Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 3284
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「先に測る?」
「え?」
「え?、じゃないわよ。
 大きさ測りに来たんでしょ」
「あ、いいです。
 後で」
「先に見たい?」
「はい」
「正直でいいわ。
 それじゃ」

 典子は、ベンチを立つときに巻き直した腰のスカーフを再び解いた。
 壁際一面に据えられたスチールラックの支柱に掛ける。
 チュニックを一気に抜きあげる。
 闘牛士が布を翻すように、チュニックをラックに投げた。

「はい、わたしはもう出来あがり。
 こういうレギンス、知ってる」
「はい、一応。
 サスペンダータイプですよね」
「そう。
 ストッキングにもあるから、夏場はそれにしたら?
 セシールとかでも売ってるわ。
 蒸れなくて最高よ。
 おトイレも楽だし」
「え?
 何でですか?」
「あら、知らないの?
 わたしは今、残念ながらショーツを着けてないけど……。
 あなたひょっとして、この下に穿くと思ってない?」
「違うんですか?」
「普通のストッキングとは、穿き順が逆なの。
 まずストッキングを穿いて、その上からショーツよ。
 それなら、おトイレは、ショーツの上げ下げだけで済むでしょ。
 わたしみたいにノーパンなら、それも必要ないけど。
 そうだ。
 穿くところ、見せてあげようか。
 でも残念ながら、ショーツの持ち合わせがないわ。
 あなたの、貸してくれる」
「え゛」
「やってみせるから」
由美と美弥子 3283目次由美と美弥子 3285

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2021/04/25 06:15
    • 今日は何の日
       4月25日は、『世界ペンギンの日』。
       南極ではこのころに、秋から冬に変わる時期を迎えます。
       毎年、4月25日前後に、アデリーペンギンがアメリカの南極基地に現れたことから……。
       基地の科学者たちが、「ペンギンの日」として祝ったことが始まりです。
       英語表記は「World Penguin Day」。

       上記の記述は、こちら(https://zatsuneta.com/archives/10425a3.html)のページから転載させていただきました。

       さらに同じページから、「ペンギンについて」を引用させていただきます。

       ペンギンは、鳥綱ペンギン目に属する種の総称で、ペンギン科のみが現生します。
       南半球の広い緯度範囲に生息する海鳥で……。
       主に南極大陸で繁殖するのは、コウテイペンギンとアデリーペンギンの2種のみです。
       ペンギンは空を飛ぶことはできませんが……。
       泳ぐのは得意で、器用に海を泳ぎ回って、オキアミなどの小さな獲物を追いかけます。
       海中を自在に泳ぎ回る様は、しばしば「水中を飛ぶ」と形容されます。
       ペンギンは、現在では6属19種ですが……。
       化石からは、かつてもっと多くの種類が存在したことが確認されてます。
       属や種を特徴付けるのは頭部周辺で、それぞれ特徴的な形態をしてます。
       現生の最大種はコウテイペンギンで、体長100~130cmに達します。
       最小種はコガタペンギンで、体長は約40cmです。
       コウテイペンギンは、この記念日の時期に海を離れ、繁殖地にあたる氷原へと向かいます。
       海岸から50~160kmも離れた内陸部へ、隊列を組んで移動します。
       その時、1列になって進むのは……。
       クレバスや穴など、氷原に隠された危険を避けるためだと考えられてます。

       以上、引用終わり。

       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2021/04/25 06:15
    • 今日は何の日(つづき)
       ペンギンが地上を歩く姿は可愛らしく……。
       その体型も相まって、親近感を覚えます。
       「オバケのQ太郎」は、ペンギンがモデルだと聞いたことがあります。
       そう云えば、「オバケのQ太郎」ではありませんが……。
       印象に残ってるマンガがあります。
       4コママンガでした。
       作者は忘れてしまいました。
       空を飛びたいと思い続けていた男がいました。
       老いた死の床で、生まれ変わったら鳥になりたいと神に祈りました。
       やがて魂は召され……。
       そして転生。
       頭上には卵の殻の内側。
       やった、鳥になれた。
       喜び勇んで殻を割り、外に飛び出ます。
       しかし、彼の誕生を迎えてくれた親は……。
       ペンギンでした。
       男の目から零れる、ひとつぶの涙。

       しかし、↑の説明もありますが……。
       泳ぎはほんとにスゴいです。
       水族館の水槽で見たことがあります。
       まさしく、水中を飛んでました。
       飛ぶ場所が変わっただけで、鳥の本分は捨ててないと感じました。
       あれで、水中呼吸が出来れば言うことはないのですが。

       続きはさらに次のコメントで。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2021/04/25 06:16
    • 今日は何の日(つづきのつづき)
       しかしなんで、海岸から50~160kmも離れた内陸で繁殖するんですか?
       魚が獲れませんよね?
       調べたらどうやら、オスとメスが交代で海に向かい……。
       食べ物を胃に貯蔵して巣に戻るようです。
       往復数週間がかりだとか。
       どうやら、海に近いほど天敵が多いということらしいです。
       そんなところでは、とても雛を守り切れません。
       ということで、海から出来るだけ離れた内陸で卵を産むのだとか。
       大変すぎます。
       わたしなら、水族館で生まれたい。

       縦1列になって進む件。
       横一列だと……。
       列と平行に開いたクレバスに、一斉に落ちてしまう可能性があるということですかね。
       縦なら、先頭が落ちれば、次が気がつきます。
       先頭にはなりたくないものです。
       ぜったい、先頭はリーダーじゃないですよね。
       リーダーを真っ先に失ったら大変ですから。
       かといって、若い個体を危険にさらしたら、次世代が育ちません。
       ひょっとして、老体が先頭?
       しかしそれではモタモタして、はかが行きませんよ。
       ていうか、繁殖に行くわけだから、老体は不要です。
       やっぱり、順番ですかね。
       1日歩いたら、交代。
       でも、これからの時期の南極は、昼の時間が極端に短くなっていくでしょう。
       鳥目なんだから、夜は歩けないんじゃないですか。
       数時間歩いて寝るんですかね。
       それでも、あんな寒いところで寝るんですから楽ではありません。
       お酒も飲めませんし。
       生まれ変わっても、ペンギンにはなりませんように(水族館なら、多少考えます)。

    • ––––––
      4. 手羽崎 鶏造
    • 2021/04/25 08:56
    • ファーストペンギン。
      その心意気は大事にしたいものです。

    • ––––––
      5. 手羽崎 鶏造
    • 2021/04/25 09:03
    • 誘いに応じていただく奥さんって
      替えのショーツはバッグの中に
      準備されています。

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2021/04/25 12:27
    • ファーストペンギン
       群の中で、一番最初に海に飛びこむペンギンのことなんですね。
       転じて、ベンチャー精神を讃える言葉になったとか。
       初めて知りました。

       替えのショーツ。
       使用済みの方を、いただいて帰ることは可能なんですか?

    • ––––––
      7. 手羽崎 鶏造
    • 2021/04/25 22:48
    • 独身のオトコがお相手のショーツを、
      頂戴することは有るでしょうね。
      ワタシもオナニー用におねだりした
      ことはあります。
      その彼女には、ワタシの男物・黒い
      ボクサータイプを穿いて帰ってもらいました。
      替えを持ってきていませんでしたから。

      実は、替えのショーツも用意しているというのは
      不倫でラブホにも応じてくれる奥さんのことです。
      室内に入った時には大抵、ショーツの恥ずかしい
      部分は既に濡れてしまっているものです。
      でも、いただけるかといえばまあ無理でしょう。
      妻の居るオトコにみすみす浮気証拠を与える
      ことはないですし、それより、勝負下着の
      場合はブラとセットのものを身に
      付けておられるので、頼まれようが下だけ
      渡すことは考え辛いですね。

    • ––––––
      8. Mikiko
    • 2021/04/26 06:13
    • 勝負下着
       あっさり脱がせてしまわず……。
       いちおう、下着も褒めた方がいいんですかね。
       あと、男性側で下着を用意して……。
       それを着用してもらうという手もあるのでは。
       そっちを持ち帰ればいいわけです。

    • ––––––
      9. 手羽崎 鶏造
    • 2021/04/26 09:07
    • 当たり。
      ファッションは外見だけでなく
      下着姿も誉めてあげることが
      大事だと思っています。
      一旦は、下着姿のまま愛して
      さしあげることも奥さんの性的充足に
      つながります。

      一緒にお気に入りの下着を
      選んでくれない?
      と専門店へと誘われたことがありますが、
      さすがにお断りしました。
      (ドン・キホーテぐらいなら
      一緒に女性用下着売り場に行く
      ことは出来ますが、奥さんの
      お目当ての品とは違うようです)

    • ––––––
      10. Mikiko
    • 2021/04/26 18:14
    • 専門店
       そういうお店には、入ったことがありません。
       奥さんや恋人へのプレゼントを選ぶために……。
       男性が、1人で訪れることはあり得るんでしょうか。
       1人で入れる男性は、大したものだと思います。

    • ––––––
      11. 手羽崎 鶏造
    • 2021/04/28 05:15
    • 大きな商業施設には、女性下着専門店
      が大抵入っています。
      年上の大胆な奥さんに腕を組むよう
      せがまれて、アモスタイルだったか?
      そんな店が有ると、好きなの選んでみる?と
      悪戯っぽくからかわれるのでした。
      その奥さんは通販専門だとおっしゃってました。
      最初の勝負下着は濃いグリーンと渋い赤の
      色味(もちろん上下揃い)で忽ちノックアウトされました

    • ––––––
      12. 手羽崎 鶏造
    • 2021/04/28 05:23
    • 下着のプレゼント?
      使っている布地の量の割に
      高価過ぎるので、買って貰いたいわ
      と思っておられるご婦人は少なくないと
      思います。
      だからと言ってオトコが一人で買うか?
      現実的ではありません。
      サイズを知ろうとするところでひと悶着
      有ると思います。

      奥さんや恋人のこういうTバック姿や紐パン姿
      を見たいというスケベな欲望がオトコに有るのは
      認めますが。

    • ––––––
      13. Mikiko
    • 2021/04/28 06:07
    • 下着フェチの1分野に……
       補正下着フェチという方々がおられるようです。
       パッツンパッツンで、ボディラインがモロに出るところがいいんですかね?
       中には、トイレホールと云って、股間に穴の空いたアイテムもありますし。

    コメントする   【由美と美弥子 3284】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 ましゅまろくらぶ 新・SM小説書庫2
官能文書わーるど 電脳女学園 羞恥の風 赤星直也のエロ小説
官能の本棚 ちょっとHな小説 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 変態小説
[官能小説] 熟女の園 Playing Archives 潤文学 人妻の浮気話 艶みるく
西園寺京太郎のSM官能小説 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 女性のための官能小説 恥と屈辱の交差点

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
人に言えない秘密の性愛話 Angel Pussy 週刊創作官能小説 魔法の鍵 ぺたの横書き
黒い教室 濠門長恭の過激SM小説 恥ずかしがりたがり。 あおいつぼみ 葵蕾
被支配中毒 ろま中男3 官能的なエロ小説 女の陰影
HAKASEの第二読み物ブログ 女性のH体験告白集 出羽健書蔵庫 渡硝子の性感快楽駆け込み寺
被虐願望 性小説 潤文学ブログ 愛と官能の美学 平成な美少女ライトノベル
空想地帯 むね☆きゅんファンサイト 最低のオリ Mikiko's Roomの仮設テント

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
漂浪の果てに 週刊リビドー 女教師と遊ぼう お姫様倶楽部.com
アダルト検索一発サーチ 快感小説 かめべや SM・お仕置き小説ブログ
官能秘宝園 制服美少女快楽地獄 秘密のエッチ体験談まとめ 18's Summer
淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI
妄想ココット ライトHノベルの部屋 レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia

調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞 Japanese-wifeblog
Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス
マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集
黒塚工房 プライド 女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都 羊頭狗肉
ひよこの家 美里のオナニー日記 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる シンプルアダルト動画サーチ
人気ブログランキング にほんブログ村
官能小説アンテナ オンライン小説検索・R小説の栞
ライブドアブログ アダルトブログランキング


ランキング/画像・動画(11~30)
Adult Novels Search GL Search おたりんく 正しいH小説の勧め
成人向けランキング Girls Love Search クリエイターコレクションR18 ヌケルアダルト作品
アダルト動画まとめ 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top