Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 3338
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 もちろん絵里子の表情は、これがタチの悪いジョークではないことを表していたはずだ。
 おそらく、獲物にロックオンした肉食獣の顔だっただろう。

「絵里子さん?
 な、何?」
「あなたの重荷を取り去ってあげるわ」
「何ですか、重みって?」
「重みじゃなくて、重荷。
 二十歳はたち間近で処女という足かせ」
「ぜ、ぜんぜん重荷じゃないです。
 イ、イヤです」
「なんで?
 男の人じゃなきゃダメ?
 いくら待ったって、あなたに男にヤッてもらえる機会なんて来ないわよ。
 だからわたしが、その役目を代わってあげるのよ」

 絵里子は、一歩踏みこんだ。

「いやー」

 香織は、シャワーを絵里子に向けた。
 もちろん、そんなものは何の抵抗にもならない。
 逆に、突き出した香織の手を容易に掴めた。
 香織はシャワーヘッドを投げ出した。
 水色の風呂マットに落ちたヘッドは、水を噴き出しながら跳ね回った。
 香織は、絵里子の手を引き離そうと、身を沈めた。
 しゃがみこんだ股間が露わになった。
 密度の薄い陰毛だった。
 白い地肌が透けて見えた。
 もちろん、その下の幼い割れ目もはっきりと覗いていた。
 あそこに突きこめるのだ。

 絵里子は身を沈め、香織の身体を押し倒そうとした。
 力ではとうてい叶わないと悟ったのか、香織は思いがけないアクションに出た。
 身を捩り、風呂マットにうつ伏せになったのだ。
 マットの縁を両手で掴み、両脚を真っ直ぐ伸ばした。
 股を開いていると危険だと思ったのだろう、両脚の膝から下を交差させていた。

 絵里子はほくそ笑んだ。
 処女丸出しの防御体勢だ。
 前を守りさえすれば犯されないと、咄嗟に判断したわけだ。
 しかし、動物の交尾は後背位で行われる。
 雌の背後から、牡が挿入するのが自然なのだ。
 当然、性器もそういう角度で付いている。

 絵里子は、香織の腿裏に自らの尻を落とした。
 下にマットがなければ、華奢な腿はへし折れたかも知れない。

「た、助けて」

 香織は、前方の混合水栓に手を伸ばそうとした。
 熱湯でも出されたらやっかいだ。
 香織の肩を掴み、自らの尻を持ちあげる。
 肩を手前に引き、水栓から遠ざけた。
 そのまま片手を背中に突き、体重を載せる。
 香織は、ピン留めされた昆虫のように動けなくなった。
由美と美弥子 3337目次由美と美弥子 3339

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2021/07/10 06:15
    • 今日は何の日
       7月10日は、『納豆の日』。
       関西納豆工業協同組合が、関西での納豆の消費拡大を目的に……。
       関西地域限定の記念日として、1981(昭和56)年に制定。
       その後、『全国納豆協同組合連合会http://www.natto.or.jp/(納豆連)/東京都荒川区荒川』が……。
       1992(平成4)年に、改めて全国的な記念日として制定。
       日付は、「なっ(7)とう(10)⇒納豆」と読む語呂合わせから。
       納豆連は、この日とは別に、「い(1)と(10)⇒糸」と読む語呂合わせから……。
       1月10日を、「糸引き納豆の日」としてます。

       上記の記述は、こちら(https://zatsuneta.com/archives/107101.html)のページから転載させていただきました。

       さらに同じページから、「納豆について」を引用させていただきます。

       「納豆」は、よく蒸した大豆を納豆菌によって発酵させた日本の発酵食品です。
       様々なものが存在しますが、一般的には「糸引き納豆」を指します。
       近年では、健康食品としても注目を集めてます。
       納豆には、大豆由来のタンパク質やビタミンKが豊富に含まれており……。
       現在でも、上質なタンパク質源と言えます。
       ビタミンKは、血液の凝固因子を作るのに不可欠であり……。
       骨タンパク質の働きや骨形成を促進します。

       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2021/07/10 06:15
    • 今日は何の日(つづき)
       引用を続けます。

       「納豆」の語源ですが……。
       寺院において、金銭や米穀などの出納を行う「納所(なっしょ)」で作られたことに由来する説が有力とされてます。
       その他にも、将軍に納めた豆という意味で「納豆」と名付けられたという説もあります。
       「納豆」という語句が確認できる最古の書物は……。
       11世紀半ばころ、儒学者の藤原明衡(ふじわらのあきひら)によって書かれた『新猿楽記(しんさるごうき)』です。
       平安時代には、「納豆」という言葉が存在してたことが確認されてます。

       以上、引用終わり。

       「納豆」という言葉の語源は、なるほどです。
       しかし、納豆が、どういうふうにして生まれたかは書かれてませんね。
       わたしが覚えてる限りでは……。
       何かの戦のとき、街道沿いの農民に、軍馬の餌の供出が命じられました。
       農民は、煮た大豆を藁に包んで差し出しました。
       その大豆が藁の中で発酵し、糸を引くようになったんです。
       最初は、腐ったと思ったでしょうね。
       でも、馬が腹を壊すこともなかった。
       むしろ、美味しそうに食べてた(わたしの想像です)。
       で、兵士もちょっと摘まんでみたんじゃないですか。
       おりょ、こりゃいけるわい。
       ということで、藁で包むという製法と共にこの食品が広がっていったわけです。

       続きはさらに次のコメントで。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2021/07/10 06:16
    • 今日は何の日(つづきのつづき)
       わたしは、納豆は好きです。
       1年の内、食べないのは、正月三が日と、胃カメラの日と、職場健診の日だけ。
       5日間だけですね。
       正月三が日は、お節をいただきますし……。
       胃カメラと職場健診の日は、朝食自体、食べられませんから。
       残りの360日は、毎朝納豆を食べてます。
       わたしが食べるのは、おかめ納豆の「極小粒ミニ」というパック(http://www.takanofoods.co.jp/products/detail.php?id=2)。
       パックが3つ繋がって売られてます。
       1980年代に発売されたロングセラー商品だそうです。
       パックごとに、「たれ」と「辛子」も付いてます。
       でもわたしは、「たれ」は使いません。
       ↓「たれ」の原材料です。
      +++
      たんぱく加水分解物、砂糖混合ぶどう糖果糖液糖、しょうゆ、食塩、醸造酢、鰹節エキス/調味料(アミノ酸等)、アルコール、ビタミンB1、(一部に小麦・大豆を含む)
      +++

       しょうゆ以降だけなら、食べるんですけどね。
       その前の2つは、ちょっと引いてしまいます。

       納豆には、無塩醤油、アマニ油、すりゴマを入れて混ぜます。
       これをご飯にかけ、細かく切った野沢菜を載せて食べます。
       野沢菜の歯触りがいいんですよ。
       納豆だけだと、もさもさしますからね。

    • ––––––
      4. 手羽崎 鶏造
    • 2021/07/10 09:30
    • 何度か寄稿したかもしれませんが、
      ワタシは納豆が無理な人間なのです。
      周囲5m以内に近寄ることが出来ません。
      ねばねばがダメという訳ではありません。
      「なめこ」はスキです。
      佐賀生まれの母から家訓として
      「そげなもんは、食たら心根も腐りそうだから
      食べんでよか」(ワタシの解釈)
      と伝えられており、食卓に出た
      ことは皆無でした。
      (というか昭和30年代の関西の
      八百屋には無かったような)

    • ––––––
      5. 手羽崎 鶏造
    • 2021/07/10 09:38
    • 「糸を引くような ねばねばとした」
      これは覚えがあります。
      奥さんの蜜壺が執拗な愛撫と
      勿体ぶったクンニによってそのように
      なってしまっていました。
      こういうときは全身が性感帯に
      なっています

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2021/07/10 11:50
    • 納豆って……
       八百屋さんで売ってたんですか?

       ホテルの朝食のバイキングにもありますよね。
       こんなときまで食べなくてもと思うのですが、ついつい取ってしまいます。
    コメントする   【由美と美弥子 3338】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
禁断の体験 エッチな告白集 ましゅまろくらぶ 新・SM小説書庫2 未知の星
赤星直也のエロ小説 電脳女学園 官能文書わーるど 官能の本棚
ちょっとHな小説 淫芯 人妻の浮気話 艶みるく [官能小説] 熟女の園
Playing Archives おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 羞恥の風 人に言えない秘密の性愛話
性小説 潤文学ブログ 変態小説 西園寺京太郎のSM官能小説 潤文学

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
恥ずかしがりたがり。 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ Angel Pussy 週刊創作官能小説 官能的なエロ小説
女性のための官能小説 恥と屈辱の交差点 ぺたの横書き 出羽健書蔵庫
魔法の鍵 HAKASEの第二読み物ブログ むね☆きゅんファンサイト 空想地帯
黒い教室 濠門長恭の過激SM小説 お姫様倶楽部.com 女性のH体験告白集
かめべや 女の陰影 あおいつぼみ 葵蕾 被支配中毒
ろま中男3 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 被虐願望 愛と官能の美学

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
平成な美少女ライトノベル 最低のオリ Mikiko's Roomの仮設テント 漂浪の果てに
週刊リビドー 女教師と遊ぼう アダルト検索一発サーチ 快感小説
SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄 秘密のエッチ体験談まとめ
18's Summer 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ ひめ魅、ゴコロ。
おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋 レズ画像・きれいな画像倉庫

riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞
Japanese-wifeblog Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場
エピソードセックス マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH
羞恥集 黒塚工房 プライド 女性作家専門官能小説
官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都
羊頭狗肉 ひよこの家 美里のオナニー日記 エロショッカー軍団
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる 人気ブログランキング
シンプルアダルト動画サーチ にほんブログ村
官能小説アンテナ ライブドアブログ
オンライン小説検索・R小説の栞 アダルトブログランキング


ランキング/画像・動画(11~30)
Adult Novels Search 正しいH小説の勧め ネット小説ランキング GL Search
Girls Love Search おたりんく 成人向けランキング クリエイターコレクションR18
ヌケルアダルト作品 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top