Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 3672
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ


 目が覚めた。
 窓からの光を浴びていた。
 まだ日は傾いていないようだ。
 身じろごうとして……。
 出来ないことに気がついた。
 新しい悪夢が始まっていることを、同時に理解した。
 身動きできない。
 拘束されている。

 リビングのフローリングの中央だった。
 ソファーセットの一人掛けの椅子に座らされている。
 いや。
 尻は座面に着いているが、座っている姿勢ではない。
 両脚が、左右の肘掛けに載っていた。
 肘掛けは木製ではなく、座面や背もたれと同じく、パッチワークの布張りだった。
 膝裏が肘掛けを挟むかたちで、両脚が山型に畳まれている。
 足首は見えないが、力を入れても動かせない。
 縛られている感触があった。
 おそらく、ソファーの脚に結ばれているのだろう。

 両腕は、背もたれの後ろに回されていた。
 片方の腕を動かすと、もう片方の腕が引っ張られる。
 腕同士が、ロープで繋がれているようだ。
 さらに、腹部にもロープが回っていた。
 背もたれごと括られているのだ。
 すなわち、身じろぎひとつ出来ない。
 もちろん……。
 全裸だった。
 大開脚しているので、股間は全開の状態だ。
 見るものはいないが……。
 平静でいられる恰好ではなかった。

「お目覚めのようだね」

 背後で声がした。
 絵里子の声だった。

「たっぷり、お返しさせていただくよ」

 絵里子が、太鼓腹を揺らしながら美咲の前に回りこんだ。
 全裸だった。
 缶ビールを手にしていた。

「家に戻って、いろいろ準備して来たんだよ」

 絵里子は、丸椅子の上に載った段ボール箱に目を向けた。
 美咲を拘束しているロープも、改めて持って来たものだろう。
 最初にあったロープは、この姿勢を固定できる長さではなかったはずだ。
由美と美弥子 3671目次由美と美弥子 3673

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2022/10/24 06:14
    • 今日は何の日
       10月24日は、『文鳥の日』。
       「文鳥」に詳しいライターの伊藤美代子氏が制定。
       日付は、「て(10)に(2)し(4)あわせ⇒手に幸せ」と読む語呂合わせと……。
       この時期に、手乗り文鳥のヒナが出回ることから。
       それに「1024」の数字で、文鳥の姿を表せることから。
       江戸時代から愛されてきた文鳥について考える日。
       記念日は、『(社)日本記念日協会(https://www.kinenbi.gr.jp/)』により認定、登録されてます。

       上記の記述は、こちら(https://zatsuneta.com/archives/110244.html)のページから転載させていただきました。

       さらに同じページから、「文鳥について」を引用させていただきます。

       ブンチョウ(文鳥、Java sparrow)は、スズメ目カエデチョウ科に分類される鳥です。
       原産国はインドネシアとされます。
       ジュウシマツ(十姉妹)、セキセイインコ(背黄青鸚哥)などとともに、人気の高い飼鳥の一種です。
       その品種として、通常個体の「ナミブンチョウ(並文鳥)」のほか、次のようなものがあります。
       白い斑紋が桜の花びらのように見える「サクラブンチョウ(桜文鳥)」。
       全身が白い「シロブンチョウ(白文鳥)」などです。
       江戸時代初期から輸入され、愛知県弥富市をはじめ、国内で繁殖が行われてきました。
       1970(昭和45)年ころには、日本国内に約250人の繁殖農家が存在しましたが……。
       現在では非常に減り、代わりに台湾などからの輸入が増えてます。

       以上、引用終わり。

       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2022/10/24 06:14
    • 今日は何の日(つづき)
       文鳥は、インドネシアの鳥だったんですね。
       これは意外でした。
       しかしそれ以前に、「1024」が、なんで文鳥の姿を表してるんですか?
       気になるのでネットを探したらわかりました。
       ↓『文鳥まつり公式サイト(https://bunfes.web.fc2.com/)』さんのページからお借りしました。
      https://livedoor.blogimg.jp/mikikosroom2008/imgs/1/b/1bfb8e57.jpg

       この図が付いてなければ、ぜったいにわからんだろ。

       さて、文鳥。
       ひょっとしたら、わが家にいた鳥かも。
       子供のころ、白い鳥が籠にいた記憶があります。
       もう1種類、別の時期だと思いますが……。
       ヤマガラがいました。
       飼ってたのは、どちらも父です。
       わたしは、餌も水もやったこともなければ……。
       ましてや、籠の掃除なんかもしたことはありません。
       ただの傍観者。
       話しかけてみたりもしなかったですね。
       興味がなかったというより……。
       籠の中に閉じこめてるのが申し訳なくて、近づけなかったんだと思います。
       せっかく羽根があるのに飛べないんですから。
       わたしが小鳥を飼うとしたら……。
       巨大な熱帯植物園のようなドームを手に入れたときだけでしょう。
       可能性、限りなくゼロです。

       続きはさらに次のコメントで。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2022/10/24 06:14
    • 今日は何の日(つづきのつづき)
       しかし最近は、東京などでも、インコが野生化して繁殖してるみたいです。
       日本鳥類保護連盟の研究員、松永聡美さんによると……。
       「原産地では標高1600メートルの山に生息していることもある。日本の秋冬も耐えられるのだろう」とのこと。
       ていうか、日本の冬が、インコが棲める気候になってきたということでしょう。
       明治神宮の森なんかにも、南方系の植物が繁茂するようになったそうですから。
       東京は、公園や街路の樹木が巨木化してますから……。
       鳥が暮らすには、良い環境なのでしょう。
       本来の生育地では、農作物に被害を与えるようですが……。
       東京では、作られてないですからね。
       目の敵にされることもありません。
       平和に暮らせてるのかも知れません。

       逆に、スズメは減ってるみたいです。
       スズメは、巣を木造家屋に作ることが多いそうです。
       でも、木造家屋自体が減ってきたことと……。
       家屋の構造が変わり、巣などを作れる場所がなくなってきてるとのこと。
       日本でスズメは、長いこと人間と一緒に暮らしてきたわけです。
       人に追っ払われながらも、人に依存してきたと云えるでしょう。
       人の暮らしが変わると……。
       そうした生き物は、暮らしていけなくなるということなんでしょう。

    • ––––––
      4. 手羽崎 鶏造
    • 2022/10/26 10:49
    • 「家に戻って、いろいろ準備して来たんだよ」
       絵里子は、丸椅子の上に載った段ボール箱に目を向けた。
       美咲を拘束しているロープも、改めて持って来たものだろう。

      →何が出て来るか、お楽しみです。
      お読みになっておられる「お仕置きプレイ」
      好きの皆さまへ。
      やっぱり、ブルーシートは要りますね。
      どうしても色んなモノで汚れてしまいますから

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2022/10/26 11:48
    • ははは
       そんなこと書いてましたか。
       すっかり忘れてました。

       ブルーシートは、わたしも持ってます。
       残念ながら、その方面用ではありませんが。
       観葉植物を室内に取りこんだとき、下に敷くんです。
       水やりのとき、水が零れたりしますから。
    コメントする   【由美と美弥子 3672】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
新・SM小説書庫2 未知の星 電脳女学園 赤星直也のエロ小説
恥ずかしがりたがり。 ちょっとHな小説 愛と官能の美学 只野課長の調教日記
人妻の浮気話 艶みるく [官能小説] 熟女の園 人に言えない秘密の性愛話 官能的なエロ小説
西園寺京太郎のSM官能小説 女性のための官能小説 ぺたの横書き 被虐願望

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
濠門長恭の過激SM小説 淫芯 変態小説 お姫様倶楽部.com
被支配中毒 むね☆きゅんファンサイト 性小説 潤文学ブログ 出羽健書蔵庫
女の陰影 官能文書わーるど かめべや 女性のH体験告白集
あおいつぼみ 葵蕾 HAKASEの第二読み物ブログ 黒い教室 女教師と遊ぼう
魔法の鍵 平成な美少女ライトノベル 羞恥の風 最低のオリ
官能の本棚 禁断の体験 エッチな告白集 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき Playing Archives

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
恥と屈辱の交差点 潤文学 ましゅまろくらぶ 空想地帯
Mikiko's Roomの仮設テント 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ Angel Pussy 週刊創作官能小説 ろま中男3
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 漂浪の果てに 週刊リビドー アダルト検索一発サーチ
快感小説 SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄
秘密のエッチ体験談まとめ 18's Summer 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ

ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋
レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための…
緊縛新聞 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所
性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所
渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 黒塚工房 プライド
女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説
黒イ都 羊頭狗肉 ひよこの家 美里のオナニー日記
エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
人気ブログランキング 官能小説アンテナ
にほんブログ村 ライブドアブログ
アダルトブログランキング オンライン小説検索・R小説の栞
エログちゃんねる シンプルアダルト動画サーチ


ランキング/画像・動画(11~30)
おたりんく 正しいH小説の勧め クリエイターコレクションR18 Adult Novels Search
Girls Love Search GL Search GAY ART NAVIGATION Cyber あまてらす
ネット小説ランキング 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top