Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 3177
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「さーて。
 どうしようか。
 2人がかりよ。
 ほんとに重いんだから。
 まずは、ファスナーね」

 この日の吉崎さんは、ゆったりしたシルエットのワンピースを着ていた。
 普段見かける姿でも、あまりぴったりした服装はしないようだ。
 やはり体型を気にしているのだろう。

「身体、少し傾けて。
 背中のファスナーが見えるくらいに。
 そーっとよ」

 志津子の公認の元、吉崎さんに触れられるわけだ。
 肩と腰に手を添える。
 手の平が埋もれそうな肉感だった。
 ゆっくりと押しあげようとしたが……。
 やはり重い。
 わたしは、ベッド脇にひざまずいた。
 再び手を掛け、下から押しあげる。
 吉崎さんの背中が、わずかに離陸した。

「汗かいてる」

 志津子の言うとおり、藍色のワンピースの背中が湿っていた。

「やっぱり、脱いだ方がいいわね」

 志津子は、支えるわたしの腕の下に潜りこみ、背中のファスナーに手を掛けた。
 擦過音に、胸躍る思いだった。

「いいわよ、降ろして」

 吉崎さんが、再び仰向いた。
 改めて、すごい量感を目の当たりにした。
 腹部が盛りあがり、頭と脚に向けて、稜線がなだらかに下っている。
 志津子が、ベッドの反対側に回った。

「ワンピース、肩から外していくから。
 そっちからもお願い」

 志津子の動作に合わせ、紺のワンピースの肩を外し、腕を滑らせていく。
 ワンピースの袖は、肘の下くらいまでで、しかもフリルのように広がっていた。
 短い袖を選んだのは、料理をするためだろうか。
 広い袖は、腕の太さを隠すためかも知れない。
 そのおかげで布地は、なんの結滞もなく腕を滑り下りた。
 腕が抜けた布地を、2人で裾方向に引っ張る。
 破かないか心配だったが、弾力のある生地は、しなやかに応じてくれた。
 あっさり引っ張れたのは、下に着ていたスリップのおかげだろう。
 わたしの年代では、シミーズと言ったものだが。
 光沢のある材質は、シルクではないだろうか。
 見ただけで、表面の滑らかさが想像できる。
 淡いピンクの生地が、白い肌に似合っていた。
 わたしの陰茎は、さっきから勃ちっぱなしだった。
 さらに今は、先端部に珠の露まで結んでいた。
由美と美弥子 3176目次由美と美弥子 3178

コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2020/11/22 06:31
    • 今日は何の日
       2020年11月22日は、『小雪(しょうせつ)』。
       『小雪』は、二十四節気の一つで、第20番目にあたります。
       現在広まっている定気法では、太陽黄経が240度のときで、11月22日ころ。
       「立冬(11月7日ころ)」と「大雪(12月7日ころ)」の中間にあたります。
       期間としての意味もあり、その場合、この日から次の節気の「大雪」前日までです。
       西洋占星術では、「小雪」が「人馬宮(じんばきゅう:いて座)」の始まりとなります。
       このころから寒くなり、雨が雪へと変わることがあり……。
       わずかながら雪が降るころなので、「小雪」とされます。
       『暦便覧』では、「冷ゆるが故に雨も雪と也てくだるが故也」と説明してます。
       気温が下がり、北の地方を中心に初雪が舞い始めます。
       冬将軍が到来すると言われる時期で……。
       北の地方では、コタツを押し入れから出す家が増えるころ。
       西日本においては、夏みかんを収穫する季節に入ります。

       上記の記述は、こちら(https://zatsuneta.com/archives/111220.html)のページから転載させていただきました。

       以上、引用終わり。

       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2020/11/22 06:32
    • 今日は何の日(つづき)
       冒頭で、2020年11月22日としたのは、年によって日付が変わるからです。
       といっても、2051年までは、ずっと11月22日ですが。
       2052年は、11月21日となり……。
       以後、2083年までは、年号を4で割った余りが出ない年、すなわち夏のオリンピックイヤーだけが、21日。
       それ以外の3年は、22日となります。
       わたしは果たして、2052年の21日の小雪を迎えられるでしょうか。
       ま、迎えたって別にどうってことありませんが。

       二十四節気の20番目とありますが……。
       年内の節気は、あと2つです。
       21番目が、「大雪(たいせつ)」で、今年は12月7日。
       22番目が、「冬至(とうじ)」で、今年は12月21日。
       残る2つは、年が明けてから。
       23番目が、「小寒(しょうかん)」で、来年は1月6日。
       24番目が、「大寒(だいかん)」で、来年は1月20日。
       そして、1番目に戻るのが、「立春(りっしゅん)」で、来年は2月3日。
       待ち遠しいですね。
       実際に寒さがピークとなるのは、大寒を過ぎてから。
       立春の直前が、一番寒いんです。
       といっても、このころはもう寒さ慣れしてますから、改めて震えあがることはないですね。
       とにかく、節目は「冬至」ですよ。
       ここを過ぎれば、気持ち的には楽になります。
       だんだん日が伸びていくんですから。
       冬至まで、あと1ヶ月。
       待ち遠しいです。
       でも、冬至を過ぎたら、あっという間に日が経ちますよ。
       年末年始の忙しさで、飛ぶように日にちが過ぎていきますから。
       まさしく、師走です。
       仕事が忙しいのはイヤですが……。
       冬の時間が早く感じられるのだけはありがたいです。

       続きはさらに次のコメントで。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2020/11/22 06:32
    • 今日は何の日(つづきのつづき)
       さてさて。
       ↑の説明で、ちょっと驚いたのが……。
       「北の地方ではコタツを押し入れから出す家が増えるころ」というところ。
       わが家は今、コタツをしてませんが……。
       子供のころは、毎冬、出してました。
       出すのは決まって、文化の日でした。
       「立冬」の前です。
       コタツが出て一番悦んでたのは、猫でしたね。
       老後は、また猫との2人暮らしが出来たらいいなと思ってます。
       でも問題は、動物病院ですね。
       注射とか受けに行かなきゃなりません。
       そのころは多分、車を手放してると思うんですよ。
       タクシーは、頼みにくいですよね。
       猫連れじゃ。
       やっぱり、自転車か。
       電動アシスト自転車なら、行ける距離だと思います。
       問題は、猫をどうやって乗せるか。
       リュックで背負って行くしかないですかね。
       あ、前持ちのリュックって、ありますよね。
       あれで、猫が入るようなの、ありませんかね。
       猫が、リュックから顔だけ出してる姿、可愛いと思います。

    • ––––––
      4. 手羽崎 鶏造
    • 2020/11/22 11:14
    • 自宅でのリモートワークについて
      何度も触れておられて、通勤苦もなく、
      楽そうで、それはそれでよろしいのでしょうが、
      会社情報のセキュリティ問題で、貴社は
      大丈夫なのかしら
      わが社は厳しい制限&事前事後の内容
      含めた報告が必須です。

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2020/11/22 12:29
    • わが社のセキュリティ対策
       皆無です。
       わたしは自宅にいながら、何億円でも振り込みが可能です。
       ワンタイムパスワードの生成機を持ち帰ってますから。
       今は、土日でも夜中でも、即時振込が可能ですからね。
       金曜の夜半に振り込んで、海外逃亡すれば……。
       月曜の朝までは、バレないんじゃないかな。

    • ––––––
      6. 手羽崎 鶏造
    • 2020/11/23 00:12
    • なるほど、完全犯罪が成立しますよう、
      上手くやってくださいな。
      協力は惜しみません(共犯者)。

      話は替わって、11月22日は世に言う
      いい夫婦の日。
      東京新聞に興味をそそられる記事を
      見つけました。
      おしどり夫婦という言葉がありますが、
      オシドリは卵が産まれると、ペアは解消
      されるのだそうです。
      共に協力して子育てをすることもなく、
      次の年には新しい相手とペアを作る
      とのこと。
      別の奥さんと関係を持ちたがる
      ワタシはオシドリそのもの

    • ––––––
      7. Mikiko
    • 2020/11/23 06:20
    • オシドリの目的は……
       子作りです。
       それが目的でなければ、オシドリとは言えません。
       ただの、スケベです。

    • ––––––
      8. 手羽崎 鶏造
    • 2020/11/23 19:25
    • うっ、ご明察なり
    コメントする   【由美と美弥子 3177】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
ましゅまろくらぶ 禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 官能文書わーるど
新・SM小説書庫2 電脳女学園 ちょっとHな小説 羞恥の風
赤星直也のエロ小説 官能の本棚 Playing Archives 変態小説
Angel Pussy 週刊創作官能小説 [官能小説] 熟女の園 潤文学 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき
人妻の浮気話 艶みるく 官能的なエロ小説 黒い教室 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
女教師と遊ぼう 人に言えない秘密の性愛話 HAKASEの第二読み物ブログ ぺたの横書き
性小説 潤文学ブログ 女性のH体験告白集 濠門長恭の過激SM小説 魔法の鍵
お姫様倶楽部.com あおいつぼみ 葵蕾 女性のための官能小説 恥と屈辱の交差点
空想地帯 最低のオリ 出羽健書蔵庫 週刊リビドー
Mikiko's Roomの仮設テント アダルト検索一発サーチ 快感小説 恥ずかしがりたがり。
女の陰影 かめべや 平成な美少女ライトノベル 愛と官能の美学

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
むね☆きゅんファンサイト ろま中男3 SM・お仕置き小説ブログ 渡硝子の性感快楽駆け込み寺
被虐願望 漂浪の果てに 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄
秘密のエッチ体験談まとめ 18's Summer 淫鬼の棲む地下室 西園寺京太郎のSM官能小説
被虐のハイパーヒロインズ ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット
ライトHノベルの部屋 被支配中毒 レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia

調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞 Japanese-wifeblog
Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス
マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集
黒塚工房 プライド 女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都 羊頭狗肉
ひよこの家 美里のオナニー日記 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる 人気ブログランキング
にほんブログ村 アダルトブログランキング
ライブドアブログ オンライン小説検索・R小説の栞
官能小説アンテナ GL Search


ランキング/画像・動画(11~30)
おたりんく ヌケルアダルト作品 クリエイターコレクションR18 成人向けランキング
正しいH小説の勧め Girls Love Search Adult Novels Search セックス・ノベル・ネット
ぱっくりんく GAY ART NAVIGATION ネット小説ランキング アダルト動画まとめ
アナル動画まとめ 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!





<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top