Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 3663
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「ぐ」

 侑人の目が開いた。
 香織の脚をどけようと、腕を持ちあげたが……。
 両腕はロープで縛られたうえ、タオルに包まれている。
 香織の脚を掴むことは出来ない。
 それでもようやく、香織の脚を押しのけた。
 というか、香織が脚を引いたようにも見えた。
 しかし、左右に引き分けられた脚はどうすることも出来ない。

「解いて!」
「ふん。
 自分で解いてみな。
 問題解くの、得意なんでしょ?」

 侑人は、タオルの上から巻かれたロープに噛みついた。
 しかし、結び目は裏側にあり、歯が届かない。

「ははは。
 そんなんじゃ解けないよ。
 あたし、会社辞める前、運送係の助手やってたんだ。
 あたしが付いてた運転手が、ロープ結びの達人だったの。
 あれは、一種のマニアだわね。
 で、そのオヤジから、トラックロープの結び方、イヤになるほど教えられたってわけ」

 香織は侑人の頭の脇を離れると、侑人の脚を跨ぎ越し、股間の真下に身を移した。

「それじゃ、侑くん、これから尋問を始めます。
 もし、ウソを付いたら……。
 わかってる?
 タマ、蹴りあげるから。
 痛さは、さっきわかってるよね?
 あたし、カッとなると手加減とか出来ないタイプだから……。
 ひょっとしたら、潰しちゃうかも」

 侑人は震えあがったようで、開かれた脚を閉じようとしたが……。
 もちろん、叶わない。

「美咲さん、ロープ、ちゃんと持ってて下さいよ。
 それじゃ、侑くん。
 第一問。
 ていうか、これが全部だけど。
 侑くんは、ヤッたの?
 あの豚と」

 香織は絵里子を振り向いた。

「このやろ。
 豚とはなんだ」

 絵里子が吠えた。
由美と美弥子 3662目次由美と美弥子 3664

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2022/10/12 05:42
    • 今日は何の日
       10月12日は、『芭蕉忌』。
       江戸時代前期~中期の俳人、松尾芭蕉(まつお ばしょう/1644~1694)の忌日(旧暦)。
       冬の季語。
       この日は、「芭蕉忌(ばしょうき)」のほかに……。
       「時雨忌(しぐれき)」「桃青忌(とうせいき)」「翁忌(おきなき)」とも呼ばれます。
       「時雨(しぐれ)」は、旧暦十月の異称であり、芭蕉が好んで詠んだ句材でもあります。
       「桃青(とうせい)」は芭蕉の別号であり、「翁(おきな)」は芭蕉を指す言葉です。

       上記の記述は、こちら(https://zatsuneta.com/archives/110125.html)のページから転載させていただきました。

       さらに同じページから、「松尾芭蕉について」を引用させていただきます。

       松尾芭蕉は、1644(寛永21)年、伊賀国阿拝郡(現:三重県伊賀市)に生まれました。
       幼名は金作。
       通称は甚七郎など。
       名は宗房(むねふさ)。
       俳号は、初め宗房(そうぼう)、次いで桃青、やがて芭蕉(はせを)と改めます。
       藤堂良忠(とうどう よしただ/俳号:蝉吟=せんぎん)に仕えます。
       その良忠とともに……。
       京都にいた歌人で俳人の北村季吟(きたむら きぎん)に師事し、俳諧の道に入りました。
       歌人で俳人の松永貞徳(まつなが ていとく)を祖とする貞門派(ていもんは)を学びますが……。
       江戸に下って、談林派(だんりんは)に触れて、大きな影響を受けます。
       1680(延宝8)年、深川の芭蕉庵に居を移します。
       このころから、独自の蕉風(しょうふう)を開拓していきます。
       蕉風は、芸術性の極めて高い句風であり、私意私情を去って自然と一体になることを目指したもので……。
       さび、しおり、細み、軽みなどを基本理念とします。

       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2022/10/12 05:42
    • 今日は何の日(つづき)
       引用を続けます。

       1684(貞享元)年、『野ざらし紀行』の旅に出ます。
       旅から戻った後、1686(貞享3)年の春に芭蕉庵で催した蛙(カエル)の発句会で……。
       有名な句「古池や蛙飛びこむ水の音(ふるいけや かはづとびこむ みずのおと)」を詠みました。
       僧侶で歌人の西行(さいぎょう)500回忌に当たる1689(元禄2)年……。
       弟子の河合曾良(かわい そら)を伴い、『おくのほそ道』の旅に出ます。
      https://zatsuneta.com/img/110125_01.jpg
      ↑芭蕉(左)と曾良(右)。クリックすると、大きい画像が見られます。

       江戸を発ち、東北、北陸を巡り、岐阜の大垣まで、約150日間600里(約2400km)の旅を終え……。
       1691(元禄4)年、江戸に帰ります。
       未知の国々を巡る旅の中で、数多くの句を詠みました。
       そのほか、伊勢へ向かう『笈の小文(おいのこぶみ)』や『更科紀行(さらしなきこう)』など……。
       各地への旅を通して、蕉風を確立していきます。
       1694(元禄7)年10月12日、旅先の大坂で病気のため死去。
       50歳。
       後世、句集は『俳諧七部集』に収められました。
       そのほかの著書として、俳文『幻住庵記(げんじゅうあんき)』や……。
       日記『嵯峨日記(さがにっき)』などがあります。
       芭蕉は、古今に並ぶ者のない優れた俳人として、俳聖(はいせい)とも呼ばれます。
       関連する記念日として、『おくのほそ道』の旅に出た日に由来して……。
       5月16日は「日本旅のペンクラブ(旅ペン)」が制定した「旅の日」という記念日になってます。

       以上、引用終わり。

       続きはさらに次のコメントで。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2022/10/12 05:43
    • 今日は何の日(つづきのつづき)
       芭蕉は、公儀隠密だったという説があります。
       怪しまれずに諸国を巡るのには……。
       旅の俳人というのは、もってこいの隠れ蓑です。
       芭蕉の出身地は、伊賀上野。
       すなわち芭蕉は、伊賀忍者だったのです!

       忍者の最も重要な仕事は、情報の収集です。
       決して、手裏剣を投げたり、水に潜ったりするのが本分ではないのです。
       逆に、テレビに出てくるような眼光鋭く不気味な人物は……。
       忍者には、最も不適任と言えるでしょう。
       情報収集をする上で重要なのは、まず怪しまれないこと。
       人あたりが悪かったら話になりません。
       さらに、話し上手である必要があります。
       一方的なインタビューのような形では、ほんとの話は引き出せないものです。
       こちらからもいろいろ楽しい話をして、相手を喜ばせます。
       で、相手は、何とかお返ししようとして……。
       言っちゃマズいことまでも、ポロッと喋ってしまうわけです。
       諸国を巡っている芭蕉には、話のネタは無尽蔵にあったでしょうね。
       つまり、優秀な忍者には……。
       ピン芸人級の話力が備わってたはずです。
       テレビの忍者、偽物です。

       さて。
       わたしは、かつてから「奥の細道」には疑惑を持ってました。
       「奥の細道」は……。
       旅から帰ってから書かれたものではないのではないか、というものです。
       隠密だったかどうかは別にしても……。
       俳句の実力という点では、非常に優れていたということは事実です。
       いや。
       ひょっとしたら、とんでもない天才だった。

       続きはさらにさらに次のコメントで。

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2022/10/12 05:43
    • 今日は何の日(つづきのつづきのつづき)
       すなわち!
       「奥の細道」の句は、すべて深川の「芭蕉庵」で詠まれてたのです。
       芭蕉は、頭の中で想像するだけで……。
       東北や北陸の風景を、ありありと句にすることができたわけです。
       しかし、それをそのまま発表するわけにはいきません。
       実際に対象を見ないで作った句など……。
       まったくの無価値ですから。
       つまり芭蕉は、自分の句に命を与えるために……。
       実際の場所に行かなければならなかったのです。
       こうして、自分の句をなぞる旅が始まりました。

       でも、ひょっとしたら曾良だけは、この秘密を知ってたかもしれません。
       知らなかったら、確実に怪しまれてしまうことがあります。
       すなわち、その日のお天気です。
       「閑さや岩にしみ入る蝉の声」を詠んだ立石寺が、大雨だったら?
       「五月雨を集めて早し最上川」を詠んだときの最上川が、渇水してたら?
       まず、句のとおりのお天気になるまで、2,3日は逗留するでしょう。
       でも、どうしてもお天気が変わりそうもなかったら……。
       やむなく、そこを発つ必要にも迫られます。
       曾良が事情を知らなかったら……。
       大雨でセミの声など聞こえなかった立石寺の句を、ぜったいにいぶかしむことでしょう。
       曾良がもし、旅の途中で命を落としてたら、よけい面白かったのですが。
       もちろん、芭蕉が殺したんです。
       自分の句の秘密を知った曾良を……。
       生かして江戸に帰すわけにはいかなかった。
       しかし、実際に曾良が死んだのは、芭蕉の死後16年してからでした。
       おそらく「奥の細道」の秘密を、自分の胸の中に抱いたまま。

    • ––––––
      5. 国立
    • 2022/10/12 10:18
    • 5 「奥の細道」は、愛読書なんです。好きすぎて英訳をしました。松尾芭蕉が忍びの者でしたらワクワクします。俳句の達人で有る事は、正論でしょう。

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2022/10/12 17:51
    • 冒頭は特にですが……
       練りに練った文章ですよね。
       わたしには、旅に出る何年も前から、推敲を重ねてきた文章に思えるのです。

       あと、有名な↓の句。

      ●古池や蛙飛びこむ水の音

       もし、この句が存在しなかったとして……。
       今、これを句会に出したら、間違いなく「没」だと思います。

    • ––––––
      7. 手羽崎 鶏造
    • 2022/10/13 14:41
    • 芭蕉が忍者であったかどうかはともかく、
      忍(しのび)に近い鍛錬はしていたように
      想像します。
      素人で、あの距離は歩けないでしょう。
      曾良も何者なのか不気味な存在です。
      斎藤栄の推理小説だったでしょうか、芭蕉の
      黒幕は幕府で、敵情視察と特に「水運」について
      実証のために全国を廻ったとの説。

      江戸時代から遡(さかのぼ)り、明治になって
      英国人イザベラ・バード女史が東北を旅します。
      この時の同行・日本人男性案内人も実に優れた方で
      あったと推測します。

    • ––––––
      8. Mikiko
    • 2022/10/13 17:08
    • イザベラ・バードは……
       新潟市にも来てます。
       堀割と家並みの美しさを絶賛したそうです。
       当時の堀は、信濃川から迷いこんだ鮭が、背びれを立てて泳いでたそうですから。
       しかし、第二次大戦後、堀はドブ川に変じてしまい……。
       昭和39年の新潟国体を前に、すべて埋め立てられました。
       新潟市街には、それほど車が通らないのに、妙に広い道路があります。
       そういうところはたいてい、昔、中央に堀が切ってあったんです。
    コメントする   【由美と美弥子 3663】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
新・SM小説書庫2 未知の星 電脳女学園 赤星直也のエロ小説
恥ずかしがりたがり。 ちょっとHな小説 愛と官能の美学 只野課長の調教日記
人妻の浮気話 艶みるく [官能小説] 熟女の園 人に言えない秘密の性愛話 官能的なエロ小説
西園寺京太郎のSM官能小説 女性のための官能小説 ぺたの横書き 被虐願望

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
濠門長恭の過激SM小説 淫芯 変態小説 お姫様倶楽部.com
被支配中毒 むね☆きゅんファンサイト 性小説 潤文学ブログ 出羽健書蔵庫
女の陰影 官能文書わーるど かめべや 女性のH体験告白集
あおいつぼみ 葵蕾 HAKASEの第二読み物ブログ 黒い教室 女教師と遊ぼう
魔法の鍵 平成な美少女ライトノベル 羞恥の風 最低のオリ
官能の本棚 禁断の体験 エッチな告白集 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき Playing Archives

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
恥と屈辱の交差点 潤文学 ましゅまろくらぶ 空想地帯
Mikiko's Roomの仮設テント 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ Angel Pussy 週刊創作官能小説 ろま中男3
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 漂浪の果てに 週刊リビドー アダルト検索一発サーチ
快感小説 SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄
秘密のエッチ体験談まとめ 18's Summer 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ

ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋
レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための…
緊縛新聞 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所
性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所
渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 黒塚工房 プライド
女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説
黒イ都 羊頭狗肉 ひよこの家 美里のオナニー日記
エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
人気ブログランキング 官能小説アンテナ
にほんブログ村 ライブドアブログ
アダルトブログランキング オンライン小説検索・R小説の栞
エログちゃんねる シンプルアダルト動画サーチ


ランキング/画像・動画(11~30)
おたりんく 正しいH小説の勧め クリエイターコレクションR18 Adult Novels Search
Girls Love Search GL Search GAY ART NAVIGATION Cyber あまてらす
ネット小説ランキング 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top