Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 3782
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「ほごっ」

 侑人の顔が仰け反った。
 勃ちあげた亀頭から、閉め忘れた水栓のように精液が溢れていた。
 陰茎は、ねらねらと濡れ光っている。
 精液が、鑞涙のごとく伝っているのだ。
 流れた筋が、幾重にも重なっているようだ。
 どれほどの射精を繰り返して来たのだろう。

「侑くん!」

 侑人からの応えはなかった。
 頭が、がくんと前に落ちた。
 どうやら、意識も消失しているようだ。
 座面のアナルバイブは、飽くことなく動き続けている。
 侑人の陰茎が、再び硬度を増して来た。
 すでに、次の射精に向けての準備が始まっているのだ。

 絵里子は椅子が倒れない程度に、身を揺すってみた。
 椅子の片側だけが、ガタッと動いた。
 突然、天井灯の照度があがった。
 光が、四方の壁を映し出した。
 何の調度もない、黒い壁だった。
 どういう部屋なのだろう。

「侑くん!」

 もう一度声を掛けたが、侑人はつむじを向けたまま動かなかった。
 さらに椅子を動かそうとしたとき、側面の壁で作動音がした。
 黒い壁の一部が、滑るように開きつつあった。
 開口部の向こうは、対照的に白い部屋のようだった。
 そうか。
 あの廊下の突きあたりにあった部屋だ。
 矩形に象られた光を睨んでいると、床に影が射した。
 続いて影の主が現れた。
 さっきの女性だ。
 服装も同じだった。
 緋色のバスローブ。

 女性が部屋に入って来た。
 かなりな歩幅だったが、足音がしない。
 足元を見ると、裸足だった。

「お目覚めですか」
「何のつもり!
 スタンガン使ってこんなことして。
 監禁罪でしょ!」
「だって、ジュース、飲んでくれないんだもの。
 あれなら、気持ちよく眠れたのに」

 やっぱり、あのグラスの液体には薬が入っていたのだ。
 しかし、飲まなかったことが、なぜわかったのだろう。
 グラスの中身は、シンクに捨てたのに。
由美と美弥子 3781目次由美と美弥子 3783

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2023/03/31 05:55
    • 今日は何の日
       3月31日は、『山菜の日』。
       山菜料理の『出羽屋(https://www.dewaya.com/)/山形県西村山郡西川町』が制定。
       日付は、雪の多い山形県西川町では、春の山菜が待ち遠しいこの時期、3月最終日のこの日から……。
       「春ですよ」との合図をこめるとともに、「さん(3)さ(3)い(1)⇒山菜」と読む語呂合わせから。
       多くの人に、美味しい山菜の食べ方、保存方法、加工食品などについて知ってもらうことが目的。
      https://zatsuneta.com/img/103315_01.jpg
      ↑出羽屋の山菜料理。

       記念日は、『(社)日本記念日協会(https://www.kinenbi.gr.jp/)』により認定、登録されました。

       上記の記述は、こちら(https://zatsuneta.com/archives/103315.html)のページから転載させていただきました。

       さらに同じページから、引用を続けさせていただきます。

       出羽屋は、山岳信仰で出羽三山を訪れる行者の宿として始まりました。
       行者に、食事とお風呂で身体を休めてもらいたい、その想いから生まれた「山のもの」料理は……。
       「山菜料理」と呼ばれるようになり、「全国でも珍しい山菜料理の宿」として知られるようになりました。
       自然環境の中で生きるために培われてきた食材の保存、鮮度を命とする山菜の一番良い調理方法など……。
       出羽屋の山菜料理には、どこか懐かしい田舎らしさがあり、春夏秋冬それぞれの味覚を楽しむことができます。

       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2023/03/31 05:55
    • 今日は何の日(つづき)
       さらに同じページから、「山菜について」を引用させていただきます。

       山菜とは、山野に自生し、食用にする植物の総称です。
       通常は栽培されず、自生しているものを採取します。
       山菜の保存法には、乾燥させる「乾物」、食塩に漬ける「塩漬け」……。
       水または塩水で煮る「水煮」があります。
       水煮は、パック詰めにした加工食品が広く流通してます。
       主な山菜には、アケビ、イタドリ、ギョウジャニンニク、セリ、ゼンマイ……。
       タケノコ、タラの芽、つくし、フキ、ミツバ、山ブドウ、ワラビなどがあります。
      https://zatsuneta.com/img/103315_02.jpg
      ↑タラの芽。

       山菜の名を冠する料理としては、山菜そば、山菜おこわ、山菜ピラフなどがあります。
       野生植物である山菜は、収穫量も少なく……。
       味にも、苦みがあったり灰汁があったりと、やや難がある場合が多いです。
       しかし、そこに独特の風味を楽しめるという見方もあります。
       また、山菜には季節の変化があり、それを楽しむという面もあるのです。

       以上、引用終わり。

       続きはさらに次のコメントで。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2023/03/31 05:55
    • 今日は何の日(つづきのつづき)
       これからの季節、新潟のホームセンターでは……。
       熊除けの鈴や、収集した山菜を入れる背負い籠などが、中央の通路に出されるようになります。
       春だなあと実感できる風景です。
       でも、熊はほんとに気をつけなければなりません。
       毎年山菜採りをしてる人には、それぞれ秘密の場所があるそうです。
       手つかずの山菜が取り放題の場所。
       まさに宝庫です。
       当然、そういう場所は、人に教えたくありません。
       採りに行くときも、誰にも告げず、ひとりで行くそうです。
       人に気づかれたくないので、鈴やラジオも鳴らさないとか。
       熊からしたら、格好の獲物ですよね。
       気をつけましょう。

       わたしは、山菜採りの経験はありません。
       食べるのは、春先、スーパーの惣菜に天ぷらが並ぶときだけ。
       今年も毎週見てるのですが、まだ出回りません。
       タラの芽の天ぷらは、大好物です。
       でも、熊にとっては人間が大好物でしょうから……。
       採りに行こうとは思いません。

       新潟駅近くの裏道に、小さな貸店舗があります。
       コロナ前は、通勤で毎日、その前を通ってました。
       次々と入居店舗が替わってました。
       人通りの少ない道ですから、お客もあまり来ないのでしょう。

       続きはさらにさらに次のコメントで。

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2023/03/31 05:56
    • 今日は何の日(つづきのつづきのつづき)
       その店舗が、何回目かの改装をしてました。
       でも、仕事をしてる人は、明らかに内装業者ではありません。
       顔の色が真っ黒。
       顔つきからすると、アフリカ系ではなく、インドやパキスタン系に見えました。
       早い話、地力で内装をやってたんですね。
       で、改装中のそのお店の前を、朝の通勤時に通るとき……。
       ちょっと驚く光景を目にしました。
       内装をやってた人が、店の前の椅子に座ってます。
       その前には新聞紙が敷かれ、何やら野菜系のものが並べられてました。
       近づきたくないので、遠目の横目で見ると……。
       どうやら、ゼンマイが主のようでした。
       早い話、山菜です。
       つまり、内装工事に来る前に山菜を採り……。
       それを、店の前で売ってたのでしょう。
       でも、買ってる人を見たことは一度もありません。
       朝、その道を通るのは、通勤のサラリーマンだけです。
       これから会社に行くのに、山菜を買う人がいるわけないと思います。
       しかも、売ってるのが顔の黒い人です。
       1度も売れなかったんじゃないでしょうか。
       でも、改装はその後も続けられ、無事、カレー屋がオープンしました。
       すぐに潰れるだろうと思ってたのですが……。
       不思議なことに、長く続いてました。
       コロナが始まったころ、お店の前に貼り紙が出ました。
       「テイクアウト オケ」と書いてありました。
       今度は、テイクアウト用の桶でも売ってるのかと思いました。
       でも、ハタと気がつきました。
       「テイクアウト オッケー」だったんですね。
       コロナで、テレワークが中心になってから……。
       しばらく、このお店の前を通ってません。
       まだやってるでしょうか。
       今度、見に行ってみようかな。
    コメントする   【由美と美弥子 3782】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
問答無用の吸血鬼R18 新・SM小説書庫2 Japanese-wifeblog 知佳の美貌録
未知の星 愛と官能の美学 赤星直也のエロ小説 熟女と人妻エロンガ
[官能小説] 熟女の園 只野課長の調教日記 電脳女学園 ちょっとHな小説
人妻の浮気話 艶みるく 都会の鳥 官能文書わーるど 西園寺京太郎のSM官能小説

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
人に言えない秘密の性愛話 黒い教室 Playing Archives 女性のための官能小説
変態小説 女性のH体験告白集 性転換・TS・女体化劇場 むね☆きゅんファンサイト
週刊リビドー 被虐願望 性小説 潤文学ブログ かおるの体験・妄想
ぺたの横書き あおいつぼみ 葵蕾 女の陰影 最低のオリ
魔法の鍵 Mikiko's Roomの仮設テント 恥ずかしがりたがり。 官能的なエロ小説
濠門長恭の過激SM小説 淫芯 お姫様倶楽部.com 被支配中毒

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
出羽健書蔵庫 かめべや HAKASEの第二読み物ブログ 女教師と遊ぼう
平成な美少女ライトノベル 羞恥の風 官能の本棚 禁断の体験 エッチな告白集
おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 恥と屈辱の交差点 潤文学 ましゅまろくらぶ
空想地帯 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ Angel Pussy 週刊創作官能小説 ろま中男3
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 漂浪の果てに アダルト検索一発サーチ 快感小説

SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄 秘密のエッチ体験談まとめ
18's Summer 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ ひめ魅、ゴコロ。
おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋 レズ画像・きれいな画像倉庫
riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞
Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所 エピソードセックス マルガリテの部屋
アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 黒塚工房
プライド 女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻!
wombatの官能小説 黒イ都 羊頭狗肉 ひよこの家
美里のオナニー日記 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
シンプルアダルト動画サーチ 人気ブログランキング
にほんブログ村 ライブドアブログ
官能小説アンテナ エログちゃんねる
官能文章アンテナ アダルトブログランキング


ランキング/画像・動画(11~30)
Adult Novels Search GL Search オンライン小説検索・R小説の栞 どていばん.コム
おたりんく 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!







<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top