Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 3557
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ


 絵里子は、学生に続いて浴室を出た。
 学生は、脱衣場にある観音開きの収納を開け、バスタオルを取り出した。
 バスタオルなら、引き違い戸の脇に掛かっていたが……。
 おそらくそれは、何度か使っているものなのだろう。
 絵里子のために、洗い立てを出してくれたわけだ。
 心遣いが嬉しかった。

「拭いてあげるよ」

 タオル地が、肌を心地良く包む。
 学生は、絵里子の足の甲に至るまで、全身の水気を取ってくれた。

「僕も拭いてくれる?」

 渡されたタオルで、学生の肌を拭っていく。
 固い肉の感触が新鮮だった。

「大事なとこも」

 何が大事なのかは、一目でわかる。
 学生は、盛大に勃起させたままなのだ。
 肉棒をタオルでくるみ、水気を吸い取る。
 絵里子はひざまづき、学生の下半身までタオルを使った。
 目の端で、勃起した陰茎が揺れていた。
 直視はしていないが、どうしても視界に入る。

「また咥えてほしいところだけど……。
 止めておこう。
 絶対に暴発するから。
 よし、起って。
 善は急げだ」

 何が“善”なのかわからないが……。
 急ぎたい気持ちは絵里子も同じだった。
 今度は布団の上で、この陰茎を迎えるのだ。
 学生は、絵里子から受け取ったバスタオルを、洗濯機の上に放った。

「さぁ、行こう」

 学生は、絵里子の肩を抱いた。
 全裸の道行きだ。
 しかし、廊下に出たところで、学生の歩みが止まった。
 部屋に戻る方とは反対の、廊下の突きあたりには扉があった。
 学生の視線は、そちらを向いている。
 扉には、磨りガラスの入った小窓が付いていた。
 磨りガラスは、白く光っていた。
 どうやら、扉の向こうは戸外らしい。

「ちょっと外に出てみない?」
「え?」
「この家はね、道路に面した一辺を除いて、三方がブロック塀に囲まれてるんだ。
 しかも、塀の高さは1.8メートルくらいある。
 道路際の建物の両脇には、木戸が付いてる。
 だから、誰かが入りこむこともないし……。
 道路からの視線も心配いらない」
由美と美弥子 3556目次由美と美弥子 3558

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2022/05/16 06:17
    • 今日は何の日
       5月10日~16日は、『愛鳥週間(バードウィーク)』。
       『環境庁(現:環境省)』が、1950(昭和25)年に制定。
       「愛鳥週間」の基は、もともとアメリカで始まったものでした。
       1894(明治27)年、ペンシルバニア州オイル市の教育長バブコック(Charles Almanzo Babcock)により……。
       5月4日が、「バードデー(Bird Day)」に制定されました。
       日本では、1947(昭和22)年、アメリカ人の鳥類学者オリバー・L・オースチン博士の提唱により……。
       4月10日が、「愛鳥の日(バードデー)」に制定されました。
       しかし、この日は北の地方では積雪が残り、まだ冬鳥が多い時期のため……。
       後に、1ヵ月ずらして5月10日に変更されました。
       その後、1950(昭和25)年から、野鳥を愛護する週間として……。
       環境庁により、5月10日から16日の1週間が、「愛鳥週間(バードウィーク)」に制定されました。
       野鳥の活動が活発になるこの時期に、野鳥を通して……。
       それらを取り巻く環境の自然保護の大切さを知り、広めていくことを目的としてます。

       上記の記述は、こちら(https://zatsuneta.com/archives/105104.html)のページから転載させていただきました。

       さらに同じページから、引用を続けさせていただきます。

       毎年この期間に、「全国野鳥保護のつどい」が開催されます。

       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2022/05/16 06:18
    • 今日は何の日(つづき)
       引用を続けます。

       野生生物の保護に、顕著な功績を残した人を……。
       「野生生物保護功労者」として表彰する式典が行われます。
       また全国で、野鳥保護にちなんだ行事が行われるほか、全国の小、中、高校の児童生徒を対象に……。
       愛鳥週間用ポスターの原画の募集、コンクールが実施されます。

       以上、引用終わり。

       今はまさに、バードウォッチングに適した時期なんだそうです。
       ひとつは、まだ葉が茂りきっておらず、樹冠に見通しが利くこと。
       あと鳥が、縄張りの主張や求愛などのため、よく鳴くこと。
       さらに、木のてっぺんの枝など、見通しの利く場所で鳴くこと。
       ニュースで知ったんですが、なるほどと思いました。

       しかしわたしは、バードウォッチングの趣味を持ちません。
       鳥でわかるのは……。
       カラス、スズメ、ハト、ニワトリくらいでしょうか。
       あ、ハクチョウもわかります。
       ハクチョウ、いつの間にかいなくなりました。
       みなさんは、ハクチョウについて、どういうイメージを持っておられますか?
       冬場、ハクチョウが身近にいない人たちは……。
       バレエや童話の影響から、美しく優雅な鳥というイメージをお持ちなんじゃないでしょうか。
       わたしのイメージは違います。
       やかましくて、愚かな鳥というイメージです。

       続きはさらに次のコメントで。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2022/05/16 06:18
    • 今日は何の日(つづきのつづき)
       やかましいのは、越冬のため飛来してきたときです。
       上空を鳴き交わしながら飛んで来ます。
       夜も飛んでるんですよ。
       鳥目じゃないんですかね。
       鳥目だから、声で位置を確認してるのかも知れませんね。
       でも、昼間も鳴いてるし。
       特に夜は、低空を飛行してることがあります。
       いきなり頭上で鳴かれると、びっくりして飛びあがりますよ。
       それほど、デカい声です。
       声で驚かされる生き物は、ハクチョウと食用ガエルが双璧です。
       では、なぜ「愚か」というイメージを持っているか。
       その飛来地です。
       驚くのは、北海道にも飛来するということ。
       中継地ならわかりますが、そこに留まるようです。
       なんでですか?
       数千キロも飛んできて、なんで北海道で降りるんでしょう。
       もうちょっと飛べば、すぐに本州ですよ。
       北海道じゃ、雪で餌が摂れないこともあるでしょうに。
       同じことは、新潟に来るハクチョウにも言えます。
       なんで、本州に来たのに、日本海側に降りるんですか。
       なんで、ちょっと左に逸れて、太平洋側に降りないんでしょう。
       新潟は確かに、田んぼだらけです。
       ハクチョウの数からすれば、落ち穂は無尽蔵と云ってもいいでしょう。
       でもそれも、雪が積もらなければということです。
       雪が積もったら、餌、ゼロですよ。
       雪を掘ってるハクチョウは、見たことがありません。
       あと、子供のころ、瓢湖で見たハクチョウ。
       動きが遅くて、撒かれた餌をみんな鴨に獲られてました。
       これらのことから、声と図体がデカいけど……。
       のろまで、ちょっとお馬鹿さんというイメージができたんだと思います。
       嫌いじゃないんですけどね。
       悪いこと、何にもしませんから。

    • ––––––
      4. 手羽崎 鶏造
    • 2022/05/16 09:37
    • 白鳥が太平洋側に飛来する?
      あんまり聞いたことがありません。

      九州の方では鶴が飛来する地が
      あるようです。
      ツバメの飛来も有名です。
      ワタシの故郷では、田畑をついばむ
      サギ(鷺)をよく見かけたものです。
      播州姫路城は別名「白鷺城」と
      呼ばれます。
      城が白くとも、白鳥城とは呼ばれない
      のは、白鳥を播州の人は見たことが
      なかったからだと推測します。

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2022/05/16 18:04
    • ハクチョウ飛来地
       ↓「白鳥重要越冬地100選一覧表」というのがありました。
      http://jswan.info/jswan12-1.html

       宮城県は多いようですが、確かに太平洋側は少ないです。
       滋賀、島根が南限ですね。
       兵庫はゼロです。
       雪国に多く飛来するのは……。
       雪が積もると、保護色になるからでしょうか?
       でも、雪で餌が取れなくては、何にもなりません。
       皇居のお堀には、1年中住み着いてるハクチョウもいます。
       兵庫で越冬できないはずはないんですけどね。
       やっぱり、アホな鳥だからじゃないですか。
    コメントする   【由美と美弥子 3557】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
新・SM小説書庫2 未知の星 電脳女学園 赤星直也のエロ小説
恥ずかしがりたがり。 ちょっとHな小説 愛と官能の美学 只野課長の調教日記
人妻の浮気話 艶みるく [官能小説] 熟女の園 人に言えない秘密の性愛話 官能的なエロ小説
西園寺京太郎のSM官能小説 女性のための官能小説 ぺたの横書き 被虐願望

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
濠門長恭の過激SM小説 淫芯 変態小説 お姫様倶楽部.com
被支配中毒 むね☆きゅんファンサイト 性小説 潤文学ブログ 出羽健書蔵庫
女の陰影 官能文書わーるど かめべや 女性のH体験告白集
あおいつぼみ 葵蕾 HAKASEの第二読み物ブログ 黒い教室 女教師と遊ぼう
魔法の鍵 平成な美少女ライトノベル 羞恥の風 最低のオリ
官能の本棚 禁断の体験 エッチな告白集 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき Playing Archives

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
恥と屈辱の交差点 潤文学 ましゅまろくらぶ 空想地帯
Mikiko's Roomの仮設テント 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ Angel Pussy 週刊創作官能小説 ろま中男3
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 漂浪の果てに 週刊リビドー アダルト検索一発サーチ
快感小説 SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄
秘密のエッチ体験談まとめ 18's Summer 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ

ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋
レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための…
緊縛新聞 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所
性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所
渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 黒塚工房 プライド
女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説
黒イ都 羊頭狗肉 ひよこの家 美里のオナニー日記
エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
人気ブログランキング 官能小説アンテナ
にほんブログ村 ライブドアブログ
アダルトブログランキング オンライン小説検索・R小説の栞
エログちゃんねる シンプルアダルト動画サーチ


ランキング/画像・動画(11~30)
おたりんく 正しいH小説の勧め クリエイターコレクションR18 Adult Novels Search
Girls Love Search GL Search GAY ART NAVIGATION Cyber あまてらす
ネット小説ランキング 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top