Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 3512
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 絵里子はかがみこみ、侑人のカーゴパンツの股間に手を伸ばした。

「あっ」

 侑人のもう一方の手が、絵里子の手の甲を掴んだ。
 まだ大人にならない男の子の手……。
 可愛らしい感触だった。
 そして絵里子の手の平は、小さな怒張を握っていた。
 見事に勃起させている。
 やはりこの子には素質がある。
 普通の子なら……。
 3人に囲まれた状況では、萎縮してしまうはずだ。
 侑人は、そういう状況を受け入れているということだ。
 明確なMっ気が感じられた。

 絵里子の手は、侑人の手を甲に載せたまま的確に動いた。
 絵里子は両手を使えるので、侑人の抵抗などものともしない。
 ジッパーを引き下ろす。
 ブリーフが覗いた。
 しかし、今風なカーゴパンツの下が、白のブリーフというのは、ちょっと解せない。
 母親の趣味だろうか。
 もしそうだとしたら……。
 その母親も、ちょっと妙な性癖がありそうだ。

「香織、そっちの手、しっかり掴まえてるんだよ」
「がってんっす」

 絵里子は、ブリーフの前開き部に手を突っこんだ。
 小さな怒張を掴み、引っ張り出す。
 皮かむりのソーセージが飛び出した。
 絵里子の手を掴む侑人の手の平に、力が籠もった。

「美咲、この手、剥がして」

 腿の上で握った美咲の拳は動かなかった。

「言うことを聞かないと、取り返しがつかないことになるよ。
 あんたはもう、十分に共犯なの。
 自分だけ違うみたいな顔、するんじゃないよ。
 そうだ。
 共犯どころか、主犯にさせてやるよ」

 絵里子は侑人の手を振り払うと、美咲の手首を握った。
 引っ張りあげ、侑人の股間に引きつける。

「手を開いて」

 美咲の拳は、頑なに握られたままだった。
 手首に突き出た尺骨の上の括れを、強く握る。
由美と美弥子 3511目次由美と美弥子 3513

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2022/03/14 06:13
    • 今日は何の日
       3月14日は、『ホワイトデー』。
       2月14日の「バレンタインデー」に、チョコレートなどを贈られた男性が……。
       返礼のプレゼントをする日。
       バレンタインデーのチョコレートに対して……。
       キャンデー、マシュマロ、ホワイトチョコレートなどをお返しするのが一般的になってます。

       上記の記述は、こちら(https://zatsuneta.com/archives/103141.html)のページから転載させていただきました。

       さらに同じページから、「ホワイトデー(全飴協説)について」を引用させていただきます。

       日本では、バレンタインデーが定着するに従って……。
       若い世代の間で、それにお返しをしようという風潮が生まれました。
       これを受けたお菓子業界では、昭和40年代に入ってから、個々に独自の日を定めて……。
       マシュマロ、クッキー、キャンデーなどを、「お返しの贈り物」として宣伝販売するようになりました。
       この動きを、キャンデーの販売促進に結びつけ……。
       『全国飴菓子工業協同組合(全飴協)関東地区部会』が、ホワイトデーとして催事化しました。
       1978(昭和53)年、全飴協の総会で、「キャンデーを贈る日」として制定され……。
       2年の準備期間を経て、1980(昭和55)年、第1回の「ホワイトデー」が開催されました。

       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2022/03/14 06:14
    • 今日は何の日(つづき)
       引用を続けます。

       ホワイトデーを3月14日に定めたのは、以下の理由からです。
       西暦269年2月14日。
       兵士の自由結婚禁止政策に背いて結婚しようとした男女の結婚式を執り行ったとして……。
       捕らえられたバレンタイン司教が処刑されました。
       しかし、その1ヵ月後の3月14日……。
       その2人が、改めて永遠の愛を誓い合ったとされてること。
       さらに、古事記および日本書紀で、日本において初めて飴が作られた日が……。
       3月14日前後とされてること。
       ホワイトデーの起源については諸説あり、上記の「全飴協説」のほかに……。
       「不二家・エイワ説」「石村萬盛堂説」があります。

       さらに同じページから、「不二家・エイワ説について」を引用させていただきます。

       洋菓子や菓子類を製造販売する㈱不二家は……。
       「リターン・バレンタイン」という名称で、バレンタインデーのお返し用菓子類の宣伝販売を行うようになりました。
       さらに、1973(昭和48)年、マシュマロを中心とした菓子を製造販売する㈱エイワと協力して……。
       3月14日に、マシュマロを販売するキャンペーンを開始しました。

       さらに同じページから、「石村萬盛堂説について」を引用させていただきます。

       ㈱石村萬盛堂は、1905(明治38)年に創業した……。
       福岡県福岡市博多区に本社を置く製菓業者です。
       黄身餡をくるんだ白いマシュマロ菓子の「鶴乃子」などの和菓子を販売する、老舗菓子屋「石村萬盛堂」のほか……。
       「ボンサンク」のブランドで、洋菓子を製造販売してます。

       続きはさらに次のコメントで。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2022/03/14 06:14
    • 今日は何の日(つづきのつづき)
       さらに引用を続けます。

       三代目社長の石村善悟は、1977(昭和52)年、バレンタインデーのお返しに……。
       せめてマシュマロでも渡してほしい旨の文章が、少女雑誌に掲載されているのを目にしました。
       石村萬盛堂はこの文章に触発され、バレンタインデーの返礼として、マシュマロを渡す日を創設し……。
       返礼用マシュマロ菓子として、黄身餡の代わりにチョコレートをくるんだマシュマロを売り出すことにしました。。
       「バレンタインデーに君からもらったチョコレートを、僕の優しさ(マシュマロ)で包んでお返しするよ」というコンセプトです。
       この「マシュマロデー」は、福岡随一の百貨店であった岩田屋(現:岩田屋三越)のアドバイスで……。
       当時、大型のイベントが無かった時期に当たる3月14日に設定されました。
       1978(昭和53)年3月14日から、キャンペーンが開始されました。
       後に、他業界にもこのキャンペーンを拡張するため……。
       1980年代に、百貨店側からの申し出により、名称を「ホワイトデー」に変更しました。

       『(社)日本記念日協会(https://www.kinenbi.gr.jp/)』には……。
       「ホワイト・デー」の名称で、石村萬盛堂が制定した記念日として登録されてます。
       また、石村萬盛堂は同協会より、第11号「記念日文化功労賞」を受賞してます。

       以上、長い引用終わり。

       続きはさらにさらに次のコメントで。

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2022/03/14 06:14
    • 今日は何の日(つづきのつづきのつづき)
       思いのほか、近年から始まった習慣なんですね。
       にもかかわらず、はっきりした起源がわかってないというのが面白いです。
       しかし……。
       「僕の優しさ(マシュマロ)で包んでお返しするよ」というのは、かなり恥ずかしいです。
       こんなことが言えるのは、少女マンガに出てくるキザ男だけでしょう。

       そう云えば、2月14日は、『ふんどしの日』でもありました(参照⇒https://zatsuneta.com/archives/102145.html)。
       日付は、「ふ(2)んど(十)し(4)」と読む語呂合わせなんですが……。
       バレンタインデーと同じ日だったので、女性から男性へ「ふんどし」を贈ることも提案されてました。
       それなら、お返しの3月14日は、パンティの日にすべきじゃありませんか?
       でも、「ふんどし」のお返しなら、和物がいいのか。
       だけど、昔の女性は、そういうの穿いてませんよね。
       かといって、「腰巻きの日」じゃねー。
       いずれにしろ、下着をやり取りする男女が、まだ他人の関係のはずはありません。
       あ、いっそ、夫婦間で贈り合うことにすればいいんじゃないですか。
       若き日を思い出して燃えあがる日です。
       ハッスルハッスル(小川直也談)。
    コメントする   【由美と美弥子 3512】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
新・SM小説書庫2 未知の星 電脳女学園 赤星直也のエロ小説
恥ずかしがりたがり。 ちょっとHな小説 愛と官能の美学 只野課長の調教日記
人妻の浮気話 艶みるく [官能小説] 熟女の園 人に言えない秘密の性愛話 官能的なエロ小説
西園寺京太郎のSM官能小説 女性のための官能小説 ぺたの横書き 被虐願望

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
濠門長恭の過激SM小説 淫芯 変態小説 お姫様倶楽部.com
被支配中毒 むね☆きゅんファンサイト 性小説 潤文学ブログ 出羽健書蔵庫
女の陰影 官能文書わーるど かめべや 女性のH体験告白集
あおいつぼみ 葵蕾 HAKASEの第二読み物ブログ 黒い教室 女教師と遊ぼう
魔法の鍵 平成な美少女ライトノベル 羞恥の風 最低のオリ
官能の本棚 禁断の体験 エッチな告白集 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき Playing Archives

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
恥と屈辱の交差点 潤文学 ましゅまろくらぶ 空想地帯
Mikiko's Roomの仮設テント 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ Angel Pussy 週刊創作官能小説 ろま中男3
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 漂浪の果てに 週刊リビドー アダルト検索一発サーチ
快感小説 SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄
秘密のエッチ体験談まとめ 18's Summer 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ

ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋
レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための…
緊縛新聞 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所
性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所
渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 黒塚工房 プライド
女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説
黒イ都 羊頭狗肉 ひよこの家 美里のオナニー日記
エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
人気ブログランキング 官能小説アンテナ
にほんブログ村 ライブドアブログ
アダルトブログランキング オンライン小説検索・R小説の栞
エログちゃんねる シンプルアダルト動画サーチ


ランキング/画像・動画(11~30)
おたりんく 正しいH小説の勧め クリエイターコレクションR18 Adult Novels Search
Girls Love Search GL Search GAY ART NAVIGATION Cyber あまてらす
ネット小説ランキング 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top