Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 3465
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 しかし、今さら腕を拘束してみても後の祭りだ。
 大便はすでに、排水口の彼方に消えている。
 とは言え、気分が収まらない。
 せっかくここまで一歩ずつ段取って来たのに、最後の最後に逆転されてしまった。
 だが、敗北を認めるのは業腹だ。
 どうしてくれよう。

 絵里子は後ろ手で、脱いだ割烹着ワンピースのポケットを探った。
 ペットボトルカバーを取り出す。
 中に収納されているのは、ペニバンの陰茎部だ。
 抜き出す。
 カバーをポケットに戻す。
 股間に装着済みのペニバンの基底部に、陰茎を嵌めこむ。
 美咲はすでに、ウォシュレットを稼動させていた。
 もうすっかり、うんこの気配を消し去って……。
 「わたしはうんこなんかしてません」って顔か。
 お仕置きしなければ。

「咥えて」

 美咲は、絵里子を見あげた。
 陶然とした目をしていた。
 出すものを出し切った、安らかな顔だった。
 拒んだりしたら、頬を張り倒してやる。
 しかし美咲は前傾すると、素直にペニバンを咥えた。
 挿出を始める。

 動作は稚拙だった。
 おそらく、あまり経験がないのだろう。
 ひょっとしたら、夫婦生活でも、ほとんどしたことがないのではないか。
 美咲の旦那の年齢は知らないが、おそらくは30代半ば……。
 勃起に苦労する歳ではない。
 むしろ、早く漏らしてしまう方の悩みが多いはずだ。
 妻に、長々とフェラされたら耐えられない。
 おそらくフェラは儀式程度で、すぐに挿入に移行して来たのだろう。
 なので、美咲のフェラは上達しなかった。
 しかし、そのぎこちなさが、逆にそそられる。
 絵里子はその動作に、ふと違和感を感じた。
 どう見ても、強制されてイヤイヤやっている動きではないのだ。
 丁寧だし、妙な言い回しかも知れないが、心がこもっていた。
 まさに、愛する相手にするようなフェラだった。
由美と美弥子 3464目次由美と美弥子 3466

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2022/01/08 06:36
    • 今日は何の日
       毎月8日は、『ホールケーキの日』。
       洋菓子の製造販売などを行う「パティスリー イチリュウ(https://ichiryu.jp/)」を各地に店舗展開する……。
       『㈲一柳(福岡県福岡市中央区)』が制定。
       カレンダーの1日の下には、必ず8日があります。
       日付は、この「1」をロウソクに見立て、「8」を丸いケーキの土台とすることで……。
       「ホールケーキ」を連想させる毎月8日としました。
       記念日を通して、大切な人との時間を幸せで価値のあるものとし……。
       年に数回しか食べないであろう「ホールケーキ」を、もっと身近に感じてもらいたいとの願いがこめられてます。
       記念日は、2020(令和2)年、『(社)日本記念日協会(https://www.kinenbi.gr.jp/)』により認定、登録されました。

       上記の記述は、こちら(https://zatsuneta.com/archives/10108a3.html)のページから転載させていただきました。

       さらに同じページから、「ホールケーキについて」を引用させていただきます。

       「ホールケーキ(whole cake)」とは……。
       切り分ける前の、円柱形の大きなケーキを意味します。
       単に「ホール」とも呼ばれ、主に切り分けて多人数で食べる目的で作られます。
       「ホールケーキ」に対して切り分けられたケーキは「ピースカットケーキ」や「ピースケーキ」と呼ばれるほか……。
       「ホール」に対して、単に「ピース」とも呼ばれます。

       以上、引用終わり。

       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2022/01/08 06:37
    • 今日は何の日(つづき)
       ホールケーキを食べたのは、いつが最後だったでしょう。
       出席した結婚式を除くと……。
       やはり、子供のころのクリスマスしか思い出せません。
       子供のころのクリスマス・イブは、ほんとに素晴らしい日でした。
       この日は、二学期の終業式。
       翌日からは、冬休みが始まります。
       夕食には、鶏の足。
       わたしはこれが大好物でした。
       軟骨までバリバリ食べましたね。
       添えられたポテトサラダも美味しかったです。
       で、夕食が片付けられた後に出て来るのが……。
       クリスマスケーキ。
       そんな大きなものじゃなかったですけどね。
       チョコプレートが載ってました。
       で、翌朝起きれば、クリスマスプレゼントが枕元に。
       ほんとに最高の1日でした。

       現在、クリスマスの魅力は、ほとんどなくなってしまってます。
       仕事はもちろん、年末まで続きますし……。
       夕食に特別な料理が出るわけでもありません。
       たまに気まぐれで、フライドチキンを買ってきたりはしますけどね。
       もちろん、プレゼントなどはありません。
       翌朝起きれば、仕事が待ってるだけ。
       さらに雪が積もってれば、出社前に雪かきです。
       子供のころは、雪が降っても、ぜんぜんイヤじゃありませんでした。
       雪かきもする必要がありませんでしたし。

       続きはさらに次のコメントで。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2022/01/08 06:37
    • 今日は何の日(つづきのつづき)
       逆に、積もった雪は、いい遊び道具になりました。
       でも、スキーとかは出来ませんよ。
       新潟市は平地なので、坂になる場所がありませんから。
       いくら雪が積もっても、真っ平らでは滑れません。
       田んぼでクロスカントリーなら出来るでしょうが……。
       そんなことしても、楽しいはずがありません。

       そうだ。
       田んぼでひとつ遊びを発明してました。
       犬の散歩のとき、思いついたんです。
       着てるのは、アノラック。
       アノラックとはどういう定義なのかわかりませんが……。
       当時はそう呼んでした。
       特徴は、生地がツルツルしてること。
       あれ、雪によく滑るんです。
       どうするかと云うと……。
       田んぼに、仰向けに寝転びます。
       で、足で交互に雪を蹴って、頭の方に進むんです。
       突然、そんなことを始めたわたしに、犬が困った顔をしてました。
       仰向けに進むわたしと平行して走りながら、わたしの顔を覗きこむんですね。
       止まると、すかさず顔を舐めて来ました。
       心配だったのでしょう。

       子供のころのクリスマス。
       その1日だけなら、もう一度戻ってみたいかな。
       あ、やっぱりダメだ。
       当時はまだ、うちのトイレは汲み取りでしたから。
       あそこに帰る気にはなりませんね。

    • ––––––
      4. 手羽崎 鶏造
    • 2022/01/08 09:27
    • クリスマスの思い出。
      小学生低学年の頃でしょうか。
      勤め人であった父が瓶入りの
      黒い液体を持ち帰って来て
      「子どもが飲んでも大丈夫や」
      得体の知れないものに警戒しつつ
      姉と恐る恐る口にしたらクスリっぽい
      味と炭酸に?と戸惑ったことを覚えて
      います。

       父の講釈では、南方で捕虜になった日本兵は
      日中、労働を強要させられ喉が渇いても
      水は飲ましてもらえず、シゴトが終えた際に
      飲めと出されたのがコカ・コーラだったそうです。
      それを経験した日本兵や軍属らはその味を
      生涯、決して忘れなかったとのこと。
      コカ・コーラ社は元々、世界一の濾過技術を誇った
      企業。どんな汚水でも飲料水に変える技術は
      戦時中、軍事利用でシェアを拡大していきます。
       父は内地で終戦を迎えたため、戦闘は経験して
      いませんが、その話をよく聞かされ、コカ・コーラ社は
      戦後の日本での営業戦略をも視野に入れていたことに
      驚きを感じたと言っていました。

    • ––––––
      5. 手羽崎 鶏造
    • 2022/01/08 09:38
    • ホールケーキ。
      ホテルに入る前にコンビニで
      酒類と一緒に、カットケーキも購入します。
      Bedの上で、奥さまの陰毛に隠れたホールに、
      ケーキの白いクリームを指でたっぷり掬って
      恥穴の中にまで塗りたくってやります。
      いっそう潤んできたところを、もちろん
      お口でいただきます。
      ワタシのホールケーキ体験です

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2022/01/08 15:09
    • イエス、コーク、イエス
       コーラには大量の糖分が含まれてますから……。
       労働後の捕虜にとっては、ありがたい飲み物だったでしょう。
       米兵が、それをわかってて与えてたかは疑問ですが。
       しかし、沖縄や岩国の米軍、ヒドいですね。
       コロナまん延。
       バカの集まりです。
       あんなんじゃ、中国に勝てないと思います。

       ケーキ。
       お互いに顔に塗ったら面白いのに。
       コントになってしまいますが。
       口臭も誤魔化せるし……。
       クリームまみれのディープキス、乙なんじゃないですか。
    コメントする   【由美と美弥子 3465】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
問答無用の吸血鬼R18 新・SM小説書庫2 Japanese-wifeblog 愛と官能の美学
知佳の美貌録 未知の星 熟女と人妻エロンガ 赤星直也のエロ小説
[官能小説] 熟女の園 電脳女学園 官能文書わーるど 只野課長の調教日記
ちょっとHな小説 都会の鳥 人妻の浮気話 艶みるく 西園寺京太郎のSM官能小説

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
熟女・おばさんの性体験談 黒い教室 人に言えない秘密の性愛話 Playing Archives
被虐願望 女性のための官能小説 性転換・TS・女体化劇場 性小説 潤文学ブログ
羞恥の風 女の陰影 女性のH体験告白集 変態小説
むね☆きゅんファンサイト 週刊リビドー かおるの体験・妄想 ぺたの横書き
あおいつぼみ 葵蕾 最低のオリ 魔法の鍵 Mikiko's Roomの仮設テント
恥ずかしがりたがり。 官能的なエロ小説 SMX工房 淫芯

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
お姫様倶楽部.com 被支配中毒 出羽健書蔵庫 かめべや
HAKASEの第二読み物ブログ 女教師と遊ぼう 平成な美少女ライトノベル 官能の本棚
禁断の体験 エッチな告白集 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 恥と屈辱の交差点 潤文学
ましゅまろくらぶ 空想地帯 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ Angel Pussy 週刊創作官能小説
ろま中男3 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 漂浪の果てに アダルト検索一発サーチ

快感小説 SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄
秘密のエッチ体験談まとめ 18's Summer 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ
ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋
レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための…
緊縛新聞 Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所 エピソードセックス
マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集
黒塚工房 プライド 女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都 羊頭狗肉
ひよこの家 美里のオナニー日記 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
シンプルアダルト動画サーチ 人気ブログランキング
にほんブログ村 ライブドアブログ
官能小説アンテナ エログちゃんねる
官能文章アンテナ アダルトブログランキング


ランキング/画像・動画(11~30)
GL Search Adult Novels Search オンライン小説検索・R小説の栞 おたりんく








<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top