Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
ウルトラウーマン(42)
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「ウルトラウーマン」作:八十八十郎(はちじゅうはちじゅうろう)


(42)決戦


 恵子を先頭に怜子とスワンは外部に向かって基地内の通路を走った。
 自室の前に差し掛かった恵子は急にその足を止める。
「はあはあ………どうしたの? 急がなくっちゃ」
 両膝に手をついて喘ぎながら怜子は恵子に尋ねた。
「ちょっと待ってて。もう一人洗脳された日本人がいるの。彼女はほっとけない。たぶん本部長の命令だと言えば付いて来るわ。すぐ帰ってくる」
「あ、恵子さん!」
 呼び止めた怜子に背中を見せて、恵子はあっと言う間に自室の中に姿を消した。
 “さあ、急いで急いで!”
 “ああ……私白衣のままでは”
 中からそんな声が聞こえて、恵子に手を引かれた岸部美波春子医師が姿を現わした。
「私走るのは苦手で、とてもそんなに早く走れません……」
「走れなくなったら私がおんぶしてあげるから。本部長の命令よ!」
 今にも泣きそうな美波を見て、怜子は恵子の耳元に顔を寄せる。
「どうするの、こんな人連れてきちゃって……。洗脳されてるんでしょ?」
「いいから。どっかで一発やって正気に戻すわ。さあ、行くわよ!」
 恵子は再び脱兎のごとく走り出した。
「一発って、もう溶液は残ってないのよ。ねえってば! ああもう……仕方ない、行きましょ!」
 怜子はスワンと美波を連れて恵子の背中を追った。

 控室の中からドアに体当たりする衝撃音が指令室に響いた。
 小林は真剣なまなざしで大河内本部長に口を開く。
「私が拳銃で脅しますから、本部長はまだ司令官として振舞ってください。そしてミサイル発射を引き延ばし、隊員たちも待機させてください」
「わかった」
 小林は再び本部長をベルトで椅子に拘束した。

 ドアのロックが壊れる大きな音がして、中からグレタを先頭に警備員が飛び出し、その後から島田副官と技術者たちも姿を現わす。
「本部長、大丈夫ですか!?」
「動くな! 動くと本部長の命はないぞ!」
 小林は大河内の頭に拳銃を突き付ける。
「みんな、今は自重してくれ。メトロン総統からもそんな指示が来ている」
 大河内の言葉でグレタは動きを止めた。
「ほ、本当ですか本部長?」
 島田副官が半信半疑で大河内に問いかける。
「まだ決戦の行方は不透明だ。爆破にも時期と言うものがある、メトロン総統はウルトラウーマンが攻勢に転じた時に爆破する方が、地球とウルトラ一族の絆を切るのにより効果的だという考えだ」
「なるほど……」
 島田副官は目を見開いて頷いた。
「通信技官。女性3人がウルトラウーマンの応援に出向くが、手出しをせず待機するように伝えてくれ」
「了解しました!」
 通信機材に向かう技師を見ながら、小林は本部長の肩に置いた左手に力を込めた。
 “さすがに本部長。ビアンを愛する人は、心広き人。人品卑しからず・風雅を愛し文武両道、見目麗しく情けあり……か“
 緊迫した場面でも臨機応変に対処する本部長を見て、小林は目頭が熱くなるのを覚えた。

 恵子の運転するジープが、砂埃を巻き上げて灼熱の砂漠を疾走していた。
 助手席の怜子、後部席のスワンと美波が周囲に視線を巡らせている。
「あ、あそこだ!」
 前方を指さしてスワンが叫んだ。
 まだ300メートル以上先だと思われるが、砂丘の起伏の中に巨大な裸体が絡み合っていた。
 付近には待機中の地球防衛軍や、望遠キャメラを構える沢山のマスコミ関係者が散在している。
 この官能スペクタクルに冷静に対応するため、あちこちに仮設テントが設置され、時折中に入った人間がさっぱりした表情で出てくる様子が見られた。
 また、某大手テレビ局の女性プロデューサーがまだ若い美人レポーターをテントに連れ込んだり、東洋とヨーロッパの女性キャスター同士が木陰で手をつなぎ合っていたりなど、まさに年齢や国境を越えた熱いビアン交流の場面が繰り広げられていた。
 ただ女性同士の交流には時間がかかることがあり、空きテント確保のためその使用時間に制限が設けられていた。
 無粋な男性が汚いものを引っ張り出して外で処理したりするので、仮設テントの増設作業が急ピッチで進んでいる。
「巻き添えの危険を回避するため、100メートル程度手前で止まりましょう」
「了解」
 目加田恵子は篠原怜子の指示に頷いた。

 やがてジープが止まった地点で4人は前方を見上げた。
 100メートル手前と言っても、50メートル級に巨大化した二人の女性はまるで山が揺れ動いているように見える。
 飛鳥ゆり子がウルトラウーマンを横抱きにして、反り立ったペニスを右手でしごいている。
 ウルトラウーマンは下唇を噛んで必死に耐えながら、左手をゆり子の下半身に伸ばしていた。
 だがゆり子が与えてくる快感で体に力が入らず、その指は黒々とした陰毛の中で悪戯にさ迷うばかりであった。
「おねえちゃん頑張って!!」
 一番にジープから飛び降りたスワンがウルトラウーマンに叫ぶ。
「ちょっと待って、スワンちゃん」
 怜子が今にも走り出そうとするスワンを止めた。
「すでに一回目は耐え切れない可能性が高いわ。恵子さん、あなたは運転席でウルトラウーマンのペニスの射精方向から車を逃がして」
「どうして?」
 恵子は冷静な表情で戦況を見守る怜子に尋ねた。
「頭から精液を被りたくないでしょ?」
「うわ、臭そう」
 恵子は眉をひそめる。
「一応今装備されてるのは“若々しい栗の花・薄濁り微香タイプ”。想定年齢は18歳だけど」
「まあ、おじさんのよりはいいか。女性仕様はないの?」
「あるわよ。“のどかな瀬戸内の海”とか“モルディヴの浜辺”なんかいい線いってると思うけど……、私のお勧めは“雨上がりのお庭”ね。使用後にいつも私の心を和ませてくれるわ」
「なんだか微妙だけど。分かったわ、注意しとく」
 怜子はスワンに顔を向ける。
「OK。じゃスワンちゃん、もっと近くでウルトラウーマンを応援しましょう」
「うん!」
 怜子とスワンはウルトラウーマンに向かって小走りに走り始めた。

「あらあ? 誰か近づいて来たわよ」
 右手を使いながら飛鳥ゆり子がウルトラウーマンの耳元で囁いた。
「ウルトラのおねえちゃあん!」
 怜子とスワンはウルトラウーマンの約30メートル手前で足を止めた。
「は……怜子さんに、ス、スワンちゃん!」
 ウルトラウーマンのうろたえる様子にゆり子はにんまりと笑みを浮かべる。
「恥ずかしいわねえ。こんないやらしい姿を見られちゃって」
「み、見ないでスワンちゃん。お願い、こっちへ来ないで……」
 ウルトラウーマンは眉を寄せて目を閉じた。
「恥ずかしがってももう遅いわよ。こんなにビンビンになったおチンチンをしごかれて喜んでるんだから」
「よ、喜んでなんか……」
「喜んでるじゃない、こんなに固くして。そうだ、仲良しになった証拠にキスして見せましょうよ」
「いや、やめて!」
 ゆり子はウルトラウーマンの顎を掴んで強引に唇を重ねた。
 再びペニスを握り直してしごきあげる。
「んぐうう……んむ……」
 呻きと共に緩んだ唇が深く溶け合い、舌が絡み合う。
「いやあ、やめて!!」
 スワンの叫びが虚しく砂漠に響いた。
「スワンちゃん、我慢して。今はウルトラウーマンの反撃を待つのよ」
 怜子は震えるスワンの肩を抱いた。
 ゆり子は怜子たちに見せつけるように、ウルトラウーマンの舌をゆっくりと吸い離す。
「なんだ。嫌がってるふりして、自分から舌を絡めてきたじゃないの」
「違う、違う………」
 ウルトラウーマンは悲し気に首を振った。
「さあ、あの人たちに射精するところを見せてあげて。かなり焦らしたから、たっぷり出るでしょ?」
「い、いや、やめて!」
 ウルトラウーマンは目を見開いて訴えた。
「いや? ……でもあたしには逆らえないでしょう? 仕方ないわねえ……。じゃ、おっぱいも触ってあげようか……?」
 ゆり子はウルトラウーマンを抱いている左手をずり上げて、豊かな乳房の先で弾んでいる乳首の廻りを撫で始めた。
「う……く……!」
 筋肉質の体が細かく震えた。
 容赦なくゆり子の右手がウルトラウーマンのペニスをしごきあげていく。
「あ……だめ!」
 ウルトラウーマンは思わずゆり子の手首をつかんだ。
 ゆり子は淫らな笑みをウルトラウーマンの耳元に寄せると、白い歯でその耳たぶを噛む。
「我慢できる? だめでしょう? ほら出しちゃいなさい。ね、ほら、思いっきり…」
 ゆり子はそんなことを囁きながら、左手で柔らかく乳首を刺激し、右手で熱く反り返ったものをしごきたてていく。
「あああ……いや………」
 ウルトラウーマンの眉が苦し気に寄せられた。
 ゆり子はウルトラウーマンを追い立てながら、横目で怜子たちに視線を向ける。
「まさか………。に、逃げてスワンちゃん!」
 怜子はスワンに叫んで、もと来た方向へと走りだす。
「ほらほら出して! …ああ……ほらほら……もう出ちゃう出ちゃう!」
 熱い吐息と共に囁かれて、ウルトラウーマンの均整の取れた裸身が強張った。
「ぐうう!」
 ゆり子の手を揺るがしてペニスが跳ね、白濁した精液が飛び出した。
 熱い塊が怜子とスワンを襲う。
 避け切れずに怜子のスカートに精液が粘り付いた。
 辛うじて体制を保った怜子は、スワンと共に射精範囲外へと走り出ていった。

 怜子とスワンは、やっと恵子たちが乗っているジープにたどり着いた。
「はあはあ……危ない所だった。……ふう………はあ……」
 怜子はスカートをつまんで、付着した粘液を恵子に見せる。
「ちょっと待って。それひょっとして、まだ使えるんじゃない……?」
 そうつぶやいて、恵子は怜子の顔を見つめた。
「ウルトラウーマンの変身は、スーツその他の装着具も含めて組織を増加させてるみたい。理屈的には、ただ体外放出されただけのものは機能するはずだわ」
「よし。怜子さん、これにその溶液を充填して。今から美波さんの洗脳を解くわ。洗脳されたままだと、そのうち困ったことになりそうだから」
 恵子はジープに積んでいたShinoharaType2を怜子に手渡す。
「わかった」
 怜子はスカートから掬い取った粘液をカートリッジに詰めてペニスバンドにセットする。
「じゃ、これ」
 ペニスバンドを受け取った恵子は、さっさと下半身裸になってペニスバンドを装着した。
「え~と起動は……?」
「これよ」
 怜子がボタンを押して器具にライトが点灯する。
 恵子は後部座席の美波を振り返った。
「え~と……、うん、そこでやりましょうか」
「え……?」
 座席を乗り越えて恵子は後ろへ移動する。
「やりましょうかって、ななな、なにを………」
「なにって……セックスに決まってるでしょ?」
「きゃ~~~!!!」
 美波の悲鳴が砂漠に響いた。
「見えないとこでやってよ、もう……。私たちはウルトラウーマンの応援に戻るわよ」
 怜子はジープの幌を上げながら言った。
「わかった。私も洗脳を解いたら小林隊長の応援に戻るわ。美波さんは置いてくから、よろしくね」
「分かった。あなたも気を付けて」
 怜子はウルトラウーマンたちの方へ視線を向けた。
 どうやら1回目の射精を終えたウルトラウーマンは、砂丘の上に身を横たえたままのようである。
「や、やめてください」
「どうして? 基地で何回もしたじゃない」
「で、でも……」
「あそうか、私も上脱いだ方がいい?」
「そ、そういうことじゃなくて……」
「そういうことじゃないって………、分かった、まだ濡れてないのね。じゃ私がお口で……」
「ぎゃ~~~」
 すさまじい嬌声が幌の中から聞こえた。
「大丈夫かしら………?」
 心配そうなスワンに、怜子は呆れ顔で肩をすくめる。
「なんだ、もう濡れてるじゃない。じゃあいくわよ………」
「ああ、やめてやめてやめて……」
「問答無用!」
「あ~~~!」
「ほうら、ぬるっと入っちゃった………。ほらほら、こう? それとも、こうだっけ………?」
「いやいや……」
「うん? いやなの? ………ほら、これいや……?」
「やだやだ………あ~ん……」
「先生ったら、嫌がりながらすごく締め付けるのね。もう………可愛いんだから………」
「だめ……よ……あ~ん……」
 怜子はスワンに両手を広げて見せる。
「ばかばかしい。さ、スワンちゃん行きましょ。今から反撃よ」
「うん!」
 砂漠の砂に足を取られながら、二人は再びウルトラウーマンの元に走った。

 数回の狂おしい痙攣を経てウルトラウーマンは射精を終えた。
「はあ……はあ……はあ………」
 ゆり子から解放されたウルトラウーマンは、砂漠の上に仰向けになって荒い息を吐いている。
 ゆり子は仁王立ちでそんなウルトラウーマンを見下ろした。
「ふふふ……、これからあなたを私の女にしてあげる。心も体も、私無しでは生きられないようにね」
 ゆり子はウルトラウーマンの脇に腰を下ろして、銀色の髪を優しく撫でた。
 再び唇を重ねながら右手でペニスを撫でると、それは訳もなくお腹の上にそそり立っていく。
「さあ私の中に招待してあげる」
 ゆり子は両足を開いてウルトラウーマンを跨いだ。
 右手でウルトラウーマンのペニスをゆっくりと自分の中に導く。
「うっく……」
「ふう………」
 二人の口から熱い息が漏れた。
 “ああ……温かい……”
 憧れだった飛鳥ゆり子を、ウルトラウーマンはうっとりと見上げる。
 お互いの両手を自然と握り合わせて、ゆり子は円を描くように腰のくびれを動かし始めた。
「……はあ……」
 ウルトラウーマンは頤を上げて暑い吐息を漏らした。
 “飛鳥隊員………、好きです……”
 胸の内でそうつぶやきながら、自分のものがゆり子の中でみるみる硬さを増していくのを感じた。

 篠原怜子は二人の手前50メートルで立ち止まった。
 “いけない。完全に飛鳥隊員の術中に嵌ってるわ”
 騎乗位でゆり子と繋がったウルトラウーマンは、快感に蕩けた眼差しを宙にさ迷わせている。
 怜子はスワンを振り返った。
「スワンちゃん、目を覚まさせないとウルトラウーマンが危ないわ」
 スワンは怜子に頷く。
「うん、おねえちゃんを助けないと」
 スワンと怜子はさらにウルトラウーマンの近くに駆け寄っていった。
「おねえちゃん! おねえちゃん!」
 ウルトラウーマンの瞳がふと焦点を取り戻す。
「頑張って目を覚まして!」
 スワンと怜子の接近に気づいたゆり子が砂を掴んで二人に投げつける。
 砂の塊に飛ばされた二人は砂丘の斜面を転がり落ちた。
 埃まみれのロングヘア―を振り立てて怜子が叫ぶ。
「ハンナさんも、あなたの勝利を祈ってるわ。飛鳥隊員を洗脳から目覚めさせるのよ!」
 ウルトラウーマンは二重瞼を瞬かせた。
 “そうだ、スワンちゃんやハンナさんが私を待ってる。愛する飛鳥さんの洗脳を解かなくては”
 ウルトラウーマンは飛鳥の両手を握り返すと、渾身の力を込めて上体を起こした。
 そのまま腰のくびれを抱いて正常位に体位を移行する。
 “お願い飛鳥隊員。悪夢から目覚めて!”
 ウルトラウーマンは歯を食いしばって、快感に疼くペニスをゆり子の中にえぐり込んだ。

「あ、ウルトラウーマンが攻勢に転じました。本部長、爆破の時が来たようです」
 スクリーンを注視していた島田副官が大河内本部長に言った。
「あ、ああ、その様だな」
 言葉を濁した大河内本部長は小林隊長と目を見合わせる。
「何故かあなたには目的を達成する意思が無さそうです。ということは、私はあなたの命を犠牲にしても目的を達成せねばなりません」
 島田副官の顔から人間らしい表情が消えた。
 まるで人形の様に小林の前に置かれた爆破スイッチボックスに歩み寄ってくる。
「ち、近づくな」
 小林は持ち上げた爆破ボックスに銃口を向けた。
「近づくとこの爆破スイッチを破壊するぞ」
 島田副官の足が止まった。
 小林は爆破ボックスに銃口を突き付けたまま、じりじりと出口へ移動する。
「本部長、部屋の外に出てください」
 大河内本部長は後ろ手で握っていたベルトを離してその場に立ち上がった。
「は、早く」
 小林はドアの手前で部屋から脱出する大河内の背中を見送る。
 その一瞬の隙をついてグレタが小林に襲い掛かった。
 まさにグレタのナイフが小林の喉笛を切り裂いたかと思った瞬間、ドアから飛び出した影がグレタの身体を突き飛ばした。
「隊長、早く逃げて!」
 ナイフを握ったグレタの手首を掴んで、目加田恵子がフロアに転がった。
「め、目加田さん!!」
「は、早く!!」
 押し込んでくるグレタのナイフを耐え忍んで恵子は叫んだ。
 その声に押されるように小林はドアから外に飛び出す。
 恵子を抑え込もうとしたグレタの身体が突然後方に舞い上がった。
 途端に放たれた警備員たちの銃弾をかい潜って、恵子の姿がドアの外に消える。
 再び巴投げで不覚を取ったグレタは、飛び起きてドアへ走った。
 しかし開けようとしたドアは、外から心張棒を噛ませたように動かなかった。
「早く行くんだ、小林君!」
 背中でドアを押えた大河内が小林に叫んだ。
「一緒に行きましょう、本部長」
「やつらに私を殺す理由はないもうない。早くいけ、小林君!」
「本部長!!」
「早く行くんだ!」
 小林の目から涙があふれた。
「さあ隊長、行こう」
 目加田恵子も小林の手を引く。
「本部長!!!」
 そう叫んで小林は出口へと通路を走った。

 小林が強く操縦桿を引くと、ようやく旧式のセスナ機は前方のテントを越えて上昇し始めた。
「ふう……」
 操縦席の隣で目加田恵子が大きな息を吐く。
 セスナ機は徐々に高度を上げ、地上の砂丘が小さな波に見える。
「あ、あそこだ!」
 恵子の声で小林は下界に視線を向ける。
 ウルトラウーマンと飛鳥ゆり子の姿が砂漠の夕日に小さく輝いていた。
「あとはウルトラウーマンと篠原さんの検討を祈るしかない」
「そうね」
 小林の言葉に恵子も頷いた。
 小林の目からまた一筋涙が伝い降りる。
 恵子はポケットから取り出したハンカチで優しく小林の涙を拭いた。
「ではこれから我々の目的地は……」
「日本よ、隊長」
 沈みゆく夕日を背にして、セスナ機はゆっくりと東へ進路を取った。
ウルトラウーマン(41)目次ウルトラウーマン(43)

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2022/08/04 05:47
    • 連続ドラマとジープ
       次々と切り替わる場面が、すべて緊迫してて……。
       面白い連続ドラマの1回分を、丸々見た気分になりますね。
       すぐにでも続きを見たくなります。
       こんなドラマがあったら、視聴率取れるでしょうね。
       もちろん、ウルトラウーマンと飛鳥ゆり子のシーンは、放映不可能だと思いますが。

       文中、小林隊長が、大河内本部長を「見目麗しく情けあり」と評してます。
       どなたも出典はご存じかと思いますが、↓の歌になります。

      ●人を恋うる歌
      詩:与謝野鉄幹
      曲:不詳

      妻をめとらば才たけて
      みめ美わしく情あり
      友をえらばば書を読みて
      六分の侠気四分の熱

      恋の命をたずぬれば
      名を惜むかな男ゆえ
      友のなさけをたずぬれば
      義のあるところ火をも踏む

      汲めや美酒うたひめに
      乙女の知らぬ意気地あり
      簿記の筆とる若者に
      まことの男君を見る

      あゝわれコレッジの奇才なく
      バイロンハイネの熱なきも
      石を抱きて野にうたう
      芭蕉のさびをよろこばず

      人やわらわん業平が
      小野の山ざと雪をわけ
      夢かと泣きて歯がみせし
      むかしを慕うむら心

       ↓美空ひばりさんの歌唱です。
      https://www.youtube.com/watch?v=_MezGlXkIbk

       「みめ美わしく情あり」は、妻となるべき女性の理想像なわけですけどね。

       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2022/08/04 05:47
    • 連続ドラマとジープ(つづき)
       話はまったく変わりますが……。
       ジープ。
       わたしは以前、砂漠を走る四角い四輪駆動車の総称かと思ってましたが……。
       クライスラー社が用いる4WD車のブランド名でした(ジープという会社はありません)。
       でも、最近のジープで、いわゆるジープっぽい外見なのは……。
       Wrangler(ラングラー)だけのようです。

       しかし、最近のSUVって、どうしてみんなぺちゃんこなんですかね。
       ことごとく、ハリアーみたいな感じ。
       窓が細すぎでしょ。
       わたしは、もっとカクカクした4WDが好きです。
       ジムニーみたいな形。
       あの形状の普通車が、ジムニーシエラしかないのは何でですかね。
       わたしは、出したら売れると思うんですよ。
       日産サファリとかを、オールドデザインで売り出せば。

       車と言えば、わたしが毎週見てる番組『おぎやはぎの愛車遍歴』。
       最近、女性MCが変わりました。
       初代の竹岡圭さんは大好きだったんですが……。
       2代目の今井優杏(ゆうき)ちゃんもかわいいです。
       でも、改めて調べて見て、年齢に仰天。
       46歳でした。
       どう見ても30代前半ですよ。
       化け物ですね。
       元レースクイーンだそうです。
       でも、可愛いだけの人ではなく……。
       カー・オブ・ザ・イヤーの選考委員で、現役のラリードライバーでもあるとか。

    • ––––––
      3. 八十郎
    • 2022/08/07 19:37
    • いつもコメントを添えていただき、感謝感激、ありがとうございます。

      時に竹岡圭さん、今井優杏さん・・、未熟にも僕は全く存じ上げてなかったのでネットで調べてみて、なるほどと納得いたしました。
      それは納得したんですけど、何故Mikikoさんが毎週「おぎやはぎの愛車遍歴」を見ておられるのか?
      これは少々腑に落ちぬ思いがしました・・。
      Mikiko様が車自体にそう興味があるわけでなし・・。
      (窓から差し込む日曜の夕日が机上を照らして、いいちこの炭酸割をグビリ・・)

      まあ理由は分かりませんが、メディアに登場する女性で言えば、最近私の心を揺らしたのは、"intimissimi"という舌を噛みそうなイタリアの下着メーカーのモデルさんたち。
      自然の産物はどんな音楽も文章も敵いませんなあ・・。
      ともかくこんなお嬢さん方が連れ合いでなかった我々は幸いですね。

      早いもので、今週末はお盆に入ります。
      軒下にほおずき(鬼灯)でも飾ろうかな。(笑)
      失礼しました。





    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2022/08/08 06:12
    • 運転も苦手だし……
       運転すること自体、あまり好きではありません。
       車は、助手席が一番です。
       でもなぜか、車には興味があるんです。
       買う予定はないのに……。
       メーカーから、カタログをたくさん取り寄せてたころもありました。

       「intimissimi」は、初めて知りました。
       こんなスレンダーなモデルが着てたんじゃ……。
       自分が似合うかの参考にはならないと思いますが。

       もう、お盆なんですね。
       わたしは、関係なく出勤ですが。
       11日も出なくてはなりません。
       お盆が終わってから、ゆっくり振休を取ります。
    コメントする   【ウルトラウーマン(42)】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
新・SM小説書庫2 未知の星 電脳女学園 赤星直也のエロ小説
恥ずかしがりたがり。 ちょっとHな小説 愛と官能の美学 只野課長の調教日記
人妻の浮気話 艶みるく [官能小説] 熟女の園 人に言えない秘密の性愛話 官能的なエロ小説
西園寺京太郎のSM官能小説 女性のための官能小説 ぺたの横書き 被虐願望

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
濠門長恭の過激SM小説 淫芯 変態小説 お姫様倶楽部.com
被支配中毒 むね☆きゅんファンサイト 性小説 潤文学ブログ 出羽健書蔵庫
女の陰影 官能文書わーるど かめべや 女性のH体験告白集
あおいつぼみ 葵蕾 HAKASEの第二読み物ブログ 黒い教室 女教師と遊ぼう
魔法の鍵 平成な美少女ライトノベル 羞恥の風 最低のオリ
官能の本棚 禁断の体験 エッチな告白集 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき Playing Archives

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
恥と屈辱の交差点 潤文学 ましゅまろくらぶ 空想地帯
Mikiko's Roomの仮設テント 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ Angel Pussy 週刊創作官能小説 ろま中男3
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 漂浪の果てに 週刊リビドー アダルト検索一発サーチ
快感小説 SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄
秘密のエッチ体験談まとめ 18's Summer 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ

ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋
レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための…
緊縛新聞 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所
性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所
渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 黒塚工房 プライド
女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説
黒イ都 羊頭狗肉 ひよこの家 美里のオナニー日記
エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
人気ブログランキング 官能小説アンテナ
にほんブログ村 ライブドアブログ
アダルトブログランキング オンライン小説検索・R小説の栞
エログちゃんねる シンプルアダルト動画サーチ


ランキング/画像・動画(11~30)
おたりんく 正しいH小説の勧め クリエイターコレクションR18 Adult Novels Search
Girls Love Search GL Search GAY ART NAVIGATION Cyber あまてらす
ネット小説ランキング 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top