Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 2670
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
 志津子はようやく、観客の存在に気づいたようでした。

「ほら、お客さんが来たぞ」
「ひぃぃぃ。
 見ないでぇ」

 そう言いながらも、自らの痴態を隠そうとする素振りは、まったくうかがえませんでした。
 彼氏の方もマットに出て、女子工員の後ろで腰をかがめました。
 スリムなジーンズの股間が膨れてるのが、はっきりとわかりました。
 彼氏は、いろんな方向に顔を動かし、よく見える角度を探ってるようでした。
 でも、女子工員がベストポジションを占有してしまってました。

「お嬢さん」

 呼びかけると、女子工員はきょとんとした顔でわたしを見あげました。
 おそらく、“お嬢さん"などと呼ばれたことはないのでしょう。
 わたしも何て呼べばいいかわからず、とっさに出た言葉でした。

「こっち側に回って。
 彼氏が見づらそうだから」

 女子工員は素直に頷くと、わたしの後ろを回りこみました。
 マットの幅が狭かったからでしょうが、女子工員のジーンズが、わたしの尻を撫でました。
 女子工員が反対側に座りこみ、彼氏の方も、さっきまで女子工員がいた場所にしゃがみこみました。
 これで、四者が最良のポジションに付いたわけですが……。
 昂奮しすぎた志津子が、立っていられなくなりました。
 手摺りから滑り落ち、その場にくずおれました。
 あまりにもストンと落ちたので、陰茎が跳ね出てしまいました。
 彼氏は驚いたのでしょう……。
 その場に起ちあがると、志津子を避けるように、手摺りに背中を凭れさせました。
 ジーンズの股間は、相変わらず盛りあがってます。
 このときわたしの頭に、再び悪魔が囁いたのです。
 この彼氏のちんぽを、志津子にしゃぶらせようと。
 志津子が、あの妙に上手いフェラをしてるところを、傍から見てみたかったのです。
由美と美弥子 2669目次由美と美弥子 2671


コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2018/12/10 07:24
    • 今日は何の日
       12月10日は、『三億円事件の日』。
       1968(昭和43)年12月10日(今から50年前)……。
       東京都府中市の東京芝浦電気(現・東芝)工場で支給される4,500人分のボーナスを積んだ乗用車が、白バイ警官に扮した犯人に強奪されました。
       いわゆる、『三億円事件』です。
       実際には、2億9,430万7,500円だったそうです。
       1人当たり平均、6万5,400円ということです。
       やはり、隔世の感がありますね。
       多くの物証がありながら事件は迷宮入りし、1975(昭和50)年に時効を迎えました。
       この事件以降、多くの会社が給料の支給を口座振込に切替えるようになったそうです。
       この事件、東芝は大損したと思われがちですが……。
       そうではありません。
       保険で全額補填されたそうです。
       その保険会社も再保険を掛けており……。
       海外の保険会社から全額補填されたそうです。
       早い話……。
       この事件で、国内で金銭的な損をした人はいなかったことになります。
       もちろん、膨大な警察力が使われたわけですから……。
       捜査にかかった費用は莫大でした。
       でもこれも、個人的に損をした人はいません。
       容疑者リストに載ったのは、実に11万人だそうです。
       捜査員の方は、ほんとに大変だったと思います。
       実際、捜査の過労から、お2人の警察官が殉職されてるそうです。
       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2018/12/10 07:24
    • 今日は何の日(つづき)
       なお、わたしは、東芝の工場に派遣されてたことがあります。
       でも府中ではなく、青梅でした。
       駅は、青梅線の『小作(おざく)』。
       延々と電車に乗って、『小作』で降りるときは……。
       「遙けくも来つるものかな」の感を抱かずにはおれませんでした。
       さて。
       この事件を題材とした小説、映画、ドラマなどは多数作られてます。
       いったい、どんな犯人だったのでしょう?
       ひょっとしたら、銀行組織の犯行ではないかと思ってしまいます。
       給料が現金支給の場合、会社は多額の現金を引き出しますが……。
       預けたお金を引き出すだけですので、銀行は手数料を取れません。
       小銭を用意しなければなりませんので、両替手数料は取れますが……。
       微々たるものです。
       でも、給料が振り込みになれば、振込手数料を取れます。
       両替手数料よりは、遙かに高額になるでしょう。
       あ、やっぱりダメだわ。
       手間が半端なく増えます。
       今は電算ですから、人間の手間なんかありませんが……。
       昔は、社員1人1人への振り込み手続きは、すべて手作業だったはずです。
       振込手数料の収入は、経費と時間に見合わなかったでしょう。
       現金で渡した方が楽だったはず。
       そうそう。
       そう云えば、わが社も今日が賞与の支給日です。
       うちの会社では、人事部がアウトソーシング会社に作成させたデータを銀行に送ります。
       わたしは、なーんもやることがありません。
    コメントする   【由美と美弥子 2670】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 新・SM小説書庫2 ましゅまろくらぶ
電脳女学園 赤星直也のエロ小説 官能文書わーるど 羞恥の風
官能の本棚 ちょっとHな小説 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき Playing Archives
変態小説 [官能小説] 熟女の園 西園寺京太郎のSM官能小説 潤文学
人妻の浮気話 艶みるく 淫芯 Angel Pussy 週刊創作官能小説 官能的なエロ小説

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
恥と屈辱の交差点 人に言えない秘密の性愛話 女性のための官能小説 濠門長恭の過激SM小説
恥ずかしがりたがり。 ぺたの横書き 魔法の鍵 出羽健書蔵庫
空想地帯 あおいつぼみ 葵蕾 女性のH体験告白集 HAKASEの第二読み物ブログ
恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 黒い教室 被支配中毒 性小説 潤文学ブログ
ろま中男3 お姫様倶楽部.com 女の陰影 渡硝子の性感快楽駆け込み寺
被虐願望 愛と官能の美学 平成な美少女ライトノベル むね☆きゅんファンサイト

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
最低のオリ Mikiko's Roomの仮設テント 漂浪の果てに 週刊リビドー
女教師と遊ぼう アダルト検索一発サーチ 快感小説 かめべや
SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄 秘密のエッチ体験談まとめ
18's Summer 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ ひめ魅、ゴコロ。
おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋 レズ画像・きれいな画像倉庫

riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞
Japanese-wifeblog Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場
エピソードセックス マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH
羞恥集 黒塚工房 プライド 女性作家専門官能小説
官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都
羊頭狗肉 ひよこの家 美里のオナニー日記 エロショッカー軍団
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる シンプルアダルト動画サーチ
人気ブログランキング にほんブログ村
官能小説アンテナ アダルトブログランキング
ライブドアブログ オンライン小説検索・R小説の栞


ランキング/画像・動画(11~30)
Adult Novels Search GL Search おたりんく 正しいH小説の勧め
成人向けランキング ヌケルアダルト作品 ネット小説ランキング Girls Love Search
アダルトなび2 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top