Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 3559
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ


 ここは、道路に面した玄関からは一番遠い場所にあたるのだろう。
 ブロック塀と建物の隙間は、1メートルほどしかなかった。
 陽の射さない場所らしく、ブロック塀際の地面には苔が生えていた。

「大丈夫?
 もうちょっと歩ける?
 絶対心配ない場所だから」

 肩を並べて歩くには狭すぎるので……。
 学生は前に立って先導した。
 後ろ手で、絵里子の手を握っていた。
 絵里子は、学生の尻を凝視した。
 固く引き締まった男の尻。
 歩みに従って、尻たぶが形を変えていた。

「こっち側、ちょっと広くなってるから」

 建物の角を左に曲がった。
 学生の云うとおり、空間が広がっていた。
 左手が建物、右手がブロック塀。
 建物の一番手前の掃き出し窓は、おそらくさっきまでいた学生の部屋だろう。
 その向こう隣にも、同じように掃き出し窓が並んでいた。
 もう1人の住人の部屋だろうか。
 そしてその先で、建物がL字型に突出していた。
 突出した部分は、窓の意匠からして洋間だろうか。
 その建物とブロック塀の間隔は、再び1メートルほどになっている。
 おそらくその狭い隙間の向こうには、学生の云う木戸が据えられているのだろう。
 つまり、今いる部分は……。
 外部からの視線がまったく届かない、謂わば中庭のような空間になる。

 ブロック塀の向こう側の隣家も、平屋だった。
 影の向きからして、ブロック塀の方向が南だ。
 隣の建物は、塀際まで建っている。
 その住宅からすれば、塀際が北側になる。
 北一杯に建物を据え、南側に陽あたりのいい部屋を設けているのだろう。
 ブロック塀側の壁には、窓もないようだ。
 塀が高いので、隣家からの視線は気にする必要がなさそうだ。
 学生の部屋には、陽があたっていた。
 隣家が平屋で、中庭があるおかげで、建物際には日差しが届くようだ。
 中庭と云っても、池や植栽などはなかった。
 地面は、芝生に覆われていた。

「どう?
 ちょっとした空間だろ?
 この家を初めて借りたころは、ごちゃごちゃした和風庭園だったみたいなんだ。
 アルバムで見たけど。
 でも、何代前かの先輩が、そういうのを全部取っ払って……。
 地面を真っ平らにして、芝生を貼ったんだって」
由美と美弥子 3558目次由美と美弥子 3560

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2022/05/20 06:01
    • 今日は何の日
       5月20日は、『ローマ字の日』。
       1955(昭和30)年、『(財)日本のローマ字社(Nippon-no-Romazi-Sya;NRS)https://www.age.ne.jp/x/nrs/』が制定。
       日本式ローマ字つづりの発案者で、ローマ字国字論を展開した……。
       地球物理学者の田中舘愛橘(たなかだて あいきつ/1856~1952)。
       その1952(昭和27)年5月21日の命日にちなみ、切りのよい20日を記念日としました。
       また、『(社)日本のローマ字会』が、1922(大正11)年のこの日に創設されたことを記念したもの。

       上記の記述は、こちら(https://zatsuneta.com/archives/105202.html)のページから転載させていただきました。

       さらに同じページから、「ヘボン式と日本式(訓令式)について」を引用させていただきます。

       ローマ字表記には、ヘボン式と日本式の2種類があります。
       例えば「すし」は、ヘボン式で「sushi」、日本式で「susi」となります。
       ヘボン式の名称は、ヘボン式ローマ字を考案したアメリカ人医師……。
       ジェームス・カーティス・ヘボン(James Curtis Hepburn/1815~1911)の名前に由来します。

       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2022/05/20 06:02
    • 今日は何の日(つづき)
       引用を続けます。

       1885(明治18)年、田中舘愛橘は、英語の発音に準拠したヘボン式ローマ字の表記法を改め……。
       五十音図に基づいた日本式ローマ字を考案しました。
       しかし、ヘボン式と日本式の支持者が対立し、混乱を招いたため……。
       ローマ字の統一が必要となりました。
       1937(昭和12)年、公的なローマ字法が、内閣訓令第3号として公布されました。
       これが訓令式ローマ字で、1937年版の訓令式ローマ字では……。
       ヘボン式を排除し、田中が考案した日本式に準拠したものでした。
       しかし、第二次大戦後、「連合国軍最高司令部(GHQ)」により……。
       ヘボン式による表記が指示されたこともあり、再び混乱が生じました。
       1954(昭和29)年、内閣告示第1号として、改めて公的なローマ字法が公布されました。
       新たな訓令式ローマ字は、日本式に準拠した1937年版の訓令式ローマ字を基礎としたものでした。
       しかし、1954年版では「国際的関係その他従来の慣例をにわかに改めがたい事情にある場合」に制限しながらも……。
       ヘボン式の使用も認めるものとなりました。
       現在、日本において標準として公式に認められてるローマ字表記は……。
       日本式を基礎とした、1954年版の訓令式ローマ字です。
       しかし、外務省発行のパスポートの名前、本籍地(都道府県)の表記、総務省の市区町村の表記……。
       国土交通省の道路標識、地図、駅名の表記など、ヘボン式ローマ字が多用されているのが現状です。

       以上、引用終わり。

       続きはさらに次のコメントで。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2022/05/20 06:02
    • 今日は何の日(つづきのつづき)
       ↓ヘボン式の表記。
      「し」→SHI
      「ち」→CHI
      「つ」→TSU
      「ふ」→FU

       ↓訓令式の表記。
      「し」→SI
      「ち」→TI
      「つ」→TU
      「ふ」→HU

       パソコンの日本語入力では、どちらの表記で打っても、対応する平仮名に変換されます。
       でも、わたしは明らかに、訓令式で打ってますね。
       1文字少なくて済みますから。
       でも、書くとなったら、ぜったいにヘボン式です。
       字面で馴染んでるのは、ヘボン式ですから。
       しかしヘボン式、「ふ」の「FU」がちょっとわかりません。
       ハ行は、↓になります。
       HA、HI、FU、HE、HO。
       なんで、「ふ」だけが、「FU」なんですかね?
       でも確かに、「福井」は、「FUKUI」ですよね。
       「HUKUI」という表記は、まず見ないでしょう。
       どうやら英語で「HU」は、「ヒュー」という発音になるみたいです。
       「human」は、「ヒューマン」ですから。

       なお、ヘボンさんの綴りは、「Hepburn」。
       この綴りだと、別の読み方の方がポピュラーです。
       Audrey Hepburn。
       もちろん、オードリー・ヘップバーンです。
       オードリー・ヘボンとは呼ばれませんよね。
       ヘボンさん、自分の苗字が「ヘボン」と読まれることに、ちょっとイラついてたのかも。
       なので、ローマ字表記では、発音を重視したんじゃないでしょうか。

    • ––––––
      4. 手羽崎 鶏造
    • 2022/05/20 11:13
    • ヘボン博士というと、かの明治学院を
      創立した方ですよね。
      第一期の卒業生に島崎藤村が
      居ます。

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2022/05/20 17:17
    • ほー
       それは知りませんでした。
       校歌も、島崎藤村の作詞のようです。
       白金にあるんですね。
       お洒落です。
    コメントする   【由美と美弥子 3559】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
新・SM小説書庫2 未知の星 電脳女学園 赤星直也のエロ小説
恥ずかしがりたがり。 ちょっとHな小説 愛と官能の美学 只野課長の調教日記
人妻の浮気話 艶みるく [官能小説] 熟女の園 人に言えない秘密の性愛話 官能的なエロ小説
西園寺京太郎のSM官能小説 女性のための官能小説 ぺたの横書き 被虐願望

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
濠門長恭の過激SM小説 淫芯 変態小説 お姫様倶楽部.com
被支配中毒 むね☆きゅんファンサイト 性小説 潤文学ブログ 出羽健書蔵庫
女の陰影 官能文書わーるど かめべや 女性のH体験告白集
あおいつぼみ 葵蕾 HAKASEの第二読み物ブログ 黒い教室 女教師と遊ぼう
魔法の鍵 平成な美少女ライトノベル 羞恥の風 最低のオリ
官能の本棚 禁断の体験 エッチな告白集 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき Playing Archives

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
恥と屈辱の交差点 潤文学 ましゅまろくらぶ 空想地帯
Mikiko's Roomの仮設テント 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ Angel Pussy 週刊創作官能小説 ろま中男3
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 漂浪の果てに 週刊リビドー アダルト検索一発サーチ
快感小説 SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄
秘密のエッチ体験談まとめ 18's Summer 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ

ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋
レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための…
緊縛新聞 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所
性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所
渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 黒塚工房 プライド
女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説
黒イ都 羊頭狗肉 ひよこの家 美里のオナニー日記
エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
人気ブログランキング 官能小説アンテナ
にほんブログ村 ライブドアブログ
アダルトブログランキング オンライン小説検索・R小説の栞
エログちゃんねる シンプルアダルト動画サーチ


ランキング/画像・動画(11~30)
おたりんく 正しいH小説の勧め クリエイターコレクションR18 Adult Novels Search
Girls Love Search GL Search GAY ART NAVIGATION Cyber あまてらす
ネット小説ランキング 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top