Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 3688
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
『動いて!』

 キャスターが、カチャリと音を立てた。
 冷や汗がこめかみを伝った。
 大丈夫。
 床の2人に、起きそうな気配はない。

 ようやく、香織のソファーと並ぶところまで近づけた。
 しかし、やはりこのままでは……。
 後ろ手のロープに、歯は届きそうもない。
 香織を起こさなければ。
 そうだ。
 足首は、肘掛けの外側で固定されている感覚があるが……。
 その先は動かせる。
 おそらく、香織と同じ縛られ方をしているはずだ。
 香織の両足首を括ったロープは、ソファーの脚に結ばれていた。
 しかし、足首から先に拘束はない。
 この爪先を使えば、香織に刺激を与えられるのではないか。

 美咲はもう一度、身を捻った。
 2人のソファーが、ほとんど並んだ。
 爪先で宙を探る。
 感触があった。
 間違いなく人体の感触だ。
 香織の足の甲に違いない。
 美咲は爪先を煽るように振り、香織の足の甲に打ちつけた。
 香織の目蓋が揺れた。
 2度、3度と打ちつける。
 目蓋が開いた。
 しばらく半眼のままだったが……。
 床の2人に視線が定まると、両目が見開かれた。
 瞬時に正気に戻ったようだ。
 床の2人は、親亀の背中に子亀が乗った体勢のまま眠りこけている。
 香織は身を捩ったが、もちろん拘束から逃れることは出来なかった。
 ようやく諦めたのだろう、全身から力が抜けた。
 顔が真っ赤だ。
 香織の息が収まるのを待って声をかける。
 もちろん、囁くような音量でだ。

「両腕を上げてみて」

 美咲は、自分の背後の腕を上げて見せた。
 香織は頷くと、美咲に習って腕を上方に引きあげた。
 しかし……。
 ダメだ。
 そこまでしか上がらないのでは、とうてい歯は届かない。
 ほかに方法はないだろうか……。
 そうだ。
由美と美弥子 3687目次由美と美弥子 3689

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2022/11/16 05:46
    • 今日は何の日
       11月16日は、『ぞうさんの日』。
       まちづくりの一つとして、絵本コンテストなどを実施してる……。
       山口県周南市の市民プロジェクト「絵本と物語のある街」が制定。
       日付は、「絵本と物語のある街」の創立日である、2010(平成22)年11月16日にちなんだもの。
       また、周南市は童謡『ぞうさん』などで知られる作詞家、まどみちおさんの故郷でもあります。
       氏の誕生日、1909(明治42)年11月16日と合わせることで、まどさんへの尊敬の意味もこめられてます。
       周南市には、1960(昭和35)年に開園した徳山動物園があります。
       この動物園のシンボル的存在のゾウの記念日を制定して……。
       この日をきっかけに、親子、家族、地域の絆を深めることが目的。
       記念日は、『(社)日本記念日協会(https://www.kinenbi.gr.jp/)』により認定、登録されてます。

       上記の記述は、こちら(https://zatsuneta.com/archives/111167.html)のページから転載させていただきました。

       さらに同じページから、「まど・みちおさんについて」を引用させていただきます。

       詩人の「まどみちお」さん(1909~2014)は、25歳の時に北原白秋にその才能を認められ……。
       33歳の時には、太平洋戦争に召集されました。

       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2022/11/16 05:47
    • 今日は何の日(つづき)
       さらに引用を続けます。

       詩作りは20代から始め、以来生涯にわたって詩を作り続けました。
       創作意欲の源は、政治、行政、教育、経済、戦争などに対する不満でした。
       代表作には、「ぞうさん」「やぎさんゆうびん」「ふしぎなポケット」「一年生になったら」などがあります。
       表現の前に存在があるという意味で、「存在の詩人」とも称されました。

       さらに同じページから、「ぞうさんについて」を引用させていただきます。

       「ぞうさん」の一番の歌詞は……。
       「ぞうさん ぞうさん おはなが ながいのね そうよ かあさんも ながいのよ」です。
       この「ぞうさん」は、子ゾウが悪口を言われた時の歌とされます。
       ほかの動物から見たら、鼻が長い君はおかしい。
       しかし、子どものゾウは、しょげたり怒り返したりしません。
       「大好きなお母さんも長いのよ」と朗らかに切り返し……。
       それを誇りにしている歌なのだそうです。
       徳山動物園には、「ぞうさん」の歌碑が建てられてます。
      https://zatsuneta.com/img/111167_01.jpg

       以上、引用終わり。

       お名前は存じてましたが……。
       こんなに昔の人とは思いませんでした。
       北原白秋に見い出されたんですよ。
       しかし、享年104。
       太平洋戦争にも従軍された方が、平成26年までご存命だったんです。
       「ぞうさん」の作詞は、昭和26年。
       戦争から生きて帰られたからこそ、この歌は生まれたわけです。
       マニラなど南方の各地を転戦し、終戦はシンガポールだったそうです。
       ほんとによくぞご無事でと言うしかないです。

       続きはさらに次のコメントで。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2022/11/16 05:47
    • 今日は何の日(つづきのつづき)
       さて、その「ぞうさん」。
       ↓歌詞です。
      +++
      ぞうさん ぞうさん
      おはなが ながいのね
      そうよ かあさんも
      ながいのよ

      ぞうさん ぞうさん
      だれが すきなの
      あのね かあさんが
      すきなのよ
      +++

       非常に簡単な歌詞です。
       しかし、作詞当時、まどさんは40歳を超えてます。
       逆に、40過ぎのおじさんが……。
       この歌詞を発想できたというのは、スゴいと思います。

       引用文に出て来た代表作は……。
       もちろん、すべて知ってます。
       わたしの子供のころからあった歌ですから。
       一番印象深いのは、『一年生になったら』でしょう。
       作曲は、山本直純さんだそうです。
       なぜ印象深かったかと云うと……。
       わたしが、この歌詞の超ポジティブな子供とは真逆だったからです。
       ↓1番の歌詞です。
      +++
      いちねんせいになったら
      いちねんせいになったら
      ともだちひゃくにんできるかな
      ひゃくにんでたべたいな
      ふじさんのうえでおにぎりを
      ぱっくん ぱっくん ぱっくんと
      +++

       当時、まどさんはもう、50代後半。
       初老です。
       この歌詞の発想が出来たというのは、感嘆するほかありません。
       やはり、生まれつきの詩人って、いるんですね。
       戦争を生き抜いて帰られて、ほんとに良かったです。
       童謡の神さまが見てたのかな。

    • ––––––
      4. 手羽崎 鶏造
    • 2022/11/16 10:47
    • まど みちお について
      おかげさまで、初めて知りました。
      山口県出身の詩人といえば
      金子みすゞも仙崎の生まれ。

    • ––––––
      5. 手羽崎 鶏造
    • 2022/11/16 10:57
    • ポジティブな子どもとは真逆。

      分かります。そのキモチ。
      ワタシは「幸せなら手をたたこう」♪という
      歌が、子ども心に大嫌いでした。

      そういえば、「やぎさん」も、まどみちお作だったんだ。

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2022/11/16 13:05
    • 山口県
       長州ですね。
       戊辰戦争で勝った側だから……。
       世の中の見方が、ポジティブなんでしょうか。
       こっちは、奥羽越列藩同盟ですからね。

    • ––––––
      7. 手羽崎 鶏造
    • 2022/11/20 03:47
    • 若妻・美咲が独身でルックス今イチの
      香織を「起こす」やり方というのは、
      てっきり、我慢しきれない
      黄金水を流すことだと思って
      いました。

    • ––––––
      8. Mikiko
    • 2022/11/20 05:48
    • 黄金水
       チョコラBBのようなビタミン剤を飲むと……
       おしっこが黄色くなります。
       黄金色と云うより、蛍光イエローのような綺麗な黄色です。
       生きてるんだなぁと実感する色です。

    • ––––––
      9. 手羽崎 鶏造
    • 2022/11/20 08:55
    • どちらかと言われれば、
      目の前で恥ずかしく出されるのは
      黄色い方がエロいですかね
    コメントする   【由美と美弥子 3688】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
新・SM小説書庫2 未知の星 [官能小説] 熟女の園 愛と官能の美学
赤星直也のエロ小説 只野課長の調教日記 都会の鳥 電脳女学園
ちょっとHな小説 かおるの体験・妄想 Playing Archives 人妻の浮気話 艶みるく
変態小説 人に言えない秘密の性愛話 女性のための官能小説 黒い教室

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
ぺたの横書き 西園寺京太郎のSM官能小説 あおいつぼみ 葵蕾 女性のH体験告白集
熟女と人妻エロンガ 女の陰影 最低のオリ 性転換・TS・女体化劇場
魔法の鍵 知佳の美貌録 性小説 潤文学ブログ Mikiko's Roomの仮設テント
むね☆きゅんファンサイト 恥ずかしがりたがり。 官能的なエロ小説 被虐願望
濠門長恭の過激SM小説 淫芯 お姫様倶楽部.com 被支配中毒
出羽健書蔵庫 官能文書わーるど かめべや HAKASEの第二読み物ブログ

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
女教師と遊ぼう 平成な美少女ライトノベル 羞恥の風 官能の本棚
禁断の体験 エッチな告白集 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 恥と屈辱の交差点 潤文学
ましゅまろくらぶ 空想地帯 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ Angel Pussy 週刊創作官能小説
ろま中男3 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 漂浪の果てに 週刊リビドー
アダルト検索一発サーチ 快感小説 SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園

制服美少女快楽地獄 秘密のエッチ体験談まとめ 18's Summer 淫鬼の棲む地下室
被虐のハイパーヒロインズ ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット
ライトHノベルの部屋 レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部
ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment
オシッコオモラシオムツシーン収集所 エピソードセックス マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所
渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 黒塚工房 プライド
女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説
黒イ都 羊頭狗肉 ひよこの家 美里のオナニー日記
エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
シンプルアダルト動画サーチ 人気ブログランキング
にほんブログ村 エログちゃんねる
ライブドアブログ 官能小説アンテナ
アダルトブログランキング オンライン小説検索・R小説の栞


ランキング/画像・動画(11~30)
官能文章アンテナ Adult Novels Search Girls Love Search おたりんく
クリエイターコレクションR18 アダルト動画推奨 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!







<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top