Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 3670
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「トイレはウォシュレットしてますから、今は臭いがないはずです」

 香織は、さらに腰を突き出した。
 観念するしかないようだ。
 いや……。
 本当は違う。
 いつまで体裁を繕うつもりなのか。
 本当は、舐めたいのだ。
 二十歳そこそこの、同性の性器を。

「美咲さん、あと3秒で来ないと、おしっこ出ちゃいます」

 美咲の顔が、前に倒れていく。
 性器に吸い寄せられるように。
 陰唇は、まさに縦に開いた“唇”だった。
 その陰唇に、美咲の唇が近づき……。
 着地した。
 縦と横の唇が、十字にクロスしたのだ。

「ひ」

 香織が腰を震わせた。
 香織の陰唇は熱かった。
 寒い季節なら、湯気が上がっただろう。
 微かに汗のような臭いはするが、尿臭はなかった。
 美咲は舌を伸ばした。
 膣前庭に届いた。
 舌先が、尿道口を探りあてた。

「もう!
 じれったい!
 もっと激しく!」

 香織の両手が、自らの股間を離れた。
 後ろ頭を引きつけられる。

「うっ」

 顔面ごと、香織の性器に貼りついた。
 香織は、美咲の頭を振り回した。
 膣液が顔に塗りたくられる。
 香織は腰まで振り立て始めた。
 美咲は、両腕を香織の尻に回した。
 貧弱な尻たぶを鷲掴み、固定する。
 美咲の鼻先は、陰毛に埋もれていた。
 舌の先に、突起を感じた。
 クリトリスだ。
 眼前で見たときの印象どおり、硬く凝っていた。
 その突起を唇で囲い、空気を遮断する。
 吸う。

「ひぃ」

 頭上から香織の喉笛が聞こえた。
 さらに吸い立てる。

「あっひぃぃぃ」

 鷲掴んだ尻たぶが脈動する。
 香織の脚が、ガクガクと揺れ始めた。
由美と美弥子 3669目次由美と美弥子 3671

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2022/10/22 06:26
    • 今日は何の日
       10月22日は、『中也忌』。
       大正から昭和時代前期の詩人、中原中也(なかはら ちゅうや/1907~1937)の忌日。
      https://zatsuneta.com/img/11022a1_01.jpg

       この日には、山口県山口市での墓前祭や……。
       同市にある中原中也記念館における特別展示など、さまざまなイベントが開催されます。

       上記の記述は、こちら(https://zatsuneta.com/archives/11022a1.html)のページから転載させていただきました。

       さらに同じページから、「中原中也について」を引用させていただきます。

       1907(明治40)年4月29日……。
       山口県吉敷郡下宇野令村(現:山口市湯田温泉)の中原医院で、柏村謙助、フク夫妻の長男として生まれました。
       父の柏村謙助は、陸軍軍医でした。
       父の仕事の都合で、広島や金沢などで幼少期を過ごします。
       小学校時代は学業成績もよく、神童と呼ばれました。
       1915(大正4)年、8歳の時、地元の山口で中原家と養子縁組し、苗字が柏村から中原に変わります。
       同年、弟が病死したことで文学に目覚めます。
       中学校時代に短歌を作り始めました。
       1922(大正11)年、山口中学校(現:山口高等学校)在学中に……。
       友人と共著で、歌集『末黒野(すぐろの)』を刊行。
       才能を示しますが、学業成績不良のため落第。
       1923(大正12)年、京都の立命館中学校に編入し、一人で下宿生活を送ります。
       詩人の高橋新吉(たかはし しんきち)の影響を受け……。
       芸術思想ダダイズムに傾倒、詩作を始めます。
       3歳年上の女優、長谷川泰子(はせがわ やすこ)と知り合い、翌年から同棲。
       6歳年上の詩人、富永太郎(とみなが たろう)と親交を結びます。

       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2022/10/22 06:31
    • 今日は何の日(つづき)
       引用を続けます。

       1925(大正14)年、泰子と共に上京。
       文芸評論家の小林秀雄(こばやし ひでお)と知り合いますが……。
       泰子が小林と同棲するという事件が起こり、深い傷を受けます。
       1933(昭和8)年、東京外国語学校(現:東京外国語大学)専修科仏語部を卒業。
       同年、遠縁にあたる上野孝子と結婚。
       1934(昭和9)年、第一詩集『山羊の歌(やぎのうた)』を刊行、好評を得ます。
       詩の同人雑誌『四季(しき)』や『歴程(れきてい)』に参加しました。
       1937(昭和12)年10月22日、神奈川県鎌倉町扇ヶ谷で、結核性脳膜炎のため死去。
       30歳。
       墓所は山口市吉敷。
       没後の1938(昭和13)年、第二詩集『在りし日の歌(ありしひのうた)』が刊行されました。
       そのほか、フランス詩の翻訳でも知られ、訳詩集『ランボオ詩集』があります。
       その後、1994(平成6)年、山口市湯田温泉の生家跡地に、中原中也記念館が開館。
       1996(平成8)年、山口市により新たに中原中也賞が創設されました。

       以上、引用終わり。

       中原中也の詩は、高校時代に初めて読みました。
       国語の教科書でした。
       でも、何が載ってたのか、はっきり覚えてないんですよね。
       『サーカス』だったかな?

      +++
      ●サーカス

      幾時代かがありまして
        茶色い戦争ありました

      幾時代かがありまして
        冬は疾風(しっぷう)吹きました

      幾時代かがありまして
        今夜此処(ここ)での一(ひ)と殷盛(さか)り
          今夜此処での一と殷盛り

      サーカス小屋は高い梁(はり)
        そこに一つのブランコだ
      見えるともないブランコだ

      頭倒(あたまさか)さに手を垂れて
        汚れ木綿(もめん)の屋蓋(やね)のもと
      ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん

      (以下、略)
      +++

       続きはさらに次のコメントで。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2022/10/22 06:31
    • 今日は何の日(つづきのつづき)
       なんか、違う気もします。
       こんなに長くなかったような。
       『帰郷』ですかね。

      +++
      ●帰郷

      柱も庭も乾いてゐる
      今日は好い天気だ
          縁の下では蜘蛛(くも)の巣が
          心細さうに揺れてゐる

      山では枯木も息を吐く
      あゝ今日は好い天気だ
          路傍(ばた)の草影が
          あどけない愁(かなし)みをする

      これが私の故里(ふるさと)だ
      さやかに風も吹いてゐる
          心置なく泣かれよと
          年増婦(としま)の低い声もする

      あゝ おまへはなにをして来たのだと……
      吹き来る風が私に云ふ
      +++

       「心置なく泣かれよと」のフレーズに記憶があります。
       これかも知れません。
       教科書で読んだのをきっかけに、ほかの詩も読むようになりました。
       でも、おそらく惹かれたのは、詩よりも↑に掲げた肖像でしょう。
       少年っぽくて、いかにも詩人らしい目をしてます。
       詩集で読んだ詩で、一番印象深かったのは、やはり『汚れっちまった悲しみに……』でしょうか。

      +++
      ●汚れっちまった悲しみに……

      汚れっちまった悲しみに
      今日も小雪の降りかかる
      汚れっちまった悲しみに
      今日も風さえ吹きすぎる

      汚れっちまった悲しみは
      たとえば狐の革裘(かわごろも)
      汚れっちまった悲しみは
      小雪のかかってちぢこまる

      汚れっちまった悲しみは
      なにのぞむなくねがうなく
      汚れっちまった悲しみは
      倦怠(けだい)のうちに死を夢(ゆめ)む

      汚れっちまった悲しみに
      いたいたしくも怖気(おじけ)づき
      汚れっちまった悲しみに
      なすところもなく日は暮れる……
      +++

       続きはさらにさらに次のコメントで。

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2022/10/22 06:32
    • 今日は何の日(つづきのつづきのつづき)
       国語の教科書に載ってた詩人では、もうひとり気になる人がいました。
       立原道造。
       こちらは、何が載ってたか、はっきり覚えてます。
       『のちのおもひに』でした。

      +++
      ●のちのおもひに

      夢はいつもかへつて行つた 山の麓のさびしい村に
      水引草に風が立ち
      草ひばりのうたひやまない
      しづまりかへつた午さがりの林道を

      うららかに青い空には陽がてり 火山は眠ってゐた
      ――そして私は
      見て来たものを 島々を 波を 岬を 日光月光を
      だれもきいてゐないと知りながら 語りつづけた

      夢は そのさきには もうゆかない
      なにもかも 忘れ果てようとおもひ
      忘れつくしたことさへ 忘れてしまつたときには

      夢は 真冬の追憶のうちに凍るであらう
      そして それは戸をあけて 寂寥のなかに
      星くづにてらされた道を過ぎ去るであらう
      +++

       いかにも現代詩らしい表現に惹かれたものです。
       「夢は真冬の追憶のうちに凍るであらう」とか。
       でも、この人に惹かれたのも……。
       やっぱり、詩と一緒に載ってた肖像だと思います。
      https://zatsuneta.com/img/103296_01.jpg

       この人は、中原中也の7歳年下。
       1939(昭和14)年、第1回中原中也賞を受賞してます(この賞は3回で途絶。1996年、山口市により再設)。
       しかし、その直後、結核のため死去。
       享年24。
       中也も道造も、いかにも詩人らしい風貌、そして人生で……。
       共に、完璧な詩人だったと思います。

    • ––––––
      5. 手羽崎 鶏造
    • 2022/10/23 03:58
    • 本編より。
      「縦と横の唇が、十字にクロスしたのだ。」

      奥さんにベッドの上でクンニする時は
      縦に舐めるより、ハーモニカ吹くように
      横にスライドする方がこちらとしては
      楽なので、ベッドから降りて床に膝付けて
      そのポジションで施してやります。
      その際、ご自分の指で陰唇を開かせます。
      ワタシに「やってもらう」のですから、それぐらいの
      恥ずかしい行為は自らやってもらいます。
      陰核はワタシの指で探し当て、押したり
      摘まんだりしながら、口唇を陰部に
      焦らしながらあてがっていくのです。

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2022/10/23 05:51
    • 男性器に対する……
       オーラルプレイは、「尺八」と呼ばれます。
       それなら、女性器に対するそれは、「ハーモニカ」と称されるのかなと思ったら……。
       どうも違うようです。
       「ハーモニカ」は、男性器を横に咥えるフェラみたいですね。
       クンニの和名はないんですかね?

    • ––––––
      7. 手羽崎 鶏造
    • 2022/10/23 11:18
    • クンニはフツー、女性器を縦に往復す
      ると思います。
      ちょっとアレンジしてやっているだけで、
      「横舐め」の体位だと、片手で乳房も容易に
      揉むことが出来ますよ。

      クンニは「舐めマン」というのだと大阪・住吉生まれの
      奥さん・R子が申してました。
      これって関西弁なのかな。

    • ––––––
      8. Mikiko
    • 2022/10/23 16:58
    • 舐め○●
       それは、あまりにも身も蓋もない言い方ですね。

       これは、何回も書いたことですが……。
       奥さんのそこを舐めるのを日課にしてたご主人。
       ある日、「味が変わった」と言い出したとか。
       不安になった奥さんが、検査を受けたところ……。
       初期の子宮癌が見つかったそうです。
       犬のようなご主人のおかげで……。
       奥さんは、命拾いをしたのです。

    • ––––––
      9. 八十郎
    • 2022/10/23 17:34
    • なにやら面白そうな話題でしたので、
      つい三角野郎になってしまいました。(ちょいと出たという意味)

      🍭舐め🍭・・・これは身も蓋もない言い方ですが、
      本当に”花も実もある”お話ですね・・。
      実は大事に膨らみ育つように取り扱うというのは分かりますが、
      花はただ愛でるだけではいかんのでしょう。

      女性のたたずまいは複雑で、どこをどうしてよいのやら、
      若く前途ある若者たちはただ戸惑うばかりです。

      ということで、何を言いに来たのか分かりませんが、
      いいちこのお湯割りがなくなりましたので取り合えず失礼します。




    • ––––––
      10. Mikiko
    • 2022/10/24 06:06
    • お久しぶりです
       三角野郎は……。
       参画野郎という意味なんですかね?

       もう、お湯割りの季節なんですね。
       わたしはまだ氷を入れたお酒を飲んでますが……。
       トイレが近くなって困ります。
       そろそろ、お湯割りに切り替えますか。
    コメントする   【由美と美弥子 3670】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
新・SM小説書庫2 未知の星 電脳女学園 赤星直也のエロ小説
恥ずかしがりたがり。 ちょっとHな小説 愛と官能の美学 只野課長の調教日記
人妻の浮気話 艶みるく [官能小説] 熟女の園 人に言えない秘密の性愛話 官能的なエロ小説
西園寺京太郎のSM官能小説 女性のための官能小説 ぺたの横書き 被虐願望

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
濠門長恭の過激SM小説 淫芯 変態小説 お姫様倶楽部.com
被支配中毒 むね☆きゅんファンサイト 性小説 潤文学ブログ 出羽健書蔵庫
女の陰影 官能文書わーるど かめべや 女性のH体験告白集
あおいつぼみ 葵蕾 HAKASEの第二読み物ブログ 黒い教室 女教師と遊ぼう
魔法の鍵 平成な美少女ライトノベル 羞恥の風 最低のオリ
官能の本棚 禁断の体験 エッチな告白集 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき Playing Archives

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
恥と屈辱の交差点 潤文学 ましゅまろくらぶ 空想地帯
Mikiko's Roomの仮設テント 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ Angel Pussy 週刊創作官能小説 ろま中男3
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 漂浪の果てに 週刊リビドー アダルト検索一発サーチ
快感小説 SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄
秘密のエッチ体験談まとめ 18's Summer 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ

ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋
レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための…
緊縛新聞 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所
性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所
渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 黒塚工房 プライド
女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説
黒イ都 羊頭狗肉 ひよこの家 美里のオナニー日記
エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
人気ブログランキング 官能小説アンテナ
にほんブログ村 ライブドアブログ
アダルトブログランキング オンライン小説検索・R小説の栞
エログちゃんねる シンプルアダルト動画サーチ


ランキング/画像・動画(11~30)
おたりんく 正しいH小説の勧め クリエイターコレクションR18 Adult Novels Search
Girls Love Search GL Search GAY ART NAVIGATION Cyber あまてらす
ネット小説ランキング 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top