Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 3589
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 娘を交えての雑談の中で、おばさんがそのスーパーを買物に使ってることは知ってた。
 スーパーの向かいにある雑居ビルの2階には、おあつらえ向きのフルーツパーラーがあった。
 その窓からなら、スーパーを出入りする人を見張ることも出来る。
 よっぽど、張りこみしようかと思ったよ。
 おばさんがスーパーに行くだいたいの時間も、雑談の中でわかってたし。

 でも結局、張りこみを実行することはなかった。
 妙なプライドもあった。
 でもそれ以上に……。
 そこまで踏みこんだら、自分が何か違うものになってしまうって怖さを感じた。

 結局、何ごともないまま、家庭教師をしてた子は大学受験を迎え……。
 無事、志望校に合格してくれた。
 ぼくはもちろん、お払い箱さ。
 でも、夏休み前だったかな……。
 偶然、その子と街で会ったんだ。
 立ち話だったけど、驚きの近況を教えてくれた。
 なんと、弟か妹が出来そうだって。
 つまり、あのおばさんが妊娠したってこと。
 聞かせてもらった予定日から逆算すると……。
 あの日がドンピシャだった。

 それで、あることを思い出した。
 家庭教師の紹介所の担当から聞いた話だった。
 次の家庭教師先を紹介してもらうため、その担当と話してるとき聞かされたんだ。
 あのおばさんが、家庭教師の選定に、ある条件を付けてたってこと。
 血液型だよ。
 O型を指定されてたんだって。
 あのころは、血液型占いみたいなのがブームでね。
 雑談のネタにもよく使われてた。
 紹介所の担当とも、そんな話題で盛りあがったことがあった。
 だから彼は、ぼくがO型だってことを知ってたんだ。

 で、何を思い出したかっていうと……。
 家庭教師先の家族の血液型だよ。
 コーヒーを飲みながらの雑談で、自然とそうした話題も出てた。
 あの家族、全員がO型だったんだ。
 両親がO型なら……。
 生まれてくる子供は、O型しかない。
 別の血液型の子が生まれたら……。
 旦那の子じゃないってことになるんだ。

 あのおばさんは、旦那以外の子供を産むために……。
 ぼくを利用したんだろうか。
 でも、なぜ。
 それは、わからない。
 その子と会うことも、それっきりだったし。
 でも、こんな話をしてたら……。
 俄然、興味が湧いてきたよ。
 今度こそ、あのパーラーで見張ってみようかな。
 乳母車を押したおばさんに会えるかも知れない。
 そして、その赤ん坊の顔は……。
由美と美弥子 3588目次由美と美弥子 3590

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2022/07/01 05:39
    • 今日は何の日
       7月1日は、『壱岐焼酎の日』。
       『壱岐酒造協同組合(http://www.ikishochu.org/)』が、2005(平成17)年に制定。
       1995(平成7)年7月1日(今から27年前)。
       「酒税の保全及び酒類業組合等に関する法律」の地理的表示を保護する規定に基づき……。
       国税庁が、長崎県壱岐市の「壱岐焼酎」を、地理的表示に指定しました。
       その10周年を記念して、記念日としたものです。
       壱岐焼酎の美味しさをPRすることが目的。
       記念日は、『(社)日本記念日協会(https://www.kinenbi.gr.jp/)』により認定、登録されてます。

       上記の記述は、こちら(https://zatsuneta.com/archives/10701k.html)のページから転載させていただきました。

       さらに同じページから、「壱岐焼酎と地理的表示について」を引用させていただきます。

       壱岐焼酎とは、長崎県壱岐市において醸造される麦焼酎の総称です。
       米麹と大麦を「1:2」の割合で仕こみ……。
       もろみを熟成させた後、蒸留して醸造されます。
       麦の香りと、米麹を使用することによる天然の甘味が特長です。
       壱岐島はかつて、肥前国平戸藩の領地で……。
       島内で生産された米は、年貢として納めなければならなりませんでした。
       しかし、大麦については年貢の対象となってなかったため……。
       食用だけでなく、余裕があるときには焼酎の原料としても使われてました。
       島内各地で自家用に醸造されてたものが、現在の壱岐焼酎の原型となってます。
       現在、島内には7つの蔵元があり……。
       それぞれ、島独自の製法を守りつつ醸造を続けてます。

       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2022/07/01 05:40
    • 今日は何の日(つづき)
       引用を続けます。

       地理的表示とは、原産地を特定する表示をすることが公認されたもので……。
       産地ブランドとして、一定の地位が認められたことになります。
       壱岐焼酎は、1995(平成7)年に……。
       沖縄県の琉球泡盛、熊本県球磨郡及び人吉市の球磨焼酎とともに、初めて地理的表示が認められました。
       壱岐焼酎の地理的表示の要件は、上記の米麹と大麦の比率と……。
       壱岐島内の地下水を使って醸造されたものであることとなってます。

       以上、引用終わり。

       地理的表示に初めて認められたのが……。
       壱岐焼酎、琉球泡盛、球磨焼酎だったんですね。
       新潟県では、「新潟清酒」が指定されてました。
       そのほか、新潟県の食べ物では……。
       「くろさき茶豆」「津南の雪下にんじん」「大口れんこん」がありました。
       食べたことがあるのは、「くろさき茶豆」だけだと思います。
       枝豆のブランドですね。
       確かに、美味しいです。
       新潟県は、枝豆を大量に食べる県民として知られてます。
       居酒屋で注文すると、丼に大盛りで出て来たりします。
       県外の客は驚くようです。
       新潟県の枝豆の作付面積は、全国一。
       でも、出荷量は、7番目のようです。
       自家消費してしまうんですね。

       ただわたしは……。
       あんまり食べませんね。
       夏の間、連日出てくると、そのうち、手を出さなくなってしまいます。
       味に飽きるわけじゃないんです。
       食べるのが、面倒くさくなるんですよね。
       ひとつずつ口に持っていって、豆を出さなければなりません。
       一度、先に豆を小鉢に出して、それを拾って食べたことがありますが……。
       不思議なことに、あんまり美味しく感じられないんですよ。
       口元で豆を出した方が美味しい。

       続きはさらに次のコメントで。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2022/07/01 05:43
    • 今日は何の日(つづきのつづき)
       これはおそらく、殻の塩分が唇に触れることによって……。
       美味しさを感じるんじゃないでしょうか。

       さて、壱岐焼酎。
       残念ながら、飲んだことありません。
       琉球泡盛はあります。
       学生時代、沖縄旅行から帰った友達にもらいました。
       シーサーを模した陶器の入れ物に入ってました。
       もちろんそれまで、泡盛なんか飲んだことありませんでした。
       どうやって飲むのか聞いたところ、燗を付けて飲むと教えられました。
       残念ながら、徳利などは持ってなかったので……。
       ヤカンに直接泡盛を入れ、火に掛けました。
       しばらくすると、えもいわれぬ匂いが立ちあがってきました。
       小さなアパートの部屋に、たちまち充満。
       息が出来ないほど。
       よほどそのまま、流しに捨ててしまおうかと思いました。
       でも、友達に申し訳ないので……。
       少し冷めて、匂いが収まってきてから、飲んでみました。
       えもいわれぬ味でした。
       口中に、えもいわれぬ匂いと味が充満します。
       やっとのことで飲み干しました。

       やっぱり捨てようかと思いましたが……。
       これをあてにして、ほかのお酒を買ってませんでした。
       で、結局、燗を付けた分は飲んでしまいました。
       翌朝は、えもいわれぬ匂いの息が、口から出てる気がしました。
       シーサーには、まだ泡盛が残ってます。
       それを横目に、日々を過ごすうち……。
       なんだか、飲み干すのが使命のように思えてきました。
       で、結局、シーサーはほどなく空になりました。
       それどころか!
       あの匂いと味が、癖になったんです。
       新しい瓶を買って来ました。
       しばらく、ハマってましたね。
       でもその後……。
       泡盛を燗するなんて飲み方は、どこにも書いてないことが判明。
       考えてみれば、暑い沖縄で、燗酒なんて飲むものでしょうか?
       やっぱり、友達に化かされたんですかね?
    コメントする   【由美と美弥子 3589】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
新・SM小説書庫2 未知の星 電脳女学園 赤星直也のエロ小説
恥ずかしがりたがり。 ちょっとHな小説 愛と官能の美学 只野課長の調教日記
人妻の浮気話 艶みるく [官能小説] 熟女の園 人に言えない秘密の性愛話 官能的なエロ小説
西園寺京太郎のSM官能小説 女性のための官能小説 ぺたの横書き 被虐願望

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
濠門長恭の過激SM小説 淫芯 変態小説 お姫様倶楽部.com
被支配中毒 むね☆きゅんファンサイト 性小説 潤文学ブログ 出羽健書蔵庫
女の陰影 官能文書わーるど かめべや 女性のH体験告白集
あおいつぼみ 葵蕾 HAKASEの第二読み物ブログ 黒い教室 女教師と遊ぼう
魔法の鍵 平成な美少女ライトノベル 羞恥の風 最低のオリ
官能の本棚 禁断の体験 エッチな告白集 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき Playing Archives

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
恥と屈辱の交差点 潤文学 ましゅまろくらぶ 空想地帯
Mikiko's Roomの仮設テント 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ Angel Pussy 週刊創作官能小説 ろま中男3
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 漂浪の果てに 週刊リビドー アダルト検索一発サーチ
快感小説 SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄
秘密のエッチ体験談まとめ 18's Summer 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ

ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋
レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための…
緊縛新聞 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所
性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所
渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 黒塚工房 プライド
女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説
黒イ都 羊頭狗肉 ひよこの家 美里のオナニー日記
エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
人気ブログランキング 官能小説アンテナ
にほんブログ村 ライブドアブログ
アダルトブログランキング オンライン小説検索・R小説の栞
エログちゃんねる シンプルアダルト動画サーチ


ランキング/画像・動画(11~30)
おたりんく 正しいH小説の勧め クリエイターコレクションR18 Adult Novels Search
Girls Love Search GL Search GAY ART NAVIGATION Cyber あまてらす
ネット小説ランキング 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top