Mikiko's Room

 ゴシック系長編レズビアン小説 「由美と美弥子」を連載しています(完全18禁なので、良い子のみんなは覗かないでね)。
 「由美と美弥子」には、ほとんど女性しか出てきませんが、登場する全ての女性が変態です。
 文章は「蒼古」を旨とし、納戸の奥から発掘されたエロ本に載ってた(挿絵:加藤かほる)、みたいな感じを目指しています。
 美しき変態たちの宴を、どうぞお楽しみください。
管理人:Mikiko
由美と美弥子 2658
コメント一覧へジャンプ    コメント投稿へジャンプ
「あひぃぃぃぃ」

 持ちあげた志津子の足裏で、すべての指が、鉛筆を挟めるほどに開きました。

「言ってごらん。
 おまんこ踏まれて気持ちいいって」
「はひぃ」
「言わなきゃ止めちゃうよ」

 足裏から力を抜くと、志津子は首を懸命にもたげました。
 首筋に、幾本もの筋が走りました。

「き、気持ちいい。
 おまんこ、踏んで」
「踏んで下さい」
「ふ、踏んで。
 踏んで下さい。
 志津子のおまんこ……。
 踏んで。
 思い切り踏んで!
 踏んでぇぇえぇぇえぇぇえぇぇえぇぇ」

 わたしは足裏に体重をかけ、クリトリスを潰しながら引きずり回しました。

「あぎゃ」

 志津子が足裏で宙を蹴りあげました。
 もちろん意思ではなく、反射によるものです。
 アヒルのように口元が波打ち、端から泡が噴きこぼれてました。
 黒目が裏返って、完全に白目を剥いてます。
 その顔を眺めながら……。
 これは、大変な女と付き合うことになったなと感じました。
 しかし、逃げ出す気はさらさらありませんでした。
 むしろ、この女と地獄の果てまで行ってやろう……。
 そんな覚悟が、腹の底で固まりました。

 志津子の身体をシャワーで流してやってるうちに、彼女は目を覚ましました。

「ごめんね」

 志津子は身を起こしました。

「呆れたでしょ。
 あんまり、はしたない女で。
 嫌いになった?」
「嫌いになったら、こんなことしてないよ」

 わたしは、シャワーヘッドを志津子の顔に向けました。

「きゃ」

 志津子は両手を広げ、水を避けます。
 童女のような仕草に見えました。

「愛してるよ、志津子」

 別れた妻には、一度も言ったことがないセリフでした。

「愛してるわ、昭夫」
由美と美弥子 2657目次由美と美弥子 2659


コメント一覧
コメント投稿へジャンプ    ページトップへ

    • ––––––
      1. Mikiko
    • 2018/11/24 07:34
    • 今日は何の日
       11月24日は、『鰹節の日』。
       食品メーカーの『ヤマキ(http://www.yamaki.co.jp/)』が制定。
       「1124(いいふし)」の語呂合わせです。
       しかし、↑のホームページを見ても……。
       『鰹節の日』についてのニュースは見あたらないようです。
       ひょっとして、忘れちゃってます?
       ところで、『ヤマキ』という会社、確かに聞き覚えがあるのですが……。
       どんな会社かという明確なイメージはありませんでした。
       で、ちょっと、調べてみました。
       本社は何と、愛媛県伊予市でした。
       『ヤマキ』は、個人商店時代からの屋号だそうです。
       “キ"は、創業者の城戸豊吉の苗字から来てるんでしょうね。
       削り節ではトップシェアの会社でした。
       売上高は、450億円。
       『鰹節の日』を制定する立派な資格があったということです。
       さて。
       鰹節です。
       わが家は、毎朝、鰹節を削るような家庭ではありませんでした。
       そんなこだわり、ナッシング。
       使ってたとしても、すでに削ったものを袋詰めした商品でしょう。
       これがいわゆる「削り節」です。
       ひょっとしたら、『ヤマキ』だったのかも知れませんね。
       わが家の現在のお味噌汁の出汁は……。
       じゃこです。
       お味噌汁は、わたしが作ってるわけじゃありません。
       母です。
       なぜ、出汁がわかるかというと……。
       出汁を取ったじゃこは、取り除かれず、そのままお味噌汁に入ってるからです。
       もちろん、ほかの具と一緒に食べてしまいます。
       カルシウムが摂れますから。
       ということで、わが家で鰹節は、出汁としては使われていないでしょう。
       でも、鰹節の用途は、出汁取りだけではありません。
       続きは次のコメントで。

    • ––––––
      2. Mikiko
    • 2018/11/24 07:36
    • 今日は何の日(つづき)
       料理のトッピングとして使われます。
       冷や奴とかお好み焼きとかたこ焼きとか。
       しかし……。
       わたしはどうも、そのまま食べる鰹節というのが、あまり好きではありません。
       冷や奴はたまに食べますが……。
       載せるのは、梅肉ですね。
       お好み焼きやたこ焼きは、ここ10年くらい食べた記憶がありません。
       別に、断ってるわけでも、憎んでるわけでもありません。
       新潟では、ごく普通に自然体で過ごしてると、まったく食べる機会がないのです。
       よほどの意思を持って、それらを食べるための行動を起こさない限り……。
       口に入ることはない食材です。
       ということで……。
       鰹節自体も、まったく食べてないと思われます。
       なんだか、話が尻すぼみになってしまいました。
       なので、もうちょっと書きます。
       鰹節と云えば……。
       猫ですね。
       猫はなぜ鰹節が好きなのか?
       これは、日本の猫だけじゃないそうです。
       魚を食べたことがない海外の猫に与えても……。
       喜んで食べるとか。
       理由はどうやら、魚だからということではなく……。
       鰹節に含まれる、マグネシウム、リン、カルシウムなどの「ミネラル」に惹かれるようなのです。
       なるほどー。
       でも、人間用の鰹節を、際限なく与えるのは、ちょっと良くないみたいです。
       塩分が多すぎるんですね。
       ペットショップには、塩分を控えた猫用の鰹節というのが売ってるそうです。
       でも、ミネラルの取り過ぎも、結石の原因になるとか。
       早い話、主食としてもしゃもしゃ食べさせたらだめということでしょう。
       これは、人間とまったく同じです。
       鰹節をどんぶり一杯盛りあげて食べてる人などいないのですから。
       あくまで、おやつのひとつという位置づけが良いのでしょう。
       老後は、猫と暮らしたいわたしでした。

    • ––––––
      3. 雅之
    • 2018/11/24 12:18
    • *多彩なコメント欄
      コメントは常連様やmikikoさんを始めとする、人様の
      思いや感じることが書かれていて・・此れもまた
      納得しながらも、おもしろ、おかしく読むことができていいのですよね。
      ・・たしかに、コメントログを読み返せば、
      読み落としがあります。
      mikikoさんの私感を初めをする、鶏造様の6年間
      どこかの奥様のエロ ラブ、何かがこのサイトを惹きつけるのですよね。
      ・どこのコメント欄を見てもこれほどの私的観な言葉の
      羅列は見られない。
      ・時には顔を見せる娘は、半年点検を兼ねてのタイヤの付け替え、近い内に行くのだとか、、
      若奥様と似たような歳なのだが、、2・3年前に会社の近くにワンルームを借りたと言っていたのに
      何の為に借りた部屋、、?家内が野菜を持って行った
      時には・・男の気配は感じなかったのだとか、、。
      ・・まさかの、、無駄使いそのもの、、だろ!
      ・・その子の人生、、好きなように・・やるさ。
      ”親の意見と茄の花は、千にひとつの・・・・。”
      ・・・小言と冷や酒は、、後から効く。。
      ・・わかっとらんのだよ!!。

    • ––––––
      4. Mikiko
    • 2018/11/24 18:11
    • 10年続けて来られたのは……
       その時々で、コメントを入れて下さる方とのやり取りがあったからです。
       ブロガーさんの中には、あまりの反応のなさにがっかりし……。
       書くのを止めてしまわれる方もおられるようです。
       幸せを噛みしめております。
       ありがとうございます。
       こちら、今日は最高気温一桁で寒かったですが……。
       雨があがり、日も射しました。
       昨日は、キンモクセイの冬囲い……。
       今日は、タイヤ交換、共に濡れずに行えました。
       これで、冬支度完了です。
       冷や酒が後で効く件。
       冷や酒は、飲むピッチが速いからですかね?
       燗酒なら、チビチビ飲みますから。
       わたしの冬の晩酌は、赤ワインの燗です。
       今は、2倍くらいに薄めて飲んでます。
       夕食後の独酌は4時間半くらい続くので……。
       強いお酒は控えてます。
    コメントする   【由美と美弥子 2658】
コメント一覧へジャンプ    ページトップへ


Comment:本文 絵文字  ※入力できるのは、全角で800字までです。

↓お帰りのさいには↓
愛のワンクリ お願いします
新しいウィンドウは開きません

相互リンクサイトのみなさま(Ⅰ)
禁断の体験 エッチな告白集 未知の星 新・SM小説書庫2 ましゅまろくらぶ
電脳女学園 赤星直也のエロ小説 官能文書わーるど 羞恥の風
官能の本棚 ちょっとHな小説 おとなの淫文ファイル エッチのあとさき Playing Archives
変態小説 [官能小説] 熟女の園 西園寺京太郎のSM官能小説 潤文学
人妻の浮気話 艶みるく 淫芯 Angel Pussy 週刊創作官能小説 官能的なエロ小説

相互リンクサイトのみなさま(Ⅱ)
恥と屈辱の交差点 人に言えない秘密の性愛話 女性のための官能小説 濠門長恭の過激SM小説
恥ずかしがりたがり。 ぺたの横書き 魔法の鍵 出羽健書蔵庫
空想地帯 あおいつぼみ 葵蕾 女性のH体験告白集 HAKASEの第二読み物ブログ
恍惚團 ~ドライ・オーガズムの深淵~ 黒い教室 被支配中毒 性小説 潤文学ブログ
ろま中男3 お姫様倶楽部.com 女の陰影 渡硝子の性感快楽駆け込み寺
被虐願望 愛と官能の美学 平成な美少女ライトノベル むね☆きゅんファンサイト

相互リンクサイトのみなさま(Ⅲ)
最低のオリ Mikiko's Roomの仮設テント 漂浪の果てに 週刊リビドー
女教師と遊ぼう アダルト検索一発サーチ 快感小説 かめべや
SM・お仕置き小説ブログ 官能秘宝園 制服美少女快楽地獄 秘密のエッチ体験談まとめ
18's Summer 淫鬼の棲む地下室 被虐のハイパーヒロインズ ひめ魅、ゴコロ。
おしっこ我慢NAVI 妄想ココット ライトHノベルの部屋 レズ画像・きれいな画像倉庫

riccia 調教倶楽部 ちょっとHなおとなのための… 緊縛新聞
Japanese-wifeblog Eros'Entertainment オシッコオモラシオムツシーン収集所 性転換・TS・女体化劇場
エピソードセックス マルガリテの部屋 アダルト官能小説快楽機姦研究所 渋谷子宮 RE:BIRTH
羞恥集 黒塚工房 プライド 女性作家専門官能小説
官能小説 レイプ嗜好 人妻!人妻!人妻! wombatの官能小説 黒イ都
羊頭狗肉 ひよこの家 美里のオナニー日記 エロショッカー軍団
★相互リンク募集中!(メールしてね)★

ランキング/画像・動画(1~10)
エログちゃんねる シンプルアダルト動画サーチ
人気ブログランキング にほんブログ村
官能小説アンテナ アダルトブログランキング
ライブドアブログ オンライン小説検索・R小説の栞


ランキング/画像・動画(11~30)
Adult Novels Search GL Search おたりんく 正しいH小説の勧め
成人向けランキング ヌケルアダルト作品 ネット小説ランキング Girls Love Search
アダルトなび2 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます! 相互リンク、募集してます!






<ランキング/画像・動画(31~50)ここまで-->
△Top