Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 3700
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 侑人が身を起こし、絵里子の傍らに歩み寄った。
 呆れたことに、もう陰茎を勃起させていた。

「おやおや。
 もう勃っちゃったのかい。
 あたしの使う?」
「美咲がいい」
「はっきり言うね。
 腹立ってきた」

 絵里子が身を起こした。

「ほら、香織、起きなって。
 また窒息したいの?」

 絵里子が片脚を上げ、踏み下ろした。
 おそらく足裏を、香織の顔に載せたのだろう。

「うぐっ」

 うめき声と共に、絵里子の脚が揺れた。
 香織の顔が動いたようだ。

「今日は何回寝たんだい、香織。
 まだ寝ぼけてるみたいだね。
 はっきり目を覚まさせてやるよ。
 美咲ちゃんがね、おしっこしたいんだって。
 このまましてもらうから、頭からたっぷりと浴びな」
「え、絵里子さん……」

 香織のしゃがれ声が聞こえた。

「なんだい」
「あたしも出そうです」
「そうかい。
 そんなら、このまましちゃいな」
「そんな……。
 美咲さんの家、汚したくないす」
「1人分も2人分も、たいして変わりないさ」
「絵里子さん」

 美咲はたまらず声をあげた。

「どうか、ほんとにもう終わりにして下さい。
 完全に、一線を越えてしまってます」
「別の地平が見えただろ。
 いい体験だ。
 だから、おしっこしたら終わりにしてやるよ。
 旦那が帰るまでに、掃除の時間が必要だろうからね。
 ほら、早くしないと、臭いうちに旦那が帰って来ちまうよ」

 美咲は顔を歪めて泣いた。
 赤ん坊のように号泣した。

「うるさい女だ」

 絵里子は癇立った声を投げると、美咲の傍らに足音高く歩み寄った。
由美と美弥子 3699目次由美と美弥子 3701

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2022/12/03 06:06
    • 今日は何の日
       12月3日は、『いつも見てるよ空からの日』。
       東京都杉並区高円寺などで、気象予報士の受験講座を開く……。
       『気象予報士のかてきょ夢☆カフェ(https://yumecafe2016.wixsite.com/yumecafe2016)』代表の中島俊夫氏が制定。
       中島氏は、高円寺にある日本で唯一の気象神社の境内に、10年以上住み着いてた三毛猫のミケが……。
       2017(平成29)年12月3日に、社殿を拝むような姿で亡くなってたことを知りました。
      https://zatsuneta.com/img/11203c4_01.jpg

       そのミケが、空から見守ってくれてるとの思いから、命日を記念日としました。
       「い(1)つ(2)も見(3)てるよ」の語呂合わせでもあります。
       見守ってくれてるミケのためにも、高円寺の気象の記念日にとの願いがこめられてます。
       記念日は、2021(令和3)年、『(社)日本記念日協会(https://www.kinenbi.gr.jp/)』により認定、登録されました。

       上記の記述は、こちら(https://zatsuneta.com/archives/11203c4.html)のページから転載させていただきました。

       さらに同じページから、引用を続けさせていただきます。

       JR中央線・総武線の高円寺駅の南口から、歩いて約2分の場所に、高円寺氷川神社があり……。
       その中に、日本で唯一の気象神社があります。

       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2022/12/03 06:06
    • 今日は何の日(つづき)
       引用を続けます。

       神社の授与品として、気象カード守り、晴守り、てるてる守り……。
       下駄絵馬など、少し変わったお守りや絵馬があります。
       また、新海誠監督の映画『天気の子』に登場したことでも知られます。
       気象神社は、1944(昭和19)年4月に……。
       大日本帝国陸軍の陸軍気象部(杉並区馬橋地区)の構内に造営されました。
       軍にとって気象条件は、戦略や作戦を講じるのに大事な要素であったため、科学的根拠に基づいた予報がされましたが……。
       予報的中を祈願するなど、気象観測員の心のよりどころとされてたそうです。
       その後、戦後の神道指令で撤去されるはずの気象神社でしたが……。
       調査漏れにより残存。
       先々代宮司の山本実氏が受入を決断し、高円寺氷川神社に遷座されることになりました。

       以上、引用終わり。

       気象神社、知りませんでした。
       気象予報士の受験者には有名なんですかね。
       わたしは、高円寺の近くに住んでたことがあるんです。
       近くと云っても、中野とか阿佐ヶ谷ではありません。
       北です。
       中央線の高円寺から、北に歩くと、西武新宿線に行きあたります。
       都立家政駅のあたり。
       わたしは、その駅の南側にあるアパートに住んでました。
       地名は、中野区若宮。
       なので、中央線を利用するため、高円寺まで歩いたことも何度かあります。
       道中は、静かな住宅街で、住みやすそうでした。
       でも、高円寺で遊んだり飲んだりしたことはないですね。
       目的は、中央線に乗ることだけでした。
       なので、阿波踊りも、1度も見たことがありません。

       続きはさらに次のコメントで。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2022/12/03 06:07
    • 今日は何の日(つづきのつづき)
       わたしは、JRの駅周辺ってのは、ちょっと苦手だったんです。
       繁華すぎて。
       その点、私鉄沿線はいいですよ。
       静かで。
       あ、高架はダメです。
       あくまで、地上駅。
       都立家政駅も、もちろんそうでした。
       西武新宿方面のホームに行くには、踏切を渡らなきゃなりませんでした。
       踏切の警報音を聞きながら、向こう側に立ってる人の顔を眺めるのが好きでした。
       なんだか口調が、野口五郎の『私鉄沿線』みたいになってしまいましたね。

       新潟に帰ってからも、都立家政には、2度くらい行きましたかね。
       東京で住んだ街では、一番好きでした。
       東京に出て、最初に住んだのは、田園調布。
       こう言うと驚かれますが……。
       田園調布って、広いんですよ。
       高級住宅街なのは、田園調布駅の西側。
       わたしが住んでたのはもちろん、そこではありません。
       隣の多摩川駅の東側でした。
       そこも地名が田園調布だったんです。
       そうそう。
       何年か前、その多摩川駅にも行きました。
       驚きましたね。
       寂れてて。
       駅前の商店街は、ほとんどゴーストタウンみたいでした。
       ここに1年住んで、次に引っ越したのは、代々木。
       地名は千駄ヶ谷でしたが、駅は代々木駅でした。
       渋谷まで歩いて行けて便利でしたが、1年で引っ越しました。
       次に住んだのが、都立家政。
       都立家政には、何年住んだんだったかな。
       1度、正月に帰省せず、そのアパートで正月休みを過ごしたこともあります。
       コタツに入って、テレビばかり見てました。
       ストーブもない寒い部屋で、冬は室内に干したタオルが凍りました。
       でも、楽しかった記憶だけが残ってます。
       あのころを思い出すと、またアパートで一人暮らしをしたくなります。

    • ––––––
      4. 手羽崎 鶏造
    • 2022/12/03 11:40
    • 「このまましてもらうから、頭からたっぷりと浴びな」

      アレって髪に掛かると、匂いが
      なかなか取れなくて難儀なんですよね。
      「お願い。髪にだけはやめて」
      そんなこと言われたことがあります。
      ( ほんまにやったんかいっ! ) 

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2022/12/04 05:40
    • ほー
       それは知りませんでした。
       しかし男性は……。
       勃起した状態では、おしっこが出ないんじゃないですか?
       女性にかけるというのは、かなりエキサイティングなシーンでしょう。
       そのとき、勃起してないというのは……。
       やはり、年の功なんですかね。

    • ––––––
      6. 手羽崎 鶏造
    • 2022/12/05 10:49
    • やはり、年の功なんですかね。

      余計なお世話でんがな。

       それはそうと、
      勃起していても尿意は有るので
      出る(漏れる)と思います。
      放尿の瞬間、一瞬、勃起が
      弱まるような気はしますが。
       これをご覧になっておられる
      殿方の実態やご意見は如何
      でしょう。
    コメントする   【由美と美弥子 3700】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
新・SM小説書庫2 未知の星 電脳女学園 赤星直也のエロ小説
恥ずかしがりたがり。 ちょっとHな小説 愛と官能の美学 只野課長の調教日記
人妻の浮気話 艶みるく [官能小説] 熟女の園 人に言えない秘密の性愛話 官能的なエロ小説
西園寺京太郎のSM官能小説 女性のための官能小説 ぺたの横書き 被虐願望

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
濠門長恭の過激SM小説 淫芯 変態小説 お姫様倶楽部.com
被支配中毒 むね☆きゅんファンサイト 性小説 潤文学ブログ 出羽健書蔵庫
女の陰影 官能文書わーるど かめべや 女性のH体験告白集
あおいつぼみ 葵蕾 HAKASEの第二読み物ブログ 黒い教室 女教師と遊ぼう
魔法の鍵 平成な美少女ライトノベル 羞恥の風 最低のオリ
官能の本棚 禁断の体験 エッチな告白集 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき Playing Archives

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
恥と屈辱の交差点 潤文学 ましゅまろくらぶ 空想地帯
Mikiko's Roomの仮設テント 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ Angel Pussy 週刊創作官能小説 ろま中男3
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 漂浪の果てに 週刊リビドー アダルト検索一発サーチ
快感小説 SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄
秘密のエッチ体験談まとめ 18's Summer 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ

ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋
レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための…
緊縛新聞 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所
性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所
渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 黒塚工房 プライド
女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説
黒イ都 羊頭狗肉 ひよこの家 美里のオナニー日記
エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
人気ブログランキング 官能小説アンテナ
にほんブログ村 ライブドアブログ
アダルトブログランキング オンライン小説検索・R小説の栞
エログちゃんねる シンプルアダルト動画サーチ


ランキング/画像・動画(11~30)
おたりんく 正しいH小説の勧め クリエイターコレクションR18 Adult Novels Search
Girls Love Search GL Search GAY ART NAVIGATION Cyber あまてらす
ネット小説ランキング 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top