Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
単独旅行記Ⅵ(117)
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 さて、ここはどこでしょう。
 なんだか、南国の小島のようですが……。
 もちろん、そんなわけはありません。
 『都立浜離宮恩賜庭園』です。
TOKYOクルーズ・運航ルート
↑運航ルートです。クリックすると、大きい画像が見られます。

 上陸時刻は、11時10分。
 10時40分に浅草を出ましたから……。
 乗船時間は、30分。
 あっという間の船旅でした。

 浜離宮の入園料は、300円。
 クルーズ船から上陸した人は、庭園内を通らなければ、外に出られません。
浜離宮マップ
↑右上の角が水上バスの発着場です。クリックすると、大きい画像が見られます。

 従って、「浅草→浜離宮」のクルーズ料金(1,040円)には、浜離宮の入園料も含まれてます。
浜離宮の入園料
↑お天気の良いときに来たかった!

 『都立浜離宮恩賜庭園』は……。
 東京湾から海水を取り入れ、潮の干満で景色の変化を楽しむ「回遊式築山泉水庭園(かいゆうしきつきやませんすいていえん)」。
 江戸時代に、庭園として造成されました。
 元々は甲府藩下屋敷の庭園だったそうです。
 それが、徳川将軍家の別邸浜御殿となり……。
 明治以降は、宮内省管理の離宮。
 その後、東京都に下賜され、昭和21(1946)年、都立公園として開放されました。
 広さは、250,215.72m2(25ヘクタール)。
 7万5千8百坪。
 ちょっと、想像がつかない大きさです。

 残念ながらの雨ですが……。
 そのおかげか、とても空いてました。
 クルーズ船から下りた人は、そこそこいましたが……。
 元から公園を歩いてる人はほとんどいませんでした。
 乗船客がばらけてしまうと、ほぼ人影は見えなくなりました。

 それにしても、水上バスを下りた真ん前で迎えてくれた、この花木はなんでしょう?
この花木はなんでしょう?
↑「み」

 真っ赤な花が咲いてます。
 ↓根元には、花が散ってました。
根元には、花が散ってました
↑「み」

 一瞬、ブーゲンビレアかと思いましたが……。
 あれは、こんな巨木にはならないはず。
 近づいてみましょう。
 ↓葉と花の形から、マメ科であろうと思われます。
葉と花の形から、マメ科
↑「み」
単独旅行記Ⅵ(116)目次単独旅行記Ⅵ(118)


コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2020/02/10 06:24
    • 浜離宮
       本編では端折ってしまいましたので……。
       ちょっと、詳しく調べて見ましょう。
       例によって、Wikiのページ(出典→https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%9C%E9%9B%A2%E5%AE%AE%E6%81%A9%E8%B3%9C%E5%BA%AD%E5%9C%92)からの引用です。
       ↓まずは、「概要」から。
      +++
       東京湾から海水を取り入れ潮の干満で景色の変化を楽しむ、潮入りの回遊式築山泉水庭。
       江戸時代に庭園として造成された。
       園内には鴨場、潮入の池、茶屋、お花畑やボタン園などを有する。
       元は甲府藩下屋敷の庭園だったものが、徳川将軍家の別邸浜御殿や、宮内省管理の離宮を経て東京都に下賜され、都立公園として開放された。
       近年、かつて園内にあった複数の建築物の再建計画が進められており、2010年に「松の御茶屋」、2015年に「燕の御茶屋」の復元が完了した。
       2018年4月に「鷹の御茶屋」も完成した。
       復元予定があった「延遼館」は舛添要一都知事の辞任により未定となっており、「海手御茶屋」の復元が検討中されている。
      +++
       確かに、新しい建物が多かった気がします。
       しかし!
       その前に、園路を直してほしいです。
       コンクリート敷きのボコボコ園路。
       そこここに水溜まりが出来てました。
       御茶屋を建てるより、遙かに少ない予算で出来るはずです。
       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2020/02/10 06:25
    • 浜離宮(つづき)
       ↓続いて、「主な見所」。
      +++
      ●鴨場 -
       鴨猟のため作られた池。
       庚申堂鴨場と新銭座鴨場の二つがある。
       築造は、前者が1778年、後者が1791年。
       鴨場は池と林を3mほどの土手で囲い、土手には常 緑樹や竹笹を植え、鴨が安心して休息できるように外部と遮断されている。
       鴨場ではかつて猟が行われていた。
       その方法は、池に幾筋かの引堀(細い堀)を設け、小のぞきから鴨の様子をうかがいながら、稗・粟などのエサとおとりのアヒルで 引掘におびきよせ、機をみて土手の陰から網ですくいとるというものであった。
      ●潮入の池 -
       海水を引き入れ、潮の干満(水位の上下に従って水門を開閉)による眺めの変化を楽しむことができるようになっている。
       東京湾からボラ、セイゴ、ハゼ、ウナギなどの魚が入り込んで生育している。
       江戸時代には釣りが行われていた。現在は禁止されている。
       池の岩や石にはベンケイガニ、フナムシ、フジツボがなどが見られる。
      ●中島 - 潮入の池の中央に位置する小さい島。
      ●中島の御茶屋 - 中島にある休憩所。
      ●松の御茶屋 - 潮入りの池の北東側にある茶屋。(利用不可)
      ●燕の御茶屋 - 潮入りの池の北側にある茶屋。
      ●鷹の御茶屋 - 潮入りの池の北側にある茶屋。
      ●三百年の松 - 江戸時代、徳川家宣が改修したときに植えられたと伝わる。東京都内最大の黒松。
      ●ボタン園 - 60種800株が植えられている。
      ●お花畑 - 季節の花が咲きほこる。
      ●桜 - 種類が多いため見頃が比較的長い。春はライトアップされる。
      ●他の樹木 - 松、ケヤキなど多種。園内には多くの大木が残されている。
      +++
       続きはさらに次のコメントで。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2020/02/10 06:25
    • 浜離宮(つづきのつづき)
       わたしが覚えてるのは、「潮入の池」。
       これは、誰でも目に入ります。
       やっぱり、江戸時代は釣りが行われてたんですね。
       当然です。
       あとは、どの御茶屋か忘れましたが……。
       実際に営業してる御茶屋がありました。
       もちろん、わたしは入りませんでした。
       一人で入っても、手持ち無沙汰なだけでしょうから。
       ↓続いて、「歴史」。
      +++
       1654年(承応3年)に甲府藩主の徳川綱重がこの地を拝領し、海を埋め立てて別邸を建てた。
       その後は甲府藩の下屋敷として使用された。
       このため甲府浜屋敷、海手屋敷と呼ばれるようになった。
       綱重の子である徳川綱豊が6代将軍(家宣)になったため甲府徳川家は絶家となり、将軍家の別邸とされた。
       浜御殿と改称して大幅な改修が行われ、茶園、火薬所、庭園が整備された。
       とくに徳川家斉と家慶の頃は、将軍の鷹狩の場であった。
       幕末には、幕府海軍伝習屯所であった。
       1729年(享保14年)5月、雄の象がベトナムから運ばれ、浜御殿の小屋で12年を過ごした。
       慶応2年に着工した石造洋館が、明治2年に外国人接待所「延遼館」として竣工した。
       延遼館は、明治維新後も鹿鳴館が完成するまでは迎賓館として使用された。
       明治3年に、宮内省の管轄となり名前も離宮と改められた。
       明治天皇も度々訪れるようになる。
       その後、1923年の関東大震災と1945年の東京大空襲で、大手門や複数の御茶屋や樹木が焼失し、庭園自体も大きく損傷する被害を受けた。
      +++
       復元予定があった「延遼館」は、迎賓館だったんですね。
       この復元は、予算的に難しいでしょう。
       やっぱり、園路から始めましょう。

    • ––––––
      4. 手羽崎 鶏造
    • 2020/02/11 23:21
    • 浜離宮はまだ訪ねたことがありません。
      前回ですか、クルーズ船のことを話題に
      されていました。
      新型コロナウィルス禍で、ご不便・ご苦労されて
      おられる患者さん、乗客・乗員また関係者の皆さんに
      お見舞いを申し上げます。
      中国・湖北省の亡くなられた方の数に比べれば、
      我が国は重篤な方が少ないのが幸いかもしれません。
      このニュースも大事ですが、国会の「桜」問題が
      隅に追いやられることがないように願いたいです。
      安倍首相は、習金平に対して、「日本には来なくてよい。
      それより自国の患者をなんとかしろ」
      と強く言い切れば、世界のヒーローになれる
      絶好の好機だと思うのですが。
      トランプに対してもそうですが、力の有るものに
      ヘコヘコしない姿勢が一番求められていることに
      なんで気づかないのだろ。

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2020/02/12 06:26
    • そう云えばきのうは……
       『建国記念日』でしたね。
       催し物とかあったのかも知れませんが……。
       コロナウィルスのせいで、ほとんど報道されなかった気がします。
       中国は、検査が間に合ってないだけで……。
       潜在的な患者は、相当数いるんじゃないでしょうか。
       この騒ぎが鎮まるまでは、衆議院の解散は先送りでしょうね。
    コメントする   【単独旅行記Ⅵ(117)】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
問答無用の吸血鬼R18 新・SM小説書庫2 Japanese-wifeblog 愛と官能の美学
知佳の美貌録 未知の星 熟女と人妻エロンガ 赤星直也のエロ小説
[官能小説] 熟女の園 電脳女学園 官能文書わーるど 只野課長の調教日記
ちょっとHな小説 都会の鳥 人妻の浮気話 艶みるく 西園寺京太郎のSM官能小説

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
熟女・おばさんの性体験談 黒い教室 人に言えない秘密の性愛話 Playing Archives
被虐願望 女性のための官能小説 性転換・TS・女体化劇場 性小説 潤文学ブログ
羞恥の風 女の陰影 女性のH体験告白集 変態小説
むね☆きゅんファンサイト 週刊リビドー かおるの体験・妄想 ぺたの横書き
あおいつぼみ 葵蕾 最低のオリ 魔法の鍵 Mikiko's Roomの仮設テント
恥ずかしがりたがり。 官能的なエロ小説 濠門長恭の過激SM小説 淫芯

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
お姫様倶楽部.com 被支配中毒 出羽健書蔵庫 かめべや
HAKASEの第二読み物ブログ 女教師と遊ぼう 平成な美少女ライトノベル 官能の本棚
禁断の体験 エッチな告白集 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 恥と屈辱の交差点 潤文学
ましゅまろくらぶ 空想地帯 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ Angel Pussy 週刊創作官能小説
ろま中男3 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 漂浪の果てに アダルト検索一発サーチ

快感小説 SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄
秘密のエッチ体験談まとめ 18's Summer 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ
ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋
レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための…
緊縛新聞 Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所 エピソードセックス
マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集
黒塚工房 プライド 女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都 羊頭狗肉
ひよこの家 美里のオナニー日記 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
シンプルアダルト動画サーチ 人気ブログランキング
にほんブログ村 ライブドアブログ
官能小説アンテナ エログちゃんねる
官能文章アンテナ アダルトブログランキング


ランキング/画像・動画(11~30)
GL Search Adult Novels Search オンライン小説検索・R小説の栞 おたりんく








<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top