Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 3294
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 典子は、下腹部にひっついていたディルドゥを押し下げた。
 勃ちあがり部分は、15センチほどだろうか。
 日本人男性の平均サイズよりは、少し大きめだ。
 典子は、水平まで押し下げたディルドゥを、OLの前に突き出した。

「咥えて」

 OLは寄り目になって、ディルドゥの先端を見ている。
 典子がさらに突き出すと、OLの口が開いた。
 ゆっくりと差しこむ。
 歯があたるのがわかった。
 やはり慣れていない。

「フェラして。
 普通に」

 OLは、難題を命じられたような困り顔で、顔を前後させ始めた。
 ぎこちなかった。
 動画などでは見ているのだろうが……。
 実際に咥えたことなど、ないのかも知れない。
 それでもなんとか、唾液は満遍なく塗されただろう。

「もういいわ。
 そのまま見てて。
 薫くん、こっち来て」

 薫をOLの前に立たせる。
 もちろん、OLに正対させてだ。
 OLの眼前には、今度は生身の陰茎が勃ちあがっているわけだ。
 むろん、薫のだ。
 大きさは、典子の装着するディルドゥより、ひとまわり小振りだ。
 しかしこちらは、生々しい肌色。
 しかも、それを縁取るべき陰毛がない。
 OLの瞳は、先端の揺れを追って上下していた。

「じゃ、乾かないうちに。
 薫くん、お尻突き出して」

 尻を突き出すと同時に、薫は両手を持ちあげた。
 握った拳を身に引きつけ、畳んだ指の側をOLに向けている。
 両手を挙げた招き猫のようなポーズだ。
 このポーズを取ったときの薫は、すでに女の子だった。
由美と美弥子 3293目次由美と美弥子 3295

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2021/05/09 05:56
    • 今日は何の日
       5月9日は、『極上の日』。
       日本を代表する酒造メーカーであり、酒類、酒精、調味料などの製造販売を行う『宝酒造㈱(https://www.takarashuzo.co.jp/)/京都府京都市伏見区』が制定。
       日付は、「ご(5)く(9)じょう⇒極上)と読む語呂合わせから。
       まろやかな口当たりと芳醇な味わいのひとクラス上の「極上<宝焼酎>」を……。
       より多くの人に味わってもらいたいとの思いがこめられてます。
       記念日は、『(社)日本記念日協会(https://www.kinenbi.gr.jp/)』により認定、登録されてます。

       上記の記述は、こちら(https://zatsuneta.com/archives/10509a1.html)のページから転載させていただきました。

       さらに同じページから、引用を続けさせていただきます。

       「極上<宝焼酎>」は、1912年(大正元年)に「寶(「宝」の旧字体)」の商標で発売され……。
       2012(平成24)年、100周年を迎えました。
       樽で貯蔵した熟成酒を3%ブレンドしてあり……。
       ほのかな甘い香り、すっきりとした後味など、極上のひとときを楽しむことができます。
       この樽貯蔵熟成酒の種類やブレンド比率については、試行錯誤の結果、生まれたもので……。
       大麦とトウモロコシの樽貯蔵熟成酒が3%使用されてます。
       宝酒造では、大麦、トウモロコシ、サトウキビ糖蜜など原料だけでなく……。
       蒸留方法や貯蔵する樽の種類、貯蔵期間、精製方法の異なる様々な味わいの樽貯蔵熟成酒を、約85種類、2万樽保有してます。
       これらの樽貯蔵熟成酒を、長年培った経験と技術でブレンドすることで……。
       すっきりとした甲類焼酎に味わいの幅を持たせた、美味しい焼酎を製造してます。

       以上、引用終わり。

       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2021/05/09 05:57
    • 今日は何の日(つづき)
       宝焼酎に、高級ブランドがあるとは知りませんでした。
       よほど高いのかと思ったら……。
       ↓さほどではありません(送料注意)。
      https://item.rakuten.co.jp/issyusouden/10641192/?iasid=07rpp_10095___ev-koc1jh58-mo6-2c4c74f5-9b8f-43b7-913f-3148bf0d7a07

       この値段なら、乙類の「いいちこ」と同じくらいなのでは?
       わたしは以前、甲類焼酎を飲んでました。
       紙パックのやつです。
       あるとき、改めてパック側面の原材料を見て愕然。
       ↓わたしが飲んでたのは、「チューハイ専科」という商品。
      https://www.oenon.jp/product/shochu/korui/chuhisenka25.html

       原材料欄には……。
       「糖蜜、砂糖添加、酸味料」。
       砂糖添加!
       焼酎を飲んでる意味ないじゃん!
       ということで、一気に甲類への信頼が消失。
       乙類に転向しました。
       今飲んでるのは、「博多の華」。
       選んだ唯一の理由は、安いから。
       今、改めて確認したら……。
       メーカーは、「チューハイ専科」と一緒でした。
       でもさすがに原材料には、「麦、麦麹」の記載しかありません。
       改めて、「極上<宝焼酎>」の原材料を確認したところ……。
       「サトウキビ糖蜜、大麦、トウモロコシ」でした。
       大麦とトウモロコシは、樽貯蔵熟成酒の成分なんでしょう。
       砂糖は添加されてませんね。

       続きはさらに次のコメントで。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2021/05/09 05:57
    • 今日は何の日(つづきのつづき)
       わたしが焼酎を飲むのは、土日の昼酒です。
       いくらなんでも、2日連チャンはマズいと思い……。
       何度となく、土曜の昼酒禁止を自らに科してみました。
       しかし……。
       ことごとく敗退。
       それならと思いついたのが……。
       アルコール濃度を下げること。
       といっても、焼酎を少しだけ注ぐというのがはなはだ困難。
       どうしても、もうちょびっとと、注ぎ足してしまいます。
       そこで思いついたのが……。
       最初から薄い焼酎を造っておくこと。
       まず、「いいちこ」の900mlのガラス瓶をゲット。
       もちろん中身が入ってますので、それは飲んでしまいます。
       で、空になったボトルには、半分弱「博多の華(25%)」を入れます。
       そして水道水を注ぎ、ボトルを一杯にして攪拌。
       これで、アルコール度数、10%程度の焼酎が完成。
       グラスには、これを4分の1ほど注ぎます。
       ちょびっとじゃなくても大丈夫。
       そこに「沖縄バヤリース シークワーサー入り」をちょろっと入れ……。
       残りはお湯を投入。
       極薄のお湯割りの完成。
       アルコール度数は、2.5%程度でしょう。
       これなら、3時間飲んでも深酒にはなりません。
       ほろ酔い状態が続きます。
       で、1時間ほど昼寝をすれば、ほとんど酒の気は飛んでます。
       お風呂に入って、夕食。
       ビール(第3の)が旨いぜ!
       一件落着。

       今度のスーパーで、「極上<宝焼酎>」、探してみます。
       甲類は、すっきりして美味しいんですよね。

    • ––––––
      4. 手羽崎 鶏造
    • 2021/05/09 22:50
    • 実は、この度、甲類と乙類の違いを
      初めて調べました。
      へえ そうなんや。
      沖縄では、フツーにどこでも500mlの
      シークワーサー飲料が売られています

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2021/05/10 06:04
    • 甲類と乙類
       わたしも知りませんでした。
       「酒税法」に基づく分類だそうです。
       「甲類焼酎とは連続蒸溜によって造られたアルコール度数36パーセント未満の焼酎。乙類焼酎とは単式蒸溜によって造られたアルコール度数45パーセント以下の焼酎」とのこと。
       乙類は、古くから造られてきた伝統製法で……。
       甲類は、明治の終わりに英国から導入された製法とのこと。
    コメントする   【由美と美弥子 3294】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 ましゅまろくらぶ 新・SM小説書庫2
官能文書わーるど 電脳女学園 羞恥の風 赤星直也のエロ小説
官能の本棚 ちょっとHな小説 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 変態小説
[官能小説] 熟女の園 Playing Archives 潤文学 人妻の浮気話 艶みるく
西園寺京太郎のSM官能小説 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 女性のための官能小説 恥と屈辱の交差点

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
人に言えない秘密の性愛話 Angel Pussy 週刊創作官能小説 魔法の鍵 ぺたの横書き
黒い教室 濠門長恭の過激SM小説 恥ずかしがりたがり。 あおいつぼみ 葵蕾
被支配中毒 ろま中男3 官能的なエロ小説 女の陰影
HAKASEの第二読み物ブログ 女性のH体験告白集 出羽健書蔵庫 渡硝子の性感快楽駆け込み寺
被虐願望 性小説 潤文学ブログ 愛と官能の美学 平成な美少女ライトノベル
空想地帯 むね☆きゅんファンサイト 最低のオリ Mikiko's Roomの仮設テント

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
漂浪の果てに 週刊リビドー 女教師と遊ぼう お姫様倶楽部.com
アダルト検索一発サーチ 快感小説 かめべや SM・お仕置き小説ブログ
官能秘宝園 制服美少女快楽地獄 秘密のエッチ体験談まとめ 18's Summer
淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI
妄想ココット ライトHノベルの部屋 レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia

調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞 Japanese-wifeblog
Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス
マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集
黒塚工房 プライド 女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都 羊頭狗肉
ひよこの家 美里のオナニー日記 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる シンプルアダルト動画サーチ
人気ブログランキング にほんブログ村
官能小説アンテナ オンライン小説検索・R小説の栞
ライブドアブログ アダルトブログランキング


ランキング/画像・動画(11~30)
Adult Novels Search GL Search おたりんく 正しいH小説の勧め
成人向けランキング Girls Love Search クリエイターコレクションR18 ヌケルアダルト作品
アダルト動画まとめ 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top