Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
東北に行こう!(1266)
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
客「大工の手間賃では、30万~40万です」
大工の手間賃では、30万~40万です

み「そんなに?
 てことは、人件費って、今より遥かに安かったってこと?」
客「でしょうな。
 でも、それで呑気に暮らせてたわけですから……」
それで呑気に暮らせてたわけですから……

客「一概には判断できません」
み「じゃ、結局わからんってこと?」
客「ま、大雑把ですが、1両10万って計算でいいんじゃないですか?」
大雑把ですが、1両10万って感じでいいんじゃないですか?

み「ものすごく大雑把な気がするけど……。
 ま、仕方ないわな。
 でも、2人で1日10万なら、すげーじゃない。
 毎日、ソープに通えるぞ」
毎日、ソープに通えるぞ

律「そういうことを、大声で言わないでちょうだい」
み「ここらでは、トルコと言わないと通じないよ」
ここらでは、トルコと言わないと通じないよ
↑梅宮辰夫、名古屋章、室田日出男、八名信夫、大泉滉、殿山泰司、渡辺文雄、山城新伍。すごいメンバーです。

律「問題発言ですよね?」
客「文句無しにそうですね」
律「あんた、マイナス10万点」
み「なんの点数じゃ!
 でも、毎晩宿場に泊まったら……。
 飯盛女を買ったことは確かじゃろ」
飯盛女を買ったことは確かじゃろ

律「毎晩、そんなことしてて、隠密が務まりますか」
み「ぱかもーん。
 夜、歩きまわってたら怪しすぎるだろ」
夜、歩きまわってたら怪しすぎるだろ

み「市中の探索は、あくまで、日中の陽のあるうちです。
 陽が翳ったら、宿に入る。
 怪しまれることは、一番避けなきゃならんのです」
客「なるほど……。
 理にかなってますな」
み「だしょー」
律「信じないでくださいよ。
 デマカセなんですから」
デマカセなんですから

み「男2人旅で、1日10万。
 やることはひとつです」
東北に行こう!(1265)目次東北に行こう!(1267)


コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. ビンボ暮らしHQ
    • 2016/02/10 14:00
    • 江戸の大工仕事
       思うんだけど……こういう絵の職人さんって、よくこんな長袢纏みたいなの着てるよね。仕事の邪魔にならないんだろうかね。
       それとも、いわゆる絵空事?
       それはともかく、ようわからんくなった。
       この「30万~40万」というのは、「大工の手間賃をもとに換算した1両の価値」ということだよね。
       長屋暮らし。
       6畳一間に、入口の流し・土間。
       押し入れ無し。だったよね。
       布団は部屋の隅に積み重ね。
       場所塞ぎは長火鉢くらいだろうけど、ビンボ人はそれすら無かった。
       そういえば、ケーブルテレビの旅番組に「京都暮らし」という京都紹介番組があります。かんけーないけど。
       さらにそういえば、ずっと前に常盤貴子主演の「ひとり暮らし」というTVドラマがありました。けっこう異様な雰囲気のドラマでした。ぜんぜんかんけーないけど。
       一両10万。
       ちょっとお高い様な気もしますが、まあ妥当ですかね。江戸期全体を通じても価値の変動はあったでしょうし。
      『失神トルコ風呂』
       梅宮のとっつぁんと新伍の兄ぃは、この手の映画の常連だよね。
       それにしても、女優陣も紹介しろよ。
       で、花園ひろみ。
       知らんなあ。
       調べましたら、時代物の常連さんのようです。
       で、山城新伍と東映の同期生。
       で、で、山城と二度結婚するも、山城の浮気癖に愛想が尽きて二度とも離婚。山城の通夜・葬儀にも一切顔を出さなかったそうです。
       よっぽど頭にきたんだろうね。
       鼠小僧次郎吉。
       なんで似顔絵が、と思いきや、なんと実在の人物だそうです。本職は鳶。
       賭博資金欲しさに大名屋敷を荒らしまわる。その屋敷数95、侵入回数839。盗んだ金の総額は三千両に余るとも。最後は市中引き回しの上、小塚原刑場で磔・獄門。享年36。
       気の毒に、ですがまあ、人生太く短く、ですかね。 

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2016/02/10 20:03
    • 長屋ぐらし
       収納スペースは、ほぼ皆無です。
       でも、一向に困りません。
       なぜなら江戸は、偉大なるレンタル社会だったからです。
       季節ものは、ほとんどすべてレンタルです。
       火鉢なんか、冬しか借りませんし……。
       布団だって、その季節のものを借りてるわけです。
       季節ものだけではありませんよ。
       なんと、フンドシまでレンタルだったそうです。
       吉原に繰り出すときなんか、新しいのを借りたのだとか。

    • ––––––
      3. 今宵は不首尾HQ
    • 2016/02/10 23:35
    • レンタルねえ
       どちらが安くつくんだろう、買うのと借りるの。
       まあ、借りる方が安かったからレンタル生活だったんだろうけど。
       新しいフンドシ。
       新品という保証はあったのかね。
       案外、幾度か水を潜ったものを「下したてでっせ」とかなんとか丸め込まれて、ホイホイ締めて行ったりして。
       それに、新品だと肌触りはどうだったのかね。股間にフンドシ擦れが出来たりして。で、痛ててて、で使い物にならなかったりして。
      「んまあ主さん、痛そうでありんすなあ。今日はゆっくりお休みなんし」
       とかなんとか軽くあしらわれて、すごすご寝るだけだったりして。

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2016/02/11 07:24
    • レンタル生活
       おそらく、火事の多い江戸という要因もあるでしょうね。
       長屋に住み、調度はレンタル。
       宵越しの金は持たない。
       火が出たら、身一つで逃げればいいだけです。
       ふんどしレンタル。
       そもそも、普段はふんどしを締める習慣が無かったようです。
       着物の下は、スッポンポン。
       独り身じゃ、洗濯とか面倒ですもんね。
       でも、さすがに吉原に行くときは、それじゃマズイということで……。
       レンタルしたようです。
       ↓当時のレンタル業者は、損料屋と呼ばれてたとか。
      http://www.yuzutu.co.jp/01/topics/topics.htm
       さて本日、世間は祝日のようですが……。
       わたしは、終日出勤です。
       お天気もよく、出勤日和だわい。

    • ––––––
      5. 洗濯日和ハーレクイン
    • 2016/02/11 11:31
    • 身一つで逃げる
       なるほど。
       「命あっての物種」
       「死んで花実が咲くものか」
       「地獄の沙汰も金次第」(これは違うぞ)というやつですね。
       なるほどなるほど。
       なまじ家があり、
       お店(たな)があり、
       家具調度、着物財産があると、
       泣いてたまるか、じゃなくて焼いてたまるか。
       「フグは食いたし命はおしし」(だから違うって)というやつで、焼け死んだりするわけですね。
       よかったあ、ビンボで。
       江戸の振りチン。
       へええー、そうなん。
       確かに洗濯はしなくて済むだろうけど、見栄っ張りの江戸野郎がよく……。
       現に、じょうろ買いのときは締めたわけだろ、ふんどし。
       ほんとに見栄っ張りだなあ、江戸っ子。
       空冷式キン冷法、というやつかな。
       お、今日はお仕事ですか、ご苦労様です。
       祝日かんけー無し、というやつですね。
       わたしもかつては、旗日? 何それ、という頃がありましたが……今は『毎日が日曜日』になっちゃいました。
       こちらは、関西全域、降水確率は終日ゼロです。
       こんな日もあるんだなあ。
       で、↓日本気象協会のHPから。
      「きょうは本州付近は広く高気圧に覆われるでしょう。
       沖縄や九州から関東、東北や北海道の太平洋側は、たっぷりの日差しに恵まれそうです。
       東北の日本海側、北海道の日本海側とオホーツク海側は昼頃まで雪の降る所がありますが、午後は晴れてくるでしょう。関東から北の冷たい風は収まり、東海から西は3月並みの陽気の所が多くなりそうです。
       広くお仕事(ウソ;お出かけ)日和になるでしょう」

    • ––––––
      6. Mikiko
    • 2016/02/11 19:53
    • 長屋の住人は気楽ですが……
       大店の主人は、ほんとに戦々恐々だったようです。
       なにしろ、火災保険なんてないんですからね。
       就寝前には家中の火鉢を見て回り……。
       灰の上から手の平を押しあてて、火種が残ってないか確認したそうです。
       妻子を郊外に疎開させる店もあったとか。
       祝日昼休みの図書館、学習室が激混みで辟易しました。
       なんで家で勉強できんのじゃ!
       図書館までの往復時間が無駄じゃろ!
       人混みに出れば、インフルに罹る怖れもある!
       そんなこともわからん奴は、みんな落ちてしまえ!

    • ––––––
      7. 不良受験生HQ
    • 2016/02/11 21:00
    • 激混み図書館
       えらくお怒りのようですが……わたしも受験生の頃(何年前の話じゃ)覚えがあります。
       図書館の自習室で勉強するわけですが、図書館にいる、それだけで勉強がはかどったような気分に浸れるわけです。もちろん錯覚なんですがね。
       実際にはろくろく参考書も開かず、かといって本を読むわけでもなく、館内をあっちこっちうろうろ。食堂を覗いたり、あげくにトイレにこもって落書きしたり……。

    • ––––––
      8. Mikiko
    • 2016/02/12 07:34
    • 席でも……
       寝てたり(わたしもそうですが)、スマホを使ったりしてる子が目立ちます。
       ほんまに時間の無駄だと思います。
       家では、もっとはかどらないんですかね。
       学校に行けと言いたい。
       あ、祝日は入れないのか?

    • ––––––
      9. 押しくら饅頭HQ
    • 2016/02/12 13:03
    • 新潟のような……
       部屋数がむやみにある大邸宅ならともかく、こちらの家は狭いですから……。特にうちはビンボでしたから、勉強部屋は兄弟と共用。最もひどいときは三畳間に3人が詰め込まれていました。
       まあ、これは小学生の頃で、大学受験のときは六畳間に2人でしたが。隣の部屋では誰かしらがテレビを見とるし。
       だから家では勉強に身が入らないんですよ(ただの言い訳ですが)。
       休日の学校はもちろん閉まっていて、許可がないと立ち入り禁止。図書室くらい解放しろよ、ですがね。

    • ––––––
      10. Mikiko
    • 2016/02/12 19:42
    • 昔はそうかも知れませんが……
       今は違うでしょう。
       個室を持たない受験生なんて、おるんかいな?
       ただ確かに、防音まで完備してる家は少ないと思います。
       家族の立てる音が気になるというよりか……。
       家族が自分に気を使ってるのが気詰まりで、外に出るのかも知れませんね。
       わたしはそういうこと、イッコーに気になりませんでしたが。
       拳銃の実弾射撃をするときの耳あてなら、何も聞こえないんでないかな。

    • ––––––
      11. 空砲一発ハーレクイン
    • 2016/02/13 00:19
    • 耳あて
       拳銃を撃ったことないので、防音効果の方は定かではありません。映画やTVではよく見かけますが、カッコいいよね。そういえば、薫ちゃんも一度していたなあ。
       音楽用のヘッドホン。あれは、さほどの防音効果はありませんね。

    • ––––––
      12. Mikiko
    • 2016/02/13 08:11
    • 防音イヤーマフ
       ↓安くはありませんが、数千円で買えるようです。
      http://search.rakuten.co.jp/search/mall/%E9%98%B2%E9%9F%B3%E3%80%80%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%95/?f=1&grp=product&myButton=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&myButton.x=0&myButton.y=0
       ただちょっと、携帯用にはかさばりますね。
       折りたたみが出来るのもあるみたいですけど。

    • ––––––
      13. 喧しい!ハーレクイン
    • 2016/02/13 10:52
    • ご紹介のサイトさん
       入れんぞ。
       まあ、ああいう被るタイプは……やはりうっとうしいかなあ。
    コメントする   【東北に行こう!(1266)】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
新・SM小説書庫2 未知の星 [官能小説] 熟女の園 愛と官能の美学
赤星直也のエロ小説 只野課長の調教日記 都会の鳥 電脳女学園
ちょっとHな小説 かおるの体験・妄想 Playing Archives 人妻の浮気話 艶みるく
変態小説 人に言えない秘密の性愛話 女性のための官能小説 黒い教室

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
ぺたの横書き 西園寺京太郎のSM官能小説 あおいつぼみ 葵蕾 女性のH体験告白集
熟女と人妻エロンガ 女の陰影 最低のオリ 性転換・TS・女体化劇場
魔法の鍵 知佳の美貌録 性小説 潤文学ブログ Mikiko's Roomの仮設テント
むね☆きゅんファンサイト 恥ずかしがりたがり。 官能的なエロ小説 被虐願望
濠門長恭の過激SM小説 淫芯 お姫様倶楽部.com 被支配中毒
出羽健書蔵庫 官能文書わーるど かめべや HAKASEの第二読み物ブログ

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
女教師と遊ぼう 平成な美少女ライトノベル 羞恥の風 官能の本棚
禁断の体験 エッチな告白集 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき 恥と屈辱の交差点 潤文学
ましゅまろくらぶ 空想地帯 恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ Angel Pussy 週刊創作官能小説
ろま中男3 渡硝子の性感快楽駆け込み寺 漂浪の果てに 週刊リビドー
アダルト検索一発サーチ 快感小説 SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園

制服美少女快楽地獄 秘密のエッチ体験談まとめ 18's Summer 淫鬼の棲む地下室
被虐のハイパーヒロインズ ひめ魅、ゴコロ。 おしっこ我慢NAVI 妄想ココット
ライトHノベルの部屋 レズ画像・きれいな画像倉庫 riccia 調教倶楽部
ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞 Japanese-wifeblog Eros'Entertainment
オシッコオモラシオムツシーン収集所 エピソードセックス マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所
渋谷子宮 RE:BIRTH 羞恥集 黒塚工房 プライド
女性作家専門官能小説 官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説
黒イ都 羊頭狗肉 ひよこの家 美里のオナニー日記
エロショッカー軍団 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
シンプルアダルト動画サーチ 人気ブログランキング
にほんブログ村 エログちゃんねる
ライブドアブログ 官能小説アンテナ
アダルトブログランキング オンライン小説検索・R小説の栞


ランキング/画像・動画(11~30)
官能文章アンテナ Adult Novels Search Girls Love Search おたりんく
クリエイターコレクションR18 アダルト動画推奨 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!







<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top