Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 2896
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 美弥子は、再び陰茎を擦り始めた。
 手の平を激しく上下に動かす。
 男性が、オナニーを楽しむ段階を終え……。
 一気に射精に突き進むときの所作だった。
 陰茎を扱きあげるたびに、二股の根元が陰核を潰した。
 膣襞は、体内の陰茎に擦られ……。
 膣液が、ざぶざぶと揉み洗いのような音を立てていた。

「イ、イク」

 美弥子は肛門を絞った。
 同時に、思い切り陰茎を引っ張りあげる。
 陰核がひしゃげた。

「あぎゃ」

 膣が、雑巾を絞るように収縮するのがわかった。
 刹那……。
 美弥子の握った陰茎の先から、白濁した液体が噴出した。
 まさにそれは、精液にしか見えなかった。
 白い飴細工となって伸びた精液は、宙でうねりながら、そのまま鏡を叩いた。
 粘性が強く、鏡面に金継ぎのように貼りついたまま留まっていた。

 もちろん、陰茎から噴き出したのは、精液のはずはない。
 美弥子の膣液だった。
 膣襞と陰茎に揉まれ、白く発泡した膣液は……。
 美弥子の絶頂による膣収縮により、強く圧縮される。
 そして、唯一の出口である体内の陰茎の射出口に殺到する。
 その膣液が、陰茎の中を通る管を疾走し……。
 体外の射出口から迸るのだ。

「おごっ」

 射精はまだ続いていた。
 第二弾も、鏡に届いた。
 鏡面には、白濁液が、悪魔の紋章を描いていた。
 その紋章の狭間から見える顔は……。
 まさに性獣。
 これがわたしなのだ。
 美弥子は凝視した。
 しかし、それも一瞬だった。
 最後の噴出の衝撃が、美弥子の顎を突きあげた。
 銃弾に額を撃たれた人に見えただろう。
 見あげる天井が遠ざかる。
 尻に衝撃を感じた。
 尻が床に落ちたのだ。
 しかし、その衝撃を、溶け流れる悦楽が包みこんでいく。
 視界が、うねりながら遠ざかる。
 後頭部が床を打った。
 全身の痙攣にのたうち、溺れながら……。
 美弥子の意識だけが浚われて行った。
由美と美弥子 2895目次由美と美弥子 2897


コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2019/10/23 06:33
    • 今日は何の日
       1868年10月23日(今から151年前)、明治に改元されました。
       直前の元号は、慶応四年。
       なお、このころは旧暦ですので……。
       当時の日付では、九月八日でした。
       新暦だと、10月23日にあたるということです。
       ちなみに、「明治」のほかにいくつかあげられた案の中に……。
       「平成」があったそうです。
       このときは、没となった「平成」ですが……。
       121年後、1989年1月8日、ついに世に出ます。
       小渕官房長官(当時)が、「平成」と書かれた額を掲げる映像……。
       何度見たかわかりません。
       さて、もう一題。
       毎月23日は、「天ぷらの日」。
       もともと、一年で暑さが最も激しくなる「大暑(7月23日ごろ)」が「天ぷらの日」となってました。
       夏の暑さにバテないために、天ぷらを食べて元気に過ごそうというものだったのです。
       その後、夏バテ対策だけでなく、疲労回復に適した天ぷらを食べて、通年元気に過ごそうという意味から……。
       7月23日を含む毎月23日が、「天ぷらの日」とされました(定めた団体などは不明)。
       この日を中心に特別メニューを用意するなど、キャンペーンを実施している店も見られます。
       7月23日の「天ぷらの日」は……。
       7月20日頃の「土用の丑の日」、8月29日の「焼き肉の日」とともに、食べ物の「夏バテ防止の三大記念日」といわれてます。
       上記の記述は、こちら(https://zatsuneta.com/archives/10123a5.html)のページから転載させていただきました。
       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2019/10/23 06:33
    • 今日は何の日(つづき)
       さらに、上記のページから、「天ぷら」という名称の由来について。
       2説あるようです。
      ①「調味料を加える」「油を使用して硬くする」を意味するポルトガル語の「temperar」。
      ②「調理」「調味料」を意味する「tempero」。
       2説って、単に動詞と名詞の違いじゃないの?
       漢字の「天麩羅」は、揚げ油の上辺を意味する「天」、ゆらゆらする小麦粉の「麩」、絹で織った網のような薄物を指す「羅」の字を当てたとする説があるとか(これも眉唾っぽい)。
       引用終わり。
       さて、わたしと天ぷら。
       『単独旅行記Ⅵ(54)https://mikikosroom.com/archives/38866970.html』のコメント(天ざるとビール)からもおわかりと思いますが……。
       基本的に大好きです。
       天ざるでは、エビ天がメインですが、とりわけこれが好物というわけではありません。
       エビ天を食べる場合、最後にちょっと悩ましいことがあります。
       それは、尻尾をどうするか。
       わたしは、食べたいんです。
       ていうか、ほぼ必ず食べます。
       しかし、堂々と食べる度量がない。
       必ず、周りの視線を確認します。
       そして、パクリ。
       なるたけ音を立てないように咀嚼。
       しかし皆さん、どうして尻尾を残すんですかね?
       パリパリして美味しいですよ。
       むしろ、本体より好きかも知れません。
       続きはさらに次のコメントで。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2019/10/23 06:34
    • 今日は何の日(つづきのつづき)
       わたしが「かき揚げ」が好きなのは……。
       歯触りがあるからだと思います。
       基本、好きなネタは、これ系ですね。
       レンコンとか。
       逆に、あまり好まないのは……。
       もっさり系。
       ナスとかサツマイモ。
       あと、カボチャ。
       子供のころ、ばあちゃんが作ってくれた天ぷらで、この歯触りが最高の品がありました。
       ちりめんじゃこ。
       柔らかいヤツではなく、乾燥させて硬いものです。
       これを、天ぷら粉でカタマリにして、揚げるわけです。
       歯触り最高。
       気をつけないと、じゃこの頭が口の中に刺さったりしました。
       これ、売ってないんですよね。
       なんでですかね?
       わが家ではもう、台所で天ぷらを作る風習はなくなってしまいました。
       後始末が大変ですからね。
       そこら中、ヌルヌルになるし。
       リタイアしたら、挑戦することのひとつにするかな。
       さて、天ぷら。
       天ぷら専門店のような料理屋で食べた経験はありません。
       でも、今後さらに、外国人に人気が出るんじゃないでしょうか。
       日本に来る外国人には、ベジタリアンやヴィーガンも多いですから。
       むしろ、野菜専門の天ぷら屋なんてどうでしょう。
       ネタなら、いくらでもありますよ。
       何しろ、モミジの天ぷらなんてのまであるんですから。
       お勧めはやっぱり、春ですかね。
       もちろん、山菜の天ぷらです。

    • ––––––
      4. 手羽崎 鶏造
    • 2019/10/23 23:26
    • 江戸前のカウンター式の天ぷら店とかは、
      とても高価ですが、福岡の天麩羅処Hは
      チェーン店で700~800円位でカウンター席で
      一品ずつ揚げたてを運んでいただき、
      食することが出来ます。

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2019/10/24 19:02
    • その値段は……
       レジで支払う金額のことですか?
       つまり、700~800円で、天ぷら食べ放題だと。
       ご飯も付くんでしょうか?
       まさか、天ぷらひとつが、700円というわけじゃないでしょうね。
       一品ずつ運んでくれるのはいいのですが……。
       わたしは早食いなので、間が空くと手持ち無沙汰になってしまいます。
       ビールばかり飲んでしまいそうです。
       お新香が付くとありがたいのですが。

    • ––––––
      6. 手羽崎 鶏造
    • 2019/10/26 08:40
    • その値段で、食べ放題なわけが
      ありません。残念。
      6~7品です。すべて揚げたて。
      お新香というかイカの塩辛は採り放題でした。
      すべてカウンター席ですが、例えばエビ続いて
      レンコンと、同じネタを数まとめて揚げて、それを
      注文している客の皿に置いていきます。
      だからコストを下げられるのでしょう。
      博多っ子には有名な店です。

    • ––––––
      7. Mikiko
    • 2019/10/26 12:14
    • ふむ
       6,7品と云うことは、ランチなんでしょうね?
       お酒の席では、物足りないですよ。
       以前、客が自分で揚げるお店を紹介した気がします。
       ↓福岡にもありました。
      https://rakutenan.jp/
    コメントする   【由美と美弥子 2896】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 新・SM小説書庫2 ましゅまろくらぶ
電脳女学園 赤星直也のエロ小説 官能文書わーるど 羞恥の風
官能の本棚 ちょっとHな小説 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき Playing Archives
変態小説 [官能小説] 熟女の園 西園寺京太郎のSM官能小説 潤文学
人妻の浮気話 艶みるく 淫芯 Angel Pussy 週刊創作官能小説 官能的なエロ小説

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
恥と屈辱の交差点 人に言えない秘密の性愛話 女性のための官能小説 濠門長恭の過激SM小説
恥ずかしがりたがり。 ぺたの横書き 魔法の鍵 出羽健書蔵庫
空想地帯 あおいつぼみ 葵蕾 女性のH体験告白集 HAKASEの第二読み物ブログ
恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 黒い教室 被支配中毒 性小説 潤文学ブログ
ろま中男3 お姫様倶楽部.com 女の陰影 渡硝子の性感快楽駆け込み寺
被虐願望 愛と官能の美学 平成な美少女ライトノベル むね☆きゅんファンサイト

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
最低のオリ Mikiko's Roomの仮設テント 漂浪の果てに 週刊リビドー
女教師と遊ぼう アダルト検索一発サーチ 快感小説 かめべや
SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄 秘密のエッチ体験談まとめ
18's Summer 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ ひめ魅、ゴコロ。
おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋 レズ画像・きれいな画像倉庫

riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞
Japanese-wifeblog Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場
エピソードセックス マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH
羞恥集 黒塚工房 プライド 女性作家専門官能小説
官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都
羊頭狗肉 ひよこの家 美里のオナニー日記 エロショッカー軍団
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる シンプルアダルト動画サーチ
人気ブログランキング にほんブログ村
官能小説アンテナ アダルトブログランキング
ライブドアブログ オンライン小説検索・R小説の栞


ランキング/画像・動画(11~30)
Adult Novels Search GL Search おたりんく 正しいH小説の勧め
成人向けランキング ヌケルアダルト作品 ネット小説ランキング Girls Love Search
アダルトなび2 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top