Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 3664
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「豚以外の何なんすか?
 ぶくぶくじゃないすか。
 侑くん。
 何で、あんな豚の中に突っこんだの?
 しかも、中出しまでして。
 したよね?」

 侑人はかぶりを振った。

「はい、ウソ」

 香織の片脚が、軽く払うように侑人の股間を襲った。

「ぎゃん」
「今はまだ、加減出来てるけど……。
 頭に血が上ると、たぶん出来なくなるから。
 踏み潰すかも。
 もう一度聞くね。
 豚とヤッたよね?」

 侑人は怯えた目で香織を見あげ、微かに頷いた。
 股間の陰茎は縮みあがっていた。

「そう。
 やっぱりヤッたんだ。
 そして、中に出した。
 出したよね、精液。
 あの豚のまんこの中に?」

 侑人は、睫毛を震わせながら頷いた。

「なんで!
 どうして!
 中出しなら、あたしが毎日、させてあげてたでしょ!」

 そんなことしてたら、ほんとに妊娠しかねない。
 妊娠したら、どうするつもりなのか。
 父親は中学生、母親はプー子だ。

「くそ!
 今すぐ、わたしの中に出して。
 3秒ルール適用。
 3秒以上、とっくに経ってるけど。
 今回は特例。
 あの豚まんの感触、消してしまわなきゃ」

 香織は侑人の股前に座りこんだ。
 ぺたんこ座りだ。
 侑人はビクリと身を震わせた。
 香織は、陰嚢の上に垂れ下がった陰茎を拾いあげた。
 ぶらぶらと揺らす。

「ほら、早く勃てて。
 あの豚に入れるときは、勃ててたんでしょ。
 ほんと信じらんない。
 あたしの前で勃たないなんて、許さないから」
由美と美弥子 3663目次由美と美弥子 3665

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2022/10/14 05:50
    • 今日は何の日
       10月14日は、『くまのプーさん原作デビューの日』。
       「ウォルト・ディズニー・カンパニー(The Walt Disney Company)」の日本法人……。
       『ウォルト・ディズニー・ジャパン㈱(https://www.disney.co.jp/)/東京都港区虎ノ門』が制定。
       日付は、世界中で愛されてる『くまのプーさん(Winnie-the-Pooh)』の原作が発売された……。
       1926(大正15)年10月14日から。
       プーさんとゆかいな仲間達が楽しく暮らす、「100エーカーの森」にちなんで……。
       環境や森林保護を考える日としてます。
       記念日は、『(社)日本記念日協会(https://www.kinenbi.gr.jp/)』により認定、登録されてます。

       上記の記述は、こちら(https://zatsuneta.com/archives/110144.html)のページから転載させていただきました。

       さらに同じページから、「クマのプーさんについて」を引用させていただきます。

       『クマのプーさん』は、イギリスの児童文学作家……。
       「A・A・ミルン(Alan Alexander Milne/1882~1956)」の児童小説です。
       クマのぬいぐるみで、ハチミツ好きの「プー」と……。
       森の仲間たちとの日常が、10のエピソードによって描かれてます。
      https://zatsuneta.com/img/110144_01.jpg

       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2022/10/14 05:50
    • 今日は何の日(つづき)
       引用を続けます。

       1928(昭和3)年には、同様の構成を持つ続編……。
       『プー横丁にたった家(The house at Pooh Corner)』も発表されました。
       『クマのプーさん』のシリーズは、この二つの物語集と……。
       その前後に発表された、次の二つの童謡集からなってます。
       『ぼくたちがとてもちいさかったころ(When We Were Very Young)』と……。
       『ぼくたちは六歳(Now We Are Six)』です。
       挿絵はいずれも、イギリスの挿絵画家……。
       「E・H・シェパード(Ernest Howard Shepard/1879~1976)」が手がけてます。
       ミルンは、『クマのプーさん』を……。
       自身の息子「クリストファー・ロビン・ミルン」が持ってたテディ・ベアから着想しました。
       この児童小説とそのキャラクターは、発表当時から広く人気を集め……。
       多数の言語に翻訳されて、今なお、世界中で読み継がれてます。
       プーさんは、100エーカー(約40.46ヘクタール)の森に住んでいて……。
       食いしん坊で、いつもお腹がグーグー鳴ってます。
       クリストファー・ロビン・ミルンや森の仲間、ピグレットやティガー、ラビットたちと……。
       大好きなハチミツを手に入れるための旅に出たり、ランピーやモモンガを探しに行ったり、いつも楽しい冒険をしてます。

       以上、引用終わり。

       続きはさらに次のコメントで。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2022/10/14 05:51
    • 今日は何の日(つづきのつづき)
       『クマのプーさん』は、大正時代に書かれてたんですね。
       驚きました。
       もちろん、わたしが通った小学校の図書館にもあったのでしょうが……。
       読んだ記憶がありません。
       ぬいぐるみだったことも、初めて知りました。
       森でぬいぐるみが暮らしたら、雨のあと、乾かすのが大変でしょうに。

       ↑の挿絵を見ると、確かに可愛らしいです。
       童謡『森のくまさん』にも通じるところがありますね。
       この童謡も、元はアメリカ民謡だそうです。
       でも、わたしはあんまり熊には感情移入できません。
       熊本県のご当地キャラ「くまもん」も、面白いと思いますが……。
       やっぱり、一歩引いてしまいます。
       理由はおそらく、本物の熊が身近にいるからでしょう。

       身近と言っても、近所にいるわけじゃありませんが。
       でも春になると、県内各地で熊出没というニュースが、頻繁に流れます。
       ホームセンターで、熊よけの鈴が店頭に並ぶと……。
       「あぁ、春が来たんだなぁ」と実感します。
       山菜採りに入ったご老人なんかが、よく襲われるようです。
       山菜採りの達人は、各自、秘密の採取地を持ってるそうです。
       もちろん、そのありかは誰にも教えません。
       当然、ひとりで山に入ります。
       そこで、熊に遭遇するわけです。
       わたしも、春の山菜の天ぷらなどは好物ですが……。
       命の危険を冒してまで、自ら山に入ろうとは思いません。
       まさに、命あっての物種ですから。

    • ––––––
      4. 手羽崎 鶏造
    • 2022/10/14 11:38
    • かつてボキャブラ天国とかいう
      伝説のTV番組で
      ♪ ある日 森の中
       熊さんP ♪
      というシーンが出てきたことが
      忘れられません。

      音楽とテロップが流れる中、
      メスの熊さんの前後にオスの
      熊さんが3Pをしようとしているのが
      見つかって、気まずい表情をする
      のです。

      一般投稿作品で作られた番組だった
      のですが、これは「傑作」だと思っています。

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2022/10/14 18:14
    • ふむ
       それは残念ながら未見です。

       わたしが覚えてるのは、山下達郎「クリスマスイブ」。
       ↓こうパロってました。

      ♪兄は夜更け過ぎに雪江と変わるだろう

       強烈な化粧の男が、「いらっしゃ~い、雪江で~す」と登場してました。
       兄は、おかまバーで雪江と名乗ってたんです。

    • ––––––
      6. 手羽崎 鶏造
    • 2022/10/15 11:00
    • くまさんP は
      ユーチューブで観ることが
      出来ますよ

    • ––––––
      7. 手羽崎 鶏造
    • 2022/10/15 11:08
    • 本篇より。

      「あたしの前で勃たないなんて、許さないから」
      分かります。それ。

      奥さんの衣服を脱がすときは、男性自身も
      勃起していないと(そのことを示さないと)
      なりませんから。

    • ––––––
      8. Mikiko
    • 2022/10/15 16:51
    • 男性は……
       ほんと、不利ですよね。
       昂奮してるかどうか、一目でわかっちゃうんですから。
       勃起力を高めるためには、血液を増やせばいいのでしょうか。
       やっぱり、レバーとかですかね。
    コメントする   【由美と美弥子 3664】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
新・SM小説書庫2 未知の星 電脳女学園 赤星直也のエロ小説
恥ずかしがりたがり。 ちょっとHな小説 愛と官能の美学 只野課長の調教日記
人妻の浮気話 艶みるく [官能小説] 熟女の園 人に言えない秘密の性愛話 官能的なエロ小説
西園寺京太郎のSM官能小説 女性のための官能小説 ぺたの横書き 被虐願望

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
濠門長恭の過激SM小説 淫芯 変態小説 お姫様倶楽部.com
被支配中毒 むね☆きゅんファンサイト 性小説 潤文学ブログ 出羽健書蔵庫
女の陰影 官能文書わーるど かめべや 女性のH体験告白集
あおいつぼみ 葵蕾 HAKASEの第二読み物ブログ 黒い教室 女教師と遊ぼう
魔法の鍵 平成な美少女ライトノベル 羞恥の風 最低のオリ
官能の本棚 禁断の体験 エッチな告白集 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき Playing Archives

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
恥と屈辱の交差点 潤文学 ましゅまろくらぶ 空想地帯
Mikiko's Roomの仮設テント 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ Angel Pussy 週刊創作官能小説 ろま中男3
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 漂浪の果てに 週刊リビドー アダルト検索一発サーチ
快感小説 SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄
秘密のエッチ体験談まとめ 18's Summer 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ

ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋
レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための…
緊縛新聞 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所
性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所
渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 黒塚工房 プライド
女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説
黒イ都 羊頭狗肉 ひよこの家 美里のオナニー日記
エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
人気ブログランキング 官能小説アンテナ
にほんブログ村 ライブドアブログ
アダルトブログランキング オンライン小説検索・R小説の栞
エログちゃんねる シンプルアダルト動画サーチ


ランキング/画像・動画(11~30)
おたりんく 正しいH小説の勧め クリエイターコレクションR18 Adult Novels Search
Girls Love Search GL Search GAY ART NAVIGATION Cyber あまてらす
ネット小説ランキング 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top