Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 3312
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「そうよ。
 子供は作るものじゃなくて、授かるもの」
「ですよね。
 でも、自分が授かれないのは……。
 やっぱり、何か落ち度があるんじゃないかって思ってしまいます」
「朝はダメなの?
 夜じゃなくて、出社前」
「主人、朝、弱くて。
 朝食も食べないことが多いんです」
「営業なら、客先に直行するとか言って、時間作れないの?」
「主人の会社、客先には必ず2人で行くんです。
 あ、わたしたち職場結婚で。
 わたしも主人と同じ会社に勤めてたんです。
 1人で客先回ってると、癒着とかもあるじゃないですか。
 あと、2人で行くと、相手の対応も違うそうなんです。
 1人だと、カウンター前であしらわれて帰されたりするけど……。
 2人だと、まず応接室には通されるって」
「なるほどね。
 大変ね、今の営業マンは。
 携帯のない時代の営業マンは、会社を一歩出たら……。
 どこで何しててもわからないから、天国だったって聞いたわ。
 競馬場に直行してた人もいたみたいよ。
 ま、結果を残さなかったらクビでしょうけど」

 テーブルには、チーズや缶詰を並べていた。
 話に興が乗ってきたら、どうも物足りない。

「かき揚げ、切るわね。
 今、買って来たのがあるから」

 絵里子は、椅子に置いていたエコバッグから、かき揚げのパックを引っ張り出した。

「今夜のおかずじゃないんですか?」
「うちは、2人とも食べて帰るのよ。
 息子の中学には寮があってね。
 もちろん、遠方の子が入寮してるんだけど……。
 通いの子も、部活の後、寮の食堂で夕食を一緒に食べるの。
 主人はもう、平日は家で夕食は摂らないわね。
 だから、このかき揚げはわたし用」

 絵里子はシンクに立ち、まな板でかき揚げ2つを食べやすいように切った。
 ついでに冷蔵庫から大根の漬物も出す。
 買って来たものではなく、絵里子が漬けたものだった。
 ジップロックから鉢に移し、テーブルに運ぶ。
由美と美弥子 3311目次由美と美弥子 3313

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2021/06/04 05:40
    • 今日は何の日
       6月4日は、『虫の日/ムシの日』。
       漫画家の手塚治虫らの呼びかけで、1988(昭和63)年に設立された『日本昆虫クラブ』が制定。
       日付は、「む(6)し(4)⇒虫」と読む語呂合わせから。
       昆虫が住める街づくりを目指してます。
       「虫の日」は、2018(平成30)年、『(社)日本記念日協会(https://www.kinenbi.gr.jp/)』により認定、登録されましたが……。
       これは、幼少期より昆虫採集を趣味としてきた解剖学者の養老孟司が申請したもの。
       長年にわたり、自然や命について考えてきた養老博士は……。
       虫にも供養が大切と、神奈川県鎌倉市の建長寺に「虫塚」を建立しました。
       毎年、多くの昆虫採集家が集い、法要を行ってます。
       また、「独立国・カブトムシ自然王国」を宣言してる福島県常葉町(現:田村市常葉町)の『常葉町振興公社(現:田村市常葉振興公社)』は……。
       「ムシの日」を制定してます(こちらは『(社)日本記念日協会』の登録がないようです)。

       上記の記述は、こちら(https://zatsuneta.com/archives/106042.html)のページから転載させていただきました。

       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2021/06/04 05:40
    • 今日は何の日(つづき)
       さらに同じページから、「カブトムシ自然王国の常葉町について」を引用させていただきます。

       福島県常葉町は、全国有数の葉タバコの産地です。
       葉タバコの肥料となる腐葉土の中で、カブトムシの幼虫が成育することに着目し……。
       カブトムシの養殖を開始しました。
       その後、カブトムシを軸とした町おこし事業を展開してます。
       1991(平成3)年、『常葉町振興公社』は……。
       子ども達がさまざまな遊具で遊ぶことができる総合公園『こどもの国ムシムシランド(http://mushimushiland.com/)』をオープンさせました。
       また、2016(平成28)年には……。
       自然の中で暮らすカブトムシと触れ合うことができる施設「カブトムシ自然観察園」を、ムシムシランド内にオープンさせてます。

       以上、引用終わり。

       カブトムシはたぶん、1度も触ったことがありません。
       見た記憶もないです。
       わたしの住んでるあたりには、雑木林がないんですよ。
       昔は、「地図にない湖」と呼ばれた低湿地でした。
       戦後、排水機が整備され、乾田となりました。
       いずれにしろ、木なんか生えてません。
       地平線の彼方まで田んぼです。
       八郎潟とかの風景と似てるんじゃないでしょうか。
       なので、カブトムシやクワガタは、身近にいる昆虫じゃありませんでした。
       男子が、学校に持ってきたこともありません。
       カマキリはしょっちゅうでしたが。

       続きはさらに次のコメントで。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2021/06/04 05:41
    • 今日は何の日(つづきのつづき)
       そうそう。
       カマキリでは思い出があります。
       小学校のころです。
       雪が降る前の季節。
       草の茎に、カマキリの卵を見つけました。
       で、茎ごと折って持ち帰り……。
       虫かごに入れて(なぜか虫かごはありました)、ベランダの園芸道具の棚に置いておきました。
       そんなことはすっかり忘れた翌春のある朝。
       ベランダから母の悲鳴。
       驚いて駆けつけると……。
       洗濯物を抱えた母が何かを指差してます。
       その指の先を見たわたしも、悲鳴をあげました。
       虫かごです。
       中が、うじゃうじゃ蠢いてます。
       孵化したカマキリが、一杯に充満してたんです。
       即座に捨ててくるよう命じられました。
       カゴを指先に吊り下げて外に出て、近くの草むらまで来ました。
       カゴを閉めたままでは、いくらなんでも可哀想なので……。
       決死の覚悟で入口を開け、カゴは放り捨てました。
       以後、そこに確認に行くことはなかったので……。
       カマキリたちの行く末は不明です。

       カブトムシに話は戻りますが……。
       人気があるのは、日本くらいみたいですよ。
       欧米には、そもそもいないんですかね?
       欧米人は、カブトムシとゴキブリの区別がつかないそうです。

    • ––––––
      4. 手羽崎 鶏造
    • 2021/06/04 05:53
    • <これまでのチョー簡単なあらすじ>
      40代の豊満な主婦・絵里子は同じ
      マンションに住む新婚女性・美咲に
      声を掛け、おんな二人きりの呑み会
      に持っていく。



    • ––––––
      5. 手羽崎 鶏造
    • 2021/06/04 05:59
    • 美咲さんへ。
      子づくりしたいのなら、
      少しぐらいお酒が入っていた方が
      いいように思いますよ。
      旦那さんの好きそうなエッチAVを準備しておいて
      一緒に観るとか。
      刺激的な下着を着けてみるとか。
      美咲さん自身が積極的に奉仕してさし上げるとか。
      パートナーがそそられるような演出で
      まず、おセックスの頻度を上げていく
      ことだと思いますね。

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2021/06/04 08:14
    • なかなかねー
       特に高学歴の女性には……。
       そういうことが苦手な方が多いのでは。

    • ––––––
      7. 手羽崎 鶏造
    • 2021/06/05 11:15
    • うーん、あんまり「学歴」と決めつけに
      なさらなくともいいと思いますが。
      自ら「奉仕」するのが苦手な女性と
      いうのは確かに居られますな。
      見栄を張らずに、スキ者であることを
      正直に曝け出せばいいことで、お相手の
      オトコの方に責任?が有るのかもしれません。

      ワタシは「変態のMで」と明らかにすると
      妖しい笑みで応じてくださるご婦人と、
      「引いて」しまわれるご婦人に
      分かれます。(そりゃ、そうだろな)

    • ––––––
      8. Mikiko
    • 2021/06/05 18:25
    • 今はいろいろ……
       物騒な時代になってきました。
       いわゆる、リベンジポルノというヤツ。
       録音なら、実に簡単にできますからね。
       なかなか、大胆な発言はしづらいでしょう。
    コメントする   【由美と美弥子 3312】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 新・SM小説書庫2 電脳女学園
赤星直也のエロ小説 官能文書わーるど 官能の本棚 羞恥の風
淫芯 人に言えない秘密の性愛話 [官能小説] 熟女の園 ちょっとHな小説
官能的なエロ小説 人妻の浮気話 艶みるく 変態小説 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき
女性のH体験告白集 性小説 潤文学ブログ Playing Archives 被支配中毒

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
恥ずかしがりたがり。 濠門長恭の過激SM小説 お姫様倶楽部.com 恥と屈辱の交差点
あおいつぼみ 葵蕾 女性のための官能小説 潤文学 女の陰影
魔法の鍵 ぺたの横書き 西園寺京太郎のSM官能小説 ましゅまろくらぶ
空想地帯 Mikiko's Roomの仮設テント かめべや 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~
Angel Pussy 週刊創作官能小説 出羽健書蔵庫 HAKASEの第二読み物ブログ むね☆きゅんファンサイト
黒い教室 ろま中男3 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 被虐願望

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
愛と官能の美学 平成な美少女ライトノベル 最低のオリ 漂浪の果てに
週刊リビドー 女教師と遊ぼう アダルト検索一発サーチ 快感小説
SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄 秘密のエッチ体験談まとめ
18's Summer 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ ひめ魅、ゴコロ。
おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋 レズ画像・きれいな画像倉庫

riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞
Japanese-wifeblog Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場
エピソードセックス マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH
羞恥集 黒塚工房 プライド 女性作家専門官能小説
官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都
羊頭狗肉 ひよこの家 美里のオナニー日記 エロショッカー軍団
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる 人気ブログランキング
にほんブログ村 シンプルアダルト動画サーチ
官能小説アンテナ ライブドアブログ
アダルトブログランキング オンライン小説検索・R小説の栞


ランキング/画像・動画(11~30)
Adult Novels Search GL Search 正しいH小説の勧め 成人向けランキング
Girls Love Search おたりんく クリエイターコレクションR18 ネット小説ランキング
GAY ART NAVIGATION 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top