Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 3385
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ


 おばさんの顔は、流れた口紅でピエロみたい。
 おばさんは、若い男の股間を握る。
 勃起してるのがはっきりとわかる。
 うれしい。
 50を過ぎた自分と抱き合いながら、勃起してくれてる。
 ファスナーを下ろし、ボクサーブリーフの前を掻き分け、男根を掴む。
 熱く脈打ってる。
 引っ張り出す。
 男の手が、おばさんのスカートをたくしあげる。
 ぴちぴちのタイトスカートなので、腰骨の上まであげたら落ちてこない。
 男の両手が、ストッキングにかかる。
 捲り下ろす。
 勝負下着のパンティごと。
 剥き出しになったダルダルの尻たぶを、男の手の平が揉みしだく。
 おばさんは、脈打つ男の性器の先を、自分の陰毛に擦りつける。
 男の片手が尻を離れ、前に回った。
 おばさんの股間に指が届く。

「あ、ふぅん」

 おばさんの尻が跳ねる。
 そのまま、腰砕けのようによろめく。
 もちろん、演技だ。
 男の男根を持ったまま後ずさる。
 後ろはベッドだ。
 おばさんは、ベッドに尻を落とす。
 目の前には、握ったままの男根。
 おばさんは、躊躇なく咥える。
 口紅の流れたピエロみたいな顔で挿出する。
 男が、おばさんの肩を叩いた。
 おばさんが男根を吐き出す。
 無言で通じる符丁だ。
 フェラから本番に移る合図。

 おばさんは、膝上に絡まったストッキングとパンティを引き下ろそうとする。
 しかし男は、思いがけない挙動に出た。
 おばさんの蓮根みたいな太い脚を拾いあげ、そのまま持ちあげたのだ。
 おばさんは、ベッドに仰向けに倒れる。
 男はストッキングとパンティを足首までずらし、おばさんの両脚を割り開いた。
 おばさんの両脚は、膝を支点に、パンタグラフのように開いた。
 男は上着だけ脱ぎ捨てると、パンタグラフに頭を突っこんだ。
 輪くぐりみたいに両肩まで抜く。
 生まれ出る生き物のように、男の上体がおばさんの両脚の輪から抜け出た。
 男は、カチャカチャとバックルを鳴らしてベルトを外し、黒いブリーフごとズボンを下ろした。
 男と女の下腹部だけが、剥き出しで向き合う。
 男は片手で男根を掴み、一気におばさんの性器に突きこむ。

「わひぃ」

 おばさんの口から、憚ることのない嬌声が噴きあがる。
 隣室に子供部屋があったマンションでは、ずっと噛み殺してきた声だった。
 娘たちが嫁ぎ、ようやく夫婦だけの暮らしに戻ったときには……。
 夫は、EDになっていた。
 夫は、おばさんの浮気を薄々感づいているかも知れない。
 でも、何も言わないでいてくれる。
 ありがとう、あなた。
 そう心に念じながら、おばさんは男の胴体を両脚で締めあげる。
 太い脚に絡まる黒いストッキングとパープルのパンティ。
 わたしは今、青春なんだと思う。
由美と美弥子 3384目次由美と美弥子 3386

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2021/09/13 06:03
    • 今日は何の日
       毎月13日は、『お父さんの日』。
       乳酸菌飲料「ヤクルト」、飲むヨーグルト「ジョア」などを製造販売する『㈱ヤクルト本社(https://www.yakult.co.jp/)/東京都港区東新橋』が制定。
       日付は、「おとう(10)さん(3)⇒お父さん」と読む語呂合わせから、毎月13日に。
       毎日働いて、一家の大黒柱として頑張っているお父さんに、月に1回、感謝の気持ちを表す日。
       また、「人も地球も健康に」をコーポレートスローガンに掲げる同社の……。
       お父さんが健康にとの願いがこめられてます。
       記念日は、『(社)日本記念日協会(https://www.kinenbi.gr.jp/)』により認定、登録されてます。

       上記の記述は、こちら(https://zatsuneta.com/archives/101137.html)のページから転載させていただきました。

       さらに同じページから、引用を続けさせていただきます。

       人が健康であるためには、人だけではなく周りのもの全てが健康でなければなりません。
       水、土壌、空気、動物、植物、そして人々が織りなす会社。
       これら全てが健康であって初めて、人は健康的に生活でき、健全な社会が築かれるのです。
       ヤクルトのコーポレートスローガンには、このような想いがこめられてます。

       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2021/09/13 06:03
    • 今日は何の日(つづき)
       引用を続けます。

       日本において、一般的な「父の日」は6月の第3日曜日です。
       「父の日」は、アメリカの風習が日本に伝わったものです。
       日本では、お父さんに日ごろの感謝の気持ちをこめて……。
       黄色いバラ、シャツ、ネクタイ、ビールなどの贈り物をすることが多いです。

       以上、引用終わり。

       知ってましたか?
       毎月13日が「お父さんの日」だって。
       初めて聞きましたよ。
       そもそも、「父の日」が、6月の第3日曜日って認識もありませんでした。
       母の日の翌月、スーパーの特売コーナーに「父の日」グッズが並ぶのはお馴染みの光景でした。
       しかしそれが、「6月の第3日曜日」であると認識したことは、1度もありません。
       ましてや、毎月13日が「お父さんの日」だなんて。
       そんなら、「お母さんの日」もあるんですかね?
       『(社)日本記念日協会』で検索しましたが、ありませんでした。
       語呂のいい日付がありませんから仕方ないとは思いますが。
       しかし、ヤクルトさん。
       奮発しましたね。
       毎月の記念日、つまり年12回ある記念日の登録料は……。
       75万円です。
       さすが、球団を持ってる会社だけあります。

       続きはさらに次のコメントで。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2021/09/13 06:03
    • 今日は何の日(つづきのつづき)
       そうそう。
       世の「お父さん」には、文句があります。
       さっきの「スーパーの特売コーナー」で思い出しました。
       わたしが行くスーパーは、郊外にあります。
       敷地面積は、近くにある児童数600人の小学校の数倍はあります。
       駐車場は滑走路のようです。
       で、仲の良いご家族は、一家で車で買物に来られます。
       お父さんは運転手。
       そこまではいいです。
       ところが、買物には用のないお父さんまで、店内に付いてきます。
       ま、駐車場の車の中じゃ、退屈するでしょうけどね。
       でも、店内放送でも言われてますでしょ。
       「買物は出来るだけ少人数で」って。
       とにかく、そういう用のないお父さんが、店内にたくさんいるんです。
       すぐにわかりますよ。
       カゴも何も持ってません。
       腰の後ろで手を組んで、ふーらふーら歩いてます。
       はっきり申しあげて、邪魔なんです!
       あなたが、何の興味もないくせに覗きこんでるその棚。
       わたしはそこにある豆腐が取りたいんです!
       脇からじゃ取れないんですよ。
       一番奥まで手を突っこまなきゃなりませんから。
       賞味期限の新しいものほど、奥にあるからです。
       こっちは、そういう高い意識を持って買物をしてるのです。
       スーパーは、物見遊山の場ではない!
       1日でも新しい賞味期限の豆腐、一番シャキシャキしてるほうれん草を手にするための……。
       闘争は言い過ぎですが、勝負の場です。
       買い物しないんなら、そっこく退場せよ!

    • ––––––
      4. 手羽崎 鶏造
    • 2021/09/13 20:18
    • 50過ぎの「おばさん」。
      食べごろだと思います。
      ひと昔前は熟れすぎて腐りかかって
      いましたが、今は完熟になっていると
      思います。
      結婚して、出産された人生だと、
      女子を産めばちょうど、女子大生の頃。
      娘さんと共用・競う?機会が出てくるので
      娘のヴァージン喪失とご自分のセカンドヴァージン
      喪失許容の好機になると思うのです

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2021/09/14 03:38
    • 熟女の範疇
       わたしがこのブログを始めて以来……。
       急速に「熟女」の年齢があがってきました。
       昔は、30代くらいが熟女だったと思います。
       転機となったのは、里中亜矢子というAV女優さんの登場でしょうか。
       デビューは、50代半ばだったですかね。
       以後、10年近く現役だったようです。
       現在の「熟女」はもう、古希まで範疇に入って来てるようです。
    コメントする   【由美と美弥子 3385】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 新・SM小説書庫2 電脳女学園
赤星直也のエロ小説 官能文書わーるど 官能の本棚 羞恥の風
淫芯 人に言えない秘密の性愛話 [官能小説] 熟女の園 ちょっとHな小説
官能的なエロ小説 人妻の浮気話 艶みるく 変態小説 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき
女性のH体験告白集 性小説 潤文学ブログ Playing Archives 被支配中毒

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
恥ずかしがりたがり。 濠門長恭の過激SM小説 お姫様倶楽部.com 恥と屈辱の交差点
あおいつぼみ 葵蕾 女性のための官能小説 潤文学 女の陰影
魔法の鍵 ぺたの横書き 西園寺京太郎のSM官能小説 ましゅまろくらぶ
空想地帯 Mikiko's Roomの仮設テント かめべや 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~
Angel Pussy 週刊創作官能小説 出羽健書蔵庫 HAKASEの第二読み物ブログ むね☆きゅんファンサイト
黒い教室 ろま中男3 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 被虐願望

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
愛と官能の美学 平成な美少女ライトノベル 最低のオリ 漂浪の果てに
週刊リビドー 女教師と遊ぼう アダルト検索一発サーチ 快感小説
SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄 秘密のエッチ体験談まとめ
18's Summer 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ ひめ魅、ゴコロ。
おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋 レズ画像・きれいな画像倉庫

riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞
Japanese-wifeblog Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場
エピソードセックス マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH
羞恥集 黒塚工房 プライド 女性作家専門官能小説
官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都
羊頭狗肉 ひよこの家 美里のオナニー日記 エロショッカー軍団
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる 人気ブログランキング
にほんブログ村 シンプルアダルト動画サーチ
官能小説アンテナ ライブドアブログ
アダルトブログランキング オンライン小説検索・R小説の栞


ランキング/画像・動画(11~30)
Adult Novels Search GL Search 正しいH小説の勧め 成人向けランキング
Girls Love Search おたりんく クリエイターコレクションR18 ネット小説ランキング
GAY ART NAVIGATION 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top