS・女体化劇場 性小説 潤文学ブログ
羞恥の風 女の陰影 女性のH体験告白集 変態小説
むね☆きゅんファンサイト 週刊リビドー かおるの体験・妄想 ぺたの横書き
あおいつぼみ 葵蕾 最低のオリ 魔法の鍵 Mikiko's Roomの仮設テント
恥ずかしがりたがり。 官能的なエロ小説 濠門長恭の過激SM小説 淫芯

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
お姫様倶楽部.com 被支配中毒 出羽健書蔵庫 かめべや
HAKASEの第二読み物ブログ 女教師と遊ぼう 平成な美少女ライトノベル 官能の本棚
禁断の体験 エッチな告白集 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 恥と屈辱の交差点 潤文学
ましゅまろくらぶ 空想地帯 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ Angel Pussy 週刊創作官能小説
ろま中男3 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 漂浪の果てに アダルト検索一発サーチ

快感小説 SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄
秘密のエッチ体験談まとめ 18's Summer 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ
ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋
レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための…
緊縛新聞 Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所 エピソードセックス
マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集
黒塚工房 プライド 女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都 羊頭狗肉
ひよこの家 美里のオナニー日記 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
シンプルアダルト動画サーチ 人気ブログランキング
にほんブログ村 ライブドアブログ
官能小説アンテナ エログちゃんねる
官能文章アンテナ アダルトブログランキング


ランキング/画像・動画(11~30)
GL Search Adult Novels Search オンライン小説検索・R小説の栞 おたりんく








<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top