Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 3241
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「入れるぞ」

 顎を上げ、上下に連なった顔を確かめる。
 4つの瞳は、亀頭の先を灼きそうなほどに焦点を結んでいる。
 妻の目の前で、部下の性器に生で入れるのだ。
 男にとって、今が至高のときかも知れない。
 わたしは再び視線を下に戻した。
 亀頭が、陰唇の襞を潜る。
 そして……。
 一気に体重を載せ、突き刺した。

「あぎぃ」

 槻本くんの顔を確かめる。
 顎が仰け反っていた。
 長い喉に、筋が幾本も浮き立った。
 その表情を見下ろした志津子の顔に、動揺が走った。

「あなた、まさか……」

 やはりそうか。
 それなら、激しい挿出は気の毒だ。
 わたしは腰を沈め、陰茎を深々と挿しこんだ。
 恥丘に、柔らかいしこりを感じた。
 槻本くんの陰核が、わたしの恥丘に埋もれたのだ。
 恥丘をさらに押し下げる。
 恥丘の基盤にある恥骨が、陰核を押しつぶす。
 そのまま尻をグラインドさせる。
 陰核は恥丘に包まれたままだが……。
 恥丘の柔らかい肉がクッションとなって、可動域を生んでいた。
 練り回す。

「あひぃぃぃ。
 い……。
 いく。
 イキます。
 し……。
 志津子さん。
 すびばせん」
「どうしたの?」
「わ、わたし……。
 ご主人のちんぽで……。
 い、イカされます」
「いいのよ。
 1回くらい分けてあげるわ」
「ふ、副工場長ぉぉぉぉ。
 い、いく」

 わたしは、とどめの腰を捻りこんだ。

「が。
 が。
 が」

 槻本くんの顔が、一瞬で変じた。
 人形浄瑠璃のガブのようだった。
 彼女はもう、人の顔をしていなかった。
 剥き広げた眼球からは、黒眼が失われていた。
 顎は、ムンクの叫びのように引き伸ばされている。
由美と美弥子 3240目次由美と美弥子 3242

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2021/02/24 06:22
    • 今日は何の日
       毎月24日は、『地蔵の縁日』『愛宕の縁日』。

       まずは、『地蔵の縁日』から。
       毎月24日は、「地蔵菩薩(じぞうぼさつ)」の縁日。
       この日には、地蔵菩薩を祀る寺院で供養や法要が営まれます。
       その中でも特に、7月15日の「お盆」に近い旧暦7月24日の縁日は「地蔵盆」と呼ばれます。
       現在では新暦で行われ、新暦7月24日前後の地域と、月遅れで8月24日前後の地域に分かれますが……。
       8月23日、24日に行われることが多いようです。
       また、1月24日の一年で最初の縁日は「初地蔵」、12月24日の一年で最後の縁日は「納めの地蔵」と呼ばれ……。
       全国各地の寺院において、様々な行事が行われます。
       地蔵菩薩を祀る寺院として、関東では東京都豊島区巣鴨にある「高岩寺」が「とげぬき地蔵」として親しまれており……。
       病気の治癒、改善に利益(りやく)があるとされます。
       その他、大阪府八尾市本町にあり「八尾地蔵」と呼ばれる「常光寺」や……。
       京都市中京区壬生にある「壬生寺」などが有名です。
       また、奈良の「法隆寺」や「東大寺」でも地蔵菩薩が祀られてます。

       上記の記述は、こちら(https://zatsuneta.com/archives/101248.html)のページから転載させていただきました。

       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2021/02/24 06:22
    • 今日は何の日(つづき)
       引用を続けます。

       続いて、『愛宕の縁日』。
       毎月24日は、「愛宕権現(あたごごんげん)」の縁日。
       1月24日の一年で最初の縁日は「初愛宕」、12月24日の一年で最後の縁日は「終い愛宕」と呼ばれ……。
       愛宕神社には多くの参拝者が訪れます。
       愛宕権現は、火災を防ぐ「火伏せ(ひぶせ)の神」として有名です。
       神仏が霊力によって火災を防ぐことを「火伏せ」または「火防(ひぶせ/ひよけ)」と云います。
       「秋葉権現(あきはごんげん)」も、「火伏せの神」として広く知られます。
       京都市右京区の北西部にある「愛宕山」の山頂に鎮座する「愛宕神社」は……。
       全国に約900社を数える愛宕神社の総本社であり、「愛宕さん」とも呼ばれます。
       古くから火伏せ、防火に霊験のある神社として知られます。
       「火迺要慎(ひのようじん)」と書かれた愛宕さんの「火伏札」は……。
       京都の多くの家庭の台所や飲食店の厨房、会社の茶室などに貼られてます。

       上記の記述は、こちら(https://zatsuneta.com/archives/101249.html)のページから転載させていただきました。

       以上、引用終わり。

       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2021/02/24 06:23
    • 今日は何の日(つづきのつづき)
       巣鴨の「とげぬき地蔵」には、1度ゆっくり行ってみたいと思ってます。
       地蔵通り商店街の近くまでは、行ったような記憶があるんです。
       「単独旅行記」のはずです。
       でも“巣鴨”で検索しても、ヒットしないんですよね。
       記憶違いでしょうか。
       しかし、地蔵通り商店街、コロナの影響を受けてるんでしょうね。
       高齢者へのワクチン接種が始まるのは、4月1日以降のようです。
       それでも、ひと渡り接種が済めば、商店街の客足も少しは戻るんじゃないですか。
       なにしろ「とげぬき地蔵」のご利益は、「病気の治癒、改善」なんですから。

       東京の愛宕神社も、1度、前を通りかかったことがあります。
       大学に入って程ないころだったと思います。
       石段を見あげながら、「これが、曲垣平九郎が騎馬で駆けあがったという石段か」と感心したものです。
       高校生までは、日本史好きの歴女でしたから、こういう妙なことも知ってたんです。
       でも、せっかく史跡の宝庫の東京に出て来たのに……。
       日本史好きは、すっかり冷めてしまってました。
       受験勉強が終わったからだと思います。
       結局、心から日本史が好きなわけじゃなかったということでしょう。
       そのときも石段を登ることはなく、通り過ぎてしまいました。
       今度行ったら、必ず登ります。

       今度の「単独旅行記」ですが……。
       「とげぬき地蔵」と「愛宕神社」もいいですね。
       「とげぬき地蔵」では、コロナ終息をお祈りし……。
       「愛宕神社」では、防火のお守りを受けてきたいです。
       わが家は、古い木造ですから。

    • ––––––
      4. 手羽崎 鶏造
    • 2021/02/24 10:41
    • 寺社の石段といえば、
      池上・本門寺のなんとかかんとか坂。
      加藤清正公が寄進したとかいう石段。
      ここは好きですね。
      上京して初めて住んだのが大森駅前山王
      だったのでよくこの坂までジョギング・散歩
      していました。

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2021/02/24 18:14
    • 池上本門寺
       「此経難持坂(しきょうなんじざか)」だそうです。
       覚えられませんわな。
       日蓮宗の大本山なんですね。
       なんと、力道山の墓があるようです。

    • ––––––
      6. 手羽崎 鶏造
    • 2021/02/24 19:34
    • はい。 それっ、そんな名前の
      由緒ある石段でした。
      本門寺は日蓮上人が眠っている名刹です。
      (生まれたところには誕生寺)

    • ––––––
      7. Mikiko
    • 2021/02/25 05:54
    • 池上
       東急池上線沿線は、住みよさそうな街ですよね。
       「池上線」という歌謡曲もありました。
       でもやっぱり……。
       多摩川が氾濫すると怖いわな。
    コメントする   【由美と美弥子 3241】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
未知の星 ましゅまろくらぶ 禁断の体験 エッチな告白集 官能文書わーるど
新・SM小説書庫2 電脳女学園 官能の本棚 ちょっとHな小説
赤星直也のエロ小説 羞恥の風 変態小説 Playing Archives
出羽健書蔵庫 [官能小説] 熟女の園 人妻の浮気話 艶みるく 官能的なエロ小説
Angel Pussy 週刊創作官能小説 人に言えない秘密の性愛話 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 西園寺京太郎のSM官能小説

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
性小説 潤文学ブログ 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 女性のための官能小説 潤文学
ぺたの横書き 空想地帯 恥と屈辱の交差点 むね☆きゅんファンサイト
HAKASEの第二読み物ブログ 黒い教室 最低のオリ Mikiko's Roomの仮設テント
魔法の鍵 女の陰影 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 漂浪の果てに
女性のH体験告白集 週刊リビドー 濠門長恭の過激SM小説 ろま中男3
被虐願望 女教師と遊ぼう お姫様倶楽部.com あおいつぼみ 葵蕾

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
アダルト検索一発サーチ 快感小説 恥ずかしがりたがり。 かめべや
平成な美少女ライトノベル 愛と官能の美学 SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園
制服美少女快楽地獄 秘密のエッチ体験談まとめ 18's Summer 淫鬼の棲む地下室
被虐のハイパーヒロインズ ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット
ライトHノベルの部屋 被支配中毒 レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia

調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞 Japanese-wifeblog
Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス
マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集
黒塚工房 プライド 女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都 羊頭狗肉
ひよこの家 美里のオナニー日記 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる 人気ブログランキング
にほんブログ村 ライブドアブログ
官能小説アンテナ アダルトブログランキング
オンライン小説検索・R小説の栞 GL Search


ランキング/画像・動画(11~30)
おたりんく Adult Novels Search Girls Love Search ヌケルアダルト作品
正しいH小説の勧め 成人向けランキング アダルト動画まとめ ネット小説ランキング
クリエイターコレクションR18 ぱっくりんく 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top