Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 2865
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 助勢を得たことで、逆に妻の自立する意思が失せたようだ。
 わたしに背中を凭せながら、身体が沈んでいく。
 こんなところに座りこんだら、尻を汚してしまう。
 わたしは妻に密着しながらしゃがみこんだ。

 洗面台が目の高さになり、鏡は見えなくなった。
 これでは妻が、自分を見ながら昇天できない。
 良いアイデアが浮かんだ。
 わたしは妻ににじり寄り、ぴったりと密着した。
 そのまま後ろから手を回し、妻の腿を抱える。

「持ちあげるから。
 力を抜いて」

 腰を痛めないよう、背筋を伸ばす。
 仕事柄、重いものを持つのには慣れていた。
 エンジン式の発電機なんかも運んでたからね。
 重量物を持つコツは、出来るだけ身体を近くに引きつけること。
 持ちあげるときは、腕ではなく脚を使うことだ。
 腕は、対象物をがっしりと固定するだけ。
 脚を起重機のように伸ばすことで、持ちあげるんだ。
 妻は、ボリュームがあるとは云っても、60キロまではなかったろう。
 軽々とはいかなかったが、起ちあがることが出来た。

 目の前の鏡に、妻が大写しになっている。
 わたしに両腿を抱えられ、幼児がおしっこをさせられるポーズだ。

「ひぃぃぃ」

 妻はもう、目を逸らそうとはしなかった。
 鏡に映る自分を凝視している。
 わたしは、洗面台に歩を進めた。
 いつまでも抱えていられるものではない。
 妻の尻を、洗面台に下ろす。
 しかし、両手は妻の腿を抱えたままだ。
 眼前の鏡に、妻の姿が大写しになった。

「いいよ。
 イって」

 妻は、陰核に中指の腹をあてた。
 ほかの指は、折り鶴のように跳ねあげている。
 鶴は、高速に振動を始めた。
 鏡の中で、翼の輪郭が消えた。
由美と美弥子 2864目次由美と美弥子 2866


コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2019/09/09 06:33
    • 今日は何の日
       9月9日は、『重陽(ちょうよう)』。
       五節句の一つです。
       旧暦では、菊が咲く季節であることから……。
       菊の節句とも呼ばれます。
       ちなみに今年の旧暦9月9日は、10月7日になります。
       陰陽思想では奇数は陽の数。
       その“陽”の極である「9」が“重”なる日であることから……。
       「重陽」と呼ばれるとのこと。
       それじゃ、目出度さ極まる日かというと……。
       違うんです。
       奇数の重なる月日は陽の気が強すぎるため不吉とされ……。
       それを払う行事として節句が行なわれていたんです。
       ↓五節句です。
      『人日(じんじつ/1月7日)』『上巳(じょうし/3月3日)』『端午(たんご/5月5日)』『七夕(しちせき/7月7日)』『重陽(ちょうよう/9月9日)』
       1月だけ7日なのが、解せませんが。
       やはり、新年の最初の日を「不吉」とするのは、憚られたからかも知れません。
       五節句の中でも、数のうち最大の「陽」である「9」が重なる「重陽」は……。
       特に負担の大きい節句と考えられてたわけです。
       この日は、邪気を払い長寿を願い……。
       菊の花を飾ったり、菊の花びらを浮かべた酒を酌み交わしたりしてたとか。
       前夜、菊に綿をおいて、露を染ませ、身体をぬぐうなどの習慣があったそうです。
       でも今では、五節句の中では、もっとも廃れてしまった節句でしょう。
       ちなみに、なぜ11月11日がないかというと……。
       数は、あくまで「一桁」ということです。
       高校野球のレギュラーナンバーみたいなものですかね。
       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2019/09/09 06:34
    • 今日は何の日(つづき)
       「重陽」が廃れてしまったのは……。
       やはり、新暦になり、菊の季節とずれてしまったからというのが一因でしょう。
       でも、3月3日の「桃の節句」は、生きてます。
       新暦の3月3日、桃の木はまだ冬の佇まいです。
       さて。
       ここから余談。
       9月9日には、「重陽」に因んだ、別の記念日があります。
       たぶん、ご存じない方がほとんどでしょう。
       わたしも知りませんでした。
       なんと……。
       『男色の日』。
       なぜだかわかります?
       もちろん……。
       お尻の穴の別名が、「菊門」だからです。
       不敬ですねー。
       しかし、どうしてあんなフケツなところを使うのでしょう。
       特に昔は、ゴムもなかったわけでしょう。
       モロキュウ状態になったものを、どうやって清めたんでしょう。
       紙だって貴重だったでしょうし。
       終わった後は萎びてるから、よけい拭いずらかったと思います。
       穴なら、口があるじゃないですかね。
       男色の浮世絵で、「69」はないんでしょうか。
       そう云えば……。
       6月9日は、『ポルノの日』なんです。
       「69」は、決してポルノの王道ではないと思うのですが。
    コメントする   【由美と美弥子 2865】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
未知の星 新・SM小説書庫2 電脳女学園 赤星直也のエロ小説
愛と官能の美学 官能的なエロ小説 [官能小説] 熟女の園 羞恥の風
人に言えない秘密の性愛話 ちょっとHな小説 変態小説 淫芯
人妻の浮気話 艶みるく 女性のための官能小説 官能文書わーるど 西園寺京太郎のSM官能小説
恥ずかしがりたがり。 性小説 潤文学ブログ 最低のオリ 濠門長恭の過激SM小説

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
被支配中毒 黒い教室 女の陰影 HAKASEの第二読み物ブログ
女性のH体験告白集 あおいつぼみ 葵蕾 被虐願望 お姫様倶楽部.com
魔法の鍵 官能の本棚 禁断の体験 エッチな告白集 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき
Playing Archives 恥と屈辱の交差点 潤文学 ぺたの横書き
ましゅまろくらぶ 空想地帯 Mikiko's Roomの仮設テント かめべや
恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ Angel Pussy 週刊創作官能小説 出羽健書蔵庫 むね☆きゅんファンサイト

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
ろま中男3 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 平成な美少女ライトノベル 漂浪の果てに
週刊リビドー 女教師と遊ぼう アダルト検索一発サーチ 快感小説
SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄 秘密のエッチ体験談まとめ
18's Summer 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ ひめ魅、ゴコロ。
おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋 レズ画像・きれいな画像倉庫

riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞
Japanese-wifeblog Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場
エピソードセックス マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH
羞恥集 黒塚工房 プライド 女性作家専門官能小説
官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都
羊頭狗肉 ひよこの家 美里のオナニー日記 エロショッカー軍団
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる 人気ブログランキング
にほんブログ村 官能小説アンテナ
ライブドアブログ シンプルアダルト動画サーチ
オンライン小説検索・R小説の栞 アダルトブログランキング


ランキング/画像・動画(11~30)
Adult Novels Search 正しいH小説の勧め Girls Love Search GL Search
クリエイターコレクションR18 おたりんく GAY ART NAVIGATION 十八禁恋愛私花集







<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top