Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 3413
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 しかし……。
 いざ排尿しようとすると、なかなか出ないものだった。
 やはり、心理的なブレーキが働くのだろう。
 だが、そのときは突然訪れた。

 営業マンらしい、若い男の2人連れが歩いて来た。
 ひとりは、まだ大学を出て間もないようだ。
 スーツのズボンは、かなりぴっちりしたシルエットだった。
 今は、あんなのが流行りなのだろうか。
 どうしても視線が股間に行ってしまう。
 傘を傾けて顔を隠し、すれ違いながら股間を凝視する。
 男根の形状が見て取れた。
 ように思えた。
 刹那……。
 絵里子は排尿していた。
 音が聞こえるのではないかと思うほどの勢いだった。
 下を見たが、スカートに変化はない。
 水流はスカートを叩かず、真下に向いているらしい。
 もちろん、太腿から向こう脛への小水の流れは、如実に感じた。
 漏らしている……。
 街頭で。
 激しい昂奮が襲った。
 歩けなくなり、街路樹の幹に手を着いて、痙攣に耐える。
 全身に鳥肌が立っていた。

 以来、絵里子は、雨の日を待ち望むようになった。
 すっかりマニアになった。
 歩行排尿マニアだ。
 香織には、黒革のスカートで排尿するなどと見栄を張った。
 もちろん、そんな高級なアイテムを汚すバカはいない。
 第一、黒革のスカートなど持っていない。
 ポリエステルのスカートで十分。

 外に連れ出そう。
 もちろん、美咲をだ。
 室内でのプレイは、すっかり日常化してしまっている。
 最後は美咲が、風呂場で排尿する。
 絵里子に後ろから抱えられながら。
 香織は四つん這いになり、美咲の尿を顔面に浴びつつ、自ら手マンしている。
 排尿の途絶えた美咲の性器に、香織が顔を埋める。
 クリトリスを吸引する音が聞こえる。
 イクのは、美咲と香織、ほとんど同時だった。
 手順まで、すっかりルーティン化してしまっていた。
 打破しなければ。
 といって、いきなり野外で排尿させるのは難しいだろう。
 しかし、そこに至るまでの過程は、存分に楽しむことが出来る。
 また、新しい非日常にゾクゾク出来るのだ。
由美と美弥子 3412目次由美と美弥子 3414

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2021/10/23 06:35
    • 今日は何の日
       10月23日は、『じゃがりこの日』。
       「じゃがりこ」などの菓子や食品の製造販売を行う『カルビー㈱(https://www.calbee.co.jp/)/東京都千代田区丸の内』が制定。
       日付は、「じゃがりこ(https://www.calbee.co.jp/jagarico/)」が発売された、1995(平成7)年10月23日にちなんで。
       「じゃがりこ」は、子どもから大人まで幅広いファンを持つ人気のスナック菓子です。
       毎年この日を、日ごろの感謝と今後の期待をファンに伝える日とすることが目的。
       この日を記念して、大喜利企画、写真投稿キャンペーン、ミュージアムの開催など……。
       期間限定のイベントが実施されます。
       また、「じゃがりこの日」大使として……。
       歌手でシンガーソングライターの足立佳奈さんが任命されてます。
       記念日は、2016(平成28)年、『(社)日本記念日協会(https://www.kinenbi.gr.jp/)』により認定、登録されました。

       上記の記述は、こちら(https://zatsuneta.com/archives/110234.html)のページから転載させていただきました。

       さらに同じページから、「じゃがりこについて」を引用させていただきます。

       「じゃがりこ」は、ジャガイモを主原料としたスナック菓子で……。
       一度ふかしたジャガイモを、細い棒状に整形して油で揚げたものです。
       カリカリ、サクサクとした独特の食感があり……。
       様々なフレーバーが、限定商品として販売されてます。

       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2021/10/23 06:36
    • 今日は何の日(つづき)
       引用を続けます。

       カルビーのヒット商品としては……。
       1960年代の「かっぱえびせん」、1970年代の「カルビーポテトチップス」、1980年代の「シリアル(現:コーンフレーク・フルグラなど)」があります。
       これに次いで、1990年代を代表する主力商品となるよう、「じゃがりこ」が開発されました。
       当時、ルーズソックスで世を席巻してた女子高生を意識し……。
       彼女たちが「カバンに入れて持ち歩けるお菓子」をイメージした商品です。
       商品名の候補には「カリットポテト」「ポテッキー」「スリムポテト」などがありました。
       しかし、若手社員中心の開発チームで議論するうち……。
       男性社員の「友人の利加子さんに試食させたら美味しそうだった」という話で盛りあがりました。
       で、「じゃがいもりかこ → じゃがりかこ → じゃがりこ」となったということです。
       そして現在では、年商が250億円を超えるカルビーの看板商品となってます。
       味の種類には、レギュラー商品として、サラダ味、チーズ味、じゃがバター味、たらこバター味があります。
       地域限定の商品としては……。
       九州しょうゆ味、肉じゃが味、関東のりだし味、たこ焼き味、贅沢カニだし味、豚丼味、牛たん味など。
       期間限定の商品としては……。
       梅こぶ茶味、梅え味、うま旨だし味、明太チーズ味など。
       ↓公式キャラクターのキリンは、「食べ出したらキリンがない」から生まれました。
      https://zatsuneta.com/img/110234_01.jpg

       日曜大工が趣味のお父さんは「じゃがお」、料理が得意なお母さんは「りかこ」であり……。
       その他にも数多くの「じゃがりこファミリー」がいます。

       以上、長い引用終わり。

       続きはさらに次のコメントで。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2021/10/23 06:36
    • 今日は何の日(つづきのつづき)
       残念ながら、食べたことはありません。
       でもこれなら、お酒のつまみに良さそうです。
       東京に泊まるとき、近くにスーパーがなければ……。
       お酒のアテは、コンビニで調達することになります。
       じゃがりこ、候補のひとつですね。
       あと、コンビニで美味しいのは、サンドイッチとおにぎり。
       これらについては、スーパーより遙かに上質だと思います。
       あと、わたしが泊まったビジホでは……。
       部屋に、レンジが備え付けてあったこともあります。
       これがあれば、レンチンのスパゲッティなども買えるわけです。
       これまでは、スーパーが近くにある宿を選んでましたが……。
       コンビニでいいのかも。

       さて。
       わたしの叔父は、62歳ですが……。
       どうやら、糖尿病になったようなのです。
       これまでも、会社の検診で、検尿から高血糖の値は出てたそうです。
       でも、それとは別に受けてるクリニックの検診で……。
       血液検査で測る「HbA1c(ヘモグロビン・エーワンシー)」が、5.8くらいだったので放置してたようです。
       でも最近、朝起きると、足の親指の感覚が妙だったそうです。
       親指の裏に、絆創膏でも貼ってあるような感じ。
       次第に、痺れも出て来たとか。
       心配になってネット検索したところ……。
       糖尿病の初期症状に合致してたそうです。
       そのほかにも、口が渇く、トイレが近いなど、思いあたる症状がゴロゴロあったとか。
       で、ビビりの叔父は、すっかり震えあがったようなんです。

       続きはさらにさらに次のコメントで。

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2021/10/23 06:37
    • 今日は何の日(つづきのつづきのつづき)
       特に、足の親指の感覚にはショックを受けたみたいです。
       叔父の脳裏には、「壊疽→切断」という図式が浮かんだわけです。
       で、突然、食生活を改めました。
       一番の転換は、お昼のご飯を止め、スープ春雨にしたそうです。
       でも、お酒を節制してないらしいのが、一番問題だと思うのですが。

       じゃがりこの話から、なぜこの流れになったかと云うと……。
       糖尿病の人が摂りすぎてはいけないのが、糖質。
       ご飯、パン、うどんなどです。
       逆に、野菜はどんどん摂るべきとされてるわけです。
       で、叔父は、スープ春雨では物足りなく……。
       じゃがバターを、パクパク食べてたとか。
       ところが!
       また、ネット検索してて仰天。
       なんと、芋類には糖質が多く含まれてたのです。
       すっかりしょげかえり、再びスープ春雨に戻したそうです。

       ↓糖質の多い食品例(出典⇒http://www.tmch.or.jp/hosp/section/meditech/diabetes/5.html)。
      +++
      ご飯、食パン、菓子パン
      麺類(うどん、ソーメン、冷麦、そば、ラーメン、焼きそば、スパゲティなど)
      餅、かぼちゃ、芋類(じゃが芋、さつまいも、里芋など)、とうもろこし
      くり、大豆以外の豆類(小豆、インゲン豆、おたふく豆など)
      コーンフレーク、ホットケーキ、ケーキ、饅頭、スナック菓子、クッキー
      せんべい、ようかん、ジュースなど
      +++

       みなさんも、気をつけましょう!
    コメントする   【由美と美弥子 3413】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 新・SM小説書庫2 電脳女学園
赤星直也のエロ小説 官能文書わーるど 官能の本棚 羞恥の風
淫芯 人に言えない秘密の性愛話 [官能小説] 熟女の園 ちょっとHな小説
官能的なエロ小説 人妻の浮気話 艶みるく 変態小説 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき
女性のH体験告白集 性小説 潤文学ブログ Playing Archives 被支配中毒

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
恥ずかしがりたがり。 濠門長恭の過激SM小説 お姫様倶楽部.com 恥と屈辱の交差点
あおいつぼみ 葵蕾 女性のための官能小説 潤文学 女の陰影
魔法の鍵 ぺたの横書き 西園寺京太郎のSM官能小説 ましゅまろくらぶ
空想地帯 Mikiko's Roomの仮設テント かめべや 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~
Angel Pussy 週刊創作官能小説 出羽健書蔵庫 HAKASEの第二読み物ブログ むね☆きゅんファンサイト
黒い教室 ろま中男3 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 被虐願望

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
愛と官能の美学 平成な美少女ライトノベル 最低のオリ 漂浪の果てに
週刊リビドー 女教師と遊ぼう アダルト検索一発サーチ 快感小説
SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄 秘密のエッチ体験談まとめ
18's Summer 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ ひめ魅、ゴコロ。
おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋 レズ画像・きれいな画像倉庫

riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞
Japanese-wifeblog Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場
エピソードセックス マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH
羞恥集 黒塚工房 プライド 女性作家専門官能小説
官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都
羊頭狗肉 ひよこの家 美里のオナニー日記 エロショッカー軍団
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる 人気ブログランキング
にほんブログ村 シンプルアダルト動画サーチ
官能小説アンテナ ライブドアブログ
アダルトブログランキング オンライン小説検索・R小説の栞


ランキング/画像・動画(11~30)
Adult Novels Search GL Search 正しいH小説の勧め 成人向けランキング
Girls Love Search おたりんく クリエイターコレクションR18 ネット小説ランキング
GAY ART NAVIGATION 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top