Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 3778
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 しかし、なんであんなに腰紐を絞ってあるのだ。
 そんなにも腰の括れを強調したいのか。
 悪かったわね。
 括れのない女で。

 ソファーテーブルにグラスを置くため、女性が前屈みになった。
 バスローブの胸元が見えた。
 絵里子は、ほくそ笑んだ。
 まったく乳房の稜線が見えなかった。
 香織級の貧乳だろう。
 ここだけは確実に勝った。

「どうぞ」

 女性は、突っ立ったままだった。
 自分用のグラスは持って来ていないから、ここで応接するするつもりはないのだろう。
 喉は渇いていたが、グラスを手にする気にはならなかった。
 何か入っていないとも限らない。
 美咲を眠らせるために、睡眠導入剤を侑人に渡した。
 侑人はそれを美咲の紅茶のカップに入れ、目論見はまんまと成功した。
 まさかとは思うが、侑人が絵里子に同じ手を使う可能性もある。

「漆原くんは?
 彼に呼ばれて来たんですけど」
「別室にいます」
「呼んでくれませんか」
「少しお待ち下さい」

 女性は、トレイをキッチンカウンターに置くと、リビングを出て行った。
 後ろ姿は、腹立たしいほど華奢だった。

 絵里子は、オレンジ色の飲料で満たされたグラスを睨んだ。
 喉の乾きが、改めて自覚された。
 しかし、これを飲むわけにはいかない。
 そうだ。
 飲んだように思わせたらどうだ。
 絵里子は、グラスを持って立ちあがった。
 キッチンカウンターのシンクで、グラスを傾ける。
 オレンジ色の液体が、排水口に吸いこまれていった。
 グースネックの水栓を捻り、シンクの液体を洗い流す。
 絵里子はグラスを置き、水流の下で両手の平を揃えた、
 溜まった水を啜りこむ。
 いくらなんでも、蛇口から出る水に薬は入っていないだろう。

 空のグラスを持ってソファーに戻ろうとしたとき、ソファーテーブルのスマホが鳴動した。
 液晶には、「侑くん」の文字が表示されていた。
由美と美弥子 3777目次由美と美弥子 3779

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2023/03/25 05:44
    • 今日は何の日
       3月25日は、『サガミのみそ煮込の日』。
       和食麺類のファミリーレストランチェーンを展開する……。
       『㈱サガミチェーン(現:㈱サガミホールディングス⇒https://www.sagami-holdings.co.jp/)/愛知県名古屋市守山区』が制定。
       日付は、「み(3)そに(2)こ(5)み⇒みそ煮込」と読む語呂合わせから。
       みそ煮込の美味しさを、全国に知ってもらうことが目的。
       記念日は、『(社)日本記念日協会(https://www.kinenbi.gr.jp/)』により認定、登録されてます。

       上記の記述は、こちら(https://zatsuneta.com/archives/103256.html)のページから転載させていただきました。

       さらに同じページから、「サガミのみそ煮込について」を引用させていただきます。

       同社が運営する和食麺処「サガミ」は……。
       和食の原点とも云える、そば、みそ煮込の美味しさを中心にして、独自のチェーン展開を行ってます。
       より気軽に、楽しく、「和」の美味しさを味わってもらうため……。
       全店直営というスタイルで、最大限のおもてなしを隅々にまで行き届かせてます。

       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2023/03/25 05:45
    • 今日は何の日(つづき)
       引用を続けます。

       愛知県を中心に、東海、関西、関東、北陸で、261店舗を展開してます。
       そんなサガミのみそ煮込は、2020(令和2)年実績で、年間146万食を販売する大人気メニューで……。
       レストラン部門で、販売数日本一となってます。
       なお、コロナ前の2017(平成29)年実績では、年間175万食を販売してました。
       メニューには、「豚カレーみそ煮込」「豚キムチみそ煮込」「パクチーと四川風みそ煮込」などがあります。
       また、季節限定の「冷しみそ煮込」も一部店舗で販売されてます。
      https://zatsuneta.com/img/103256_01.jpg

       サガミのみそ煮込は、旨味、コク、渋味をバランス良く、美味しさを最大限に引き出すため……。
       赤味噌、白味噌、八丁味噌の3種類に、サガミ特製の贅沢なダシを効かせ、独自にブレンドしてます。

       以上、引用終わり。

       サガミというお店は、初めて知りました。
       「みそ煮込」も初耳です。
       最初は、居酒屋のモツ煮込みを想像しました。
       でも、うどんなんですね。
       北陸に店舗があるようですが……。
       残念ながら、新潟県にはありませんでした。
       北信越では、福井、石川、富山には店舗がありました。
       ないのは、新潟と長野。

       続きはさらに次のコメントで。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2023/03/25 05:45
    • 今日は何の日(つづきのつづき)
       あと、北海道、東北、中国、四国、九州には、1店舗もありません。
       食文化の違いでしょうか。
       味噌ベースなら、どこでも受け入れられそうですけど。
       本拠地の東海を起点に、少しづつ広げていってる感じです。
       きっと、社長さんが堅実な方なんでしょうね。

       ↑のメニューを見ると、お値段はそこそこします。
       すべて、1,000円以上です。
       1,200円から1,400円くらいが中心。
       サラリーマンが毎日のランチにするには、少しお高めです。
       1,300円のランチを、月に23日食べると……。
       3万円になってしまいます。
       ランチだけに月3万円使えるサラリーマンは、そう多くはないでしょう。
       やっぱり、何かのイベントとか……。
       遊びに来た親戚を連れてとかで食べるお店なのかも知れません。
       新潟や東北では、そうしたときは、お店には行かず……。
       仕出し料理を取ることが多いかも知れません。
       やっぱり、あれですよ。
       お酒です。
       お店に行く場合、運転する1人は飲めません。
       新潟や東北の人は……。
       誰か飲めない人がいると、申し訳ない気持ちになってしまうんじゃないですか。
       みんな、お酒好きですから。
       なので、家での飲食が選ばれるのかも知れません。
       しかし、昼間、仕出し料理を食べながらのお酒、美味しいですよね。
       それに、よく回ります。
       昼間は、身体が活動状態にあるので、血の巡りがいいんだそうです。
       結婚式や法事などで、ぐでんぐでんになってしまうお爺さんがいるのも、そのためだとか。

    • ––––––
      4. 手羽崎 鶏造
    • 2023/03/26 04:43
    • 「味噌煮込み」。
      旅と外食がスキなワタシはもちろん
      好んで食したことがあります。
      (食べ物はもちろん、「外」の
      奥さまをいただくのも大スキ)

      名古屋近辺で、陶器に入って
      出て来る「親子(鶏肉と卵入り)味噌煮込み」を
      好んで注文します。
      大須に発祥の店があったような。
      陶器の蓋を皿にして、そこにグツグツ茹で上がった
      きしめんを映して、葱、シイタケなどの具材と一緒に
      いただきます。
      醤油味ではなく、赤だし八丁味噌を使ったもの。
      寒い季節にはぴったりですね。

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2023/03/26 05:55
    • 八丁味噌
       「愛知県岡崎市八丁町で生産されている長期熟成させた豆味噌(Wikipedia)」とのことです。
       長期熟成だけあって、とても色が濃いです。
       おそらくわたしは、食べたことがありません。

       「味噌煮込み」。
       やっぱり、夏と冬では、客の入りがそうとう違うんじゃないですかね。
       冷やしのメニューもあるようですが……。
       カンカン照りの昼間、「味噌煮込み」を食べようとは思わないのでは。
       でも本場では、夏に「味噌煮込み」を食べる習慣があるのかも知れません。
       なるほど。
       全国展開が慎重なのは……。
       夏場の問題があるからじゃないですか。
       いきなり出店しても、夏は閑古鳥になりかねません。
       夏に「味噌煮込み」を食べる文化を少しずつ広めながら……。
       じわじわと出店範囲を広げてるんですかね。
    コメントする   【由美と美弥子 3778】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
問答無用の吸血鬼R18 新・SM小説書庫2 Japanese-wifeblog 知佳の美貌録
未知の星 愛と官能の美学 赤星直也のエロ小説 熟女と人妻エロンガ
[官能小説] 熟女の園 只野課長の調教日記 電脳女学園 ちょっとHな小説
人妻の浮気話 艶みるく 都会の鳥 官能文書わーるど 西園寺京太郎のSM官能小説

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
人に言えない秘密の性愛話 黒い教室 Playing Archives 女性のための官能小説
変態小説 女性のH体験告白集 性転換・TS・女体化劇場 むね☆きゅんファンサイト
週刊リビドー 被虐願望 性小説 潤文学ブログ かおるの体験・妄想
ぺたの横書き あおいつぼみ 葵蕾 女の陰影 最低のオリ
魔法の鍵 Mikiko's Roomの仮設テント 恥ずかしがりたがり。 官能的なエロ小説
濠門長恭の過激SM小説 淫芯 お姫様倶楽部.com 被支配中毒

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
出羽健書蔵庫 かめべや HAKASEの第二読み物ブログ 女教師と遊ぼう
平成な美少女ライトノベル 羞恥の風 官能の本棚 禁断の体験 エッチな告白集
おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 恥と屈辱の交差点 潤文学 ましゅまろくらぶ
空想地帯 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ Angel Pussy 週刊創作官能小説 ろま中男3
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 漂浪の果てに アダルト検索一発サーチ 快感小説

SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄 秘密のエッチ体験談まとめ
18's Summer 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ ひめ魅、ゴコロ。
おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋 レズ画像・きれいな画像倉庫
riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞
Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所 エピソードセックス マルガリテの部屋
アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 黒塚工房
プライド 女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻!
wombatの官能小説 黒イ都 羊頭狗肉 ひよこの家
美里のオナニー日記 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
シンプルアダルト動画サーチ 人気ブログランキング
にほんブログ村 ライブドアブログ
官能小説アンテナ エログちゃんねる
官能文章アンテナ アダルトブログランキング


ランキング/画像・動画(11~30)
Adult Novels Search GL Search オンライン小説検索・R小説の栞 どていばん.コム
おたりんく 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!







<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top