Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 3704
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 顔を左右に振っても、水流は的確に追ってきた。
 顔面が尿臭に覆われる。

「なんだ、もう終わりかい」

 尿は、すぐに力を失った。
 香織の性器は、蛇口を閉めきらなかった水飲み水栓のように、尿を溢れ零していた。

「物足りないね。
 侑くん、出ない?」
「無理。
 勃ってるから」
「そうか。
 勃起してると尿管が塞がれちゃうんだ。
 良く出来てるもんだよ。
 精液に尿が混ざらないようにって仕組みなのかね。
 よし、それじゃ、あたしのをあげようかね」
「絵里子、もう入れたいよ」
「せっかちな子だね。
 ちょっと待って。
 美咲姫に、わたしのおしっこを献上したいから。
 でも、ソファーに乗りあがらないと無理か。
 キャスターが滑ったら大変だ。
 やっぱり、ソファーを倒すしかないね」

 絵里子が、美咲の背後に回った。

「侑くん、ソファーの前、持って。
 後ろに倒すから。
 あ、ちょい待ち。
 腕が後ろに回ってるんだった」

 背もたれの裏側で束ねられた手首に、絵里子の指を感じた。
 結び目が緩み、ロープが解かれていく。
 久々に腕が開放された。

「腕が自由になったからって、悪さしたら許さないからね」

 絵里子は、解いたロープを放り投げた。
 ロープは、赤い蛇のように宙に躍った。

「侑くん、いいよ。
 ゆっくりあげて」

 ソファーが傾いていく。
 嫌な予感しかしなかった。

「絵里子さん、助けて……」
「ちょっと待っててね。
 今、美味しいもの、あげるから」

 ついに、ソファーの背もたれが床に着地した。
 美咲が座らされた座面は、垂直に立ちあがっている。

「絵里子、こんな恰好にして、どうやって入れるの?」
「向かい合えば、入れられるだろ。
 美咲を跨いで立って。
 そうそう」
由美と美弥子 3703目次由美と美弥子 3705

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2022/12/09 05:45
    • 今日は何の日
       12月9日は、『漱石忌』。
       明治から大正時代の小説家で英文学者の夏目漱石(なつめ そうせき/1867~1916)の忌日。
       冬の季語。

       上記の記述は、こちら(https://zatsuneta.com/archives/112095.html)のページから転載させていただきました。

       さらに同じページから、「夏目漱石について」を引用させていただきます。

       慶応3年1月5日(新暦では、1867年2月9日)に……。
       江戸の牛込馬場下横町(現:東京都新宿区喜久井町)に生まれました。
       本名は、夏目金之助(なつめ きんのすけ)。
       父の直克(なおかつ)は、江戸の牛込から高田馬場までの一帯を治めてた名主でした。
       しかし金之助は、里子や養子に出されるなど、不遇の幼児期を送ります。
       児童期には漢詩文に親しみ、大学予備門で俳人の正岡子規(まさおか しき)を知り、俳句を学びます。
       1893(明治26)年、帝国大学(後:東京帝国大学、現:東京大学)英文科を卒業。
       1895(明治28)年、松山の愛媛県尋常中学校(現:松山東高等学校)の英語教師となります。
       松山は子規の故郷であり、子規とともに俳句に精進し、数々の佳作を残しました。
       翌1896(明治29)年、熊本の第五高等学校(熊本大学の前身)の英語教師となります。
       1900(明治33)年、イギリスへ留学。
       1903(明治36)年、留学から帰国し、東京帝国大学の英文学講師となります。

       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2022/12/09 05:46
    • 今日は何の日(つづき)
       引用を続けます。

       その傍ら、1905(明治38)年……。
       デビュー作の長編小説『吾輩は猫である』を、俳句雑誌『ホトトギス』に発表。
       これが評判となり、『倫敦塔(ろんどんとう)【1905年】』や……。
       『坊っちゃん【1906年】』、『草枕(くさまくら)【1906年】』などを執筆。
       1907(明治40)年、教職を辞して朝日新聞社に入社し、作家活動に専念します。
       『虞美人草(ぐびじんそう)【1907年】』や……。
       前期三部作と呼ばれる『三四郎【1908年】』、『それから【1910年】』などを『朝日新聞』に連載。
       前期三部作の3作目にあたる『門』を執筆途中、持病の胃潰瘍で入院。
       伊豆の修善寺(しゅぜんじ)で療養しますが……。
       大吐血を起こし、生死の間を彷徨う危篤状態に陥ります。
       この事件は「修善寺の大患」と呼ばれ……。
       この一時的な「死」の体験は、その後の作品に影響を与えることとなります。
       作品は、人間のエゴイズムを追い求めていき、後期三部作と呼ばれる『彼岸過迄(ひがんすぎまで)【1912年】』……。
       『行人(こうじん)【1914年】』、『こゝろ【1914年】』へと繋がっていきます。
       1916(大正5)年12月9日、胃潰瘍により体内出血を起こし、『明暗』執筆途中に自宅で死去。
       49歳。
       墓は、東京都豊島区南池袋の雑司ヶ谷霊園にあります。

       続きはさらに次のコメントで。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2022/12/09 05:46
    • 今日は何の日(つづきのつづき)
       引用を続けます。

       なお遺体は、東京帝国大学医学部解剖室において病理学者の長與又郎(ながよ またお)により解剖され……。
       摘出された脳と胃は寄贈されました。
       脳は、現在もエタノールに漬けられた状態で、東京大学医学部に保管されてます。
       また、1984(昭和59)年から2004(平成16)年まで発行された千円紙幣に……。
       明治時代の文豪として、肖像が採用されてました。

       以上、引用終わり。

       夏目漱石の小説に初めて触れたのは……。
       高校の国語の教科書だったと思います。
       『こころ』だった気がします。
       小説には、あんまり強い印象はなかったんですが……。
       日ごろ沈着冷静な先生が、珍しく熱く語ってた姿が記憶に残ってます。
       といっても、受験がありましたので……。
       それ以上、読み進むことはありませんでした。
       ある程度集中して読んだのは、大学に入ってからでした。
       わざわざ、旧仮名旧漢字の本を買って読みました。
       『吾輩は猫である』の、飄々としてユーモラスな文章に惹かれました。
       でも、一番印象に残ってるのは……。
       『三四郎』とかの主人公が、やたらと歩くことです。
       東京に出て、東京の地理も少しずつわかってきたころでした。
       とても徒歩で行くとは考えられない2点を、何の躊躇もなく歩いてました。
       ま、当時は、交通機関もなかったので……。
       歩くのが当たり前だったんでしょうけどね。
       選択肢がそれしかないってのは、かえって気楽な気がします。
       夏目漱石。
       老後にもう1度、読み直そうかな。
    コメントする   【由美と美弥子 3704】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
問答無用の吸血鬼R18 新・SM小説書庫2 Japanese-wifeblog 愛と官能の美学
知佳の美貌録 未知の星 熟女と人妻エロンガ 赤星直也のエロ小説
[官能小説] 熟女の園 電脳女学園 官能文書わーるど 只野課長の調教日記
ちょっとHな小説 都会の鳥 人妻の浮気話 艶みるく 西園寺京太郎のSM官能小説

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
熟女・おばさんの性体験談 黒い教室 人に言えない秘密の性愛話 Playing Archives
被虐願望 女性のための官能小説 性転換・TS・女体化劇場 性小説 潤文学ブログ
羞恥の風 女の陰影 女性のH体験告白集 変態小説
むね☆きゅんファンサイト 週刊リビドー かおるの体験・妄想 ぺたの横書き
あおいつぼみ 葵蕾 最低のオリ 魔法の鍵 Mikiko's Roomの仮設テント
恥ずかしがりたがり。 官能的なエロ小説 濠門長恭の過激SM小説 淫芯

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
お姫様倶楽部.com 被支配中毒 出羽健書蔵庫 かめべや
HAKASEの第二読み物ブログ 女教師と遊ぼう 平成な美少女ライトノベル 官能の本棚
禁断の体験 エッチな告白集 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 恥と屈辱の交差点 潤文学
ましゅまろくらぶ 空想地帯 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ Angel Pussy 週刊創作官能小説
ろま中男3 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 漂浪の果てに アダルト検索一発サーチ

快感小説 SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄
秘密のエッチ体験談まとめ 18's Summer 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ
ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋
レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための…
緊縛新聞 Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所 エピソードセックス
マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集
黒塚工房 プライド 女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都 羊頭狗肉
ひよこの家 美里のオナニー日記 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
シンプルアダルト動画サーチ 人気ブログランキング
にほんブログ村 ライブドアブログ
官能小説アンテナ エログちゃんねる
官能文章アンテナ アダルトブログランキング


ランキング/画像・動画(11~30)
GL Search Adult Novels Search オンライン小説検索・R小説の栞 おたりんく








<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top