Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 3029
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 少年の陰茎は、勃起していた。
 フル勃起という状態だろう。
 殺到する血流により、ピクピクと脈打っていた。
 サイズは、さほど大きくはない。
 女教授の以前の店で、壁から突き出た陰茎をいくつか見た。
 そのどれよりも、目の前の少年の陰茎は小振りのようだ。
 月光の元で見た薫の陰茎と、目の前の陰茎。
 まったく異なるという違和感はなかった。
 いや。
 むしろ、同じものと云ってもおかしくない。
 やはりこれは、薫?

 由美は、美弥子の横顔を盗み見た。
 驚いたり動揺したりしているふうには見えなかった。
 気づかないのだろうか?
 聞いてみようかと思った刹那……。

 パシィ。

 窓に視線を戻す。
 万里亜のバラ鞭が、少年を打ったようだ。
 しかし、音からしても、打擲が目的ではなく、何らかの指示だったのだろう。
 少年は、よたよたと足踏みしながら、90度、立ち位置を回転させた。
 由美たちにも、正面の観客席にも、横顔を見せる角度だった。
 万里亜には背を向けたことになる。
 陰茎の勃起具合が、いっそう際立って見えた。
 小さいながらも、反りを打った陰茎と、その先の充血した亀頭は、蛇を思い起こさせた。

 バシッ。

 万里亜のバラ鞭が、少年の背中でさっきより大きな音を立てた。
 少年は小刻みに足幅を広げながら、上体を折っていった。
 というより、万里亜に向けて、尻を突き出す姿勢を取った。
 万里亜が、少年の真後ろに歩を進める。
 まさか……。
 万里亜の漆黒のディルドゥが、少年の尻の間近に迫った。
 少年の陰茎とは対照的に、生を持たないディルドゥは、不気味に鎮まっていた。
 この印象の違いには、2本の角度の相違もあるのだろう。
 少年の陰茎が、発射を待つミサイルのような仰角なのに対し……。
 万里亜のディルドゥは、斜め下を向いていた。
由美と美弥子 3028目次由美と美弥子 3030


コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2020/04/29 06:19
    • 今日は何の日
       4月29日は、『畳の日』。
       畳産業振興のための戦略的なPR事業の企画及び推進などを行う「全国畳産業振興会(http://www.tatami.in/)/京都府京都市南区」が制定。
       日付は、い草の緑色から、制定当時「みどりの日」であった4月29日に。
       また、「環境衛生週間(9月24日~10月1日)」の始まりの日であり、「清掃の日」である9月24日も記念日としました。
       畳の持つ住宅材としての素晴らしさや、敷物としての優れた点をアピールすることが目的。
       記念日は、『(社)日本記念日協会(https://www.kinenbi.gr.jp/)』により認定、登録されてます。
       上記の記述は、こちら(https://zatsuneta.com/archives/104292.html)のページから転載させていただきました。
       さらに同じページから、「畳について」を引用させていただきます。
       畳は、い草を編み込んで作られる日本の伝統的な床材で、世界に類のない日本固有の文化です。
       畳はもともと、莚(むしろ)、茣蓙(ござ)、菰(こも)などの薄い敷物の総称でした。
       使用しないときは畳んで部屋の隅に置いたことから……。
       動詞である「たたむ」が名詞化して「たたみ」になったとされます。
       畳の一般的な規格としては……。
       京間(本間、関西間)、中京間(三六間)、江戸間(関東間、五八間、田舎間)、団地間(公団サイズ、五六間)の4種類が有名です。
       1畳の大きさは、大きいものから順に、「京間>中京間>江戸間>団地間」となります。
       この4種類以外にも、琉球畳など地域ごとに様々な規格があります。
       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2020/04/29 06:20
    • 今日は何の日(つづき)
       引用を続けます。
       歴史的には、京都を中心に西日本で広く用いられた京間が最も古く……。
       豊臣秀吉が活躍した桃山時代のころに考え出されたとされます。
       その後、江戸時代に江戸間ができました。
       江戸に幕府を開いた徳川家康が検地の際、より多くの年貢米を取り立てるため……。
       1間(けん)の長さを、太閤検地が行われた豊臣秀吉の時代より短くしたと言われてます。
       以上、引用終わり。
       徳川家康……。
       セコい!
       でも、4種類の規格、どのくらいなんですかね。
       こちら(https://ishinhome-okayama.jp/blog/5336)のサイトさんが詳しかったです。
       ↓抜き書きします。
       京間が、191㎝×95.5㎝。
       中京間が、182㎝×91㎝。
       江戸間が、176㎝×88㎝。
       団地間が、170㎝×85㎝。
       こんなに違うんですか!
       京間と団地間じゃ、白鵬と炎鵬ですよ。
       あ、余談ですが、この間、力士の身長で……。
       ある事実を知りました。
       大相撲協会のプロフィールに書かれた身長……。
       明らかにフカしてあると思ってました。
       それは、インタビュールームで、アナウンサーと並ぶとよくわかります。
       早い話、力士の身長を、身長計で測るとき……。
       髷を潰さないんです。
       つまり、髷のてっぺんまでが身長だったんですね。
       どうりで。
       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2020/04/29 06:20
    • 今日は何の日(つづきのつづき)
       話を戻します。
       わが家には、和室が5部屋あります。
       そのほかに、洋間が3部屋ね。
       わたしはこのうち、2階の和室2部屋と洋間1部屋を使ってます。
       和室の1部屋(8畳)は、箪笥などの収納にしか利用してませんが。
       寝るのは、10畳の和室。
       もちろん、布団を敷いて寝てます。
       酔っ払ってても転がり落ちる心配がなく、実に安心です。
       しかし最近、ほんとに畳の部屋が少なくなって来てますよね。
       新聞に新築マンションの広告が、ときどき入って来ます。
       和室がまったくない間取りがあったりします。
       あっても、畳コーナー程度。
       でも、一番少なくなったのが、賃貸アパートでしょう。
       通勤途中に不動産屋があり、表のガラスに貸し物件が貼ってあります。
       和室のあるアパートは、ほとんどありません。
       借り手が入れ替わるごとに……。
       畳を表替えしたりしなければならず、面倒だからでしょうかね。
       でもわたしは、畳のない家には、住みたくありません。
       わたしの理想の部屋は……。
       「タクシードライバーの推理日誌」で、夜明さん(渡瀬恒彦)の住んでるアパートの部屋。
       あと、「終着駅シリーズ」で、牛尾刑事(片岡鶴太郎)の住んでる官舎の部屋。
       夜明さんの、畳の部屋での朝食(必ずメザシ)。
       牛尾刑事の、畳の部屋での晩酌(もちろん燗酒)。
       どちらも、わたしの理想です。
       そう云えば、牛尾刑事の奥さん役は、岡江久美子さんでした。
       岡江さん、最後の出演作が、4月26日の日曜日に再放送されました。
       もちろん録画して、昨日、見させてもらいました。
       あまりにもお若くて、切なかったです。

    • ––––––
      4. 手羽崎 鶏造
    • 2020/04/29 11:31
    • 岡江久美子さんは、ヌード写真集も
      出されていたようで、今はスゴイ
      価格になっているらしいです。

    • ––––––
      5. 手羽崎 鶏造
    • 2020/04/29 11:35
    • < 本篇より >
      少年のAが危ないっ。
      Aが犯されてしまうのかな。
      (これからの展開が愉しみ)

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2020/04/29 11:58
    • 本日は……
       日曜が雨で行けなかった、自転車散歩に行って来ました。
       気温はそこそこ上がったようなのですが、風が冷たかったです。
       午前の残りの時間は、花の種を撒きました。
       これからはもちろん、昼酒です。
       テレワークを始めてから……。
       ちょっと気がつくと、お休みの日でも仕事してしまうようになりました。
       これは、どういうもんなんですかね。
    コメントする   【由美と美弥子 3029】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
新・SM小説書庫2 未知の星 電脳女学園 赤星直也のエロ小説
恥ずかしがりたがり。 ちょっとHな小説 愛と官能の美学 只野課長の調教日記
人妻の浮気話 艶みるく [官能小説] 熟女の園 人に言えない秘密の性愛話 官能的なエロ小説
西園寺京太郎のSM官能小説 女性のための官能小説 ぺたの横書き 被虐願望

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
濠門長恭の過激SM小説 淫芯 変態小説 お姫様倶楽部.com
被支配中毒 むね☆きゅんファンサイト 性小説 潤文学ブログ 出羽健書蔵庫
女の陰影 官能文書わーるど かめべや 女性のH体験告白集
あおいつぼみ 葵蕾 HAKASEの第二読み物ブログ 黒い教室 女教師と遊ぼう
魔法の鍵 平成な美少女ライトノベル 羞恥の風 最低のオリ
官能の本棚 禁断の体験 エッチな告白集 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき Playing Archives

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
恥と屈辱の交差点 潤文学 ましゅまろくらぶ 空想地帯
Mikiko's Roomの仮設テント 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ Angel Pussy 週刊創作官能小説 ろま中男3
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 漂浪の果てに 週刊リビドー アダルト検索一発サーチ
快感小説 SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄
秘密のエッチ体験談まとめ 18's Summer 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ

ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋
レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための…
緊縛新聞 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所
性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所
渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 黒塚工房 プライド
女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説
黒イ都 羊頭狗肉 ひよこの家 美里のオナニー日記
エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
人気ブログランキング 官能小説アンテナ
にほんブログ村 ライブドアブログ
アダルトブログランキング オンライン小説検索・R小説の栞
エログちゃんねる シンプルアダルト動画サーチ


ランキング/画像・動画(11~30)
おたりんく 正しいH小説の勧め クリエイターコレクションR18 Adult Novels Search
Girls Love Search GL Search GAY ART NAVIGATION Cyber あまてらす
ネット小説ランキング 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top