Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 2827
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 涙の筋は、次々と新しく生まれていた。
 涙が耳の孔に入らないよう、舌を伸ばした。
 舐め取ろうとしたんだ。
 でも、わたしの顔が近づいた気配を感じたのだろう……。
 妻は、顎を上向けた。
 キスを受け入れる仕草だ。
 耳に向かっていたわたしの唇は、あっさりと方向転換した。
 唇を重ねる。
 柔らかい唇だった。
 まだ20代だったんだから、当たり前だけどね。

 わたしの舌が唇を割ると同時に、妻の舌が迎えた。
 絡ませる。
 猛烈に愛しくなった。
 わたしは、その身悶えしたい思いを、腰の動きで表現した。
 新しいシーツに飛びこんだ子供が、股間を擦りつけるみたいに。
 腰は一切浮かせない。
 陰茎は根元まで挿しこんだままだ。
 陰茎の付け根の恥丘には、明らかな突起を感じた。
 あの肉芽のような陰核が、わたしの恥丘に食いこんでいるんだ。
 わたしは、恥骨でそれを押し潰した。
 腰で円を描きながら引き回す。
 わたしの尻を真上から見たら、尻たぶが空豆みたいに窪んでいただろう。

 この動作は、正常位で交わりながら女性の陰核を刺激する。
 しかも、亀頭には強い刺激を受けないから、射精までの時間を長引かせることが出来る。
 若かったわたしに、もう乳房の垂れ始めたトルコ嬢が、身を持って教えてくれた方法だった。

「あぅぅ」

 妻の口が、わたしの口を離れた。
 陰核の感覚に溺れ、キスに集中出来なくなったようだ。
 わたしは、更に丁寧に腰を揉みこんだ。

「ひぃぃ」

 そうとうに効いている。
 わたしは、男としての充実を全身で感じた。
 伸ばしていた両脚を引きつける。
 平泳ぎの体勢だ。
 更に腰を突きつけ、引き回す。
 さすがにわたしも、徐々に追いこまれてきた。
 こういうとき、動作を止めずに気を紛らわす方法まで、トルコ嬢は教えてくれていた。
 ひらがなを書くんだ。
 もちろん、手で書くわけじゃない。
 腰の動きで書く。
 “いろは"から順番にと教えられた。
 いくらなんでも、そのトルコ嬢だって、戦後の生まれだ。
 “いろはにほへと"で習ったわけじゃないだろう。
 でも、“あいうえお"じゃダメなんだそうだ。
 “いろはにほへと"は、春画の世界から連なる魔法の言葉だと。
 わたしは、童貞を捧げたトルコ嬢を懐かしく思い出しながら、腰で“いろは"を書き始めた。
由美と美弥子 2826目次由美と美弥子 2828


コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2019/07/19 06:08
    • 今日は何の日
       7月19日は、『愛知のいちじくの日』。
       『JAあいち経済連(http://www.ja-aichi.or.jp/main/)』が制定。
       ただし……。
       記念日は、7月19日だけではありません。
       7月19日、8月19日、9月19日、10月19日、の4日が『愛知のいちじくの日』なんです。
       愛知県産のいちじくが数多く出回る、7月から10月までの4ヵ月間……。
       「いち(1)じく(9)」の語呂合わせから、19日としたそうです。
       「じ」が抜けてるではないか。
       ちなみに、なぜ愛知かと云うと……。
       上記『JAあいち経済連』さんの「いちじく(http://www.ja-aichi.or.jp/main/product/engei/fruit/02.html)」のページに、↓の記述がありました。
      +++
      あいちのいちじくは、ハウス栽培と露地栽培で春から秋まで出荷し、出荷量・販売額ともに全国1位を誇っています。果実が大きいこともあいち産の特長です。
      +++
       愛知が、全国1位の産地だったとは知りませんでした。
       イチジク(無花果)は、クワ科イチジク属の落葉高木。
       原産地はアラビア南部。
       不老長寿の果物とも呼ばれます。
       「無花果」の字は、花を咲かせずに実をつけるように見えることに由来し……。
       中国で名付けられた漢語とのこと。
       原産地に近いメソポタミアでは、6千年以上前から栽培されていたことが知られてます。
       地中海世界でも古くから知られ、エジプト、ギリシアなどでは紀元前から栽培されてました。
       古代ローマでは最もポピュラーな果物の一つで、甘味源としても重要だったそうです。
       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2019/07/19 06:08
    • 今日は何の日(つづき)
       日本には江戸時代の初期、ペルシャから中国を経て、長崎に伝来しました。
       日本に古く渡来したのが在来種で、のちに果樹として洋種が栽培されてます。
       果糖、ブドウ糖、ビタミン、カリウムなどの様々な成分が含まれ……。
       食物繊維も豊富だそうです。
       上記の記述は、こちら(https://zatsuneta.com/archives/107196.html)のページから転載させていただきました。
       さて、わたしとイチジク。
       イチジクの木は、子供のころ、通学路などにやたらとあった気がします。
       畑の端などに植えられてたりしました。
       学校帰り、そうした木に成った実を、勝手にもいで食べたような気もします。
       でも、最近は、ほとんど見かけませんね。
       あまりに子供に食べられたから、栽培を止めたんでしょうか。
       今、野生動物の農産物への被害が問題になってますが……。
       昔は、子供による被害の方が問題だったのかも。
       でも、家庭で食べた記憶は、ほとんどありません。
       たぶん、母が嫌いだった影響があると思います。
       わたしも、畑のをもいで食べたと言っても……。
       食べたくてしょうがなかったわけではありません。
       イタズラ半分でしょう。
       甘みが強く美味しいですが……。
       どことなく、気味の悪い感じもあります。
       果物の爽やかさはないですよね。
       むしろ、隠微な感じ。
       実を割ったときの、毒々しい赤みのせいでしょうか。
       続きはさらに次のコメントで。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2019/07/19 06:09
    • 今日は何の日(つづきのつづき)
       でも、やはり子供のころの記憶にある果樹は、懐かしいものです。
       昨年は、柿の苗木を庭に植えました。
       日当たりの悪いところしか空いてなかったので……。
       あんまり旺盛には育ってません。
       桃栗三年柿八年ですから……。
       実が成るのは、まだまだ先でしょう。
       受粉樹が必要と聞いたこともありますし。
       50メートルくらい離れた畑に、大木があるんですけどね。
       さて、今年、藪となった庭の一角が整理されました。
       母が業者を呼んで、伐らせたんです。
       例によって、わたしには何の断りもありませんでした。
       わたしの植えた椿が伐られた気がしますが……。
       文句は言ってません。
       なぜなら、日のあたる一角が、更地になってたからです。
       無断で何か植えてやろうと狙ってます。
       ここなら、日当たりが好きな樹木も植えられます。
       そこで思いついたのが、イチジクです。
       イチジクは母が嫌いなので、なんだか当てつけみたいですが……。
       別に、木そのものが嫌いなわけじゃないでしょう。
       来年の春が楽しみになりました。

    • ––––––
      4. 手羽崎 鶏造
    • 2019/07/20 08:54
    • イチジクと聞くと、フツーの人は
      果実より、浣腸器を連想するのでは
      無いでしょうか。
      (フツーの人ではなく、そりゃアンタだけだよ。
       ひとりツッコミ。)

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2019/07/20 12:03
    • なるほど
       隠微なイメージを感じてたのは……。
       そのせいもありますかね。
       しかし、口に入る果物が……。
       お尻に入る品物になぞらえられたというのは、かなりな迷惑だったのでは?
    コメントする   【由美と美弥子 2827】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
新・SM小説書庫2 未知の星 電脳女学園 赤星直也のエロ小説
恥ずかしがりたがり。 ちょっとHな小説 愛と官能の美学 只野課長の調教日記
人妻の浮気話 艶みるく [官能小説] 熟女の園 人に言えない秘密の性愛話 官能的なエロ小説
西園寺京太郎のSM官能小説 女性のための官能小説 ぺたの横書き 被虐願望

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
濠門長恭の過激SM小説 淫芯 変態小説 お姫様倶楽部.com
被支配中毒 むね☆きゅんファンサイト 性小説 潤文学ブログ 出羽健書蔵庫
女の陰影 官能文書わーるど かめべや 女性のH体験告白集
あおいつぼみ 葵蕾 HAKASEの第二読み物ブログ 黒い教室 女教師と遊ぼう
魔法の鍵 平成な美少女ライトノベル 羞恥の風 最低のオリ
官能の本棚 禁断の体験 エッチな告白集 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき Playing Archives

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
恥と屈辱の交差点 潤文学 ましゅまろくらぶ 空想地帯
Mikiko's Roomの仮設テント 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ Angel Pussy 週刊創作官能小説 ろま中男3
渡硝子の性感快楽駆け込み寺 漂浪の果てに 週刊リビドー アダルト検索一発サーチ
快感小説 SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄
秘密のエッチ体験談まとめ 18's Summer 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ

ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋
レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための…
緊縛新聞 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所
性転換・TS・女体化劇場 エピソードセックス マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所
渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 黒塚工房 プライド
女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説
黒イ都 羊頭狗肉 ひよこの家 美里のオナニー日記
エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
人気ブログランキング 官能小説アンテナ
にほんブログ村 ライブドアブログ
アダルトブログランキング オンライン小説検索・R小説の栞
エログちゃんねる シンプルアダルト動画サーチ


ランキング/画像・動画(11~30)
おたりんく 正しいH小説の勧め クリエイターコレクションR18 Adult Novels Search
Girls Love Search GL Search GAY ART NAVIGATION Cyber あまてらす
ネット小説ランキング 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top