Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
単独旅行記Ⅶ(023)
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
フロントでもらった、2,000円分のクーポン
み「じゃーん。
 さっきフロントでもらった、2,000円分のクーポンじゃ」
ハ「これが酒になって消えるわけやな」
み「さてと。
 出発前に、ひとつやることがある」
ハ「さっき言ってた……。
 先にチェックインする目的とやらか」
み「左様。
 ひとつは、荷物を置くこと。
 そしてもうひとつは、腰にコルセットを巻くことなの」
ハ「そんなの、朝、出る前に巻いて来ればよかっただけやないか」
み「前の東京旅行では、そうしてた。
 でも、ちょっと不都合なことがあった」
ハ「なんや?」
み「新幹線の座席に座ってるとき、けっこう苦しかったんだよ。
 座った状態だと、お腹が圧迫されてね。
 しかも、今回の『ばんえつ物語』号では……。
 新幹線より、1時間半も長く座ってなきゃならない。
 なので、先にチェックインして、ホテルで巻くことにしたの。
 トイレの面倒さもあるからね」
ハ「下りる前に、トイレで巻くという手もあったやないか」
み「下り際は、トイレが混むでしょ。
 後ろに並んでる人に、うんこと思われたくない。
 じゃ、巻くから。
 見るなよ」
ハ「誰が見るかい」

 装着中、描写省略。

み「よし、これで万全だ。
 パン!パン!」
ハ「廻しか」
み「さぁ、出るぞ。
 リュックがないから、楽ちん楽ちん」

ロビーにも、赤べこがいた
み「ロビーにも、赤べこがいた」

疫病退散の力があるようやな
ハ「疫病退散の力があるようやな」
み「昔から、そういう目的で作られてきたのかな?
 ちょっと、ネット検索してみて」
ハ「……。
 なんと!
 横っ腹に黒い点があるやろ」
み「でっかい丸が付いてるね」
ハ「これは、疱瘡を表したものやそうや。
 天然痘やな。
 昔は、子供が罹ると死亡率が高かった病気や。
 子供が疱瘡にならないように……。
 身代わりとして、赤べこに描いたんやて」
み「それは知らなかったな」
ハ「しかも、赤は病魔を払う色やそうや」
み「まさしく、疫病退散のお守りだったんだね。
 わたしがこれまで、大病せずに過ごして来れたのは……。
 小学校の修学旅行で、赤べこを買って帰ったからかも。
 今でも、居間の茶箪笥に飾ってるから」
ハ「帰ったら、お礼せなあかんな」

さぁ、出発だ
み「さぁ、出発だ」
ハ「まさに、日盛りやな」
み「あ、もう14時半過ぎちゃってる」
ハ「どこ行くんや?
 駅とは逆方向やないか」
み「今日は徒歩移動なのじゃ。
 だから、コルセットを巻いたんじゃないの。
 バスでも行けるんだけど……。
 バスを待ってる時間で着いちゃうから。」

おー、立派なケヤキだ
み「おー、立派なケヤキだ。
 樹形も良いし。
 でも、ちょっと危ないな」
ハ「何がや?」
み「枝が電線に届いてる。
 大風でも吹くと、電線にあたって切っちゃう怖れもある」
ハ「剪定せなあかんやないか」
み「街路樹ならとっくにされてるでしょ。
 でもこれ、民家の敷地に生えてるんじゃないの。
 ひょっとしたら、市や東北電力からは……。
 枝を伐ってほしいという要望があったのかも。
 これだけ枝が広がってると……。
 信号や交通標識が見えなくなったりもするからね」
ハ「剪定を断ったということか?」
み「この丸い樹冠の道路側だけ伐ったら……。
 樹形が台無しになるからね。
 でも実際に、電線が切断されたりしたら……。
 損害賠償を請求されるかも」
ハ「払わんやろ」
み「電線を地下に埋設しない方が悪いとか言ってね。
 ケヤキは、街路樹としては優秀なんだけど……。
 枝が横に広がるのがやっかい。
 なので近年は、ファステギアータ系のケヤキがよく使われてる」
ハ「なんやそれ?」
み「樹形が、竹箒を逆さに立てたみたいに……。
 細長く伸びる園芸品種のこと。
 ユリノキなんかにもあるよ。
 でも、枝を大きく広げさせて、夏の日差しを遮るというのが……。
 街路樹の一番の目的だからね。
 ファステギアータでは、日陰が小さくなっちゃう」
ハ「兼ね合いやな。
 広げすぎて、電線にかかったり信号を隠してしまえば……。
 伐らざるを得んということや」
み「左様。
 あと、街路樹に落葉樹が使われる理由はわかる?」
ハ「確かに、秋は落ち葉で側溝が詰まったりする弊害があるわな。
 常緑樹なら、それがないわけや」
み「簡単だよ。
 冬場は日差しを通したいから。
 夏は日差しを遮り、冬は日差しを通す。
 これが、街路樹の役目」
ハ「そんなら新潟は、常緑樹でいいんやないか?
 冬に陽なんかあたらんやろ」
み「新潟では、別の理由があるの」
ハ「なんや?」
み「雪が積もるでしょ。
 湿った雪だから、葉っぱが残ってると、そこに着雪するわけ。
 どんどん積み重なって、最後には枝をへし折ってしまう」
ハ「雪吊りは……。
 でけんわな」
み「出来るわけないよ。
 街路樹、1本1本に雪吊りなんて。
 いくらかかると思うの。
 今、公共予算で雪吊りやってる施設は……。
 シンボル的な公園とか、役場庁舎くらいじゃないの」
ハ「兼六園とかやな」
み「そういうとこには、雪吊りを“見せる”という役目もあるわけよ」
ハ「しかし、妙に物知りやな、こういうことには」
み「はは。
 ほとんど叔父からの受け売りだけどね。
 酒飲むと、語る語る。
 しかも、同じ話を何回もするから……。
 同じ話が出来るくらい覚えちゃうわけ」
ハ「酒飲みあるあるやな」
単独旅行記Ⅶ(022)目次単独旅行記Ⅶ(024)

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2022/11/29 06:05
    • 会津の赤べこ
       ↓Wikiで「赤べこ」を引いてみました(出典⇒https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%A4%E3%81%B9%E3%81%93)
      +++
       赤べこ(あかべこ)は、福島県会津地方の張子の郷土玩具。
       「べこ」とは東北地方の方言で「牛」という意味である。
      ●概要
       赤べこは、赤い牛に似せた張子である。
       会津地方の郷土玩具であり、子どもの魔避けとして用いられてきた。
       体色の赤には魔避けの効果があるとされ、黒い斑点は痘を表し、病にかかっても重くならないように子どもに赤べこを贈る風習があった。
       天正年間に、蒲生氏郷が殖産振興のために招いた技術者から張子製作が伝わった。
       赤べこの由来は諸説あり、平安時代に蔓延した疫病を払った赤い牛の伝説や、江戸時代初期(1611年)の会津地震で壊れた円蔵寺(柳津町)の虚空蔵堂の再建時、崖の上へ資材を運び上げた赤い牛の伝説がある。
       郷土史家の石井明夫によると、会津地方では第二次世界大戦後の昭和期まで、韓牛とみられる赤毛の牛を「朝鮮べこ」と呼び荷役に使っていたという。
      +++

       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2022/11/29 06:06
    • 会津の赤べこ(つづき)
       引用を続けます。

      +++
       会津地方に1713年(正徳3年)に天然痘が蔓延した際、赤べこに黒い斑点を入れて子供がかからないよう願ったところ効験があったという伝承もある。
       丑年とそれ以外では売れ行きに差があり、かつて35軒あった工房は2021年時点では4軒に減っているが、2020年以降は新型コロナウイルス感染症終息を祈願して購入する人が増えた。
      +++

       なるほど。
       コロナ終息祈願で、購入者が増えたんですね。
       これ以上、工房が減らないことを祈ります。
       「変わりべこ」みたいなのはないんですかね。
       色違いとか、あるいはいっそ、牛じゃないものとか。
       そうなると、「べこ」とは言いにくいでしょうが。
       ↓探したら、ありました。
      https://turns.jp/44201

       青や黄色のべこ。
       パンダもあります。
       これはもちろん、白黒。

       実はわたし、この旅行で、赤べこそのものじゃありませんが……。
       赤べこをモチーフとしたものを、お土産に買いました。
       飾り物ではなく、日用品です。
       今、毎日、使ってます。
       それは何でしょう!
       乞うご期待。

    • ––––––
      3. 手羽崎 鶏造
    • 2022/11/29 15:47
    • 赤べこ。
       関西で過ごした少年時代、全く
      見たことも、その知識もありませんでした。
      熊の木彫りは、親戚・友人の家含めて
      覚えがありますが。
       カンサイ人って、それが
      貯金箱になるとか実利がないと
      興味を持たない生きものなんだと
      思っています。

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2022/11/29 17:46
    • 日本における……
       最後の天然痘患者の発生は、1974年だそうです。
       今から、48年前。
       しかし赤べこは、今も立派に残ってます。
       どうしてなんでしょうね。
       今はもう、飾りの役割しかないのに。
    コメントする   【単独旅行記Ⅶ(023)】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
新・SM小説書庫2 未知の星 電脳女学園 赤星直也のエロ小説
恥ずかしがりたがり。 ちょっとHな小説 愛と官能の美学 只野課長の調教日記
人妻の浮気話 艶みるく [官能小説] 熟女の園 人に言えない秘密の性愛話 官能的なエロ小説
西園寺京太郎のSM官能小説 女性のための官能小説 ぺたの横書き 被虐願望

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
濠門長恭の過激SM小説 淫芯 変態小説 お姫様倶楽部.com
被支配中毒 むね☆きゅんファンサイト 性小説 潤文学ブログ 出羽健書蔵庫
女の陰影 官能文書わーるど かめべや 女性のH体験告白集
あおいつぼみ 葵蕾 HAKASEの第二読み物ブログ 黒い教室 女教師と遊ぼう
魔法の鍵 平成な美少女ライトノベル 羞恥の風 最低のオリ
官能の本棚 禁断の体験 エッチな告白集 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき Playing Archives

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
恥と屈辱の交差点 潤文学 ましゅまろくらぶ 空想地帯
Mikiko's Roomの仮設テント 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ Angel Pussy 週刊創作官能小説 ろま中男3
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 漂浪の果てに 週刊リビドー アダルト検索一発サーチ
快感小説 SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄
秘密のエッチ体験談まとめ 18's Summer 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ

ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋
レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための…
緊縛新聞 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所
性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所
渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 黒塚工房 プライド
女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説
黒イ都 羊頭狗肉 ひよこの家 美里のオナニー日記
エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
人気ブログランキング 官能小説アンテナ
にほんブログ村 ライブドアブログ
アダルトブログランキング オンライン小説検索・R小説の栞
エログちゃんねる シンプルアダルト動画サーチ


ランキング/画像・動画(11~30)
おたりんく 正しいH小説の勧め クリエイターコレクションR18 Adult Novels Search
Girls Love Search GL Search GAY ART NAVIGATION Cyber あまてらす
ネット小説ランキング 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top