Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 2917
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「まだ生きてるんだから!
 妊娠しちゃうわよ」
「い……、いいんです。
 こんなイケメンの子供が産めるなら、ひとりで育てます」

 そんな中、ひとり落ち着いていたのが林さんだった。
 この中で、精液を見慣れてるのは彼女だけだろう。
 見慣れてるどころか、毎回飲んでいるらしいから、さまざまな味まで知っているに違いない。

「あが。
 あがが」

 絶命宣言をしたのは、林さんの隣でオナっていた黒谷さんだった。
 容赦なく陰核を曳き回していた指は止まり……。
 指の背が反るほど強く、陰核を押しつぶしていた。
 対面の浅井さんは、一瞬顔をあげて黒谷さんの最後を見届けた。
 自らも後を追おうとしたのだろう……。
 四つん這いの姿勢のまま、片手を腹下を通して股間に伸ばした。
 指先は、明らかに陰核を目指していた。
 しかし、無理な姿勢のせいか、生来の不器用のせいか、思うように動かせないようだ。

「亜衣ちゃん、介錯してやって」

 亜衣はすぐさま、浅井さんの突きあがった尻の左脇に身を沈めた。
 スレンダーな浅井さんの尻は、骨盤の形が浮き出て菱形をしていた。
 亜衣は、その尻を左手で押さえると、右手を宙に掲げた。
 その指の形を見た美弥子は、思わず股間を絞った。

 小指と親指が、内側に折りたたまれていた。
 中の3本の指も、真っ直ぐ揃っている。
 手首から指先までが、水中を泳ぐ烏賊のように細らんでいた。
 この指が何をしようとしているのか、美弥子にははっきりとわかった。
 股間に記憶が蘇ったのだ。
 この亜衣の細い指先が、美弥子の膣口に入ったときのことを。
 いや、指先だけではない。
 畳まれた拳も難なく滑りこんだ。
 手首にある骨の尖りまで消えていた。
 亜衣の前腕の付け根までをすっぽり、美弥子の膣が呑みこんだのだ。
 そう。
 初めて体験したフィストファックだった。
 亜衣はそれを、浅井さんに施そうとしているのだ。
 堪らず美弥子は、自らの陰核を摘まんだ。
由美と美弥子 2916目次由美と美弥子 2918


コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2019/11/22 06:02
    • 今日は何の日
       2019年11月22日は、『小雪』。
       “こゆき”ではありません。
       それじゃ小料理屋の女将です。
       “しょうせつ”。
       当たり前ですが、由井正雪は字が違います。
       『小雪(しょうせつ)』は、二十四節気のひとつです。
       現在広まっている定気法では、太陽黄経が240度のときで11月22日ごろ。
       2019年と断ったのは、年によって日付が動くからです。
       しかし『小雪』は現在、11月22日と考えておいて間違いないです。
       2016年から2051年まで、ずっと11月22日なんです。
       2052年が、11月21日になります。
       果たしてわたしは、この日を見届けられますかね。
       見届けても、何ということないのですが。
       『小雪』は、「立冬(11月7日ころ)」と「大雪(12月7日ころ)」の中間にあたります。
       期間としての意味もあり……。
       その場合、この日から次の節気の「大雪」前日までです。
       西洋占星術では、「小雪」が人馬宮(いて座)の始まり。
       上記の記述は、こちら(https://zatsuneta.com/archives/111220.html)のページから転載させていただきました。
       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2019/11/22 06:03
    • 今日は何の日(つづき)
       さらにこちらのページから引用を続けさせていただきます。
       このころから寒くなり、雨が雪へと変わることがあり、わずかながら雪が降るころなので「小雪」。
       『暦便覧』では「冷ゆるが故に雨も雪と也てくだるが故也」と説明してます。
       気温が下がり初雪が舞い始めます。
       冬将軍が到来すると言われる時期で……。
       北の地方では、コタツを押し入れから出す家が増えるころ。
       西日本においては夏みかんを収穫をする季節に入ります。
       以上、引用終わり。
       わたしは例年、「勤労感謝の日」前後をタイヤ交換の日に決めてます。
       このころになると、いつ雪が降ってもおかしくありませんから。
       例年は祝日なので、ヤル気になるのですが……。
       今年は土曜日と重なってしまいました。
       ま、仕方ありません。
       明日は雨も降らなそうなので、頑張って片付けます。
       しかし、春のタイヤ交換とは、気分が大違い。
       春の場合、同じ労働なのに、やり終わると達成感があります。
       すがすがしい気分。
       さぁ、春が来たと実感するわけです。
       逆に秋は、終わるとがっくりする感じです。
       いよいよ冬だと。
       ↑の記述に「北の地方ではコタツを押し入れから出す家が増える」とあります。
       コタツって、押し入れに仕舞うんですかね?
       昔のコタツはそうかも知れませんが。
       最近のは、夏場は普通のテーブルとして使い……。
       冬だけ布団をかけるんじゃないでしょうか。
       ま、別にいいですが。
       続きはさらに次のコメントで。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2019/11/22 06:03
    • 今日は何の日(つづきのつづき)
       わが家は、もう何年もコタツを出しません。
       食事は、ダイニングテーブルでしか摂らなくなりましたから。
       母は膝が悪く、わたしは腰が悪いので……。
       畳にコタツは、楽じゃないんですよ。
       テーブル式のならいいんでしょうけどね。
       でも、わざわざあんなのを買う気にもなれません。
       何万円もするんですよ。
       くれる人がいれば貰いますが。
       今のところ、ダイニングテーブルで十分です。
       片付けも楽だし。
       さて。
       『小雪』と聞くと、もう冬のようですが……。
       わたしの規定する暦では、この日からが「晩秋」になります。
       初秋が、9月23日~10月23日(『降霜』の前日)。
       中秋が、10月24日~11月21日(『小寒』の前日)。
       晩秋が、11月22日~12月21日(『冬至』の前日)。
       まだまだ秋なので、我慢しようと思ってたのですが……。
       負けてしまいました。
       綿入れ半纏を着てしまったんです。
       完全に冬の出で立ちです。
       敗北感、半端ないです。
       でも、いいんです。
       気分的に沈むのは、冬に入る直前です。
       入ってしまえば、気分も落ち着きます。
       「冬来たりなば春遠からじ」ですから。
       なので、もう冬なんです。
       だから、綿入れ半纏を着て何が悪い。
       さー、あとは春を待つだけ。
       もう、あっという間ですよ。
       あと、4ヶ月。
       はぁ。

    • ––––––
      4. 手羽崎 鶏造
    • 2019/11/23 02:55
    • 似たような?話を聞いたことが
      あります。
      沖縄本島でのこと。
      4月になると、昼間、太陽が照りだし、
      帽子、日傘無しでは日中歩けなくなる。
      強い日照りのもとで、日中屋外では
      やる気、根気が失せてしまいそうになる、
      そんな日々がずっと10月まで続くんですよ。
      どこの地域でも長所・短所があるようです。

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2019/11/23 06:43
    • だから……
       時間なんて守ってられないんですかね。
       沖縄は、やはり台風が怖いです。
       でも、冬だけ住むには魅力的な場所です。
       四季すべてが住み良いという地域は……。
       日本には無いんでしょうね。
    コメントする   【由美と美弥子 2917】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
問答無用の吸血鬼R18 新・SM小説書庫2 Japanese-wifeblog 愛と官能の美学
知佳の美貌録 未知の星 熟女と人妻エロンガ 赤星直也のエロ小説
[官能小説] 熟女の園 電脳女学園 官能文書わーるど 只野課長の調教日記
ちょっとHな小説 都会の鳥 人妻の浮気話 艶みるく 西園寺京太郎のSM官能小説

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
熟女・おばさんの性体験談 黒い教室 人に言えない秘密の性愛話 Playing Archives
被虐願望 女性のための官能小説 性転換・TS・女体化劇場 性小説 潤文学ブログ
羞恥の風 女の陰影 女性のH体験告白集 変態小説
むね☆きゅんファンサイト 週刊リビドー かおるの体験・妄想 ぺたの横書き
あおいつぼみ 葵蕾 最低のオリ 魔法の鍵 Mikiko's Roomの仮設テント
恥ずかしがりたがり。 官能的なエロ小説 濠門長恭の過激SM小説 淫芯

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
お姫様倶楽部.com 被支配中毒 出羽健書蔵庫 かめべや
HAKASEの第二読み物ブログ 女教師と遊ぼう 平成な美少女ライトノベル 官能の本棚
禁断の体験 エッチな告白集 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 恥と屈辱の交差点 潤文学
ましゅまろくらぶ 空想地帯 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ Angel Pussy 週刊創作官能小説
ろま中男3 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 漂浪の果てに アダルト検索一発サーチ

快感小説 SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄
秘密のエッチ体験談まとめ 18's Summer 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ
ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋
レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための…
緊縛新聞 Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所 エピソードセックス
マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集
黒塚工房 プライド 女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好
人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都 羊頭狗肉
ひよこの家 美里のオナニー日記 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
シンプルアダルト動画サーチ 人気ブログランキング
にほんブログ村 ライブドアブログ
官能小説アンテナ エログちゃんねる
官能文章アンテナ アダルトブログランキング


ランキング/画像・動画(11~30)
GL Search Adult Novels Search オンライン小説検索・R小説の栞 おたりんく








<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top