Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 3144
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 式こそ挙げませんでしたが……。
 事務員の志津子と結婚したことは、会社には報告してあります。
 曲がりなりにも新婚です。
 さほど遠方でないとは云え、通勤できる距離ではありません。
 新婚早々、単身赴任になってしまいます。
 そのあたりのことは、社長もわかっていたようで……。
 志津子も一緒に、工場の事務職として転勤してもらいたいとのことでした。
 新しい土地に趣くことには、まったく抵抗がありませんでした。
 もともと、一箇所に定着して生きていくタイプじゃないんでしょうね。
 あとは、志津子の意思次第です。

 その夜、転勤の話を志津子にしました。
 応答は、意外なものでした。
 わたしの転勤には、まったく反対しませんでした。
 自分も一緒に行くことも、応諾しました。
 意外だったのは、会社を辞めたいと言ったことでした。
 仕事がイヤになったわけではないそうです。
 一度、専業主婦をしてみたかったとのことでした。

 翌日、志津子の意向を社長に告げると、とても残念がられました。
 志津子はあれで、事務員としては優秀でしたから。
 でも、息子可愛さには勝てなかったのでしょう。
 結局、わたしだけが転勤し、志津子は退職することになりました。

 社宅のある土地ではなかったので……。
 住居は、会社が紹介してくれたマンションになりました。
 帰ってからも会社の人間と顔を付き合わすより、その方が気楽です。
 埼玉県と云っても、新幹線の通る幹線沿いからは外れています。
 中心地を抜けると、田んぼや畑が広がる地域です。
 そういうところだから、工場が建てられるのでしょうが。
 紹介されたマンションも、外観は団地みたいでした。
 実は、そこの隣の部屋に住む婦人と、妙な関わりを持つようになったのです。

 ここまでの前振りを書いているうち……。
 ふと、その経緯を小説風に仕立ててみたらどうかと思いつきました。
 その方が、会話も入れられて、読みやすくなるのではないかと愚考しました。
 小説を書いたことなどないのに、無謀な試みとは思います。
 どうかご寛恕いただき、お読み捨ていただければ幸いです。

敬具
     
由美と美弥子 3143目次由美と美弥子 3145


コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2020/10/07 06:16
    • 今日は何の日
       10月7日は、『バーコードの日』。
       1952(昭和27)年10月7日(今から68年前)……。
       アメリカで、「バーコード」の特許が認められました。
       バーコードを発明したのは……。
       1949(昭和24)年、アメリカ・ペンシルベニア州のドレクセル大学の大学院生だった、バーナード・シルバーとノーマン・ジョセフ・ウッドランド。
       その後、1967(昭和42)年、アメリカの食品チェーン店が……。
       レジスターの行列を解消させる方策として実用化しました。
       上記の記述は、こちら(https://zatsuneta.com/archives/110073.html)のページから転載させていただきました。
       さらに同じページから、「バーコードについて」を引用させていただきます。
       バーコードとは、縞模様状の線の太さによって数値や文字を表す識別子。
       数字、文字、記号などの情報を一定の規則に従い、一次元のコードに変換してます。
       また、ドットを縦横に配列し多くの情報を表す、二次元コードも普及しており……。
       代表的なものに、デンソーウェーブの「QRコード」があります。
       一般的な商品で使われるものは、日本がJANコード、ヨーロッパがEAN、北米がUPCです。
       物流用途ではITFコード、CODE39、CODE128、NW-7などが使われてます。
       また郵便事業では、カスタマバーコードなどが使われます。
       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2020/10/07 06:17
    • 今日は何の日(つづき)
       引用を続けます。
       統一商品コードは、国番号(フラグ)2または3桁、メーカー番号(メーカーコード)5桁または7桁、品物の番号(アイテムコード)5桁または3桁、間違い防止の番号(チェックデジット)1桁で出来ており……。
       全ての商品に異なった番号を付けることになってます。
       日本が1978(昭和53)年に国際EAN協会に加盟した際、国番号として49が割り当てられましたが……。
       1992(平成4)年、国際EAN協会から新たに45が付与され、現在では2つの国コードを持ってます。
       以上、引用終わり。
       この話題、前にもやりましたね。
       書き写してる途中で気づきました。
       ま、やってしまったものは仕方ありません。
       まず気になったのが、「数字、文字、記号などの情報を一定の規則に従い、一次元のコードに変換してます」という下り。
       二次元じゃないの?
       あ、そうか。
       バーコード全体じゃなくて、1本の棒が「一次元のコード」ということですかね。
       で、QRコードは、二次元だと。
       でも、線の太さに意味があるから、バーコードも二次元なんじゃないですか。
       こちら(https://www.keyence.co.jp/ss/products/autoid/codereader/basic_mechanism.jsp)のページに、「バーコードのしくみ」が解説されてました。
       残念ながら、読んでる時間がありません。
       退職すれば、こういうのもじっくり読みながら書けるんですけどね。
       続きはさらに次のコメントで。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2020/10/07 06:17
    • 今日は何の日(つづきのつづき)
       さて。
       バーコードと聞いて、今、真っ先に連想するのが……。
       オヤジの頭です。
       かつてより、少なくなった気がします。
       まず、若はげの人は、丸坊主にするようになったこと。
       ファッションではなく、ハゲ隠しであることは……。
       頭頂に毛穴がないことでわかります。
       しかし、バーコード頭。
       正直、もっとも悲しい髪型だと思います。
       なんで外人みたいに、堂々とハゲないんですかね。
       毎朝、鏡に向かって、毛髪の間隔を整えてる姿を想像すると……。
       なんとも脱力します。
       本人的には、切実なのかも知れませんが。
       そんなに気になるなら、カツラにしたらと思ってしまいます。
       でも、ある日突然ふさふさで現れたら……。
       会社では、瞬時に情報が拡散するでしょう。
       すれ違うとき、笑いを堪えるOLもいるんじゃないですか。
       一種、針のムシロかと。
       突然、思いつきました。
       駅の防犯カメラなどですが……。
       顔認証ではなく、頭髪認証って出来ませんかね。
       カメラは、真上から撮影するわけです。
       もちろん、バーコードを読めと言ってるのではありません。
       毎日、間隔とかも変わるでしょうし。
       新たに3本抜けたら、コードがまったく変わってしまうかも知れませんし。
       つむじですよ。
       あれって、指紋みたいに、個人ごとに違ってるんじゃないですか?
       あ。
       ハゲた人には、つむじがないのか。
       ていうか……。
       帽子を被ってたらダメじゃねーの。
       思いつき、却下です。

    • ––––––
      4. 手羽崎 鶏造
    • 2020/10/08 22:10
    • 頭髪の話。
      頭髪が薄いことを自虐的に
      笑いのネタにしている漫才コンビが居ます。
      ワタシはまったく笑えません。
      身体的なことを笑いのネタにする行為自体が
      愉快でなりません。
      関西のY本新喜劇もそうした傾向が大で
      スキになりません。
      「人を笑わす」。どこか勘違いがあるようで
      残念でならないですね

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2020/10/09 05:42
    • わたしもちょっと……
       調子に乗って書きすぎましたね。
       ご本人にとっては、切実な問題なのでしょう。
       失礼いたしました。
       でも、隠そうとすればするほど……。
       人の目は、そこに行ってしまうものです。
    コメントする   【由美と美弥子 3144】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 ましゅまろくらぶ 新・SM小説書庫2
官能文書わーるど 電脳女学園 羞恥の風 赤星直也のエロ小説
官能の本棚 ちょっとHな小説 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 変態小説
[官能小説] 熟女の園 Playing Archives 潤文学 人妻の浮気話 艶みるく
西園寺京太郎のSM官能小説 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 女性のための官能小説 恥と屈辱の交差点

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
人に言えない秘密の性愛話 Angel Pussy 週刊創作官能小説 魔法の鍵 ぺたの横書き
黒い教室 濠門長恭の過激SM小説 恥ずかしがりたがり。 あおいつぼみ 葵蕾
被支配中毒 ろま中男3 官能的なエロ小説 女の陰影
HAKASEの第二読み物ブログ 女性のH体験告白集 出羽健書蔵庫 渡硝子の性感快楽駆け込み寺
被虐願望 性小説 潤文学ブログ 愛と官能の美学 平成な美少女ライトノベル
空想地帯 むね☆きゅんファンサイト 最低のオリ Mikiko's Roomの仮設テント

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
漂浪の果てに 週刊リビドー 女教師と遊ぼう お姫様倶楽部.com
アダルト検索一発サーチ 快感小説 かめべや SM・お仕置き小説ブログ
官能秘宝園 制服美少女快楽地獄 秘密のエッチ体験談まとめ 18's Summer
淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI
妄想ココット ライトHノベルの部屋 レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia

調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞 Japanese-wifeblog
Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス
マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集
黒塚工房 プライド 女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都 羊頭狗肉
ひよこの家 美里のオナニー日記 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる シンプルアダルト動画サーチ
人気ブログランキング にほんブログ村
官能小説アンテナ オンライン小説検索・R小説の栞
ライブドアブログ アダルトブログランキング


ランキング/画像・動画(11~30)
Adult Novels Search GL Search おたりんく 正しいH小説の勧め
成人向けランキング Girls Love Search クリエイターコレクションR18 ヌケルアダルト作品
アダルト動画まとめ 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top