Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 1932
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ


 女性の長い話にも、ようやく区切りが付いたようだ。
 ペットボトルのお茶を、喉を鳴らして飲み干した。
 千穂は、女性の話に聞き入っていた自分に改めて気がついた。
 ほんとかどうか怪しいと思うところもあったが……。
 女性の話術に引き入れられ、ほとんど身を乗り出して聞いていたのだ。
 いろんな世界があるものだ……。
 心底、そう思った。
 こんな田舎の民宿で、このまま歳を取っていっていいものだろうか。
 そんなことさえ感じた。

 人の話は、いろんな意味で勉強になる。
 これからは、もっとお客さんの話を聞くことにしてみよう。
 女性専用の宿にしてから、口コミで広がったのだろう……。
 一人旅の女性が増えていた。
 この宿は、民宿とは云っても、はやりのゲストハウスなどとは異なり、相部屋ではない。
 一人旅の女性は、食堂で夕食を終えた後、みな部屋に戻ってしまう。
 夜、外出できる場所も近くには無いのだから、そうするしかないのだ。
 でも、それでいいのだろうか。
 客室にテレビはあるが、それだけだ。
 そういえば、インターネットは出来ないのかと聞かれたことがあった。
 千穂は、その方面の知識に疎かった。
 千穂と涼太が暮らす部屋のパソコンは、ネットに繋がっている。
 これは、夫が生きていたころからの設備だった。
 夫なら、客室にもインターネットの設備を付けようと思いついたかも知れない。

 やはり、女ひとりの経営には、限界があるのだろうか。
 これまでは忙しく働くのに精一杯で、立ち止まって考えてみる余裕はなかった。
 しかし、改めて自らの身を振り返ってみると……。
 もの寂しさのようなものを感じた。
 このまま、ずっとひとりなのだろうか。
 もちろん、涼太はいる。
 しかし……。
 涼太は、いずれは伴侶を見つけ、自分から遠ざかっていく存在だ。

「どうしたの?」

 女性が、空のペットボトルにキャップを締めながら聞いた。

「いえ。
 別に。
 そろそろ、おいとまします」
「わたしの話、つまらなかった?」
「そんな。
 飛んでもない。
 ずっと、身を乗り出して聞いてました」
「そう。
 良かった」
由美と美弥子 1931目次由美と美弥子 1933


コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2016/02/12 07:37
    • 久々に……
       民宿に戻って参りました。
       今、民宿の場面だったんだと、われながら驚いた次第です。
       千葉の民宿シリーズが始まったのは、1651回の『周旋屋律子』から。
       投稿日は、2014年12月9日でした。
       なんと、1年以上も千葉の民宿だったんですね。
       呆れ申した。

    • ––––––
      2. 思い出し出汁?HQ
    • 2016/02/12 12:57
    • 戻ってきました千穂民宿
       いやあ、まさか赤ミニ女がここまでの語り部だったとは。
       人は見かけによらないものです。
       さあ、赤ミニ話を聞いた千穂さんはどう動く。
       由美ちゃん美弥ちゃんはどうしてる。
       そして涼太は……。
       で、よく考えたら、例の農協男は実在?の人物だったよね。

    • ––––––
      3. Mikiko
    • 2016/02/12 19:44
    • 語り手(視点の主)は……
       トップページの目次に書いてあります。
       農協の営業マンは実在しますが……。
       赤耳女の話に出て来る銀行マンは、妄想の産物です。

    • ––––––
      4. 服飾評論家HQ
    • 2016/02/13 00:11
    • 赤耳女
      【赤耳(セルビッチ)】
       デニム地の両端の耳部分をいう。旧型の織機でデニム地を織る際、生地末端のホツレを無くすために付けられたもの。
       特にリーバイスのものは赤いステッチが付けられていることから、通称「赤耳」とよばれる。1986年に消滅するまで継続され、VINTAGEを語る上で欠かせないディテールでもある。
                Weblio辞書

    • ––––––
      5. Mikiko
    • 2016/02/13 08:13
    • 赤ミニ女は……
       はなはだ言いづらい。
       赤耳女は打ち間違えて変換されたのですが、面白いのでそのままにしました。

    • ––––––
      6. 悪いのは舌?耳?HQ
    • 2016/02/13 10:49
    • 赤ミニ女
       そんなに言いづらいかなあ。
       いわゆる「滑舌が悪い」?
       それにしても「赤耳」。字面になんか見覚えがあるんだよね。うーむ、思い出せん。
    コメントする   【由美と美弥子 1932】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
新・SM小説書庫2 未知の星 [官能小説] 熟女の園 愛と官能の美学
赤星直也のエロ小説 只野課長の調教日記 都会の鳥 電脳女学園
ちょっとHな小説 かおるの体験・妄想 Playing Archives 人妻の浮気話 艶みるく
変態小説 人に言えない秘密の性愛話 女性のための官能小説 黒い教室

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
ぺたの横書き 西園寺京太郎のSM官能小説 あおいつぼみ 葵蕾 女性のH体験告白集
熟女と人妻エロンガ 女の陰影 最低のオリ 性転換・TS・女体化劇場
魔法の鍵 知佳の美貌録 性小説 潤文学ブログ Mikiko's Roomの仮設テント
むね☆きゅんファンサイト 恥ずかしがりたがり。 官能的なエロ小説 被虐願望
濠門長恭の過激SM小説 淫芯 お姫様倶楽部.com 被支配中毒
出羽健書蔵庫 官能文書わーるど かめべや HAKASEの第二読み物ブログ

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
女教師と遊ぼう 平成な美少女ライトノベル 羞恥の風 官能の本棚
禁断の体験 エッチな告白集 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 恥と屈辱の交差点 潤文学
ましゅまろくらぶ 空想地帯 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ Angel Pussy 週刊創作官能小説
ろま中男3 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 漂浪の果てに 週刊リビドー
アダルト検索一発サーチ 快感小説 SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園

制服美少女快楽地獄 秘密のエッチ体験談まとめ 18's Summer 淫鬼の棲む地下室
被虐のハイパーヒロインズ ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット
ライトHノベルの部屋 レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部
ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment
オシッコオモラシオムツシーン収集所 エピソードセックス マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所
渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 黒塚工房 プライド
女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説
黒イ都 羊頭狗肉 ひよこの家 美里のオナニー日記
エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
シンプルアダルト動画サーチ 人気ブログランキング
にほんブログ村 エログちゃんねる
ライブドアブログ 官能小説アンテナ
アダルトブログランキング オンライン小説検索・R小説の栞


ランキング/画像・動画(11~30)
官能文章アンテナ Adult Novels Search Girls Love Search おたりんく
クリエイターコレクションR18 アダルト動画推奨 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!







<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top