Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 3677
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「どう?」
「濡れてる。
 それに、スゴく熱い」
「そうだろ。
 とんでもない淫乱だ。
 遠慮することないよ。
 どうぞ入れて下さいって言ってるようなもんだ。
 そうだろ?」

 髪を掴まれた。
 眼前にスマホが翳される。

「うわぁぁ」

 香織の泣き声だった。

「もっと近くで見物させてやるよ」

 絵里子は、のしかかったままソファーを動かした。
 香織の真ん前まで運ばれた。
 2つのソファーが、90度の角度でくっついた。
 香織が拘束された座面の前縁が、美咲のソファーの肘掛けの外側に接したのだ。

「最高の画だ」

 絵里子はスマホを、3人の陰部に次々と向けた。
 最後が侑人だった。
 陰茎を捉えた液晶は、美咲の方を向いていた。
 絵里子がズームした。
 顔を逸らそうとしたが、絵里子に髪を掴まれ、頭を固定された。
 耐えられず目を瞑る。

「ほら、侑くん、今だ。
 ヤッちゃいな」
「侑くん、やめてー!」

 陰唇に異物を感じた。
 目を見開く。
 指で押し下げられた陰茎が、美咲の陰唇を覗きこんでいた。
 侑人は腰を送ると同時に、陰茎から手を離した。
 両手を、ソファーの肘掛けに着いた。
 両腕で体重を支えたまま、腰を振り始めた。

「はは。
 ほら、香織。
 見てみな。
 侑くんのピストン。
 上手いもんじゃないか」

 香織は、顔をくしゃくしゃにして泣いていた。
 しかしその視線は、真っ直ぐに結合部を射貫いていた。
 2人に見られながら、中学生に犯されているのだ。
 美咲の頬にも、涙が伝った。
由美と美弥子 3676目次由美と美弥子 3678

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2022/10/31 06:06
    • 今日は何の日
       10月31日は、『ハロウィン』。
       「ハロウィン/ハロウィーン(Halloween)」は……。
       古代ヨーロッパの原住民である、ケルト族を起源とする祭りです。
       もともとは、秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事でした。
       しかし現代では、特にアメリカで宗教的な意味合いはほとんどなくなり……。
       子どものお祭りとして定着してます。
       アイルランドの古代ケルト暦では大晦日にあたり、死者の霊が家に戻ってくる日で……。
       ほうきに乗った魔女が、黒猫を連れてやって来て悪さをする日と言われてました。
       子どもたちが、色々な仮装をして戸口で……。
       「トリック・オア・トリート(Trick or treat.)⇒お菓子をくれなきゃ悪戯するよ」と脅すのも、ケルト族の言い伝えからです。

       上記の記述は、こちら(https://zatsuneta.com/archives/110311.html)のページから転載させていただきました。

       さらに同じページから、引用を続けさせていただきます。

       この日のシンボルは、……。
       「ジャック・オー・ランタン」と呼ばれるカボチャの中身をくり抜いたランタンや、魔女、お化け。
       シンボルカラーは、オレンジと黒となってます。
       なお、ランタンには、もともとカブの一種ルタバガが用いられ……。
       アメリカへ伝わった後、カボチャが用いられるようになりました。
       「ハロウィン」は、キリスト教の祭りではありませんが……。
       11月1日に行われるカトリック教会の聖人の祝日「諸聖人の日(古くは「万聖節」)」の前夜祭ともされました。

       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2022/10/31 06:06
    • 今日は何の日(つづき)
       引用を続けます。

       「ハロウィン」の語源は、「諸聖人の日」前夜(イブ)にあたることから、「諸聖人の日」の英語での旧称……。
       「All Hallows」の「eve」、「Hallows eve」が訛って、「Halloween」と呼ばれるようになったとされてます。
       日本では馴染みのなかった「ハロウィン」ですが……。
       1990年代後半から、東京ディズニーランドでのイベントが始まりました。
       その後、各地でのハロウィンイベントの開催が増えたことや……。
       さらに、2000年代後半から菓子メーカーが、相次いでハロウィン商戦に参入したことなどを契機に、広がりを見せてます。
       今では、店頭や街中でのハロウィン装飾や、仮装、コスプレのイベントなどが行われるようになってます。

       以上、引用終わり。

       ハロウィン、近年、急速に広がりましたよね。
       わたしの子供のころには、影も形もありませんでした。
       それどころか、大人になってからでも……。
       若いころには、存在しなかったんじゃないかと思います。
       ほんとに、最近です。
       でも、これほど広がったのは、やはり商戦が要因でしょう。
       恵方巻きと一緒です。
       それと、年の後半にはイベントが少ないことも影響してると思います。
       ↓バラクーダの『日本全国酒飲み音頭(1979年)』の歌詞です。

      一月は正月で 酒が飲めるぞ
      二月は豆まきで 酒が飲めるぞ
      三月はひな祭りで 酒が飲めるぞ
      四月は花見で 酒が飲めるぞ
      五月は子供の日で 酒が飲めるぞ
      六月は田植えで 酒が飲めるぞ
      七月は七夕で 酒が飲めるぞ
      八月は暑いから 酒が飲めるぞ
      九月は台風で 酒が飲めるぞ
      十月は運動会で 酒が飲めるぞ
      十一月は何でもないけど 酒が飲めるぞ
      十二月はドサクサで 酒が飲めるぞ

       続きはさらに次のコメントで。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2022/10/31 06:07
    • 今日は何の日(つづきのつづき)
       年の前半に比べ、後半にはイベントが少ないのがわかります。
       今なら、10月にはハロウィンが入ってたでしょう。
       それが無いということは……。
       1979年当時では、ハロウィンが普及してなかったということです。

       さて、ハロウィン。
       ↑の引用文で、アメリカでの扱われ方を読むと……。
       日本のお盆に近い感じじゃないですかね。
       でも、日本で普及したとは云っても……。
       古くからの地域の祭りみたいに、町内会レベルまでは浸透してないでしょう。
       ま、要因のひとつには、宗教色があるということもあるのかな。
       でも、地域の祭りだってそうですよね。
       うちの地域でも、お祭り前には、各戸に、しめ縄と紙垂と藁が配られます。
       お祭りの日までに、敷地周りに張って下さいという文章が、回覧板で回って来ます。
       これも立派な、宗教行事です。
       実際、うちの近所の「ものみの塔」の家では、しめ縄を張りません。
       もちろんわたしは、非難する気はありません。
       でも、ちょっとだけ心配です。
       しめ縄を張ってある家々がずらーっと並んだ中で……。
       1軒だけ途切れてる家があるわけです。
       違う宗教徒であることが強調されてしまいます。
       さすがに、大人のレベルで差別などは起きないでしょうが……。
       その家に子供がいたりすると、学校で何か言われることがあるかも知れませんね。

       さてさて。
       ハロウィンが終われば、今年ももうあと2ヶ月。
       ほんとに、1年経つのが早くなりました。

    • ––––––
      4. 手羽崎 鶏造
    • 2022/10/31 11:11
    • ハロウィンが終われば、街はクリスマス
      装飾に変わっていきますが。
      それって早過ぎませんか。
      12月になったら、クリスマス商戦なら
      分かりますが。
      つまり、この国には11月の
      「マーケティングテーマ」が無いと
      いうことです。
      七五三では盛り上がらないでしょうし。
      学園祭の月ですけどね

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2022/10/31 18:02
    • 11月
       祝日は、2回あるんですけどね。
       しかも、ハッピーマンデーじゃなく、固定の祝日。
       文化の日は、昔の明治節(明治天皇の誕生日)。
       勤労感謝の日は、昔の新嘗祭。
       文化の日は、ハロウィンと近すぎますね。
       勤労感謝の日は、日程的に最高なんですけどね。
       なにかイベント、考えられませんかね。

       しかし、韓国の事故。
       驚きました。
       わたしは人混みが嫌いなので……。
       お祭りも花火も行きません。
       やっぱり、家にいるのが一番です。

    コメントする   【由美と美弥子 3677】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
新・SM小説書庫2 未知の星 電脳女学園 赤星直也のエロ小説
恥ずかしがりたがり。 ちょっとHな小説 愛と官能の美学 只野課長の調教日記
人妻の浮気話 艶みるく [官能小説] 熟女の園 人に言えない秘密の性愛話 官能的なエロ小説
西園寺京太郎のSM官能小説 女性のための官能小説 ぺたの横書き 被虐願望

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
濠門長恭の過激SM小説 淫芯 変態小説 お姫様倶楽部.com
被支配中毒 むね☆きゅんファンサイト 性小説 潤文学ブログ 出羽健書蔵庫
女の陰影 官能文書わーるど かめべや 女性のH体験告白集
あおいつぼみ 葵蕾 HAKASEの第二読み物ブログ 黒い教室 女教師と遊ぼう
魔法の鍵 平成な美少女ライトノベル 羞恥の風 最低のオリ
官能の本棚 禁断の体験 エッチな告白集 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき Playing Archives

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
恥と屈辱の交差点 潤文学 ましゅまろくらぶ 空想地帯
Mikiko's Roomの仮設テント 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ Angel Pussy 週刊創作官能小説 ろま中男3
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 漂浪の果てに 週刊リビドー アダルト検索一発サーチ
快感小説 SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄
秘密のエッチ体験談まとめ 18's Summer 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ

ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋
レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための…
緊縛新聞 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所
性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所
渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 黒塚工房 プライド
女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説
黒イ都 羊頭狗肉 ひよこの家 美里のオナニー日記
エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
人気ブログランキング 官能小説アンテナ
にほんブログ村 ライブドアブログ
アダルトブログランキング オンライン小説検索・R小説の栞
エログちゃんねる シンプルアダルト動画サーチ


ランキング/画像・動画(11~30)
おたりんく 正しいH小説の勧め クリエイターコレクションR18 Adult Novels Search
Girls Love Search GL Search GAY ART NAVIGATION Cyber あまてらす
ネット小説ランキング 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top