Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 3779
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「もしもし、侑くん?
 なんか、ヘンな扱い受けてるんですけど。
 こっち来てくんない?」
「別の部屋にいるんだ。
 廊下の突きあたりから入って」

 応答しようとしたところで、通話が切れた。
 仕方がない。
 このまま帰るのも業腹だ。
 絵里子は、肩から掛けたポーチにスマホを放りこみ、リビングを出た。
 確かに、廊下の突きあたりには扉があった。
 レバーハンドルを押し下げ、扉を向こうに開く。

 妙な部屋だった。
 天井も壁も床も、白一色。
 右側の壁一面は、作り付けのクローゼットのようだ。
 正面の壁には何もなく、白い壁材が広がるばかりだった。
 左手の壁には、開口部があった。
 扉は横にスライドする造りのようで、既に開いていた。
 開口部は、人が2人、並んで立てそうなほど大きかった。
 その向こうは薄暗い。
 しかし、侑人がいるとしたら、そこしかないだろう。
 絵里子は、開口部の前まで歩んだ。

「侑くん!」

 侑人が、こちらを向いて椅子に座っていた。
 いや。
 座らせられているのだ。
 肘掛けに載せた両脚が、ロープで縛られていた。
 両腕は背中に回っているようだ。
 侑人に声をかけようとしたが……。
 応答できないことは明白だった。
 口に、赤いボールのようなものを咥えさせられている。
 前に、ネットのアダルト通販で見かけたことがあるアイテムだった。
 確か、ボールギャグという名称だったはずだ。
 赤いボールに、黒のベルトが付いていた。
 ボールを咥えさせられ、後頭部に回ったベルトで固定されているのだ。
 しかし、そんな恰好をさせられながら……。
 侑人は、陰茎を屹立させていた。
 暗がりに目が慣れるにつれ、そのわけがわかった。
 椅子の座面に、動くものがあったのだ。
 侑人の睾丸の下だった。
 ピンと来た。
 アナルバイブだ。
 バイブは生き物のように蠢き、基部が座面を叩いている。
由美と美弥子 3778目次由美と美弥子 3780

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2023/03/26 06:05
    • 今日は何の日
       3月26日は、『食品サンプルの日』。
       全国の飲食店の店頭を飾る、食品サンプルのパイオニアとして知られる……。
       「いわさきグループ」の『㈱いわさき(https://www.iwasaki-ts.co.jp/)』、『㈱岩崎(https://www.iwasaki-bei.co.jp/)』、『岩崎模型製造㈱(https://iwasakimokei.com/)』の各社が制定。
       日付は、「サン(3)プ(2)ル(6)」と読む語呂合わせから。
       日本独自の文化である食品サンプルの、販促効果、見た目の楽しさ、思わず注文したくなる魅力などを……。
      https://zatsuneta.com/img/103267_01.jpg

       より多く人に知ってもらい、将来にわたる更なる普及と発展が目的。
       記念日は、2022(令和4)年、『(社)日本記念日協会(https://www.kinenbi.gr.jp/)』により認定、登録されました。

       上記の記述は、こちら(https://zatsuneta.com/archives/103267.html)のページから転載させていただきました。

       さらに同じページから、引用を続けさせていただきます。

       食品サンプルは、飲食店の店頭あるいは店内に陳列される料理の模型で……。
       蝋(ろう)や合成樹脂を主原料として作られます。
       大正時代から昭和初期にかけて、日本で考案された表現手法です。
       料理模型や食品模型と呼ばれる場合もあります。

       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2023/03/26 06:05
    • 今日は何の日(つづき)
       引用を続けます。

       主に業務用として制作されてましたが、近年は一般向けにも販売され始めており……。
       模型やアクセサリーなどとして拡がり始めてます。
       有名な食品サンプルとして、食品サンプル職人の竹内繁春(たけうち しげはる)が……。
       1972(昭和47)年に編み出した、宙に浮くスパゲティとフォークがあります。
       当初、飲食店の反応は芳しくなかったものの、客からは好評を博し……。
       このサンプルを使用した飲食店の売り上げ増に、大きく貢献しました。

       以上、引用終わり。

       最近、食品サンプルを出してるお店、あまり見なくなりましたね。
       特に、お洒落なお店では皆無でしょうね。
       主に、デパートの食堂的な、大衆向けの大型店舗で使われてたディスプレイだと思います。
       そうしたお店自体、少なくなりましたからね。
       たまに町中華で、古びて灰色に近くなったサンプルは見かけます。
       そうそう、新潟駅の飲食店ではありました。
       2階の小嶋屋という蕎麦屋さん。
       へぎ蕎麦を出すお店です。
       やっぱり、駅とかのお店では、新潟以外の地域の方も利用しますからね。
       サンプルがあった方が、わかりやすいでしょう。

       続きはさらに次のコメントで。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2023/03/26 06:06
    • 今日は何の日(つづきのつづき)
       そう云えば、昔は駅1階の食堂にもありましたよ。
       今は駅の改修で、お店自体、なくなってしまいましたが。
       そのお店のサンプルで、面白いものがあったんです。
       2種類のカツ丼が並んでました。
       普通の卵で閉じたカツ丼と、新潟名物のタレかつ丼。
       タレかつ丼は、卵で閉じられてません。
       おそらくですが、昔はタレかつ丼しかなくて……。
       メニューには、「カツ丼」という表記だったんじゃないでしょうか。
       で、他地域の人がそれを頼んだとき……。
       「卵が入ってない」という苦情があったんだと思います。
       で、卵で閉じられたカツ丼も出すようになり……。
       サンプルも、2つを並べたんだと推測します。

       わたしも実は、タレかつ丼に驚いたひとりです。
       高校の学食に、「カツ丼」があったんですよ。
       さすがに、女子で食べてる子はいませんでしたが……。
       男子は、よく注文してました。
       ところが、そのカツ丼を見ると……。
       ご飯の上に、カツが数枚載ってるだけ。
       卵で閉じられてません。
       わたしはてっきり、卵をケチってると思ってました。
       それが、「タレかつ丼」という新潟独自のものであることは……。
       だいぶ後になってから知りました。
       でもわたしはまだ、「タレかつ丼」を食べたことがありません。
       やはりカツ丼は、卵で閉じられてるべきだと思うからです。

    • ––––––
      4. 手羽崎 鶏造
    • 2023/03/26 06:34
    •  新潟のタレかつ丼は食べたことがありません。
      現地にお伺いして、バスセンターのカレーライス、
      ナントカ焼きそばと共に、一度チャレンジしてみたいと
      考えています。

       ソースカツ丼は伊那が有名ですね。
      高速を運転していて何度か通過したのですが
      立ち寄ったことはありません。
      キャベツが必須だとか。

      ところで、ワタシの故郷、加古川・高砂
      (東播)地方には「カツめし」という洋皿で
      出てくるローカルメニューがあります。
      なので、なにも卵でとじてなくとも、という気は
      理解出来ます。

    • ––––––
      5. 手羽崎 鶏造
    • 2023/03/26 06:37
    • <作品より。>

      ア〇ルの快感というのは、男女を
      問わず、それを体感した
      (味を覚えてしまった)方は
      少なくないだろうと思います。

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2023/03/26 11:29
    • ナントカ焼きそばは……
       イタリアンですね。
       わたしは、食べたことありません。
       バスセンターのカレーも未体験。
       あれは、ぜったい胸焼けすると思います。

       タレかつ丼。
       卵で閉じないなら、なぜに丼なのかということです。
       実際、食べるとき、ご飯の上のカツは1枚だけにして……。
       残りは、裏返した蓋に載せておくようです。
       カツがご飯を覆ってたら、ご飯が食べられないからです。
       蓋を洗う手間と、皿を洗う手間は同じなはず。
       なんで、皿で出さないんですかね。
       皿で出せば、千切りキャベツとかも付けられて、健康的なメニューになります。
       タレかつ定食。
       これならわたしも食べてみたいです。
    コメントする   【由美と美弥子 3779】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
問答無用の吸血鬼R18 新・SM小説書庫2 Japanese-wifeblog 愛と官能の美学
知佳の美貌録 未知の星 熟女と人妻エロンガ 赤星直也のエロ小説
[官能小説] 熟女の園 電脳女学園 官能文書わーるど 只野課長の調教日記
ちょっとHな小説 都会の鳥 人妻の浮気話 艶みるく 西園寺京太郎のSM官能小説

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
熟女・おばさんの性体験談 黒い教室 人に言えない秘密の性愛話 Playing Archives
被虐願望 女性のための官能小説 性転換・TS・女体化劇場 性小説 潤文学ブログ
羞恥の風 女の陰影 女性のH体験告白集 変態小説
むね☆きゅんファンサイト 週刊リビドー かおるの体験・妄想 ぺたの横書き
あおいつぼみ 葵蕾 最低のオリ 魔法の鍵 Mikiko's Roomの仮設テント
恥ずかしがりたがり。 官能的なエロ小説 濠門長恭の過激SM小説 淫芯

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
お姫様倶楽部.com 被支配中毒 出羽健書蔵庫 かめべや
HAKASEの第二読み物ブログ 女教師と遊ぼう 平成な美少女ライトノベル 官能の本棚
禁断の体験 エッチな告白集 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 恥と屈辱の交差点 潤文学
ましゅまろくらぶ 空想地帯 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ Angel Pussy 週刊創作官能小説
ろま中男3 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 漂浪の果てに アダルト検索一発サーチ

快感小説 SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄
秘密のエッチ体験談まとめ 18's Summer 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ
ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋
レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための…
緊縛新聞 Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所 エピソードセックス
マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集
黒塚工房 プライド 女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都 羊頭狗肉
ひよこの家 美里のオナニー日記 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
シンプルアダルト動画サーチ 人気ブログランキング
にほんブログ村 ライブドアブログ
官能小説アンテナ エログちゃんねる
官能文章アンテナ アダルトブログランキング


ランキング/画像・動画(11~30)
GL Search Adult Novels Search オンライン小説検索・R小説の栞 おたりんく








<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top