Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 2920
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 林さんは、まだ気づいてないようだ。
 赤ん坊のように吸引を続けている。
 万里亜は片膝を床に着け、もう一方の膝は立てていた。
 その姿勢のまま、もう一歩にじり寄る。
 そして……。

「はごっ」

 林さんが、美弥子の陰核を咥えたまま呻いた。
 万里亜の下腹部が、林さんの尻に密着していた。
 ディルドゥが、林さんの肛門に深々と刺さったのだろう。

「ご」

 林さんが真上を向いた。
 白目を剥いていた。
 一瞬でイッてしまったのだ。
 おそらく彼女は、フェラチオしながら絶頂までイケる体質なのではないか。
 だから、男性に下手なセックスをされるより……。
 フェラチオで終わらせる方を選ぶのだろう。
 今も美弥子の陰核を吸引しながら、ほとんど登り詰めていたに違いない。
 そして、そのとどめを刺したのが万里亜の肛門への一撃だ。

「あぁ」

 前傾した美弥子の口から、嘆きが零れた。
 林さんの口が、陰核から外れたのだ。
 林さんの上体が、美弥子の脚に絡みつきながら垂れ落ちていく。
 脱ぎ捨てた衣服のように、足元にわだかまった。
 林さんの吸引を奪った万里亜が恨めしかった。

 万里亜は、潰れた林さんの尻から、ディルドゥを引き抜いた。
 ストラップの左腰部に付いたバックルに手を掛ける。
 ストラップが外れた。
 しかし、ディルドゥはそのままの位置を保っていた。
 双頭のディルドゥは、片側がまだ、万里亜の膣内に埋もれているのだ。
 万里亜は、股間を隠すプレート部を持ち、下方に押しさげた。
 ディルドゥが抜けてくる。

「亜衣ちゃん」

 亜衣が、駆け寄って来た。
 手の上にタオルを広げ、万里亜の前に身を沈める。
 万里亜は片脚をあげ、ストラップを潜らせた。
 亜衣の前に、ディルドゥをぶら下げた。
 亜衣はタオルごと下から掬い、ディルドゥを受け取った。
由美と美弥子 2919目次由美と美弥子 2921


コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2019/11/25 06:26
    • 今日は何の日
       11月25日は、『女性に対する暴力廃絶のための国際デー』。
       1999(平成11)年12月17日の国連総会で制定された国際デーのひとつ。
       「女性に対する暴力撤廃の国際デー」ともされます。
       英語表記は、「International Day for the Elimination of Violence against Women」。
       1960(昭和35)年11月25日(今から59年前)……。
       ドミニカ共和国の政治活動家であったミラバル3姉妹が、ドミニカの支配者ラファエル・トルヒーヨの命令で手下により惨殺されました。
       ミラバル3姉妹は、「六月十四日運動」として知られる反トルヒーヨ政権グループを形成するなど……。
       トルヒーヨの独裁政権に対する反対運動に身を投じてました。
       ミラバル3姉妹の死は大衆の大きな怒りを招き……。
       6ヵ月後、トルヒーヨ暗殺のきっかけになったと考えられてます。
       上記の記述は、こちら(https://zatsuneta.com/archives/111253.html)のページから転載させていただきました。
       さらに同じページから、引用を続けさせていただきます。
       国連では、この日から12月10日の「世界人権デー」までを「性差別による暴力廃絶活動の16日間」と定め……。
       オレンジ色をその象徴として周知、啓発を行ってます。
       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2019/11/25 06:27
    • 今日は何の日(つづき)
       日本では、2001(平成13)年から総理府(現:内閣府)が……。
       「女性に対する暴力をなくす運動」として、11月12日からこの日を最終日とする2週間実施してます。
       女性に対する暴力根絶のシンボルであるパープルリボンにちなみ……。
       初日の11月12日に、東京タワーや東京スカイツリーなどを紫色にライトアップする「パープル・ライトアップ」を実施してます。
       パープル・ライトアップには、女性に対するあらゆる暴力の根絶を広く呼びかけるとともに……。
       被害者に対して、「ひとりで悩まず、まずは相談をしてください」というメッセージが込められてます。
       以上、引用終わり。
       日付のいわれとなったミラバル3姉妹の一件ですが……。
       ちと、しっくりしない感じがしました。
       これは、女性に対する暴力とかいう話ではなく……。
       反体制勢力に対する弾圧ということなんでないの?
       例えば今、香港で民主化運動してる女子学生が犠牲になったとした場合……。
       それが、「女性に対する暴力」ということになります?
       どーも、『女性に対する暴力廃絶のための国際デー』というのとは、違和感を覚えます。
       あと、後半部分。
       国連は、象徴する色を、オレンジとしてます。
       しかし日本では、パープルなんですよね。
       何で国連に倣わないんですかね。
       オレンジ色のライトが作れないわけじゃないでしょう。
       むしろ、一番出しやすい色じゃないですか。
       逆に、あまり刺激的でない色ということではありますが。
       紫の光は異様で、「何だあれ?」という話題になります。
       SNSなどで拡散すれば……。
       「パープル・ライトアップ」の意味も周知されるかも知れません。
       そこまで考えてたのなら、大したものですが。
       続きはさらに次のコメントで。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2019/11/25 06:27
    • 今日は何の日(つづきのつづき)
       さて。
       最近、女性に対する暴力で一番印象に残ってるのは……。
       新潟駅前で起きた殺人。
       DVとかのレベルではありません。
       待ち伏せて襲いかかってメッタ刺しです。
       現場のすぐ近くで、飲み会があったことがあります。
       決してヤバいエリアじゃないんですよ。
       被害者はキャバ嬢だったみたいですが……。
       あんなところにキャバクラがあったということに驚きました。
       いずれにしろ最近感じるのは、キレる男が増えてること。
       そして、ほんの些細なことでキレること。
       女性はもっと、身を守ることをまともに考えるべきだと思います。
       男の方が圧倒的に力は強いんです。
       しかも今の男は、喧嘩慣れしてませんから……。
       加減がわかりません。
       いきなりリミッターを外して来ます。
       電車の中で、ちょっと鞄が触れただけで……。
       いきなり殴りかかってくる男がいないとも限らないのです。
       とにかく最近、痛感するのは……。
       身体的接触に過敏な人が増えてます。
       ほんのちょっと触れられただけで、加害されたと感じるんじゃないですかね。
       わたしは、人とすれ違うときも、一定の距離を保つように注意してます。
       道では、自分の方から大きく道を譲ります。
       電車に乗るときはリュックを下ろし、前に背負います。
       ていうか、腹負います。
       あと今は、防犯ブザーも持ってます。
       毎朝、電池が切れてないか鳴らしてから出発します。
       考え過ぎなおばさんかも知れませんが……。
       日本人、治安呆けしすぎだと思います。
       日本と同じ感覚で海外に行ったら、殺されかねませんよ。

    • ––––––
      4. 手羽崎 鶏造
    • 2019/11/26 01:09
    • 暴力は いけません。
      どんな理由があろうと、暴力で
      モンダイが解決することはありません。
      学生時代、「構造的暴力の最たるものを
      戦争というのだ」と敬愛する教員から
      教えられました。
      実は、私はまだその真意を咀嚼(そしゃく)
      出来ずに人生を送っています。
      構造的暴力の末端・端緒にあるものの
      一例がイジメだそうです。
      戦争の反対語が平和ではなく
      (それは反対語ではなく対比語)、
      なぜならば戦争で無い状態が平和であるとは
      いいきれないからです。
      構造的暴力の芽を摘んでいくことが、
      平和に繋がるとその教員は語って
      いましたっけ。

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2019/11/26 07:37
    • ローマ教皇
       来日され、核廃絶を訴えておられました。
       しかし……。
       無力感は否めません。
       核保有国で訴えるべきなんじゃないでしょうか。
       苛めと言えば……。
       教員同士の苛めには驚きましたよね。
       わたしが生徒のころには……。
       想像さえ出来なかったことです。
       まさに、世も末ということでしょう。
    コメントする   【由美と美弥子 2920】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
新・SM小説書庫2 未知の星 電脳女学園 赤星直也のエロ小説
恥ずかしがりたがり。 ちょっとHな小説 愛と官能の美学 只野課長の調教日記
人妻の浮気話 艶みるく [官能小説] 熟女の園 人に言えない秘密の性愛話 官能的なエロ小説
西園寺京太郎のSM官能小説 女性のための官能小説 ぺたの横書き 被虐願望

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
濠門長恭の過激SM小説 淫芯 変態小説 お姫様倶楽部.com
被支配中毒 むね☆きゅんファンサイト 性小説 潤文学ブログ 出羽健書蔵庫
女の陰影 官能文書わーるど かめべや 女性のH体験告白集
あおいつぼみ 葵蕾 HAKASEの第二読み物ブログ 黒い教室 女教師と遊ぼう
魔法の鍵 平成な美少女ライトノベル 羞恥の風 最低のオリ
官能の本棚 禁断の体験 エッチな告白集 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき Playing Archives

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
恥と屈辱の交差点 潤文学 ましゅまろくらぶ 空想地帯
Mikiko's Roomの仮設テント 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ Angel Pussy 週刊創作官能小説 ろま中男3
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 漂浪の果てに 週刊リビドー アダルト検索一発サーチ
快感小説 SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄
秘密のエッチ体験談まとめ 18's Summer 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ

ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋
レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための…
緊縛新聞 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所
性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所
渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 黒塚工房 プライド
女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説
黒イ都 羊頭狗肉 ひよこの家 美里のオナニー日記
エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
人気ブログランキング 官能小説アンテナ
にほんブログ村 ライブドアブログ
アダルトブログランキング オンライン小説検索・R小説の栞
エログちゃんねる シンプルアダルト動画サーチ


ランキング/画像・動画(11~30)
おたりんく 正しいH小説の勧め クリエイターコレクションR18 Adult Novels Search
Girls Love Search GL Search GAY ART NAVIGATION Cyber あまてらす
ネット小説ランキング 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top