Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 3236
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「あぁ、古い公園なら大木があるんじゃないか」
「しかも、外の舗道との高いフェンス際に並んでるんです。
 ずらーっと。
 6月ころ、その舗道を歩くと……。
 気が変になりかけます。
 ありありと思い出すんです。
 あの日の屋上のことを。
 あの後も、毎日のように屋上で待ちましたが……。
 彼が上がってくることはありませんでした。
 多分あの日は、彼にとって、よほど特別な日だったんでしょう」
「告白しなかったの?」

 志津子の口調は、我が子を慈しむような優しさだったが……。
 指先は、槻本くんの尖った乳首を捻りあげていた。

「あひぃ。
 で、できません。
 考えてもみませんでした。
 翌年、クラスが変わって、それっきりです」
「でも、まだ覚えてるのよね。
 その日の屋上のこと。
 ひょっとしたら、シイの木の公園に……。
 わざわざ、匂いを嗅ぎに行くんじゃないの?」
「そうなんです」
「肺一杯に匂いを吸いこみ……。
 そして、家に帰ってオナニーする」
「いいえ」
「今さら何よ。
 してないわけないでしょ」
「帰ってからじゃありません。
 その公園のトイレでです。
 トイレの中まで、花が匂うんですから」
「立派な変態ね」
「そのフェンス沿いには公園の裏門があって、そこから入ると……。
 シイの木に囲まれて、古いトイレがあります。
 あの木って、冬も葉を落とさないですよね」
「常緑樹だね」
「1年中、その木の陰になってるトイレですから……。
 ジメーっとしてて、コンクリートの壁には、ところどころ苔が生えてます」
「あのS市の公園と似てるんじゃないの?」
「そうだな」
「ふふ。
 わたしたちね、結婚前だけど……。
 前に住んでた近くの公園で、露出とかもしてたの」
「うそ!」
「ほんとよ。
 全裸の上にコートだけ着て。
 1度だけ、昂奮しすぎて……。
 事件になりかけたけど」
「掴まったんですか?」
「まさか。
 そんなことになってたら、会社なんかクビでしょ。
 女子高生が、1人で歩いて来たから……。
 コートの前を広げて見せたのよ」
由美と美弥子 3235目次由美と美弥子 3237

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2021/02/17 05:42
    • 今日は何の日
       2月17日は、『千切り大根(切り干し大根)の日』。
       2022(令和4)年に、創立50周年を迎える乾燥野菜食品メーカーの「こだま食品㈱(https://www.kodama-foods.co.jp/)/広島県福山市」が制定。
       日付は、「千切り大根(切り干し大根)」の生産が、2月に最盛期を迎えることと……。
       「千」の字を「二」と「1」に見立て、「切」の字の「七」とを合わせて2月17日としたもの。
       同社は千切り大根の普及に努めており、日本の伝統食である千切り大根の良さを広く知ってもらうことが目的。
       また、千切り大根の文化の発展と、この文化が次の世代へと引き継がれていくことを願い、記念日としました。
       記念日は、「千切り大根の日」の名称で『(社)日本記念日協会(https://www.kinenbi.gr.jp/)』により認定、登録されてます。

       上記の記述は、こちら(https://zatsuneta.com/archives/102173.html)のページから転載させていただきました。

       さらに同じページから、「千切り大根について」を引用させていただきます。

       千切り大根は、大根を天日干しで乾燥させたもの。
       西日本では「千切り大根」、東日本では「切り干し大根」と呼ぶことが多いようです。
       また、京都では「軒しのぶ」とも云います。
       食材としてとても優秀で、美味しく、安く、保存性もよく、調理も簡単。
       無添加、無着色の自然食品であることも魅力の一つです。

       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2021/02/17 05:42
    • 今日は何の日(つづき)
       引用を続けます。

       軽く洗ってから水に漬けて戻し、醤油や酢をかけてそのまま食べるほか、煮物などの料理に用います。
       また、「はりはり漬け」などの漬物にも用いられます。
       戻すと、重量が約4倍に増加します。
       産地としては宮崎県が最も有名で、全国シェアの約9割を生産してます。
       原料になる主な大根の品種は、日本国内の市場に流通する大根の9割以上を占めてる青首大根です。
       収穫された完熟の青首大根を千切りにして、1日から3日間ほどかけて寒風で天日干しして乾燥させることで……。
       風味豊かな甘味と、独特の食感が得られます。
       寒さが厳しいほど、良質な千切り大根ができます。

       以上、引用終わり。

       記念日の日付は、ずいぶん凝ってますね。
       思いついた人は、漢字パズルなんかがお好きな方かも知れません。

       “東日本では「切り干し大根」”と呼ぶとあるとおり……。
       こちらでは、「切り干し大根」です。
       わたしは、このお味噌汁が大好きでした。
       最近出てこないのは、母の歯が悪くなったせいでしょうか。

       なるほど。
       お漬物も美味しそうですね。
       噛むと音がするんじゃないですか。
       「はりはり漬け」の名称は、音から来てるんだと思います。
       来年のお正月には、漬けてみようかな。
       『こだま食品㈱』さんのページに……。
       「千切り大根手帳(http://sengiridaikon.moo.jp/)」というのがありました。
       いろんなレシピも載ってます。
       ま、わたしはお味噌汁が一番だと思いますが。

       続きはさらに次のコメントで。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2021/02/17 05:43
    • 今日は何の日(つづきのつづき)
       しかし、なんで宮崎県が飛び抜けた産地なんですかね。
       ↑の引用文には、「寒さが厳しいほど良質な千切り大根ができます」とあります。
       宮崎は、プロ野球のキャンプ地になるほど温暖な土地のはずです。
       山の方でやるんですかね。
       でも、冬の乾燥した寒風なら、北関東の方が適地でしょう。
       あ、大根の産地と関係があるのかな。
       ↓こちら(https://www.yasainavi.com/graph/category/ca=5)のページに、大根収穫量の都道府県ランキングがありました。

      順位 都道府県 収穫量 割合(シェア)
      1位  北海道 15万6,900トン  11.81 %
      2位  千葉県 15万500トン  11.33 %
      3位  青森県 12万2,500トン  9.22 %
      4位  鹿児島県 9万5,100トン  7.16 %
      5位  神奈川県 8万トン  6.02 %
      6位  宮崎県 7万7,900トン  5.87 %
      7位  茨城県 5万7,200トン  4.31 %
      8位  長崎県 5万3,600トン  4.04 %
      9位  新潟県 4万4,300トン  3.34 %
      10位  群馬県 3万900トン  2.33 %

       宮崎県は、5位でしたね。
       でも、群馬県も10位に入ってます。
       新潟県は9位ですが……。
       湿った寒風なので、向いてないのかも。
       2位の千葉県なんか、けっこう風が吹きそうですけどね。
       食べる文化がないんでしょうか。

       それにしても、切り干し大根。
       スーパーのどこの棚にあるんでしょう?
       乾物とかのコーナーかな。
       今度、探してみます。

    • ––––––
      4. 手羽崎 鶏造
    • 2021/02/17 11:25
    • あくまでもそのご婦人の主観
      でしょうけれど。
      精液は新鮮なほど美味だ
      そうな。
      (若いオス♂ならともかく
       歳を取るとなぁ。トホホ。)

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2021/02/17 18:16
    • 新鮮なほど……
       躍り食いの喉越しがあるからでしょうか。
    コメントする   【由美と美弥子 3236】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
問答無用の吸血鬼R18 新・SM小説書庫2 Japanese-wifeblog 愛と官能の美学
知佳の美貌録 未知の星 熟女と人妻エロンガ 赤星直也のエロ小説
[官能小説] 熟女の園 電脳女学園 官能文書わーるど 只野課長の調教日記
ちょっとHな小説 都会の鳥 人妻の浮気話 艶みるく 西園寺京太郎のSM官能小説

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
熟女・おばさんの性体験談 黒い教室 人に言えない秘密の性愛話 Playing Archives
被虐願望 女性のための官能小説 性転換・TS・女体化劇場 性小説 潤文学ブログ
羞恥の風 女の陰影 女性のH体験告白集 変態小説
むね☆きゅんファンサイト 週刊リビドー かおるの体験・妄想 ぺたの横書き
あおいつぼみ 葵蕾 最低のオリ 魔法の鍵 Mikiko's Roomの仮設テント
恥ずかしがりたがり。 官能的なエロ小説 濠門長恭の過激SM小説 淫芯

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
お姫様倶楽部.com 被支配中毒 出羽健書蔵庫 かめべや
HAKASEの第二読み物ブログ 女教師と遊ぼう 平成な美少女ライトノベル 官能の本棚
禁断の体験 エッチな告白集 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 恥と屈辱の交差点 潤文学
ましゅまろくらぶ 空想地帯 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ Angel Pussy 週刊創作官能小説
ろま中男3 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 漂浪の果てに アダルト検索一発サーチ

快感小説 SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄
秘密のエッチ体験談まとめ 18's Summer 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ
ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋
レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための…
緊縛新聞 Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所 エピソードセックス
マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集
黒塚工房 プライド 女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都 羊頭狗肉
ひよこの家 美里のオナニー日記 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
シンプルアダルト動画サーチ 人気ブログランキング
にほんブログ村 ライブドアブログ
官能小説アンテナ エログちゃんねる
官能文章アンテナ アダルトブログランキング


ランキング/画像・動画(11~30)
GL Search Adult Novels Search オンライン小説検索・R小説の栞 おたりんく








<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top