Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 2899
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 宿に戻ると、勝手口に回るため、庭先を通った。
 庭に面した縁側の前には、シーツが干してあった。
 しかし、そのシーツは目隠しで……。
 その向こうには、美弥子たちの下着が干してある。
 そのシーツの下から、明らかに男の脚が覗いていた。
 シーツを回りこんだ由美が怒声をあげた。

「何してるの!」

 逃げ出した男は、ハーパンを膝まで下げていた。
 おそらく、パンツは穿いてなかったのだろう。
 尻が丸出しだった。
 行き止まりに追い詰められた男は、その格好で向き直った。
 男根を勃起させていた。
 洗濯物の下着をオカズに、男根を擦っていたに違いない。
 向き直って脇を擦り抜けようとした男だったが……。
 その横腹に、由美の容赦のない蹴りが入った。
 由美が、気絶した男のタンクトップを脱がせ……。
 それを使って、物干しの柱に縛り付けた。
 しかも、逃げないようにと、ハーパンまで抜き取ったのだ。
 つまり男は、全裸で物干しに縛られたわけだ。

 そしてそこで……。
 目を覚ました男から、驚くべき告白を聞いた。
 自分は別の人格の女子高生で、この男子高校生の身体に転生したのだと。
 あのときは、花火の聞こえる夜という非日常感もあり……。
 男の話に聞き入ってしまった。
 しかし、今思い返せば、そんなバカなことがあるはずもない。
 作り話か、虚言癖に違いない。
 ともかく……。
 そのときの変態男が、今、目の前に立っている。

「どうして……」

 偶然だろうか。
 しかし、この巨大なターミナル駅近くの雑踏で……。
 千葉で一度だけ会った高校生と再会する偶然など、あり得るだろうか。

「すみません。
 実は、後をついてきちゃったんです」
「どこから?」
「マンションの前からです」

 まったく気づかなかった。
 由美は拳法をやっていたせいか、そうした気配には敏感だ。
 しかし、美弥子はまったく勘が働かなかった。
 足音を忍ばせて真後ろに立った由美に、よく脅かされたものだ。
 無防備すぎ、と由美には笑われていた。

★作者注)花火大会の夜のシーンは、2073回からになります。★
由美と美弥子 2898目次由美と美弥子 2900


コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2019/10/27 06:43
    • 今日は何の日
       10月27日は、『読書の日』。
       『読書の日』は、「読書週間(10月27日~11月9日)」の初日です。
       「読書週間」は、1924(大正13)年、図書館の利用PRを目的に「日本図書館協会」が制定した「図書館週間(11月17日~23日)」を母体としてます。
       その後、1933(昭和8)年、「東京書籍商組合」主催の「図書祭(11月17日~23日)」に改称されましたが……。
       戦争の影響で、1939(昭和14)年には、一旦廃止されました。
       戦後の1947(昭和22)年からは……。
       「読書週間(11月17日~23日)」と改称して、「読書週間実行委員会」の主催で実施されることになりました。
       「読書週間実行委員会」は、日本出版協会、日本図書館協会、取次・書店の流通組織、その他報道・文化関連団体30あまりで結成されたものです。
       「読書週間」の目的は、読書の力によって、平和な文化国家を作ろうというものです。
       その後、「1週間では惜しい」ということで、1948(昭和23)年の第2回「読書週間」からは……。
       「文化の日(11月3日)」の前後にまたがる10月27日~11月9日の2週間に期間が延長されました。
       この時期、東京都千代田区神田神保町の書店街では、「神田古本まつり」が開催されてます。
       今年は、10月25日(金)~ 11月4日(月)だそうです。
       上記の記述は、こちら(https://zatsuneta.com/archives/110272.html)のページから転載させていただきました。
       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2019/10/27 06:43
    • 今日は何の日(つづき)
       さて。
       わたしと読書。
       小学校時代は、ほぼ読書をした記憶がありません。
       たまに図書館で、SFのハードカバーを借りたくらいでしょうか。
       もちろん、子供向けの読み物です。
       初めて自分で本を買ったのは、中学生のころでしょう。
       本と云っても、文庫ですが。
       コナン・ドイル。
       もちろん、シャーロック・ホームズのシリーズ。
       トリックなど、理解できないところもありましたが……。
       雰囲気が好きでした。
       やっぱりあの小説は、ワトソンという人物を登場させたのが画期的なところでしょう。
       読者は、自分と同レベルの(もしくは自分の方がマシと思われる)人物が語り手となることで……。
       ストレスなく読めるんじゃないでしょうか。
       この設定は、岡本綺堂が「半七捕物帳」を書くヒントになったんじゃないでしょうか。
       綺堂は、コナン・ドイルより、13歳年下(コナン・ドイルが生まれたのは、江戸時代です)。
       綺堂は、発表されるシャーロック・ホームズのシリーズを、リアルタイムで読んでたそうです。
       もちろん、原語でです。
       続きはさらに次のコメントで。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2019/10/27 06:44
    • 今日は何の日(つづきのつづき)
       高校時代は、重いものを読めませんでした。
       受験がありましたから。
       読んでたのは、日本のSFですね。
       筒井康隆とか。
       短い時間で読める短編集ばかり買ってました。
       長編だと、受験勉強からの逃避として……。
       長々と読んでしまう恐れがありますから。
       大学に入ると、読む時間はたくさんできたのですが……。
       そうなると反って、読まないものです。
       それでも、トーマス・マンの「魔の山」だけは最後まで読みました。
       文庫で2冊だったと思います。
       でも、一番好きだったのは短編の「トニオ・クレーゲル」でした。
       あ、そうそう。
       夏目漱石も読みました。
       驚いたのは、当時の人が、ものすごく遠くまで自分の足で歩いてることです。
       交通機関がほとんどないのですから、当たり前ですけど。
       さて、現在。
       ほぼまったく読んでません。
       時間を作れるのは、行き帰りの電車の中だけですね。
       それでも昔は、梶尾真治なんかを読んでたものです。
       映画『黄泉がえり』の原作者です。
       わたしが好きだったのは、『クロノス・ジョウンターの伝説』です。
       今は、小説はさっぱりです。
       エッセーは楽ですよ。
       サイコーなのは、北大路公子さん。
       札幌在住の日常を読むと……。
       新潟の冬は、まだマシだと力づけられます。

    • ––––––
      4. 手羽崎 鶏造
    • 2019/10/27 10:36
    • ワタシは小学生の時、シャーロック・ホームズ
      より先に、アルセーヌ・ルパンに出会って
      しまっていました。
      だから、アマノジャクな少年になって、今に
      到る気がします。
      また、子ども時代、歴史好きな佐賀の親戚の
      黒田(この苗字がいかにも胡散臭い 笑)の
      オヤジに、
      「オマエんとこの家紋は桔梗、そう明智の
      家紋と同じじゃ」
      その言葉に相当影響を受けていたと思います。
      周囲の子らと違い、信長・秀吉嫌いは、NHK
      大河「国盗り物語」の美男子・近藤正臣(光秀役)
      で一気に確信?になっていきました。

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2019/10/27 12:13
    • アルセーヌ・ルパンから……
       明智小五郎に話が移ったのかと思いました。
       明智光秀の方でしたか。
       桔梗紋、格好良いですよね。
       わたしは以前、桔梗紋の付いたパスケースを使ってたことがあります。
       わが家のは、ぜんぜん違うのですが。
    コメントする   【由美と美弥子 2899】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
禁断の体験 エッチな告白集 ましゅまろくらぶ 未知の星 官能文書わーるど
新・SM小説書庫2 電脳女学園 官能の本棚 羞恥の風
赤星直也のエロ小説 変態小説 性小説 潤文学ブログ [官能小説] 熟女の園
ちょっとHな小説 潤文学 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 人妻の浮気話 艶みるく
女の陰影 愛と官能の美学 官能的なエロ小説 女性のH体験告白集

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ Playing Archives Angel Pussy 週刊創作官能小説 出羽健書蔵庫
空想地帯 黒い教室 女性のための官能小説 平成な美少女ライトノベル
人に言えない秘密の性愛話 ぺたの横書き むね☆きゅんファンサイト アダルト検索一発サーチ
魔法の鍵 恥ずかしがりたがり。 恥と屈辱の交差点 濠門長恭の過激SM小説
HAKASEの第二読み物ブログ お姫様倶楽部.com ろま中男3 週刊リビドー
快感小説 SM・お仕置き小説ブログ 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 被虐願望

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
漂浪の果てに 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄 Mikiko's Roomの仮設テント
秘密のエッチ体験談まとめ かめべや 最低のオリ 18's Summer
淫鬼の棲む地下室 西園寺京太郎のSM官能小説 被虐のハイパーヒロインズ ひめ魅、ゴコロ。
おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋 被支配中毒
レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための…

緊縛新聞 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所
性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所
渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 黒塚工房 あおいつぼみ 葵蕾
プライド 女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻!
wombatの官能小説 黒イ都 羊頭狗肉 ひよこの家
美里のオナニー日記 エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる 人気ブログランキング
アダルトブログランキング にほんブログ村
ライブドアブログ 官能小説アンテナ
オンライン小説検索・R小説の栞 GL Search
正しいH小説の勧め Girls Love Search

ランキング/画像・動画(11~30)
アダルト動画まとめ おたりんく 成人向けランキング Adult Novels Search
セックス・ノベル・ネット クリエイターコレクションR18 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!







<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top